コンサルタントが運営するフランチャイズ~まんてんワークス

個人飲食店の集客、経営を得意とするコンサルタントが主宰するフランチャイズです。
マーケティング目線で、ライバルを出し抜く作戦を得意としています!
いろんな事例を出していますので参考にしてください!

NEW !
テーマ:

今年9月に、枚方牧野店がオープンし

その後、2号店の申し出があったので

物件を探していたところ・・・

 

なんと!

 

香里園に物件が見つかりました!

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが

寝屋川市、枚方市あたりで繁華街といえば

圧倒的にナンバーワンは香里園です!

 

 

 

こういうエリアというのは

ほとんどが表に出ることなく

内密に話が進んでいくのが普通です。

 

 

仮に物件が見つかったとしても

相場以上の敷金や家賃に驚くことも多いのですが

好条件で見つけて頂きました!

 

 

今回も

こちらの不動産屋さんにお世話になりました。

 

㈱エンラージの上領社長さんです。

         ↓

 

http://en-large.co.jp/?page_id=962

 

 

 

僕がいつも驚くのは

この方から出る優しさのオーラです!

 

オーラって言うと

スピ系だと思う人も居ると思いますが

僕にとってオーラというのは

見えるものではなく感じるものなんです。

 

 

この感覚は

一緒に居れば伝わってきます。

 

 

現地で待ち合わせした時に

何となく、上手く行っているオーラを感じたので

 

「そういえば、あの○○の物件は売れましたか?」

と聞くと

やはり、僕が感じた通り、売れていました。

 

 

売れた理由がよく解らないと

社長さんはおっしゃっていましたが

僕には、その理由がよく解りました。

 

それは

優しさのオーラを纏っておられるからです。

 

 

 

仮に、長年売れていない物件でも

優しさのオーラを纏っている人が関わると

その優しさを感じ取れる人は、

ビビっと感じるものがあるんです。

 

 

そういう優しさは行動に出たりします。

 

長年売れていない物件に

わざわざ足を運んで、草引きをして・・・

そういう姿を見ている人が居たんですね。

 

 

賢明ではない人がこの記事を読んだら

「そうか!物件を売るには、草引きをすればいいんだ!」

と思うでしょうが・・・

違います!

 

 

その草引きをする姿に

優しさや愛情はありますか?

 

赤ちゃんをなでなでするような手で

草引きをしているのなら大丈夫ですが

草さえ抜けばいいんだろ!

という感じでやってしまう人には

優しさのオーラは感じません!

 

優しさのオーラを纏っている人は

何をしても優しさが出るんですから

真似しようとしても出来ないものなんです。

 

マーケティングでも同じですが

お客さんに「安心感」を与えられるから

そのお店に来店してくれるんです。

 

ターゲットが優しい人なら

それを売る人も優しい人でないとダメなんです。

 

 

ガメツイ人が商売をすると

お客さんもガメツイ人が来ますから

それはそれでOKなんでしょうけど、僕には無理です。

 

 

 

人は人と関わる時に

この人は安心できるのか?

と言う判断を潜在的にやっていますから

ゴリ押しで売る営業マンよりも

「安心の波動」を出している人に引き寄せられるんですね。

 

 

僕は「人相」を重視しますが

「人相」と「オーラ」ってよく似ています。

 

一般的な人でも解ると思いますが

顔を見ただけで「安心」出来る人っているでしょ?

 

優しそう、とか

親しみが持てそう、とかです。

 

逆に、

顔を見ただけで「不安」になる人も居ますよね。

 

何となく怖い、とか

悪いことをしてそう、とか

意地悪そう、とか

そういう事です。

 

 

顔の表情って

いろんな筋肉で作られていますから

普段、その人がどんな顔をしているのか?

