• 09 Jul
    • 七月大歌舞伎 夜の部/歌舞伎座

      秋葉権現廻船語 通し狂言 駄右衛門花御所異聞 3階1列       ほんとしゃらくせぇだよw   安定の海老蔵クオリティでした。   近年まれにみるいいほうよっ!とのことですがw   役替わりしてるけど全部「実ハ秋葉大権現」なんじゃないかとおもって混乱する。 実際いろいろ混乱した。 とくに世話物のにいちゃんみたいなのがアンタ誰??状態。 実ハ日本駄右衛門とみせかけて実ハ秋葉大権現なんでしょ?え、ちがうの誰???   3幕、このひとバカだねーwって心の中で爆笑しながら見てたのよ。 こんな、根っからのかぶきものいないよね!ある意味凄く感心するしめでたいのよ。 さいご、全員が首持った亡霊だったらよかったのに~ スリラーやってほしかったよ、あそこまできたら。 あーあw   全部、実ハ秋葉大権現なのは海老蔵だからいいとして、 思いつきで仕掛けを作って全然回収しないでおわってるかんじ。 あれ?四段目?そう四段目?(展開がアレで爆睡) おめぞーさんなんのためにいたの?? みちゆきねーへーふたりの逃避行ね、で? あれ?伊勢音頭やるの?外郎売じゃないよね、伊勢音頭だよね、 あ、伊勢音頭じゃなくって児太郎の海老反り見せたかったのー (そうだねこんなのみるとあの人の息子だねーって思う!) てゆうか弘太郎なんのために出したの??? こっちが先走って妄想して着地が違う何かという海老蔵クオリティ。   方向性謎のパロディが乱発されとるのよ。 おお金閣寺燃えるのかぁぁー?!とおもったら、 気がついたらいつぞやのスーパー歌舞伎新三国志になってたし。 あっその前の宙乗りのつなぎのぐるんぐるんもそうか? さいごりびんぐでっとだし。 あの景品ひくのはなんだろねー?   手水は真っ二つだろーとか、 金貨は天井からじゃらーだろーとか(おもだかにおかされすぎてるワタクシ) その流血はいつぞやのきらきら吉野川思い出したり、ツッコミどころ満載だし、 パロディ台詞も多くて、でもなにも始まらないから、切り替えられなくてすごい混乱する💦 だって、パロディ台詞七五調がでてくると、なんだろぉ✨ってときめくじゃん。 ときめいたけどオチなし。返せときめきを…!   大権現さまが「びゃ〜こ〜」とよぶと 「ハァーイ」と元気にあわられた白狐。 かわいかったねぇ~。 宙にあがった大権現さまのセリフ終わったら、ニカっと笑ってほうぼうに手振ってたw おとながんばろうよー。これが昼夜通して一番の盛り上がりよ? 夏休みモードのおとないっぱいいたけどーw 突っ込みどころが満載過ぎたが、 なんだか今月のこの狂言だてっていつぞやの猿之助奮闘公演をおもいださせるし、 そこにおもだかの皆さんが出演していて(若旦那は外遊中?)、 そこに旦那の息子がでている…しかも…白装束で長刀を手に…!!(妄想大会はじめー!)   児太郎は格子に真っ赤な謎のコーディネイトの着物きて、 蓮っ葉な台詞を吐いて、あぁぁぁとうちゃん…あの人の息子なんだね、君はって 懐かしくなったりなんかして、 なんだかんだぎゃーぎゃーいいながら、楽しく観劇したってわけですわ。    

      テーマ:
    • 七月大歌舞伎 昼の部/歌舞伎座

      七月大歌舞伎 昼の部/歌舞伎座   3階1列   海老蔵の道玄なかなかいいじゃないか。チンピラでバカバカしい感じがさ。   それより!中車の松蔵親分があの写真なんかよりぜんぜん素敵で、 台詞ももう板についててひょぉぉーキセルをのんで〜財布を投げつけたぁぁ😻 そろそろ又平とか権太とかいきましょうよーさぁ!!   連獅子も親獅子だったのよ。ええ。ちゃんと。 みっくんなんだか元気なかったように見えたんですけど、 大魔王様をおそれているんでしょうか…   あさいち矢の根。これがいちばんまとまりよかったんではなかろうか。 うだんじは必要なんだよね、誰が〆るって言ったら、 今月はうだんじだわな。 そうして先月のえみやっちを乗り越えた(乗り越えてないw)我々に怖いものはない!(違)    

      テーマ:
  • 08 Jul
    • 劇団新感線 髑髏城の七人 Season鳥2回目/ステージアラウンド東京

      劇団新感線 髑髏城の七人 Season鳥2回目/ステージアラウンド東京 17列 15列真ん中くらいでみられるならもっかいいってもよろしくてよーなんて言ってたら、そのようにしてまた今週も来てしまったよ…💀阿部捨之介さん…1週間で真ん中の男になってたわー。わぁー。少年誌のヒーローのようだー。先週はおっさんなんだかよくわかんない存在だったのに、若々しいヒーローになってる。舞台役者こえぇな。馴染んで作ってきたな。(先週の端っこ席からの今日のど真ん中席のせいではないはずヨ。)いいねー。なんかうっかりときめいちゃったわ✨ そして森山未來は次元が違うわ。はー、このひとどうしてこんな役(ていったら失礼かもだけど)ででてんのかしら。こんな役だから出るのよね。歌うし、踊るし、ほれぼれするような身のこなしね。台詞もエキセントリックでいいわね。 2.5次元野郎もいい感じに森山未来にまるめこまれている。よきかなよきかなハハハハー。本職の子の本職なら足袋に草履で得物を回してもいいのにー。普段も足袋スニーカーなのかしら?脚くじくといけないからね。でも天魔王様とは違うフィールドで競ってほしいとかおもったよ。 なんだけどさー、今日観て、阿部捨之介ちゃんが真ん中の男ばばーんになってたから、まずいね…。浮き世の義理も昔の縁も三途の川に捨之介して、はははーんと劇場に現れちゃうわたしパターンだとおもうわ。沙霧との関係性もよくなった。ちゃんと捨之介ちゃんに飛び込んでってた。先週、何かが足りないとおもったものが、主役の真ん中の男っぷりで埋まっちゃうのよ、ええ、そういうもんなのよね。それにしてもど真ん中席はええなー✨先週前過ぎ端すぎて人物以外はぜんぜんだったのが、こうやってお城の天守閣までのぼるんだねーーってたのしかった。この劇場はおもしろいねぇ。まわるのいいねぇ。だけどステアラは3列前の人まで視界に入るな。なんだこの作りw 

