闇の魚

テーマ:
{D635C33B-0069-4666-8C97-4C4817934365}

夏の夜はみじかい。

薄く黒いベールが空を覆っているだけで、暑さはいっこうに冷めないままだ。

黒く光る川のどこかに魚が泳いでいるかもしれないが、乱反射する水面に目を凝らしてみても透けて見える事はない。

酒を二本飲んで、宿で寝転がっているうちに深い眠りに入ってしまった。

翌朝、九時頃起きてみると、近所で夏祭りを始めているらしく、お神輿の威勢のよい掛け声が小路を通り過ぎていった。

{6A705429-B656-4A60-A541-B309BB06E6EB}

{5F921A6F-C549-4B75-AEB5-4DA03DD278B8}

遅い朝飯はゴーヤーチャンプルだ。
いつから苦味がこんなに好きになったのだろうか。

ゴーヤーの程よい苦味を噛み締めると、ようやく意識がはっきりとしてきた。




AD