5月22日(日)

いよいよ、新年度スタートしました!

去年のGWに産声をあげた「ひらめきアート作文教室」は
2年目に入り、ますます充実してきました。...
あれよあれよという間に、3レベル展開することに!!

・9:30~10:30…園児コース「こころのたね」
・11:00~12:00…低学年コース「ひらめきアート作文」
・13:30~15:30…高学年コース「ひらめきアート作文」

この春園児コースを卒業する女の子の 高学年コースまで待てない!との嬉しい訴えにお応えし、「低学年コース」もこの春オープンです。


  ★園児コース「こころのたね」
子供たちの大好きな なぞかけ絵本で始まります。



◎きっかけアートは 「まぜこぜ 手形」
そして、その手形が、どんなどうぶつになるかな~



そしてそして…その手形が どんな漢字なっていくかな~?
子供たちにかかると、漢字も素敵な「アート」なんです!

◎言の葉パート
今月の万葉集は

(あま)()れの (くも)(たぐ)ひてほととぎす
春日(かすが)をさして ()()(わた)る(万葉集1959番)

(やっと雨が上がっておひさまキラキラ。雲さんとほととぎすさんが
仲良く歌いながら春日山にお散歩に行ってるよ)

ほととぎすさんのお友達は誰だと思う?
子供たちの大スキな、なぞなぞの続きです。
虹さ~ん。
太陽さ~ん。
ウグイスさ~ん。

続きは、ご家族みんなで、ワクワクペアを 作ってみてくださいね。

★ひらめきアート作文低学年コース:新開設!!】

◎導入絵本:「動物まぜこぜあそび」
「どうぶつ川柳・ぼくだ~れ」「ごちゃまぜカメレオン」
子供たちになぞなぞでアプローチする絵本たちは、
子供をぐいぐい引き寄せます。

◎きっかけアート:心の中でエールをおくってくれる
不思議な動物
一枚の食パンと、チーズ・トマト・キュウリ・ソーセージ・
ウズラ卵・ノリ・・・子供たちのひらめきが魔法をかけると
可愛い動物が勢ぞろいしました!

◎クリエイト作文:「きみがいてくれたから・・・」
誰もがハッピーなときばかりじゃない。他の人がうらやましいとき、自分がちっぽけな存在に思えて消え入りそうなとき…ふっと横を見ると君がいた。それから君との小さな冒険が始まる…

起承転結を意識して、字を習いたての1年生でもしっかり楽しく書けました。

 「キャンガルー」の特技は、速く走ること!1年男子は誘拐された時、キャンガルーが助けに来てくれたそうです!
 

午後からは
★ひらめきアート作文教室(高学年コース)



さすが、高学年さんは、完成度が高いです!



そして、作文へ・・・「君がいてくれたから・・・」


「作文がきらい~」という悩みを持つ3年の男の子には
「作文ライオン」が助けにきてくれました!!

アートと、作文を、ひらめきでつなぐ、ステキな日曜日でした!

★2016年度:5月22日・7月31日・10月30日・2月26日 お気軽にご連絡くださいね。
(各日とも、定員5名までの先着順です。お申込みはお早めにどうぞ)

★お申込み・お問い合わせ

国語未来塾またはアトリエペタタまで お気軽にどうぞ

◆国語未来塾 メール masakique★i.softbank.jp
◆アトリエ・ペタタ ℡ (078)351-1415
メール info☆npo-petata.net
(★印を@にして、ご連絡くださいね)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 




AD
5月21日(土)

先週末に 岡山のじいちゃんの畑から

摘んできた『ソラマメ』。

 

空に向かって伸びるから「空豆」というんだよ~という

説明と共に、今週の御影教室は

「空豆観察作文」となりました。

 

五感をたっぷり使って、

 

 

鞘に入っている状態をまず観察。
重さ、大きさなど、客観的情報から始めます。

いよいよ、中をあけて
「そらまめ君のベット」を確認。
高学年でも、歓声が上がります。


はじめて、そら豆を剥いた~という子がほとんどで、
「ほんとに、ふわふわなんだね~」
「寝てみた~い!」
「結構、しめっぽい。ちょっと、寝るのは嫌だな」
実感があると、すらすら 鉛筆が進みます。



かわいい~と、女子にも大人気!



観察作文のポイントは、
五感+「心」。
五感で感じたことから、「心」の中の言葉を紡ぎ出します。

*思ったよりうちがわは ふわふわだった。
さいしょは 大きいカラスノエンドウみたいだった。ぼくがあけたとき、豆はまぶしかっただろう。(3年男子)


*暗いところから、初めて明るいところに出た空豆は、そこにいたのがでっかい人間でびっくりしたと思う。このベットがしめりすぎていなかったら、寝てみたいな。(5年男子)

*空豆を見ていると、実の優しい黄緑とふわふわの白いところのバランスで、おだやかな気持ちになった。実は二つぶで白いふわふわもうすかったけれど、ひと粒が大きく養分もたっぷり入っている。食べてみるのが楽しみだ。(6年女子)



国語未来塾は、3人までの小さな、ささやかな教室です。
でも「生きる力」に直結する「しなやかな心」を育てます。

一生モノの「国語力」を身に付けて、未来を創るお手伝い。
地球の宝物の子供たちに、心からのエールを送ります!