      テーマ:
  • 07 Jul
    • 歌舞伎鑑賞教室 一条大蔵譚/国立劇場

      ついててよかった檜垣茶屋。 眉毛なしの貫禄美女、ほんとうに黒い紋付が似合うぜイイ女✨ あたしをみろーそして床几から落ちろ―。 これですこれです。   おじさんの持ち芸はつらいね、うん、うんみたいになっちゃったから、 また来週…。  

      テーマ:
  • 01 Jul
    • 劇団新感線・髑髏城の七人 Season鳥/ステージアラウンド東京

      劇団新感線 髑髏城の七人 Season鳥/ステージアラウンド東京1階3列ジゼルからの本日2本目は髑髏城の七人です。初台からの市場前へ移動。文化とは何ぞやと考える。東京はしょうがないってか…。 わたし、この劇場は、ただ舞台が客席をぐるっと360度めぐっているもんだと思ってたらば、客席が回る…ええ…回るってなんだろう…回るって…。花はいこうとおもったときに残り日程がすくないのとオグリ…。風は買えそうだけどケンイチ&ムカイリ…。舞台を観る人間には鳥しか選択肢ないじゃんということで、先週うまいこと手配できました。新感線は15年前くらいに観たっきり。いまのわたしを倒せるかなーフハハーなんて挑んだんですが、異種格闘技たのしかったです。これはよくできてる。足りない部分も含めて計算づく。面白いショーでした。本当に客席が回ってる回ってるー。プロジェクションマッピングと一緒に~。舞台転換で客席がまわる。すぅいんすぅいん回る。映像が近すぎてまともにみてると酔う。回り舞台がない代わりに、客席が回って、そこのセット(場面)を観るといった様子。ある意味省スペース。舞台装置のおもしろさは十分で、そのうえ、なんといっても森山未來であったよ。くー。彼は雰囲気あるなー。1幕はプラチナブロンド長髪着流し女郎屋の主人、超2.5次元の早乙女太一が得物をいちいち回しながら殺陣してるーわー見事なエンタメ!かっけー!客席も回ったぁぁぁっていうのでたのしみつつ、1時間20分を長く感じておりました。2幕になったら、天魔王さま森山未來がキテレツな衣装を着こなし、頭のおかしいセリフを魅力たっぷりに仕上げ、超2.5次元の早乙女太一をいたぶったり(ワー)、華麗にマントを翻えしながら、共に殺陣したり(ウワー)。森山未來(ダンサー)と早乙女太一(本職)が絡んで殺陣とか美味しすぎる。無界屋襲撃の場もそのあとの髑髏城の場も。しかも森蘭丸設定っていうなにこのこれがメジャーになってる感。ソワソワ。器用な森山未來が、自分(殺陣以外)不器用ですから早乙女太一を追い込むバランス。こりゃーごちそうさまだね✨奇妙な役を堂々怪演するパフォーマンスの自由さと体の使い方の美しさ。森山未來祭りだな。ステージ力高い。立居が美しいし大きくみえました。早乙女太一は、いちど、若くて美しいうちに観たいと思っておりました。今日見た限りもう若いって感じよりも貫禄でてた。着流しがしっくりきている超2.5次元。普段歌舞伎観るわたしがふとおもったのは、影があって深刻な中村隼人。くくってすんませんナ。必殺仕事人なんだナ。自分不器用ですからなんだナ。そしてサダヲおつかれさまだ。自分なんもできませんから芸風のサダヲwいい感じwちいさいおじさん走り回ってて息も上がらずきれいに台詞言ってて、若干息が息が~で滑舌あやしくなりそうなところも堪えていて、その様子に胸を打たれました。100人斬り(笑)サダヲの忍者風衣装は、どうして絶対領域仕様にしてくれなかったんだ…。沙霧とそっくりちゃん双子的にやってもよかったじゃないか…。出せる脚してたしーサイズ的に絶対領域似合いそうだったしーそしたらもっと可愛かったろうよー。ちいさいおじさんの絶対領域、わたしはいけるクチなのよ。つまり、風髑髏までまたなくてよかった。この男性キャスト3人がよかったわ。髑髏城は初めてみたんだが、これは捨之助の話の重要なキッカケが端折られてんのかなと。ストーリー的にはたぶんこれが本筋じゃないし、捨之助と沙霧のなんかがたりないとおもった。それを古参にむふふっておもってもらうべく知ってて当然としてつくってるのかもなとも。誰がどのようにみても楽しめるように余白をもって作ってるのがよくできてるなと。2幕後半のセリフは、捨之助と天魔王が一人二役じゃないと活きない台詞だよね。あーなんで森山未來で2役やらないんだ…のぉーーーん。サダヲがあれなんじゃなくって、森山未來で2役見たいよ。この劇団そういう極め方には興味なさそうね…。次の風は1人2役だけどマツケンでしょー。ムカイリでしょー。でもみずのみきが蘭兵衛やってたってきいて、できるんだと思ったワ。歌に関しては好きにしてよですわ。キャラクターと音楽の相関関係はワーグナーのライトモチーフな手法がこういうとこでも活きてるんだな。なんでも源流があるもんだ。カテコでセットのネタ晴らしをして、終演後に、舞台だったところを出口にして、お客さんが舞台に上がるかのように、客席を見わたしながら、なおかつ、キャストがカテコではけて行った場所から外に出られるようにしていた。なんというサービス精神!こういうのいいね。たのしかったです。実質2列目だったもんで、人物はよくみえたんだけど、全体的にはよくわからんで、15列目の真ん中くらいが買えるなら、もう一回みにいってもよろしくてよだな。でも発券するまでわかんないんでしょここ。舞台が1列目よりやや下にあって、いわゆるすり鉢状。バイロイトもそうですが、あそこは客席縦を短くして、座ったら足がつかないくらいめっちゃ急な段差をつけている。ステアラもあんくらい段差つけて席をキュウキュウにしてしまえばいいのにねー。そこまでの段差がついてないから、どこでも見づらい劇場っぽいね。あと前方列はめっちゃくちゃ寒かったので掛けるものと羽織るものが必要でした。 ちなみに世界初の360度劇場はオランダにあるTHEATER HANGAAR航空機の格納庫を劇場にしたようです。やっぱり中央から離れたところにあるのね。https://www.theaterhangaar.nl/上演しているのはオランダ映画のミュージカルSoldaat van oranje女王陛下の戦士こればっかりひたすらロングランの模様。https://www.soldaatvanoranje.nl/どちらもオランダ語のみ、英語サイトなし。………1日経って、もう一回、森山未來の次元の違いっぷりを確かめにいきたくなっている(いかんいかん)あと、あんな自由なひとと共演したら、変わるひとがでてくるとおもうから、後半行く気になったら行こう…(行くんか)自分不器用ですから2.5次元野郎が3次元になれるか、その器があるか気になるなぁー。あーあの子、自分で何か線引いちゃってて、もったいないよねー(余計なお世話的な)           

