2017-01-25 04:12:57

会社が生まれ変わるために必要なこと/三宅卓 17025

テーマ:M&A
会社が生まれ変わるために必要なこと―M&A「成功」と「幸せ」の条件/三宅卓
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

不動産M&Aをやってみるとますます思うのが、
「M&Aで企業を買うのとと収益不動産を買うのって
 全く一緒だなぁ」
ということ。

会社と投資不動産は購入の目的も
評価の方法もほぼ一緒。
レバレッジを効かせたいし
「買い手」によって一氣に蘇ったりするのも似ている。
違うのは生ものかそうじゃないか、くらいか(笑)。

著者の日本M&Aセンターの三宅卓社長の
M&A仲介会社としての苦労や悩みも垣間見えて、
同じ仲介会社社長としてはなかなか感じるものが多かった一冊。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-30 04:33:53

買収者(アクワイアラー) /牛島信 16213

テーマ:M&A
買収者(アクワイアラー) /牛島信
¥535
Amazon.co.jp
★★★★★

三回目。

以下は四年前の過去の感想。

 かつての恋敵を陥れる為、
 TOBを仕掛けるという、
 「ホンマかいな?」と
 思わず突っ込みを入れたくなるストーリー。

 でも世の中の経営者って、
 建前ではいろんなことを言っていても、
 本音ではこんなものなのかもしれないな~
 と今回は妙に納得する部分も。


いやいや、経営者ってそんなもんなんだよ、
と過去の自分に突っ込みを入れたくなる。

経営者、特に創業経営者は皆、
「自己正当化」の天才たちばかりさ、と。
日本経済新聞にはきっとこんなことは記事に出てこないが、
内情実情なんてこんなところにあるのだろうよ。


MBO―マネジメント・バイアウト/牛島信 16204
MBO―マネジメント・バイアウト/牛島信 13144★★★★★
MBO―マネジメント・バイアウト/牛島 信 06297★★★★★
 
逆転 ~リベンジ~/牛島 信 06318★★★☆☆


株主総会/牛島 信 05168★★★★★


株主代表訴訟/牛島信 13203★★★★☆

株主代表訴訟/牛島 信 05171★★★★☆


買収者(アクワイアラー)/牛島信 12230★★★★☆
買収者(アクワイアラー)/牛島 信 05175★★★☆☆

やっぱり会社は「私」のものだ/牛島 信 09279★★★☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-23 04:55:48

「専門家を使いこなす」ためのM&Aの知識と実務の勘所/木村直人 横張清威 15357

テーマ:M&A
公認会計士と弁護士が教える「専門家を使いこなす」ためのM&Aの知識と実務の勘所/木村直人 横張清威
¥2,592
Amazon.co.jp
★★★★★

この本を探していた!
M&Aの実務の為に深すぎず浅すぎず、
漏れが無い本。

自分が行ってきたこれまでのプロセスを
もう一度見直し確認するいい機会を与えてくれた本書に
感謝感謝☆







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-22 04:57:57

企業内プロフェッショナルのためのM&Aの技術/四方藤治 15356

テーマ:M&A
企業内プロフェッショナルのためのM&Aの技術/四方藤治
¥3,024
Amazon.co.jp
★★☆☆☆

不動産取引とM&Aを組み合わせたビジネスにチャレンジしている。
M&Aに詳しいプレイヤーはいる。
不動産取引に詳しいプレイヤーはもっといる。
でも、M&Aと不動産取引共に詳しいプレイヤー、
となるとあまり思いつかない。

M&Aは以前集中して研究したことがあったが
MBAのファイナンスの中で学んだことだったので
どちらかというとバリュエーション中心で
「実務」面では無かった。

で、「実務」を前面に出している様な本を何冊か買ってみた。

うーん、何だか本書はアカデミックな感じで
ちょっとイメージとは違ったかも。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-11 04:22:33