ということが顔に表情として現れます。

 

だから隠そうと思っても隠せないんですね。

 

 

 

この「人相」と「オーラ」が一致すれば

僕はその人の事を信用しますし

「人相」だけはいいけど「オーラ」が悪い人は

その人を見極めるまで時間を掛けます。

 

 

 

そうやって付き合いが始まったのが

今のまんてんワークスのチームなんです。

 

工務店さんも不動産屋さんも

僕が全幅の信頼を置いている人たちですから

物件探しから物件取得、

工事からオープンまで

何の問題もなくスムーズに事が進むんです。

 

 

 

独立起業したい人は

優しいオーラの人を探すことが

成功への近道だと思いますよ!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お店が繁盛する為に必要なことは

 

①流行る資格がある店であること

②マーケティングが使えること

③引き寄せの法則を理解していること

 

この3つです。

 

 

①の流行る資格がある店であること

これについては、昨日のブログで書きましたが

まずは、

リピートしてもらえる店作りが出来ていることです!

 

 

何度も言いますが・・・

 

忘年会シーズンでお店が賑わって

ついついお客さんへの対応がおろそかになったり

雑になったりしてしまうと、

間違いなく、来年の売り上げは下がります!

 

 

その理由は・・・

 

店舗を構えているということは

その限られた商圏内でしか集客できませんから

限られた商圏内で悪い噂が広まったら

たちまち閉店に追い込まれるからです。

 

その後は、

とれだけマーケティングを駆使しても

あなたのお店に集客出来ません!

だって

行きたいと思ってくれるお客さんが居ないのですから

潰れるしかないのです。

 

 

 

芸能界でも

今年、何等かのトラブルで消えた人は

どれだけ居ますか?

ちょっと思い出してみてください!

 

 

清純派の女優さんが清純じゃない事をしたら

仕事がなくなるのと同じなんです。

 

視聴者は、

タレントさんに対して、清純さを求めているのに

そのタレントさんがだらしない事をしたら

その人の魅力は無くなってしまうんです。

 

芸人さんには、面白さを求めているのに

その芸人さんが面白くないと思ったら

その人が出るテレビを見なくなるんです。

 

多くの人が、

そうやってテレビから消えていくんですね。

 

 

 

僕たちも同じです!

 

お客さんが「きっと美味しいに違いない!」

と期待してくれているのに

その期待に応えられないお店だとしたら

2度目の来店は絶対に無いんです!

 

それどころか

そんな悪い噂は、たちまち広がるのが常です。

 

「あの店、美味しくないよ!」と

お客さんが知り合いに言う・・・

 

それだけの事で潰れるの?

と思っているかもしれませんが

実際には、お店なんて簡単に潰れます!

 

 

 

だから、口うるさく言ってるんです!

 

 

 

お客さんが期待してくれている

それ以上のサービスを提供するから

お客さんは満足して、リピートしてくれるんです。

 

特に、僕たち個人店は

味に関しては、絶対に妥協してはいけません!

 

だって、お客さんは僕たちのことを

料理のプロだと思ってくれているんですから

その期待に応えるのは当然の義務です!

 

 

この義務をちゃんと果たすから

次は、引き寄せの法則が働いてくれるんです。

 

 

 

引き寄せの法則とは、口コミのことです。

 

 

他店に負けない料理を出していれば

「チラシを見て、期待して行ったけど

 期待以上に美味しかったわ!」

 

こう言って貰えるから

自然と口コミが起きるんですね。

 

 

 

僕たちがマーケティングのテクニックを使って

集められるお客さんは1回きりです!

 

でも、お店に来てくれたお客さんが

知り合いにちょと口コミしてくれたら

それだけでお客さんを連れてきてくれます!

 

 

それ程、口コミというのは強いものですから

来店してくれたお客さん、一人一人の後ろには

何人もの知り合いが居るのだと思って対応してください。

 

 

 

最後にまとめておきますと!

 

 

最初はマーケティングを使って

お店にお客さんを集めます。

 

来店してくれたお客さんに対して

最高の料理とサービスを提供します。

 

満足してくれたお客さんが

リピートしてくれて、口コミもしてくれるから

お店が繁盛し続けるのです!

 

 

繁盛店というのは

こんなにシンプルなんですから

これだけは絶対に忘れないでくださいね!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

マーケティングとは

暇なお店に

お客さんを集めることが出来るテクニックですが

その前に

お店自体に魅力がある事が大前提です!

