1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-11-20 23:21:26

甲野善紀先生 講演会 11月18日 「身体から起こす革命」に参加して

テーマ:セミナー 講習
一昨日、慶應MCC夕学五十講の甲野善紀先生の講演会に、
スタッフとして参加させていただいた。

質疑も入れて2時間の講演会の中で、
甲野善紀先生の実技のお相手をさせて頂く、というもの。

慶應の丸の内キャンパスに集まった聴講生は200人くらい、だろうか。
インターネットで各地にも配信しているらしい。

技を盗み、覚える最高の方法は、
達人の技を繰り返し見て、
そしてその技を実際に何度も受けてみること、だ。

言葉だけでは伝わらないもの、感じ取れないもの。
そこに辿り着くための実に貴重な示唆を、
時折「受け」は得ることが出来る。
最も大きな収穫は、「人間はここまでになれる」
ということを身体を通して確認できること、だろうか。

甲野先生との稽古は今年の1月30日、
船川淳志さんと3人の稽古以来。

たった1年弱の間に、甲野先生の身体にどのような「革命」が
起こっているか。それが楽しみだった。

確か秋口に甲野先生からご連絡を頂いた時、
「真剣の方が木刀よりも振れるようになったんです」
と伺った。まずはそれを拝見したかった。

中柄を閉じて構える。
古の巻物などで天狗がそのような構えをしているのを
見たことがあったが。
それを思い出してから、講演中、先生が天狗にしか見えなくなる(笑)。

私は先生と正対して木刀を構える。
そこから先生は私の左に入った、と思いきや
次の瞬間には右から間合いを詰めて
真剣が私に触れるところまで近づいている。
うーん、正直なところ、何が起こったか全く分からない(笑)。
私も日本刀での稽古はするのだが、
あの動きの少なくとも10倍は遅い(涙)。

「ああ、今日は皆様にお見せする為の演武に来ているのに・・・」
と最初は固く心に留めておいたものが、ガタガタ外れ、
段々と単なる武道家の顔が出てくる。

一番驚いたのが片手での切り崩し。
「昔の汽車の窓ガラスの取っ手」を喩えに出されていたが、
理屈では何となく分かるものの、今までに無い技を受け、
私の身体の戸惑いが伝わってくる。
前の技よりも受け手の痛みや衝撃が少なく、
「こりゃ仕方ない感」が強いように感じるのが面白い。
何となくの直感だが、
「この技は、今の私には到底盗めない」と思ってしまった。

あと、技で驚いたのは平蜘蛛返し。

NHKの番組でも技を受けさせて頂いたのだが、
以前は肘と足の付け根に両手を入れていらっしゃったのだが、
今回は、私の片手だけを両手で持ってひっくり返したような。。。
技を受けているだけだと時折却って何をされているか分からないことがある。
稽古だと他の人に代わってもらうのだが・・・残念。


甲野善紀先生のお話も実に楽しい。
慶應MCC「夕学五十講」楽屋blog
等にも詳しいので、一番響いたことだけを。

観客の女性から出た質問に対しての先生の答え
「何を美しいと思うか」
という一言。

「審美眼」
武道にも、美しい人生を生きる為にも必要だね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-04 11:48:08

甲野善紀先生 講演会 11月18日 「身体から起こす革命」

テーマ:セミナー 講習

先日参加した慶應MCCの

竹中平蔵教授が講義する【問題解決スキルとしての経済古典】

最終回打ち上げ時のこと。


慶應MCCが主催する夕学五十講の後期の講演者の中に、

甲野善紀先生のお名前を見つける。

さすが甲野先生、今度は慶應ですか!


是非参加したいと思い、慶應MCCのスタッフの方に

甲野先生と私のご縁のお話をしてみた。


『テレビ番組の「NHK教育TVの「まる得 や、

 本の「身体から革命を起こす 」で、

 甲野先生のお相手をさせて頂いたことがあるんですよ』

とお話し、

『もし今度の講演会で、相手をさせて頂けるのなら嬉しいです』

と申し上げたところ、スタッフの方のご厚意もあり、

トントンと話が進む。


で、私も図々しく「スタッフ側」として参加させていただくことになったw


既にかなりの数の友人知人が参加表明をして下さっているが、

まだ空席があるようなので、ご興味のある方は是非!


