漫才塾

大阪で開講中「漫才塾」の講義模様やイベントのレポートです


テーマ:

あけましておめでとうございます。

本年も漫才塾をよろしくお願い申し上げます!

 

年明け最初の授業が行われる前に『売名行為』の収録がございました。

 

玉出のおばはんなる謎の人物も登場!

売名行為はこちらのURL→http://manradi.seesaa.net/article/445705711.html

からお聞きいただけますので、ぜひどうぞ!!

 

大滝塾長の左側にだんごの紙袋が。

実はこれ玉出のおばはんからの差し入れでした♪

 

授業後、みんなで美味しくいただきました!

玉出のおばはん、素敵なお菓子をありがとうございました!!!

またぜひ遊びにいらしてくださいね~

 

本日は新年の抱負を各々が発表していきました。

年が変われば気分も一新!

頭の中で思い描いている目標を言語化し、誰かに伝えることで一層、意識することができます。

 

宣言するというのが何事においても重要です。

 

漫才塾では塾生が「講義をやりたい!」と立候補すれば、すぐにできる自由な空気があります。人前で何かを話すという経験は、多ければ多い方が良いのは間違いありません。

本日、講義をしたのはエキストラ高橋。

最近、漫才塾の塾生さんと連携して色々と企画している台風の目的存在

 

またの名は企画の鬼!

 

今回、彼が着目したのは番組でのフリートークでした。

何気なく見ているのと、じっくり分析するのとではインプットできる情報に雲泥の差があります。

 

論理的思考の得意なエキストラ高橋が、数値などから割り出し、テレビでのフリートークはどれくらいの時間内でオチまで言い終わる必要があるのかを解説。

 

「思っていたよりも短いな…」と感じられた人達が多くおられました。

 

笑いの基本はフリオチです。

 

短時間でオトすのは簡単ではありません。しかしコツというのもが存在します。

 

今回はそれについてみんなで話し合えましたので、大きな収穫があったのではないでしょうか?

 

何でも「やらされている」と感じるより、「自分の意思でやっている!」と思えた方が楽しいのは明らか。

 

彼のような積極性は、他の塾生さんへ刺激を与えたことでしょう。

 

それではまたお会いいたしましょう!

 

 

                        写真・文 高田 豪

 

 

 

漫才塾では新塾生を募集しております。プロ志望の方だけでなく、『今やっている仕事に生かしたい!』など、様々な面でスキルアップを目指される方を対象にした授業を行っております。

和気藹々とした楽しい授業が毎回、繰り広げられております。

まずはお気軽に見学をお申し込み下さい。

興味をお持ちの方はこちら⇒info@ohtaki-agency.com


まで、メールをお送り下さいませ。

漫才塾の詳細はこちら

『漫才塾ホームページ』

に書かれております。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

一週間ほど前の話題になりますが、みなさんM-1GPはご覧になりましたか?

 

銀シャリのお二人が見事、優勝されましたが、スーパーマラドーナ、和牛も素晴らしい内容の漫才をされて、甲乙つけがたいハイレベルな決勝となりました。

 

見ごたえたっぷりの勝負を見たあとは、テンションが上がりますね。

 

やる気が萎えているときなどは、緊張感ほとばしる賞レースを見て、活力を注入してもらうというのも良いのではないでしょうか?

 

早いもので年内最後の授業レポートとなりました。

(漫才塾の授業はまだ残っておりますし、ライブも開催されます!)

 

漫才塾では塾生の人からの悩みに、大滝塾長が授業内容でアンサーを返すというときがあります。

 

 

 

各々が仕事場で抱えている悩みなどを聞き出し、悩みをより具体的にしていきながら授業は進みます。

今回、塾長が授業で語ったのは、「甘えのすすめ」でした。

 

売れる芸人さんほど、甘え上手であることを塾長は目の当たりにしてきました。

 

また業界歴の長い塾長の処世術のひとつに、相手の懐へ飛び込むというものがあります。

そうして関係を構築していき仲良くなることで、お互いWINWINになれる形に持っていく、というわけです。

 

人に対して甘えるというのは、依存的なので良くないと感じる人もいることでしょう。

 

しかし塾長の考えは正反対!