      テーマ:
    • バレエ・ジゼル・米沢井澤組/新国立劇場

      バレエ・ジゼル・米沢井澤組/新国立劇場   1階12列 唯・井澤のジゼルです。 暫くこないうちに、おらがむらの井澤くんが逞しくなってておかーさん安心してみられました。 リフトもできてた(うまくてうっとりするほどではないがw)。 もう見守り発動しなくていいんだな。 見守り発動しないということは、見方が辛くなってしまうということでもありまして。 …なんか、自分性格わるいみたいでいやなんだけどさ。 まえは、大丈夫かしらぁ―あー王子弱気になってる…がんばってみたいにおもえたのが、 そういうのなくなったら、背中が硬いよーもっと美しく唯ちゃんを持ち上げなさいよー、 おらがむらのプリンシパルでしょーとかね。 幕間で言っててなるほどなぁとおもったのが、ふたりの「段取りになっている」感じ。 唯ちゃんは踊りの鮮やかさはあるものの、 ちょっと感情表現がとぼけてて、どうも宇宙人のようにおもってしまうのよね。 驚いてるけど、それとってつけたぁーみたいな。 ワディムと踊ってもそんな調子だから、性格なんでしょうが。 唯・井澤2人の踊りは、濃さとか愛とかはないのよね。 いわゆるケミストリーがあんまりない。段取り感。 井澤くん、とぼけた姫にもっと捧げなさいよっておもったわー。 ひとえに、先週、木村・渡邊でずいぶん空気の濃い亡霊ジゼルとアルブレヒトを 観てしまったせいもあるのでしょうが。 あとさ、今日のアルブレヒト、2幕の登場がマントに包まれすぎて、 脚はー?脚〜脚をだせーとおもってしまったよ。 あれ、マントから白タイツ(グレーでもいいけども)が、 ちらっとでるのが、アルブレヒトの見せ所、萌えどころなんじゃないのぉぉー?! わたしがみた2回とも、ハンスは中家くん。 今日は唯ちゃんだからお父さんにはなってなかったよ。 このひと格好いい大人の男じゃん。 脚からのお尻とかほんとうに男だわ~っておもうんだよ。 このままだとドロッセルマイヤーとかロットバルト要員でしょ。 そういうんじゃなくって、フェロモン系大人の男の演目だしてよ。 せっかくこういう人いるんだから。ソワレでやる、子供来れないバレエをさー。 カテコで井澤・唯・中家で並んでるのみて、唯・中家のほうがあいそうだなっておもった。 大人王子でもいいよ、あたし。 これにて今シーズンのバレエ終了。 歌舞伎みはじめて激減したが、また来シーズンもぼちぼちいきます。 なんだかんだ新国立バレエはたのしい。 くるみは演出が新しくなるのが楽しみですが、 ワディムが来る日はよんどころない事情で観に行けませんので、 優里姫の日だけ買ったわ。 来年は本格的に彼女のシーズンになるんでしょうねぇ。  