「そこの受け手、受身がへたくそ!」

などと野次って頂ければ(笑)。


甲野先生との稽古は、船川淳志さんとの稽古以来 、と随分久しぶりだが、

先生の日記 を拝見しているとまた進化されているらしく、

講演会やギャラリーの皆さんを忘れて技に没頭してしまうことが、

ちょっと心配(苦笑)。



---------------------------------------------------------


「身体から起こす革命」


人が人である以上、日常・非日常を問わず、思考の展開、

仕事の段取り、感情の変化といった事は、

すべて身体と密接に関わりを持っていますが、

その事に眼が開かれるような体育の授業は、

残念ながら絶無といえる状況です。

これは明治以来の、頭での学問重視の欧化啓蒙主義が

その理由の一つだと思いますが、

これからの社会の在り様を考えるために、

この講座を通して日本が育んで来た身体の文化を知り、

人が人として存在するという根本的なことに

眼が向く新しい体育の重要性に気づかれる方があれば

何よりも嬉しく思います。



講師紹介、講義内容


お申し込み

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-04 11:31:26

【来週水曜日】家弓正彦先生の仕事塾シリーズ第16回 【部下育成・自己成長のための学習理論】

テーマ:セミナー 講習

先にご案内したとおり、8日に家弓正彦先生の仕事塾が開催される。


講義テーマは「初モノ」なのでとても楽しみだし、

今回も多くの友人知人にも会えそうなので、それも嬉しい。


まだ空席があるようなので、

ご都合の会う方、お申し込みがまだな方は

こちらまで!


-------------------------------------------



家弓正彦の仕事塾シリーズ第16回のテーマは

【部下育成・自己成長のための学習理論】です。


弊社シナプスは教育を生業の1つとしています。

いわば我々は「学習」のプロです!

その学習のメカニズムを部下育成や自己成長に活用する方法を解説します。

「部下がなかなか成長しなくて、困っている」、

「効率よく学べるようになりたい」という方はぜひご参加ください!


弊社代表家弓正彦が、教える立場として、そして、

学ぶ立場(すでに何度も行った仕事塾がその機会でした)を
通じて、家弓がまとめた理論を皆様にご紹介させていただきます。。

ぜひとも皆様ご参加くださいませ。


※ 好評につき、キャンセル待ちが発生することが予想されますので、

お早めにお申込ください。

また、セミナー終了後、懇親会を開かせていただきます。
新たな出会いがあると思いますので、ぜひともご出席くださいませ。


日時
9月8日(水) 19時~21時00分

料金
2,000円(税込み)

会場
八重洲ホール
東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル TEL:03-3201-3631


日時
9月15日(水) 19時~21時00分

料金
2,000円(税込み)

会場
八重洲ホール
東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル TEL:03-3201-3631

※本講座は全1回講座です。両日とも同一の内容です。ご都合のよい日程をお申込みください。

■□■会場がいつもと異なりますので、ご注意ください。■□■


講師


分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生

家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、

FA関連機器のマーケティングを担当し、広くマーケティングの現場を経験。

その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。

経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。

戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン

(導入計画)までをカバーする。

同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、

マーケティングに特化したビジネスマン教育事業に取り組む。

中央大学非常勤講師(96~04年)、グロービス経営大学院教授など、

マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。


お申し込みはこちら



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-25 01:08:25

ディグニータ 木暮桂子さんのパーソナル・リーダーシップ・ブランディングセミナー

テーマ:セミナー 講習
以前楽しく読んだ
感性がビジネスを支配する/木暮 桂子 09070
感性がビジネスを支配する/木暮 桂子 09078
¥1,365
Amazon.co.jp