企業価値評価 【実践編】/鈴木一功 13162

テーマ:M&A
企業価値評価 【実践編】/鈴木一功
¥4,200
Amazon.co.jp
★★★★☆

東京製鐵、カゴメ、三共の三社の財務諸表を使い、
ケーススタディとして企業価値評価を計算するプロセスを
詳述したもの。

「ここは分らないのでこのように割り切る」
的な考え方の説明が多く、
「全てが分ること」など有り得ない実務には役立ちそう。

時間があればエクセルと向き合いながら
一つ一つのケースを格闘したいところ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-06-07 04:58:10

実況LIVE 企業ファイナンス入門講座/保田隆明 13158

テーマ:M&A
実況LIVE 企業ファイナンス入門講座
―ビジネスの意思決定に役立つ財務戦略の基本
/保田隆明
¥2,100
Amazon.co.jp

★★★★☆

グロービス経営大学院のファイナンスⅠ、ファイナンスⅡ、
ファイナンシャル・リオーガニゼーションを受講していた頃には
「なんと分りやすい本だろうか!」と
大変感激した本。

確かにいい本だけど、今回は、そこまでじゃなかったかな。
「ファイナンスを学びたい」というのと
「実務に活かさねば」という読み手の立ち位置の違いによるもの、
だろうか。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-06 04:32:43

バリュエーション・マップ/石島博 13157

テーマ:M&A
バリュエーション・マップ/石島博
¥3,570
Amazon.co.jp
★★★☆☆

バリュエーションを演習形式で詳述した本。

ファイナンスやバリュエーションはグロービス経営大学院で
しっかりと叩き込まれただけあって、
「何を言っているのか?」はさすがに理解できるが、
「だから何なの?」
とも思ってしまう。

企業価値の専門家や研究者には良い本なのかもしれないが、
さすがに実務者にはここまで必要ないのでは??
と。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-06-03 04:59:14

MBAバリュエーション/森生明 13154

テーマ:M&A
MBAバリュエーション/森生明
¥2,520
Amazon.co.jp
★★★★☆

この本も、グロービス経営大学院のファイナンスⅠ、ファイナンスⅡ、
ファイナンシャルリオーガニゼーションなどで大変お世話になった。
何冊か読んで、かなり勘が戻ってきた氣がする(大方氣のせいだろうが)。

ファイナンスは、バリュエーションは「アート」である。
という言葉を改めてかみ締める。
FCFが今後どの様に推移するのか、
いや、M&Aによってどの様に成長させることが出来るのか、
に尽きる。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-31 04:36:33

企業価値評価の基本と仕組みがよーくわかる本/笠原真人 13151

テーマ:M&A
図解入門ビジネス 最新 企業価値評価の基本と仕組みがよーくわかる本
IFRS対応/笠原真人
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★★

グロービス経営大学院のファイナンスⅠやファイナンスⅡ、
リオーガニゼーションのクラスで難しかったのが、
企業価値評価の具体的な細かい計算の方法。

式さえちゃんとできれば後はエクセルがやってくれる、
とは言うものの、シラバスやケースを読み込んで
その内容を計算式に落とし込み、結果を出し、
さらにそこから「何がいえるのか?」を考えねばならない。
特に私のような体育会系・私立文系には
かなりシンドイものがあった。

その時に、この本さえ、手元にあったならば。
CAPMのベータやアンレバートベータなどが
数式入り、具体例入りで書かれており、
実に分りやすい。

グロービスの青本のMBAファイナンスとこの本を
エクセルをつかって吟味しながらファイナンスⅠ、ファイナンスⅡ、
FROを受ければ怖いものはなさそう。

図書館から借りてきた本だが、
さっそく、実務に生かすべく、購入したい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-05-29 04:28:02

M&A時代 企業価値のホントの考え方/保田隆明 田中慎一 13149

テーマ:M&A
M&A時代 企業価値のホントの考え方
―株式市場から評価される会社のお作法/保田隆明 田中慎一
¥1,680
Amazon.co.jp
こちらも、グロービス経営大学院で
ファイナンスⅠやファイナンスⅡを学んでいたときによく読んだ本。

本のタイトルの通り、M&Aとは何か、企業価値とは何か。
などに真摯に向き合ったもの。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。