      テーマ:
  • 25 Jun
    • バレエ・ジゼル・木村渡邊組/新国立劇場

      バレエ・ジゼル・木村渡邊組/新国立劇場   1階10列   5月の眠りは渡航と仕事の多忙でいちどもいけなかったけれど、 木村優里がよくなっている旨の評判を聞いて、直近でチケットを手配しました。     ジゼルの木村優里ちゃんは実年齢からもあどけなさの残る少女。 可憐で病弱で、田舎娘といわれると?ですけど、 まーまーまー見栄えのいい長身で長い手足に小さい顔。 初役とはいえ、ジゼルにばっちーんとぶつかって、役になって、 実際とても健闘していたと思う。 村娘ジゼル、パッと見の破たんはないものの、 片足トウでステップ刻んでいくとことか、アー脚、曲がってるわぁーであった。 この子は足回りの柔軟性が硬いんかもしれん。 王子の渡邊くんは王子感はないんだが、微妙にちゃらくしてて、 ジゼル変なのに引っかかっちゃった感。ぷぷ。 ハンスの中家くんが大人の男すぎて、お父さんはこんな男許さん!! みたいになっていて、前半、3者があんまりしっくりきていない感じも否めず。 ペザント男子はあれはないなーの出来…。 奥田さんは音感がとてもいい踊りをするよね。   で。   後半がよかったの!面白かったねー! コールドが盛り上げていたのもあって、 ウィリになってでてきたジゼルに、待ってた!ってぐっとときちゃいましたわ。 長い手足の美しさ。踊りがのびやかでおおきい。 白い衣装と夜の森。 ウィリになってからのほうがずっと美しく、女のウィリだった。 ほの暗いエキゾチックさも出ていました。すごくいいねぇ。   しばし、見入ってしまって、気づいたのよ。 優里姫は面白いなぁ。わたしを観なさい!わたしを観に来たんでしょ! っていう強烈なアピール。 思わず釘付けになってしまっていたよ。 濃いなー濃いバレリーナだなぁ。8頭身のキレイなお人形じゃない。 観ろぉぉ~~っていうのわたし好き。   パートナリングもいい。トゥールーズから逆輸入の渡邊くんは、 とても安定していてお上手で、彼女はそれをよく従えてたw 彼はプリマに捧げることが出来るコなんだなーと好感(笑) 優里姫を育てるにはきっと最適ね。   今日の木村ジゼルをみて、ステージプレゼンスが高い若い子ほど、 若い役をやるのはやはり難しいもんなんだなーと思ったり。 ある程度レベルに達していると、「若いからいいの」ていうのは取れてしまうし、 成熟してるからこそステージプレゼンスが高くて若さは出ないんだな。 後半のジゼルは本当に素晴らしい力があったし、ひややかな森に熱があった。 PDDの濃密さに実はちょっと泣いた。 夜が明けてきて、まだいかないでーっておもったよ。   コールドは揃っていても、他のソリストの踊りの小ささは否めず。 派手にやるのがいいわけではないけど、この子はここが限界なんだなと思ってしばし観ていた。 舞台って美しくて残酷で魅力的。   今日の舞台は若くて美しい女優の女王さまのものだった。 今日の木村ジゼルみて、彼女のマルグリット観たくなったよ。 私の好みでいったらくるみでもオーロラでもなく、(スワンは物語性が面白くなるかもな)、椿姫。次のシーズンでかかんないかしらね。   こういうドラマができる子が出てくると楽しいね。  

      テーマ:
  • 15 Jun
    • パリの炎/ボリショイバレエ来日公演/東京文化会館

      パリの炎/ボリショイバレエ来日公演/東京文化会館   3階サイド オフチャレンコのしっとりおどる白鳥王子を観て、 んまーモスクワ行かなきゃダメかなっておもっておって、 そんなあんまり気持ちがあがらん感想であるからぼやぼやしてるうちに書く気が起こらなくなってしもうて、 パリの炎東京1日目の評判があがってきて、ふーんってながめて、 パリの炎2日目の夕方に開演が18時半じゃなくって19時ということに気づいて、 社会人、19時だと何もネゴしなくてもするっと間に合うもんで行ったわ。ボリショイ。 もう一回ツヴィルコ観たかったし。メイクがドイケメンであるな✨ ヒロインを手籠めにしようとするいやらしい伯爵さま。濃くて男らしくて素敵だわぁ。 存在感あるし綺麗だし格好いいダンサーね。 1幕は義勇軍への導入と王様揶揄したり、劇中劇で踊ってたりですけども、2幕がすごいのね。 最後5分ってゆってたの、これかー。 高揚感と吐き気に眩暈がした。すごかった。これはすごいね。 バスクの踊りの群集も、これを率いるワッシーがめちゃくちゃすごくて。 ワッシーのヴァリエーションはおかしいくらい飛んでまわってクッソかっこよかった。 跳躍の高さというか勢いというか飛んでるところでぐっと制止するようなパワーなのに、 着地してないかのような軽やかなステップ。 ノーブルなキレイさではないが、イマドキ風でノリが良くって柔軟性のある踊りに、 グイグイ胸アツになりますねぇ。 世界一白タイツが似合わない世界一のバレエスターね。もはやバレエではないなぁ。 今日は黒ブーツスタイルでよかったよぉ。 それ振りにあんの?っていう装飾音的なのつくし、ほんとになんなのー。 そんな気分がアゲアゲになってるところで、 にいちゃんの貴族の出の彼女、ツヴィルコパパ(ボロボロの姿もええなぁ)を見つけて駆け寄って貴族なのがばれてのギロチンでしょーあぁぁーー。 (よぎるカルメル会派) 高揚感と嫌悪感が一緒に来るっていう。こんなバレエあっていいんか。 ワッシーのような扇動的カリスマが踊っていい役なのかっ。 前日みなさんがいってるのがわかったよ。 クレムリンのお膝元、モスクワの世界の超一流バレエ団でこのパリの炎をかけるのがすごいね。 綺麗事言ってんじゃねーよっていうリアリティが本当にコワイ。 群集の力とか、革命万歳とか、そういうの飛び越して、 …モスクワありき、強いモスクワを見ろっていうそれだなぁ。 やぱ伏魔殿だったよ。あそこ…。嫌悪感も興奮も試されてるなぁ…(o_o) そいでラストシーンでギロチンされた彼女とそのパパが出てきて踊ってるわけですわ。 兄ちゃん彼女の首を抱いて泣いてるわけです。(よぎる吉野川) 強いモスクワこわいよぉ。だけど、いくと結構好きになるんだよぉーモスクワ。 それとこれとはいっしょの話で別の話でいいのかな…。 さっきの、白いレスラータイツ(白タイツとは言わない)のワッシーと踊りたいし、 てかワッシーになって踊りたいと思った純粋なワクワク感を返して欲しいわー。 でもすごい作品だったし、別のひとでも観てみたいなと思いました。 これにて東京ボリショイ公演おわり。   ミハイロフスキー提供のワッシー祭りはっとくね。 飛びすぎて画面からはみ出てるよっ。 https://youtu.be/HbQyh8ODWx0  