自立、独立できている人間だからこそ、甘えることができると言うのが、塾長の主張。

 

確かに人を頼らずに生き過ぎると、行き着く先は孤立しかありません。

 

考えてみれば人間同士が交流するということに、安心して甘えれる関係になるということが、含まれていそうです。

 

塾長『ただし一方的に甘えるのはあかん!』

お世話になった人には倍返しをするというのが塾長の礼儀。

 

求めすぎてはいけませんし、ひたすら頼りすぎるのもNG。

そんなことを続けていては、人が去っていき、これまた孤立しかねません。

 

塾長が伝えたかったことを私なりに解釈しますと、「恐れずに相手とコミュニケーションをとりましょう」と言うことなのではないでしょうか?

 

甘え下手の人の心の奥底には「甘えようとして拒絶されたらどうしよう」という不安や恐怖があるのではないでしょうか?

 

しかし、しかし、案ずるよりも産むが易し!

 

案外人は受け入れてくれるものです。自分で答えを決めずに、まずは軽く甘えることから実践してみてくださいね。

 

さて本日、私、高田豪もショート講義をやらせていただきました。

『ポジショニングと凹凸論』というテーマで語らせていただきました。

 

凹凸というのは見た目の形状ではなく、その人の持っている性質です。

 

自分の個性を出してガンガン前に突き進むという人は凸タイプ。

人の良さを引き出したり、聞き手に回る人は凹タイプ。

 

具体例を挙げるとすれば

 

ビートたけし、島田洋七、島田紳助

こちらのお三人は凸タイプでグイグイ相方を引っ張っていく人達。

 

ビートきよし、島田洋八、松本竜介

 

こちらののお三人は聞き手役の凹タイプ。

 

うなずきトリオとは、凹タイプに対する上手なネーミングですね!

 

今で言うと、ウーマンラッシュアワーが凹凸の分かりやすいコンビだと思います。

もちろん村本さんが凸、パラダイスさんが凹。

 

 

お客さんの前で何かパフォーマンスをしたいという人は、基本的に目立ちがり屋です。

かと言って、全員が前へ出すぎると収拾がつきません。

 

凹凸の使い分けを巧みにすることにより、自在にポジションを変えられるのが理想

 

明石家さんまさんと言えば、「自分のことが大好きで、ずっとしゃべり続けている人」という印象が強いはず。

 

究極の凸型タイプと言えます。

 

しかし人へ話を振ったり、美味しい部分を引き出したり、リアクションに回ったりと、凹側に回ることもよくあります。

 

決して簡単なことではありませんが、状況に合わせて凹凸を使い分けれるのが理想。

 

特にまわしやMCポジションに立つことが多い人ほど、そういった使い分けが求められます。

 

大人数ではなく二人の間での凹凸を学ぶなら、

パペポTV、松本紳助、にけつなどフリートークを分析してみても良いでしょう。

 

まだまだ12月の中旬にさしかかったところではありますが、年内の漫才塾レポートは当記事が最後になります。

※レポート記事以外の、他の記事が更新されることはあるかと思います。

 

みなさま本年もお世話になりました。

また来年もよろしくお願い申し上げます!!

 

風邪が流行っているのでイソジンでのうがいを最後に推奨して、本記事を終わりにさせていただきます!

 

                    写真・文 高田 豪

 

 

 

漫才塾では新塾生を募集しております。プロ志望の方だけでなく、『今やっている仕事に生かしたい!』など、様々な面でスキルアップを目指される方を対象にした授業を行っております。

和気藹々とした楽しい授業が毎回、繰り広げられております。

まずはお気軽に見学をお申し込み下さい。

興味をお持ちの方はこちら⇒info@ohtaki-agency.com


まで、メールをお送り下さいませ。

漫才塾の詳細はこちら

『漫才塾ホームページ』

に書かれております。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も師匠がダッシュする季節がきましたね。

 

それでは師走の漫才塾レポートに入ります!!

 

っとその前に~~!!

 

あやみン♡「ちょっと待っておくれやす~」

本日『あやみン♡の売名行為』の収録がありました!