や、

木暮桂子さんの新連載「ビジネス見た目検定~自分イメージ操作術」


のディグニータ代表の木暮桂子さんがセミナーをされるとのこと。


「おお、行きたい!」

と早速手帳を見たところ、家弓正彦先生の仕事塾とバッティング。。。


泣く泣く、先約を優先することに。


今回、人氣!となれば、次回もまた開催されるだろうことを

予想しつつ期待しつつ、ここでご紹介させて頂く。


やっぱり、ビジネスは見た目でしょ。


--------------------------------------------------------


パーソナル・リーダーシップ・ブランディングセミナー
あなたを変える「伝える力」 ~よそおい編~

参加者募集中


概要
ビジネスにおけるコミュニケーションは、文章や発言の内容、

つまりコンテンツだけで成り立つわけではありません。

コミュニケーションの約90%は、

非コンテンツすなわちコンテクスト(非言語)で

決まるとも言われています。

また、コミュニケーションは受け手が決めるといわれるように

発した本人の意図とはまったく違う形で

伝わってしまうこともまれではありません。

伝えたいことを伝えたいように伝える力を強化することは

リーダーシップを発揮する上で、顧客とのコミュニケーションにおいて、

そしてチームの力を最大化する上で必要不可欠な要素です。
今回は、非言語コミュニケーションの要素の大枠として
*よそおい

*ふるまい

*しつらえ
(これは茶道のおもてなしの3要素にあてはまります)
の中でもよそおいの要素にフォーカスしてワークショップ

&インタラクティブレクチャー形式でお伝えしたいと思います。


こんな方におすすめです
営業職の方
プロフェッショナル職の方
自分イコール会社のイメージとみられやすい方
お仕事上、リーダーシップが求められる方


開催日時:2010/9/8(水) 19:30~21:00
開催場所:丸の内新丸ビル10F 21cクラブmap
締め切り:定員に達し次第締切
定員:10名
受講料:5,000円
お申し込み:セミナーを選んで備考に9月8日とお書きください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-08-02 22:20:09

家弓正彦先生の仕事塾シリーズ第16回 【部下育成・自己成長のための学習理論】開催決定

テーマ:セミナー 講習

家弓正彦先生の仕事塾シリーズ第16回のテーマは

【部下育成・自己成長のための学習理論】、だそうだ。


『(仮称)「時間が無いから勉強が出来ない」
と諦めている人のための勉強術』

という本の執筆準備中の私には逃せないテーマ。


9月8日開催会に既に申込済。

楽しみだ。


-------------------------------------------


家弓正彦の仕事塾シリーズ第16回のテーマは

【部下育成・自己成長のための学習理論】です。


弊社シナプスは教育を生業の1つとしています。

いわば我々は「学習」のプロです!

その学習のメカニズムを部下育成や自己成長に活用する方法を解説します。

「部下がなかなか成長しなくて、困っている」、

「効率よく学べるようになりたい」という方はぜひご参加ください!


弊社代表家弓正彦が、教える立場として、そして、

学ぶ立場(すでに何度も行った仕事塾がその機会でした)を
通じて、家弓がまとめた理論を皆様にご紹介させていただきます。。

ぜひとも皆様ご参加くださいませ。


※ 好評につき、キャンセル待ちが発生することが予想されますので、

お早めにお申込ください。

また、セミナー終了後、懇親会を開かせていただきます。
新たな出会いがあると思いますので、ぜひともご出席くださいませ。


日時
9月8日(水) 19時~21時00分

料金
2,000円(税込み)

会場
八重洲ホール
東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル TEL:03-3201-3631


日時
9月15日(水) 19時~21時00分

料金
2,000円(税込み)

会場
八重洲ホール
東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル TEL:03-3201-3631