      テーマ:
  • 11 Jun
    • 白鳥の湖/ボリショイバレエ来日公演/東京文化会館

      白鳥の湖/ボリショイバレエ来日公演/東京文化会館わたしのなかで観たいのに観たことないプリンシパルオフチャレンコついに登場でした。ボリショイのプリンシパルなのに若いのに踊りがぜんぜんドヤってないことにびっくり。そしてな〜体が好みでなかったよぉー。細いのがダメなんじゃない。ラントラートフは平気。このひとなんかふわっと女子っぽい細さなんだな。ウエストのくびれとか。男が観たいのよーわたす。TLでみた幸四郎説がわたしのなかでヒットしとって、目と口にかけての感じが幸四郎wだったが、幸四郎のがどやってる。ドヤってないのが悪いみたいな気持ちになるのはなんでしょうな…。ご一行は昨日びわ湖に行って、流れが変わっちゃったのか、なんだかぼんやりした白鳥に感じてしまいました。てゆうか自分が今週バレエにオペラに歌舞伎にもりだくさんで、観すぎたのもあるのか?モスクワ行きたいなー。  

      テーマ:
  • 10 Jun
    • 楽劇・ジークフリート/新国立劇場

      楽劇・ジークフリート/新国立劇場   もうすっかり気持ちがぼやぼやしたまま向かったリングでしたが、 オケが東響にかわったもんで、印象がいくらか変わりました。 3シーズンがかりのリングサイクルっていうのもアレなうえに、 途中でオケが変わるっていうのもなんだよねー。 そんなわけで思い切りのいいジークフリートでよかったです✨ 小屋の中で歌われて、4階からは、あーあでしたけれども、 1、2幕と耐えて、ついにきた、3幕。 ダントツに格好いいヴォータン。これでさようならなんて悲しすぎる。 そいで、あのもぞもぞするもぞもぞな2人。 あんなことで延々やりとりすんなよと心の中で呆れながらも、でもそんな気持ちもわすれちゃいけないわよね、 なんて心でいいながらも感涙してましたよぉ。 早く続きがみたいわぁ。 今日のジークフリートは、おらが村なのに、ワーグナー変態でありがとうっておもったのよ。 早いパッセージにも耐えた弦も金管隊もときにすかっちゃいながらも、 思い切りのいいオケだった。あぁモゾモゾしちゃうー✨ 噂の小鳥ちゃん衣装。 歌手には共布パレオが作られてたって。 小鳥ちゃんダンサーだけ布の面積が小さいまま。 つかせっかくダンサーなんだからもっとちゃんと踊るようにすればいいのに。 4階からでは2幕で足しか見えませんでしたわ。 鍛冶屋の歌ハッシュドビーフ1回目の幕間で大人気だったね。美味しかったよ。 ソーセージ盛り合わせも食べたし、 輝く愛で共に死のう的な3幕をイメージしたらしい仰々しい名前のマンゴーカクテルもいただいた。 45分休憩があると下山してもたくさん楽しめるね。 バレエ公演だとこんなに飲み食いしてる人っていないよね。 スレンダーな人見た後に食べたくないわな。その点オペラは大丈夫!!(なにが…?) やっぱり指揮者はいてもいなくても実際あんまりかわらないけど、オケ内の平和のために必要だし、 指揮者の中にはペトレンコのような魔法使いがいる。 そういう出会いのために欧州を目指すわけだわ。  

      テーマ:
  • 09 Jun
    • 歌舞伎鑑賞教室毛抜/国立劇場

      歌舞伎鑑賞教室毛抜/国立劇場   隼人の歌舞伎の見方。 とっても頑張ってたね。 立ち回りに毛振りに、光る汗に息が上がるトークに、化粧してないっていう、 満載の本物の和装アイドル感…✨わーまぶしい✨見慣れないものに緊張してしまったわー。 もうここでメインディッシュおわっちゃった感。満足(笑)   だって本編けっこう寝てましたわ。 すんませんなー。疲れてたもんで。 どんだけたくさん観に行ってても、寝ちゃうのよ、歌舞伎って。     わたしがホンモノのJKだったときに来た歌舞伎鑑賞教室は、 吃又で、孝太郎さんのおとくの初役だった模様です。     おさしんとってSNSで流してくださいタイム。    

      テーマ:
  • 06 Jun
    • 歌舞伎夜話・尾上右近丈/歌舞伎座ギャラリー

      右近ちゃんの歌舞伎夜話2回目。   歌舞伎夜話では聞き手の戸部さんと親しい間柄のようなので、 このあいだのイヤホンガイドのおねえさんの、 あちゃー聞き手がさーそれを…ってことは起きず、 お話とかぽいぽいとびだしましたわ。   若い娘の役は老けちゃうことを引き続き気にしていて、 戸部さんにも、柳沢騒動は後半から出来上がっていっておさめちゃん苦戦してたよね、と。 梢も人妻とはいえ…な、とか。 先代芝翫さん談、年取ってからのほうが若い娘がやりやすい(ノーコメントだねコレ。)   はねのかむろの飾りは思いっきり派手にした。 子供は頭が重いし、そんなかんじができれば。衣装に助けられることというのがある。 矢口渡は、セットにお金かかりますよねーと戸部さん。 そういうことは考えずにやりたいものをやるのが財産になるとおもっている。 (それ以上言わないのがまた加減をわかってるよねぇ。)   ルフィ役は、いま歩み寄り中。 若い娘はなんだか煮詰まっちゃうけれど、 ルフィは自分の中の少年っぽいところを大事にしたい。 (うーん十分若いと思うよ、きちんとできるのに、加減わかってるよね。 座ってて雪駄プラプラさせちゃうとこなんかもね。)   ワンピースで興味を持って歌舞伎座に来てくれた人が、 どこに出てるの??ってがっかりされないように、 大きな役がつくように頑張っていきたいと、 S竹社員を前に公開アピールタイム。もっともだわぁ。   やりたいのは実盛物語の実盛、薄雪物語での三人笑。 あと忠兵衛はかならずいつか。 山城屋の忠兵衛を袖で泣きながら25日間観てて、 観てたねっって本人に言われたと。(やーんこういうのいい)   R指定歌舞伎やりたいって。女子供は入れないエロいやつ。 (男同士でやるのを男だけでみるって、にーよん会館じゃん…) 今ははまってるのは全般的に北野武。 おじーちゃんの血が騒ぐ。   若いから模索中ではあるものの、それを自分でよく自己分析できてて、 それを多分方向性は間違ってないと思うって。 ハードルは越えられなかったらくぐる。   失敗するイメージはなくはないけど、ないんだなー。きっと。   ルフィの役もらって猿之助先輩に挨拶しにいって、 普通の役者になるのか、そうじゃない役者になるのか自分で決めて、って。 猿之助先輩すてき。     そして最後に、「見捨てないでね」っていって去っていった。   かわいい。   かわいい。   そっちこそだわ。見捨てないから長生きしてほしい。     この日はやたらママをほめていて、 カレーより母のミートソースとか言ってて、マザコンの子になってた。 なんか、あったのであろうか。 出たな次男のカワイイオレ。   ダブル右近問題につき、もう、けんけんって呼んで、ということで、 けんけんと呼ばねばならぬらしい。 めっちゃハードル高い。照れるわぁ。    