 

一人のおしゃべりになって第二回目ですが生き生きとお話しております。

こちら↓からお聞きいただくことができます♪

『あやみン♡の売名行為』

 

 

大滝塾長『おっ…わしので出番やな!』

 

 

本日は塾長が業界で大成功を収めてきた人のお話でした。

たけしさん、タモリさん、さんまさん、紳助さんなど、錚々たる顔ぶれの人と接してしてきた塾長。

 

どの方にも共通していたのが、好かれようとしていないことでした。

自分の軸をしっかりと持っており、いかなるときもブレずに生きるというのは難しいものです。

 

嫌われずに生きようと意識しすぎればしすぎるほど、人間は自由じゃなくなります。

 

これは我を出しすぎて、周囲を振り回し、人に迷惑をかけることとはまた違います。

着目すべきは自分らしさ!

媚びずに自分というものを解放できて、成功できることは理想的と言えますね!

 

本日、私、高田がやらせていただいたショート講義は、

「人間には、なぜ笑いが必要なのか?」ということに関して。

哲学的な課題でもありますが、

私の解釈はカタルシスを求めるからというもの。

カタルシスというのは、浄化、排泄という意味を持っています。

 

人間には喜怒哀楽など様々な感情が存在します。プラスの感情もあれば、マイナスの感情ももちろんありますよね?

 

アドラーも言っているとおり、人の悩みの大半は人間関係に起因します。

 

獣は感情を時にむき出しにしますが、人は社会生活を送る上で生の感情を出しすぎると摩擦が起こるので、コントロールしようとします。

 

そういったストレスが溜まりに溜まると、精神衛生上良くありません。

 

だからこそ映画やドラマなど、多くの物語が存在するのです。それらに触れることで、感情の排泄をします。

 

『君の名は。』が大流行しています。

泣ける映画と評判が高く、漫才塾の塾生さんの中にも「すでに三回見て三回とも泣いた」という人もいるくらいの一大ムーブメントを巻き起こしております。

 

泣くとスッキリするのは澱のように溜まったものが排泄されるから。

 

実は笑いも同じなのです。

 

涙が出るほど大笑いすることで、確実に訪れるカタルシス!

 

お笑い鑑賞にしに来ている方というのは、「ストレスを吹き飛ばしてくれるくらいの大笑いをさせてほしい」と無意識に思っております。

 

それが理解できてくると、自分のためだけでなく、お客さんを笑わせることに重きを置けるようになるはず!

 

消費者は物語などに触れてカタルシスを得ますが、発信する側は何かを表現することがカタルシスになる、というわけですね。

 

こうして良い循環が生まれるのです。

 

 

さて本日、私が注目したのはエキストラ高橋(左)&ドラマティックジョーのコンビ。

アボット&コステロのような凸凹コンビですが、最近息がバッチリ合ってきました。

 

かなりの好相性と言えます。

 

一年ほど継続してコンビを組み続ければ、きっと成果が見られることでしょう。

この調子で頑張ってほしいですね!

 

 

さてそのエクストラ高橋の提案で、最後はあるコーナーをやることに。

あるテーマを設けて塾生のイメージをランキング形式で書いていき、客観的に見た順位と、自分達が思う順位を照らし合わせようというもの。

 

ズレは笑いの基本。

ロンハーなどでもよく行われており、盛り上がる企画のひとつです。

 

こういった企画をやることで、漫才塾ライブの平場などのトレーニングになります。

示し合わすわけでもなく、誰がどこで出てオチをつけるのかなど、アドリブ力を鍛えられるというわけです。

 

久々に現れた、まとばっくすがみんなからイジりまくられており、大きな笑いを生み出しておりました。

こういったコーナーにイジられキャラは必要不可欠!

 

ボケ担当とツッコミ担当、イジリ担当とイジラれ担当など、各々のパートがおのずと分けられる形となります。

 

大好評のこの企画。

今後も続いていくのではないでしょうか?

 

さて師走の漫才塾も、残すところあと数回。

 

インフルエンザが猛威をふるっておりますので、みなさん手洗いうがいは念入りに行いましょう!!

 

それでは、またお会いいたしましょう~~!

 

 

                    写真・文 高田 豪

 

 

 

漫才塾では新塾生を募集しております。プロ志望の方だけでなく、『今やっている仕事に生かしたい!』など、様々な面でスキルアップを目指される方を対象にした授業を行っております。

和気藹々とした楽しい授業が毎回、繰り広げられております。

まずはお気軽に見学をお申し込み下さい。

興味をお持ちの方はこちら⇒info@ohtaki-agency.com


まで、メールをお送り下さいませ。

漫才塾の詳細はこちら

『漫才塾ホームページ』

に書かれております。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。