※本講座は全1回講座です。両日とも同一の内容です。ご都合のよい日程をお申込みください。

■□■会場がいつもと異なりますので、ご注意ください。■□■


講師


分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生

家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、

FA関連機器のマーケティングを担当し、広くマーケティングの現場を経験。

その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。

経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。

戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン

(導入計画)までをカバーする。

同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、

マーケティングに特化したビジネスマン教育事業に取り組む。

中央大学非常勤講師(96~04年)、グロービス経営大学院教授など、

マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。


お申し込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-01 13:17:05

竹中平蔵教授が講義する【問題解決スキルとしての経済古典】を終えて

テーマ:セミナー 講習

昨日、4月から5回のわたって開催された、

竹中平蔵教授の「問題解決スキルとしての経済古典」が終了した。


MBAでは「経済」が所与の条件、とされる。

経済の仕組み、メカニズムなどには全く触れなかった。


ならば自分で勉強しようと経済学の本を何冊か読んでいたところ、

この講座を知った。


5回のテーマは、以下の通り。


 4月17日(土)14:00-16:00
 第1回 アダム・スミスが見た「見えざる手」

 近代経済学の祖と評され、18世紀後半に市場経済を最初に提唱した
 英国の経済学者アダム・スミスを取り上げ、
 経済システムにおける「市場」の役割と意義、その限界について議論します。


 5月8日(土)14:00-16:00
 第2回 ケインズが説いた「異論」

 減税や公共投資など、政府の政策により投資を増大させることで、
 需要を喚起できるとした「ケインズ経済学」に着目し、
 経済システムにおける「政府の役割」について思索を深めます。


 6月12日(土)14:00-16:00
 第3回 シュンペーターの「創造的破壊」

 20世紀初頭、シュンペーターは、企業の行う不断のイノベーション(革新)が、
 経済を変動させると唱えました。
 今もなお、企業家向けた力強いメッセージ性を有する
 「シュンペーター理論」を通して、イノベーションの意義を考えます。


 7月10日(土)14:00-16:00
 第4回 ハイエク、フリードマンが考えた「自由な経済」

 ハイエク、フリードマンは、市場経済を全面的に信頼した経済思想を提唱し、
 サッチャー改革やレーガノミックスに取り入れられ、
 大きな成果を上げたと言われています。
 現代に続く、構造改革、規制緩和の意味を論じたいと思います。


 7月31日(土)14:00-16:00
 第5回 日本の経済古典:孤高の成長論者・下村治

 池田内閣のもと、高度経済成長のプランナーとして活躍した下村治は、
 国民所得倍増計画立案に中心的役割を果たし、
 日本の高度経済成長のメカニズムを体系づけました。
 下村理論を題材に、いま一番ホットな話題「成長戦略」にも言及します。



元経済財政政策担当大臣から直接経済学を講義で学べる、

というのも大きな魅力の一つだった。


特に興味深かったのが経済学と経済政策のつながり。

「政策」という言葉はキーワードで、何度も竹中平蔵先生は強調した。


また、印象に残ったのはポール・クルーグマンの

「庭師と植物学者は違う」という言葉。


すぐれた植物学者が必ずしもいい庭師では無い、ということ。

すぐれた経済政策をするためには経済学の知識は必要だけど、

それだけでは十分ではない。

いい庭師になれるかどうかは分からない。


それを聞いて、改めて自分は「庭師」になりたい、と思った。

理論も好きだし多く憶えたいけど、

自ら泥まみれになって使ってナンボだよなぁ、と。



あと、毎回楽しみだったのが、竹中平蔵先生の

プレゼンやファシリテーション、ティーチング、説明能力の高さ。

若くして民間から大臣になる方、というのはこのような方が選ばれるのだ。

毎回最前列ど真ん中、でたっぷり堪能させて頂いた。



そして、最後に記念撮影と懇親会。


分譲マンション屋の読書日記

実に楽しい3ヶ月でした。


竹中平蔵先生、ありがとうございました。




竹中平蔵教授が講義する【問題解決スキルとしての経済古典】 第2回 ケインズが説いた「異論」

竹中平蔵教授が講義する【問題解決スキルとしての経済古典】を申し込む

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-31 21:38:50

家弓正彦先生の仕事塾 Vol.15 「仮説構築の技術」に参加

テーマ:セミナー 講習

先日7月27日、家弓正彦先生の仕事塾

Vol.15 「仮説構築の技術」 に参加する。


リバイバル版だし、2回目だしもう良いんじゃないの?