ご興味のある方は下記まで、お気軽にどうぞ。
masakique ★ i.softbank.jp
(★印を、@に変えて、ご連絡ください)

 

 

AD

5月16日(月)

2時間たっぷりの、倉敷出張教室は まだ無理かな。。。
という新一年生中心に、岡山市内の福祉交流プラザ「うの」にて
「ふたばコース」がスタートしています。

神戸で、アトリエペタタのさっちゃん先生と行っている

ひらめきアート作文教室の園児さん用「こころのたね」から芽がにょきにょき。
岡山での出張国語未来塾の「ふたばコース」も3回目になりました。

 今日の授業は、畑から直行。そら豆ファミリーが主役です。
ひと鞘ずつ渡した空豆は、まずはクンクン、春の香り。



それからそおっと、お家にお邪魔。


 何人家族かなあ?...
お名前は?
どんなおしゃべりしているかな?



自由に書いた後、今回は初めて、マス目に書いてみました。
「、」や「。」にも、1マス使うよ~。
1時間では、時間が足りないくらいになりました。



もっと、もっと、書きたいなあ。
さすがはピカピカの一年生さん。

今日の俳句は
「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」
みんなも、目と耳と舌で春を見つけてきてね~



毎月 第2土曜日 13:30~14:30
場所は、変わることがありますので
お問い合わせくださいね。

masakique ★ i.softbank.jp
(★印を@に変えて、ご連絡ください)

AD
5月14日(土)

快晴の岡山。

今日の 出張岡山国語未来塾の準備は

おじいちゃんの畑からです。

 

「そら豆はなあ、空に向かって実がつくから

空豆言うんよ~」とおばあちゃん。

「それでな、中が実って、重くなったら

自然に頭を下げるんじゃ。人間と一緒じゃ」とおじいちゃん。


なるほど…。自然に採り時を教えてくれているんですね。

 

今日は、新一年生中心のちびっこ教室。
さあさあ、そら豆ファミリーのお話を作ります。


朝摘みですから、ふわふわベット間違いなし!

導入は、もちろんこの絵本。

さてさて、どんな お話がうまれたでしょう~。


4月24日(日)

日常、教える側にずっと立っていると
なんだか、すり減ってくる気がします。
なので、今日は忙しさを かいくぐって 岡山まで
「立志教育」のお勉強に行ってきました。



学んだことは、即、国語未来塾の授業に使わせていただきました。

出張 倉敷国語未来塾では・・・

名残の桜も美しく、若葉と奏でるハーモニーを岡山で楽しんで来ました。
折しもの花吹雪も「桜さんからの贈り物だよ~」と伝えた
万葉の歌にぴったりで、真剣に追いかける子供達も素敵でした。
やはり、自然に抱かれた倉敷の国語未来塾ならではですね。


 今回は、久しぶりに、新中1になるお兄ちゃんも参加。...
ということで、ちょっと背伸びして「立志作文」を書きました。
いつもの自己紹介文の、起承転結の「結」の部分。
「立志教育」の岡山県版の冊子をいただいていたので、
大原孫三郎さんなどを紹介しつつ、
「100点取るぞー」
「字をきれいに書きます」
という個人的な目標だけではなく、

 「ありがとう~と言ってもらえるような、志」
をそれぞれが考えて書きました。
「志」とは、「心が指すところ」なんですね。



毎月1回、万葉授業に行っている神戸の私立の小学校でも、
4月のテーマは
志~こころざし~ 今は漕ぎ 出でな!

と、額田王の歌と共に、
「お役立ち山」(高学年)
「ありがとう山」(低学年)を
みんなに書いてもらいました。

「人の良いところを見つけられる人になる」(4年女子)
・具体的には?…図工の作品のよいところを見つけてあげる。
「親切山」(4年男子)
・電車にお年寄りがいたら、席を譲る・お母さんの手伝いを1日1回する

「お父さんの背中を流す」(2年男子)
「お母さんを怒らせないように、早寝早起きする」(1年男子)
「毎日 おとうとと順番こで 新聞を取ってくる」(1年女子)

4月!新学年の目標に
自分のことだけでなく、人のために自分にも何かできることがある!と
考える機会があったこと。
そして、それを文字化すること。

立志万葉の授業の後の子供たちの顔は、少し誇らしげに見えました。

みんなの「志」膨らむ春ですね!

たっぷり、しっかり、思いを文字にしていきましょう!

*立志教育への詳しいお問い合わせは
岡山立志教育支援プロジェクトへ どうぞ。

086-275-9501
(岡山さんクリニック・アイナリーホール内)