      テーマ:
  • 04 Jun
    • 新派 黒蜥蜴/三越劇場

      新派 黒蜥蜴/三越劇場   黒蜥蜴みてきた。たのしいわぁ痛快娯楽✨   三越劇場の内装と同じ舞台セットがすてき。 360度劇場なんですって☺️   ロッキーのお派手な着流しのイケメン度が反則技だし、 春ちゃん段ちゃんのタンゴやら、ちっすシーンやら、洋装ロマンスをみられる日が来るなんて。 テーマの一貫性からだんまりから音楽からいろんな要素が詰め込まれている。 われらが青春の新三国志なんかもおもいだしちゃったりして。たのしいねー。 男と男でやる宝塚のお芝居みたいであるなー。 スーパー新派wもっと芝居のボリュームと出来はいいけれど。 男と男でやるってさらに楽しいし。 新派は座付の作家がいるようなので、何でもできるわねーフフフ。 これから楽しみにしております。   次はちゃんと早くから切符買ってもいいなと思いました。    

      テーマ:
  • 03 Jun
    • 歌舞伎・六月大歌舞伎夜の部/歌舞伎座

      歌舞伎・六月大歌舞伎夜の部/歌舞伎座   夜の部の松也は役がおいしすぐる。 時代物白塗り若武者ずるい。かわいい京屋相手にずるい。 (そして絶賛脳内上演中の矢口渡はこいつとムフフなわけでしょ。やばいな。) 着実に歌舞伎のレパートリーを増やしている…(チャラいけど)なにこれ松也の時代きてるんかしら…。 みんなのヨメ京屋祭の、女を殺めるニザ最高✨の、 おつたさんで、今月はとりあえず松也格好良かったね。完。 今月の木挽町はこれでおわりでおわれそう。ほっ。 お蔦さん、あんまり、いまひとつだった気がする。 酒に酔う台詞がなんかね。こんなかね。 大人っぽくもなければ、子供でもなくって、うううーん??? だけどさーこういう役みるとさ、 猿之助さんに住んでる女はほんとうに性根がやさしいなぁーって感じるわ。       幕間に買いに行ったチョコミントタルトさま。好きだ。こういうの。 カフェは90分待ち。そんなん待ってたら夜の部開演しちゃうわよ。    

      テーマ:
    • 歌舞伎・六月大歌舞伎昼の部/歌舞伎座

      歌舞伎・六月大歌舞伎昼の部/歌舞伎座   歌舞伎座マチソワしてきた。 今月は通しで観るのしんどいわー。 番組の並びが大御所に配慮するあまりの構成なんでは…。 昼いち、もはや放送事故レベルの深川芸者がダメージ大であったな。 まえからそうだし…ぜんぜんきらいじゃないんだけど、 うーむ。これはヒドイ…。台詞が入ってないのもあって芝居感がでてない。むーん。 猿之助先輩の三次は飼ってみたいねぇ。 お金せびられて、しょうがないひとだねぇーって小遣いあげたい。 けど、その先になんもおきなそうだから、つきあいたいのはお蔦さんのほうだな。 だってこの三次は、美代吉とデキてないもん。 女をオレのものにするとか、女にかわいがってもらうとかそういう色気出ないんだもん、このひと。 なめくじちゃん。 種ちゃんの踊り自体はすきなんだけど、これはなんかもうちょっとだな〜〜 わたし的にはうっふんぬめぬめするする度がもっと欲しい。 でもそのもうちょっとを待ってみにいくと先輩の踊りが乱れてきちゃうんではと思ってむずかしいとこだわ…。 幕開きのライティングがとっても気持ちいい。 弁慶上使。 よねこの雰囲気がなんか違って、おけさう京屋風味なんかなーなんて。京屋と母娘似合ってた。 播磨屋マジック今月も出たわ〜寝てたのに感動しちゃったわぁ~。またごろうさんもいいんだろうな。    

      テーマ:
  • 27 May
    • 歌舞伎・團菊祭五月大歌舞伎夜の部/歌舞伎座

      歌舞伎・團菊祭五月大歌舞伎夜の部/歌舞伎座 対面は壮大に寝てしまったわ。 襲名ってさっておもうよ…。 海老蔵の仁木弾正は全体通して変なやつだし、途中家に帰りたそうだったけど、 部分部分、この世のものとは思えぬかっこうよさだよねーぐぬー。 ネズミからの薄明かりに照らされ雲を歩く3割り増しイイ男の花道仁木弾正とか、 刃物を持って人を追い込んで不敵に笑う仁木弾正とか、 くそー海老蔵。 もう、さとーただのぶとかやめようぜ。 菊之助はまたしても面白くはない…でも乳母感思ったよりあった。 歌六さんの女方はガン見した。 眉毛なし右近ちゃんはビューティフル美人だった。20代万歳!な肌艶。   最後の三社祭は気合の入った毛振りでしたねぇ。 そろうんだここまで。            