と一瞬思ったのだが、何故か惹かれるものがあった。


来週水曜日、弊社社長補佐を相手に

過去~現在のマンション部隊の状況分析と

今後の事業戦略をプレゼンすることになっている。

それをどうしようかなぁ、と考えていたところに

いろいろな刺激を受けることが出来た。

まるでチェックリストの様に。


あと、仕事塾の見所はやはり、

家弓正彦先生のプレゼンである。

プレゼンの上達の為には、もちろん練習が第一だが、

「いいプレゼンを多く観る」ということも重要だと思う。

一番の学びは、やっぱりそれかなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-11 22:22:22

家弓正彦先生の仕事塾 Vol.15 「仮説構築の技術」開催日迫る!

テーマ:セミナー 講習

業務の都合上なかなか最近夜の都合が読めないのだが、

今回も思い切って申し込んでみる。

私が参加予定なのは2回目の方。

リバイバルだが、楽しみだ。

家弓先生はどのあたりを捻ってくるのだろうか??

----------------------------------------------------------

家弓正彦の仕事塾シリーズ第15 回のテーマは

【仮説構築の技術(リバイバル)】です。

例えばマーケティング戦略を立てる際に、

環境分析⇒基本戦略⇒具体的な施策という基本のプロセスがありますが、

実務 において、環境分析にいつまでも時間をかけていては時間がかかりすぎてしまい、

成果の出る施策が立案できても、結果がでないというケースがあります。

また、営業シーンなどでも同じようなことが言えるでしょう。

よく考えて質を高めることも重要ですが、時間も同じくらい重要です。

限られた時間内で質を高める、つまり「思考の生産性を上げる」ことが求められます。

そこで重要になるのが「仮説構築力」です。

仮説とはなにか?仮説構築するためにはどのような考え方が必要なのかをお伝え致します。

前回開催時には多くの参加者からお褒めの言葉をいただいき、

過去実施テーマの中でも満足度トップ3に入る講座です。

ぜひとも皆様ご参加くださいませ。

※ 好評につき、キャンセル待ちが発生することが予想されますので、お早めにお申込ください。

また、セミナー終了後、懇親会を開かせていただきます。
新たな出会いがあると思いますので、ぜひともご出席くださいませ。


 第1回目


 日時

 7月14日(水) 19時~20時30分

 料金

 2,000円(税込み)

 会場

 フェニックスプラザ
 (東京都中央区銀座3丁目9-11  TEL:03-3543-8118)


 第2回目


 日時

 7月27日(火) 19時~20時30分

 料金

 2,000円(税込み)

 会場

 フェニックスプラザ
 (東京都中央区銀座3丁目9-11  TEL:03-3543-8118)


※本講座は全1回講座です。両日とも同一の内容です。ご都合のよい日程をお申込みください。

講師


分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生
家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、FA関連機器のマーケティングを担当し、

