2010-04-25 11:11:56

六本木一丁目の中国料理 「季菜CHINA」へ

テーマ:グルメ B級グルメ

木曜日、男性三人の楽しい会食があった。

お二人は、私がベンチマークさせて頂いている

若手経営者の方々。

奇しくも三人とも同時に仕事が変わったので、

お祝いしましょう、とのことで集まる。


会場は六本木一丁目の

季菜CHINA


お店のWEBサイトを見ると


 ゴージャスでスタイリッシュな空間の中、

 中国料理の持つすべてのテイストを融合した、

 まったく新しいスタイルのチャイニーズをお楽しみいただけます。

 今までにない斬新な発想と手法を用いたメニューの数々で、

 新たな中華の潮流と未知なる味わいの可能性を表現いたします。


とのこと。とても楽しみにしていた。


まず、インテリアにびっくり。

中華料理は大好きで、本場中国でも、日本でもよく行くが、

この黒と赤を貴重にしたデザインに度肝を抜かれる。


分譲マンション屋の読書日記

個室も充実していたので会食やデートに良さそうだ。

料理も実に美味しい。


一番美味だったのはやはりフカひれだ。

分譲マンション屋の読書日記
さすがにいいお値段だが、やはりたまには食べたい(笑)。


香辛料がぴりりと効いてたのが麻婆豆腐。

もうお腹一杯!と思ったところに出てきたのだが

ぺろりと食べてしまった(苦笑)
分譲マンション屋の読書日記

なぜこのお店が会場になったか、というと

今回のメンバーのお一人(羽田寛さん)が

このレストラングループの副社長になったから。


羽田寛さん はライブドアの

上級副社長時代にお仕事を共にさせて頂いて以来のお付き合い。

私がプロジェクトマネージャーとなって

「不動産分譲際とランキング」で1位を取らせて頂いた のも、

開発側で仕切って頂いた羽田さんによるところが大きい。

今回の三人のうち、もう一方はその時にコンサルティングして頂いた方。

なので、「同窓会」のような楽しい会になった。


羽田さんはその後、ターンアラウンドマネージャーとして

多数の企業に経営者として入り、

それぞれの企業再生を成功させている。

今回もどのようにこの企業(べネオ )を元氣にしていくのか。

熱く、そして戦略的に語っていただいた。

これからどのようなドラマが待っているのだろうか。

とても楽しみだ。


あ、お店もまた利用させてください。

本当に、雰囲氣もよく美味しかった!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-08-16 21:11:25

ボンカレー

テーマ:グルメ B級グルメ

今日の晩御飯はボンカレー、だ。


中国から帰るとなぜかカレーが食べたくなる(笑)。


帰ってくるフライトの中では

「お盆も働くご褒美に近所の回転寿司にでも行くか」

と思っていたが、めんどくさくなった(苦笑)。


レトルトカレー、他にもいろいろと沢山あるのに、

なぜかたまに食べたくなるボンカレー。


子供の頃、母親が厳しくてカップめんとかレトルト食品とか

なかなか食べさせてもらえなかった反動かなぁ(笑)。

今では実に健康に育ててくれたことに大いに感謝!だが、

当時は恨めしかったことを良く覚えている。



そのトラウマ(?)の象徴がカップヌードルとボンカレー、かも。

これも立派なブランドだなぁ、「すり込み」だよなぁ、

きっとこれは。と思いながら、

今から頂きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-20 18:52:02

カレー鍋とカレー鍋雑炊

テーマ:グルメ B級グルメ
カレー鍋つゆ 寄せ鍋風 425g
¥318
爽快ドラッグ

先日の日経で

「カレー鍋」なるものが流行っている、

との記事が出ていた。


私は友人から「黄レンジャー」とのあだ名を

頂戴するのほどのカレー好き。

さっそく試してみなければ。


スーパーでモランボンの

カレー鍋つゆを発見、購入する。

(写真は別メーカー)


今晩、試したが、なかかか美味い。


「鍋の後のカレー雑炊もお勧め」

とのこと。

ちょいとひと工夫し、

とき卵とチーズでとじてみる。


こりゃいける!


あっという間に鍋が空になった。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。