      テーマ:
    • 歌舞伎・團菊祭五月大歌舞伎昼の部/歌舞伎座

      歌舞伎・團菊祭五月大歌舞伎昼の部/歌舞伎座   駆け込んでみてきました。 …ずいぶん日にちも経ってしまったな。 梢はもう煮詰まる寸前のような…。 キャピキャピっていう動きが謎の煮詰まった生き物になっちゃうんだなー。 人妻だからいいのにさ。どうして。 梢は1人で頑張んないといけない役だからこうなっちゃうけど、 お舟ちゃんはぶちまける相手がいるからきっと大丈夫。 松也兄さん、右近ちゃんの愛をどう受け止めてくれるか楽しみ楽しみー。 期待してるわぁ〜。 大事なくば何事もこころまかせに。(おおおよしみね流されたー) そんならかなえてくださんすか。(お舟ちゃん押し倒したー) なんて感じで矢口渡盛り上がってる、妄想上演会でな。 海老蔵の吉野山。なんだあの川はwなんだアノキラキラしてくるくる回るセットw いろいろ見てられないな。 菊之助も面白くないんだもん。清元はいそがしくって手配できんかったのか?? そうごろうはおもしろかった。かわいいおじさんいた。 飲んで遊んで叱られてゴメンね!の ボーダーを知ってる役者しかこういうのできん。 もう誰もできなくなっちまう。真面目も考えものだよな。 まほろん出てきた。 あっちのむすこはご挨拶なんももできん状態だったからすごく立派に見えた。        

      テーマ:
  • 21 May
    • 花道会セミナー尾上右近丈

      右近ちゃん花道会にいってきましたよー。 本人の口からルフィは「ダブルキャスト」なる言葉がー!!回数こなすらしい✨ ワンピースは読んでないので、ルフィに歩み寄るために、マンガ読むそうです。   読んだことない2人のルフィになるのかと懸念してましたが…w おさめちゃんのお話と、研の會のお話と、 おさめちゃんはほんとうによかったよねぇ。 あれで、立役に好かれる女方とはということを思ったとかなんとか言ってて、 じーんとしてしまったわ。 だって、あれ、毎週毎週、観るたびに、 海老蔵吉保が、おさめちゃんのことすきになっていってるのがわかったよ。 このこは…海老蔵を動かした…おそろしいこ…っておもったわ。 なんかこう全体的にイヤホンガイド解説員なるひとの聞き手の対話力不足で、 消化不良になってまったんですけどわたし…。 解説員なるあなたの思い出話じゃなくって、もっと芸談聞いてくれればいいのに…。 歌舞伎の突っ込んだ話してもだいたいついてけるんじゃないの?ここは…。 徹夜、三社祭担ぎ開けの本人から、 えっと何の話してたんでしたっけ?って話を本流に戻すような働きかけがあったりして…。 わー。 三社の話だって、男の怒号と熱気について、もうちょっと語ってもらうとか、 どこの町会から出たんですか?神輿はどんくらいかつぎきったのか、 それとも脱出したのか?!とかないの? お舟ちゃんだって、松也にいさんとどんなお舟ちゃんとよしみねのあんなことそんなこと、 寄り切っちゃうんですかそれともまやかしちゃうんですか?!とか 紀伊国屋の芸というとこで、誰にならうんですか? (風前のともしび…)紀伊国屋さんの芸の継承についてはどのようにお考えですか?! とか、そういうのないのー? あんまりしゃべらないように躾けられてたって、そんな感じしてるよね。 そういういい方はしてなくても、野心めらめらしてるのなんか漏れちゃってるし、 (そんなとこもカワイイと思うし。) 自主公演のあれこれみると、この中でその美学!うっはー!っておもったりもするし。 ワタシらでもそう思うんだから、みんな見抜いてるでしょーねー。 もうさーカワイイ次男のオレで、いいよ。 思ってるとおり、みんな、あなたのこと好きだし応援してるわよ。   そうして聞きたいようなことというのは、結局、言葉じゃなくって舞台でみましょうよってことで、 より芸への探究、試行錯誤もろもろが雄弁になれるような役がつくことを祈って、 ささやかな活動として、陰ながら応援しております、わたくし…。 ミュージカルやりたいとか、不良の役やりたいっていってたけど。 極まった悪い女の役がいいなぁー。 色っぽい女なのに肚のすわった男なんだもんこの子。 こういうのって男がやる女だからこそできる味があると思う。 若いときは、遊び倒してから結婚すればいんじゃね? さいきん、役者そういうのなくて、みんな小ぶりでつまんねーよって総意のわれらからして、 あーーー聞いちゃったっていう、ご結婚に対する展望ね。 何者かわかんないってようやく自由になってきているひとにこういうこと聞かんでええ。 どうぞ広い世界で方々遊び倒してください。 いろんなものみてきて芸の肥やしにしてくださいヨ。 最高にカワイイおじさんになってほしいのよ。     そして帰りに、歌舞伎座タワーのエレベーター降りてって、とびら開いたら、 うるんだ瞳で見上げるまほろん!!!とパパ!!わーびっくりした。 まほろん天使✨なんだあのぽよっとした生き物はーーー!! で、右近ちゃんをみると、カレーを食べたくなってナイルに寄るコンプリート感だな。  

