山彦之嶺

テーマ:
{3B84F259-FA8C-4AA0-8C82-94C1A0D70F70}

{EDAA29F6-7131-4F7E-AD7C-0AEA4325AD18}


{07D01BCE-5379-43FF-BA3E-AF50423D702B}
 
{FC5CF7CC-15B6-4BF3-BAAF-8651CB988708}

{B4A83E1D-09EF-49F8-A8ED-7B61AA27D378}

 

{EF5E2D77-5F98-4F0A-930F-7C377B6F92C7}

 

{3BE87A80-BE32-44DE-B7B8-6D6F88FCE623}

 

{C4211477-B3C8-4445-BD29-0C64E855DC8F}

  

{DFCDE8A1-01A4-4598-80D9-DDD2A09B91BB}

  

{14484503-CD5A-4D99-A2AF-6BE0F41F5609}

  

{8E1F3C65-4377-4708-ABEA-2AC64531DC28}

  

{E105B9F2-1712-4399-8FD7-CA0E2944F198}

  

巍々と聳える山々に眼を凝らすと、さながら中国の仙郷を髣髴とさせる景観であることがわかる。
 
妙義とはよく名付けたものである。
山岳信仰の影響で、独特の趣があるが、ところどころにユニークな点も多く見られる。
 
夕刻になればこの麓にも幽玄な霧が立ち込めて、きっと山々より天狗が現れて四方を跋扈することだろう。
 
 

※お時間ございましたら下記ボタンをひと押しお願い致します。

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

AD