2018-04-11 04:52:09

電力・ガス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 [第4版] /本橋恵一 18101

テーマ:電氣・電力ビジネス
図解入門業界研究 最新 電力・ガス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 [第4版] /本橋恵一
¥1,728
Amazon.co.jp
★★★★☆

2008年に発売された本書の第1版は2回読んでいたが
その後版を重ねて本書が第4版、とのこと。
10年で4版とはこの業界も目まぐるしく変化しているのだ。

本書を読みつつ、再生エネルギーへの国の力の入れ方が足りないなぁ、
と思っていたら「再生エネルギーを主力電源に」との新聞記事が出た。

再生可能エネ「主力電源に」 経産省、基本計画見直し


そうこなくっちゃと思い諸々調べてみたが
結局具体的にはどの様な施策をするのかはよく分からない。
目標先行か。

政府の本音はやはり「原発を一基でも動かしたい」
なのだろうか。


最新電力・ガス業界の動向とカラクリがよーくわかる本/本橋 恵一 11019


最新電力・ガス業界の動向とカラクリがよーくわかる本/本橋 恵一 10349

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-12 04:25:22

週刊ダイヤモンド 10/21 号 パナソニック・トヨタが挑むEV覇権 17316

テーマ:電氣・電力ビジネス
週刊ダイヤモンド 2017年 10/21 号 [雑誌] (パナソニック・トヨタが挑むEV覇権)/ダイヤモンド社
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★☆☆

にわかに脚光を浴びつつある、EV。
「何だかなぁ」とどこかに違和感を覚えつつ、読む。

氣になるのは、

 EVって究極のエコカーだと本当にいえるの?

というところ。
本誌では「Well to Wheel」という言葉を紹介しているが、
つまりは燃料の採掘段階から車の走行までを比較して
Co2排出量をいかに削減出来ているのか?というところ。

発電事業が主事業の一つなので
電氣を高く買って頂けるのは実に有難いことなのだが
現状の日本の電氣のほとんどは火力発電所で作られている。
車の走行時にいくらCo2を排出しない、
と言っても発電時にバンバン排出していれば意味が無い。

本誌では

 エネルギー戦略を真剣に考えないといけないね

と「困った質問には逆質問」みたいなコメントで終わっている(苦笑)。

資源エネルギー庁が作成している
CO2排出量(Well to Wheel)の比較(水素・燃料電池戦略協議会なる団体による引用)
をみると



EVはガソリン車やなどより良く、FCVやPHVとほぼ同等、とのこと。
この表を見ると「なるほどな」とも思いつつ、
かつての「原子力発電コストが低い!(でも最終廃棄コストは見てなかった!?)」
なんてカラクリは無いものなのかな?とつい疑ってしまう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-10 04:59:21

まるわかり電力システム改革キーワード360/日本電氣協会新聞部 17191

テーマ:電氣・電力ビジネス
まるわかり電力システム改革キーワード360/日本電氣協会新聞部
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★☆☆

昔愛読していた(今もあるのかな?)
「現代用語の基礎知識」を彷彿させるような
作りの本。

ただ、ある程度以上の基礎知識がある方向けの様で
まだまだ基礎面に不安が残る私には
ちょっと難しかったかも。
他の本を読んで馴染ませてから改めて挑戦したい。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-08 04:36:11

知っておくとメリット絶大電力・ガス自由化の話/川本武彦 17189

テーマ:電氣・電力ビジネス
知っておくとメリット絶大電力・ガス自由化の話/川本武彦
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

あとで氣が付けばこの本も
幻冬舎メディアコンサルティングの本。
こんな表装もあるのだ。
道理で販促臭漂う本だった(笑)。

ただ、電力とガスを一緒に扱う本は
それだけでも珍しく価値があるかも。
比較して語ってくれるだけでも素人には
ある意味分かりやすかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-07 04:29:24

経営者のための電力マネジメント入門 /富樫浩司 17188

テーマ:電氣・電力ビジネス
経営者のための電力マネジメント入門 /富樫浩司
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★☆

出版社が「幻冬舎メディアコンサルティング」
ということで、「ああきっと販促本なんだろう」
とやや斜に構えて読み始めるが、
期待値が低かったせいか結構面白く読めた本。

CREが企業に必要なように、
電力マネジメントも必要だな。
ただ、一般的には不動産ほどのコストへのインパクトも少なく
ちょっと勉強してコンサルに話聞けば
それで結構な成果を上げられそうだけど。

いつか手掛けた「電子ブレーカー」が
ちょっとだけ登場したのは嬉しかった☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-24 04:42:06

図解入門 よくわかる 最新 発電・送電の基本と仕組み 第3版/木舟辰平 17175

テーマ:電氣・電力ビジネス
図解入門 よくわかる 最新 発電・送電の基本と仕組み 第3版/木舟辰平
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

発電・送電・電氣・電力のことを学びなおしたいのだが、
なかなかいい本に巡り合えないなぁ~と思っていたら、
出会えてしまった☆
こんな本を探していたのだ!

幅の広さ、深さ共に程よく、
図書館から借りてきたのだが、
この本は手元に置いておきたい、
と強く思う。
すぐにアマゾンで注文しなきゃ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-18 04:43:40

再生可能エネルギーが一番わかる (しくみ図解)/今泉大輔 17169

テーマ:電氣・電力ビジネス
再生可能エネルギーが一番わかる (しくみ図解)/今泉大輔
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

理論理屈から入りやすい自分には珍しく、
再生可能エネルギーは実践から入ってしまったが、
後からでも勉強しようと思っている。

数冊しか電力関係の本はまだ読めていないが、
この本は断然わかりやすい。
太陽光発電を含む再生可能エネルギーの趨勢を大まかに学ぶことができた。
ただ、劇的に変わってきたこの業界において、
2012年刊、というのが実に惜しい。
この本の方向性でぜひアップデイトして欲しいものだ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-13 04:56:34

アメリカの電力革命/山家公雄 17164

テーマ:電氣・電力ビジネス
アメリカの電力革命 (エネルギーフォーラム新書)/山家公雄
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★☆☆☆

電氣や電力のイロハを学びたく、
図書館で借りてきたのだが、
日本の電力事情もよくわからないまま、
アメリカの電力革命、はちょっと早すぎたか。
何が革命?なのかもよくわからなかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-03-10 04:25:10

粉飾資本主義―エンロンとライブドア/奥村 宏 12070

テーマ:電氣・電力ビジネス
粉飾資本主義―エンロンとライブドア/奥村 宏
¥1,680
Amazon.co.jp

★★☆☆☆



エンロンのビジネスモデルを研究したかったのだが、

「粉飾決算」にスポットが当てられる。


タイトル通りの本だった。

・・・当たり前か。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-03-06 04:56:40

青い蜃氣楼―小説エンロン/黒木 亮 12066

テーマ:電氣・電力ビジネス
青い蜃氣楼―小説エンロン/黒木 亮
¥660
Amazon.co.jp

★★★☆☆


最近、エンロンに興味がある。

粉飾決算で当時世界最大規模の破綻となった同社だが、

そのビジネスモデルそのものはきわめて全うだし、

何かのヒントになるのでは?と。


スキームが複雑で一読しただけではなかなか理解できないが、

何か、活かせらねないかなぁ。。。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。