 

 

繁盛し続けているお店というのは

料理も

スタッフも

雰囲気も

お客さんの満足度が高いから繁盛店なのです。

 

 

 

 

忘年会シーズンに突入したこの時期は

あなたのお店の真価が試される時です。

 

本当にお客さんに満足してもらえているのか?

ということを、常に考えて仕事をしましょう!

 

 

とは言っても

何に対して頑張れば良いのかが

なかなか解らないと思いますから

お客さん目線になって考えてみましょう!

 

 

 

お客さんがお店選びで重視するのは

この5つです!

・接客

・清潔

・雰囲気

・料理

・コスパ

 

これらは

お客さんからは、ハッキリと解るのですが

お店側からは解りにくいものです。

 

 

だから、ちゃんと意識しておかないと

馴れ合いになってしまって

おろそかになっている事が多いです。

 

 

 

・接客については

笑顔

キビキビ

ハキハキ

これさえ出来ていれば大丈夫です。

 

 

・清潔

これは、出来れば外部の人に依頼して

お客さん目線でチェックしてもらいましよう!

 

僕がコンサルタントとして訪問する時

「衛生面のチエックをさせて頂きます」

と伝えます。

クライアントは自信満々の様子ですが

僕からの指摘がある度に

「そこまでしないといけないのですか?」

と不満そうにされます。

でもね、

良く考えてもらいたいんです!

 

僕は200軒ほどの

流行っているお店と潰れたお店の両方を見てきましたから

その違いが解っています!

潰れそうなお店の衛生面を改善しただけで

売上が上がった例もあります。

 

それほど重要な事ですから

自分目線で考えるのではなく

是非、プロの指導を受けて改善してください。

 

 

・雰囲気

たいていの経営者は勘違いしていますが

お店の雰囲気というのはお客さんが作るものです。

 

スタッフが雰囲気を作っているお店もありますが

それは、ターゲットであるお客さんと

雰囲気が合っているからOKなだけです。

 

あくまでも、ターゲットであるお客さんの雰囲気を読んで

その雰囲気に合わせることが大切です。

 

雰囲気というのは、

照明・音楽・スタッフの服装・料理の盛り付け・器など

いろんなことが雰囲気作りに繋がりますから

自信が無い人は、プロに依頼するといいですね。

 

 

・料理

これは、あなたも自信があると思います。

 

もし、味に自信が無い人は

飲食店をやってはいけません!

 

問題なのは、

安い冷凍食品や食材を使った料理の場合です。

 

いつも言うことですが、

お客さんは、お客さんのプロです。

 

いろんなお店に行きますから

あなたよりも他店の料理をよく知っています。

 

そのお客さんを満足させたいのなら

厳選した食材を探し回って

手に入らない調味料を探し回るくらいの

最低限の努力はしないとダメですね。

 

僕はこの為だけに、

年間30万円~50万円ほどのお金を使いますが

これはプロとして、本当に美味しい料理を

知っておく事が最低条件だと思っているからです。

 

お店によってお客さん単価に違いがありますが

僕の店では、一人1万円の忘年会コースがあります。

その予約を受ける為には

僕が1万円のコース料理を

何店舗も食べ歩いて知っていることが大切なんですね。

 

だから僕の友達には、

予約が取れない店のシェフや

キングオブオムライスに輝いたシェフが居るんです。

 

料理を極めたければ

美味しい店を探して食べ歩くことです。

 

 

・コスパ

コスパとは、コストパフォーマンスのことです。

 

つまり、お客さんが

「安いのに美味しいね!」

「このコースでこの値段は安いね!」

と思ってもらえばOKです。

 

自分がそう思うのではなく

お客さんが、「この店コスパいいね!」

と思ってもらえるものを提供することです。

 

薄利多売とまでは言いませんが

予算的にもう1品出してあげられるのなら

思い切って出してあげてください!

 

そういう気持ちは必ずお客さんに伝わります!

 

そして、「この店コナパいいね!」

と言われるようになります。

 

コスパがいい店というのは

実は、

店主がサービス精神にあふれた店のことです。

 

 

 

 

以上が

忘年会シーズンに気をつけて欲しい点です。

 

忙しいことを言い訳にすることなく

次につながる仕事をしてください。

いいね!した人  |  リブログ(0)