醜い戦い

テーマ:
最近、政治の質がいや増して低下している実感がするけれど、この東京都知事選における候補者選びにおいても醜い争いが続いている。

真っ先に立候補した小池百合子氏は事前に自民党東京都連に相談もなく突如として名乗りを上げた。

晴天の霹靂と感じたのは当の都連であり、面子を潰された格好となっている。

当然、都連も小池氏を認めようとせず、前総務事務次官の櫻井俊氏に秋波を送るも、袖にされたようだ。

さすが、櫻井氏は賢い。
醜い政治の世界に入る事にメリット等あるはずがない。

都連は引き続き櫻井氏や増田寛也氏を推そうとシャカリキになっているが、既に立候補した小池氏とは別の候補者を擁立するという事は自民党分裂選挙となる事を覚悟しているという事だ。

これは穏やかな話ではないし、二代続けてダメな知事を推してきた自民党だけに、三度目の過ちを犯す事はとても出来ない筈である。

一方、野党民進党も候補者擁立が難航しており、自民党分裂の構図で有利な立場な筈なのに余裕が全く見られない。

参議院選挙でも共産党と手を組んでまでして、なお三分の一を確保できないのであれば、もはや看板を掛け替えても自民党と並び評される党であるとは言い難い。

我が国において二大政党制は成り立ち得ない事の証左に他ならない状態となっている。

ともあれ、今のところ大した候補も出ていない訳だから、今後の東京都政も暗澹たる未来を思い描くしかなさそうだ。
AD