      テーマ:
  • 20 May
    • 歌舞伎・五月花形歌舞伎/松竹座夜の部

      歌舞伎・五月花形歌舞伎/松竹座夜の部 1階5列 懸念された猿之助の色悪。猿之助の浪江…。色悪としては、そんな女子みたいな綺麗な手をした色悪いるかよ!でしたが、芝居を締めるという最高の働きをしました。さすがです猿之助先輩!猿之助先輩好き!  勘九郎もこういう頼れる人がいてのびのびやりたいことやってる感じがした。それでいいのかよとも思うけど、これでいいとおもった。乳房榎 はみたことないと思ってたら、2014年のかんくろ観てた。そのときはセリフが早くなっちゃうのがよくなってるとか、早変わりが今ひとつとか、それをおもうとだいぶよくなってるんだなー。勘九郎が滝つぼの場で本水大立ち回りして、きれいな弧を描く水しぶき。そして最後しめたの浪江だからねー。俺の芸ドヤ〜みんなきてくれてありがとー(諸悪の根源浪江だけど)ってやってたからwかんくろが早変わりするときも、この人かわりますからねってどやってましたからね、浪江w本人はごくスムーズに早がわってた。どやる方向じゃなくって、今のなに!?て方向にいってるんだな。ちぶさのえのき中村屋の芸じゃなかったのか…浪江にいいとこ取られるなんて、おじさんさぞかし悔しがっていることでしょうよ、つか猿之助には本当に恐れ入る。七之助のおみっちゃんは、都会の香りのする女でした。かわいくない。これは2002年にやった猿之助先輩のおみっちゃんには到底かなわん。かしょくん空気読めない感がなんかよかったwこたろうはお昼のどりがぜんっぜんだったなぁ…。かんくろにはこういう、頼れて、締めてくれる人がいるといいな。 とーちゃん連れて一門をでた人とそういうことをしてないうちにあれこれなっちゃった人。 このひと立ち位置図るのほんとうまいから、そういうふうに見てるんだねっておもったわ。  昼の部はパワーアップ猿之助(こういうこってりみたことあるし、ほんとに美学が極めてきているわ)で、夜の部はバージョンアップ猿之助(色悪でも中村屋のお家芸でも芝居を締めちゃうオオモノっぷり)だった。このままだと、猿之助先輩が中村座でちゃうんじゃね…wwってヨタ話したけども、今月の松竹座の昼の部の配役は、古参の中村屋ファンが怒りだしてもいい配役だよね。 ふたつのおうちの先代ダンナは、お互いにリスペクトしていたし、古典では共演することもあったけれど、おうちの芸ではからむことはなかったのが、リスペクトであるとおもっていた。…時代は変わるのう。 いま役者同士がなんだか雰囲気的にいい子で仲良しで、バッチバチ火花飛んだりしないな。男同士の意地の張り合いとかね、ああゆう対立と緊迫感もあっていいとおもうんだがな。     

      テーマ:
    • 歌舞伎・五月花形歌舞伎/松竹座昼の部

      歌舞伎・五月花形歌舞伎/松竹座昼の部 1階10列昼も夜も楽しかったねぇ✨昼はてんこ盛り澤瀉芸。猿之助清姫の縄に縛られる時の表情が、縛られるこの上なく美しい俺を見ろーー(ドヤァーー)でこの人の美学が大好きだ。そのあとの鐘に頭突きして、気を取り戻してからの…あっ痛ったぁ〜とかあざとすぎるあざとすぎる。萌えるわ。双面道成寺もたのしすぎるよね。すっぽんからくるくる自分で回ってあらわれたわよあのひと。お化け花子たのすぃ。そしてそれを中村屋二人に見せつける謎の構図…w女方のよだいめは最高に美しくて、立役やると、三代目をよく真似てるけど、男の色気が全然ね…フフって思えて面白い。女方猿之助がここまで確固たる美しさで存在してると、受け継ぐ猿之助ワールドに新たな個性があっていいよね。

      テーマ:

プロフィール

Cenerentola

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
0時過ぎにしか帰宅しない灰被り娘です。 ただの道楽者です。 難しいことは勘弁してくださいね

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログの読者

読者数: 13

読者になる

お気に入りブログ

旧ランキング

旅行
1299 位
観察ブログ
291 位

ランキングトップへ

ブックマーク

観劇旅の何かご参考になれば。

劇場訪問のあしどり(ブログ記事があります)
・メトロポリタン歌劇場(ニューヨーク) 2011.3/2014.3
・ウィーン国立歌劇場(ウィーン) 2011.9/2013.3/2013.10
・楽友協会(ウィーン) 2011.9/2013.10
・フォルクスオーパー(ウィーン) 2011.9
・バイエルン州立歌劇場(ミュンヘン) 2012.1/2012.12/2013.6/2013.12/2014.1/2015.5/2016.6
・ミラノスカラ座(ミラノ) 2012.12/2015.9
・ボローニャ歌劇場(ボローニャ) 2012.12
・バーデンバーデン祝祭劇場(バーデンバーデン) 2013.3
・ロイヤルオペラハウス(ロンドン) 2013.5/2014.6
・ハーマジェスティーズ劇場(ロンドン) 2013.5
・グローブ座(ロンドン) 2013.5
・フランクフルト歌劇場(フランクフルト)2013.6
・コンチェルトハウス(ウィーン) 2013.10
・ゼンパーオーパー(ドレスデン)2013.12
・ベルリンフィルハーモニー(ベルリン)2013.12
・ライプチヒ歌劇場(ライプチヒ)2014.1
・ニューロンドンシアター(ロンドン)2014.6
・バイロイト祝祭劇場(バイロイト)2014.8/2015.8
・ミハイロフスキー劇場(サンクトペテルブルク)2014.12
・マリインスキー劇場本館(サンクトペテルブルク)2014.12
・チューリッヒ歌劇場(チューリッヒ)2014.12/2015.1/2015.9/2016.6
・ボリショイ劇場本館(モスクワ)2015.5/2015.10/2016.12
・サドラーズウェールズ劇場(ロンドン)2015.7/2015.8
・チャイコフスキーコンサートホール(モスクワ)2015.10
・シャンゼリゼ劇場(パリ)2015.10/2016.11
・香港文化中心音樂廳(香港)2016.1
・オペラガルニエ(パリ)2016.6/2016.11/2017.5
・オペラバスティーユ(パリ)2016.11
・ダンチェンコ記念モスクワアカデミー音楽劇場(モスクワ)2016.12
・ローマ歌劇場(ローマ)2016.12
・ナンシーロレーヌ国立劇場(ナンシー)2017.5



AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。