広くマーケティングの現場を経験。

その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。

経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。

戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン(導入計画)までをカバーする。

同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、マーケティングに特化した

ビジネスマン教育事業に取り組む。中央大学非常勤講師(96~04年)、

グロービス経営大学院教授など、マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。

お申し込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-07 00:09:37

家弓正彦先生の仕事塾【ソーシャルメディア時代の「キャリアマネジメント」】を受講して

テーマ:セミナー 講習

家弓正彦先生の仕事塾シリーズ第14回
【ソーシャルメディア時代の「キャリアマネジメント」】

が先の火曜日に開催され、受講させて頂く。


それにしても

「ソーシャルメディア時代のキャリアマネジメント」

だ。正直なところどんなテーマなのか見当付かず、

結構行き当たりばったりの受講だった。

失礼を承知で言えば講師が家弓先生で無かったら、

間違いなく興味を惹かなかったセミナーだと思う。


だが、「新しいことを知る」という刺激で言えば、

数ある家弓正彦先生の仕事塾の中でも、

ピカイチだったかも。


キャリアデザイン・キャリアマネジメントなどは

正直なところあまり真剣に考えたことが無く、

まず、そのような考え方がある、

というのが今回の一番の驚きだったかもしれない。


講義中の家弓先生の「行き当たりばったり」

キャリア紹介に思わず笑ってしまう。

だが、自分も似たようなものでは?と急に不安になり、

家弓先生風に自分自身のキャリアを振り返ってみる。


--------------------------------------------


1994年

・縁あって大手総合商社に入社。

 海外に羽ばたくビジネスパーソンになるのかと思いきや、

 大阪でマンション開発担当、と聞いてガックリ(笑)。

 東京以外で住むのは生まれて初めて。

 相当嫌だった関西だが、すぐに慣れる(大笑)。


1995年

・西宮市で阪神大震災に遭う

 ~阪神間での担当案件を抱え、苦闘の毎日。

・氣分転換に、合氣道の稽古にも精を出す。


1998年

・このころから宅地開発も担当する。

 徐々にマンション開発・不動産開発が楽しくなってくる。

・合氣道の世界大会に出場。三位になる。

 合氣道がオリンピック競技ならそれなりにマスコミにも出るのだろうが、

 全く話題にならずw。


2000年頃

・マンションのマーケティングにネットを試してみて

 大きな効果を得、その面白さを感じ始める。

・結婚を機に、パソコンを買ってその面白さにはまる。

 それまでは「若手のクセにPCもロクに出来ないなんて」と言われていた。


2001年

・東京転勤。即決和解を利用した立体等価交換事業や

 JV案件、破産管財案件など

 複雑なプロジェクトの仕組みづくりに燃える。


2003年

・上司の自宅のノートPCの修理をしていたのを

 偶然執行役員が目にしたことがきっかけ?で(笑)

 マンション部隊のネットマーケティング専任になる。

・併せて広告費削減プロジェクト、ブランディングプロジェクト等の

 プロジェクトも任せられ、張り切る(笑)。

・マンションポータルサイトの開発プロジェクトリーダーも。

・この頃、古武術の甲野善紀先生に出会い、衝撃を受ける。

 NHKなどのTV出演にもお供させて頂く。


2004年

・広告費削減プロジェクトが効を奏し始め、

 10億円以上コストダウンに成功。

 広告代理店の皆様にとても恨まれる(苦笑)。

・ヒビキング氏に誘われ速読(フォトリーディング)を覚え、

 このブログを書き始める。


2005年

・プロジェクトリーダーで開発したポータルサイトが

 日本一に選ばれ、本人が一番びっくりする(笑)。

 このお陰で「あいつは単なるITマニアではなさそうだ」と

 社内で思ってもらえるようになった(苦笑)。

・グロービスのGMSのクリティカルシンキングを受講し、衝撃を受ける。

 自己流の仕事の進め方に限界を感じる。

 やっぱり他流試合が必要だ、と。


2006年

・「これからは顧客満足だ!」と勝手に思い込み

 グループ内横断的な「CS向上委員会」なるものを立ち上げ、

 ちゃっかり事務局に就任。

・グロービス経営大学院単科生に。

 社内で論理思考やマーケティングを教え始める。


2007年

・グロービス経営大学院本科生入学。

・「ある商業系デベロッパーの事業会社がITに強い若手を探している」

 との話があり面白そうだったので、のってみる。事業会社へ出向。

・同社のITタスクフォースリーダーとなり、

 全社IT戦略のグランドデザインを描く。


2008年

・張り切って取り組んだITリーダーだったが

 少々やり過ぎてクビになる(涙)。

・「そういえば君は商社マンだったよね?」

 との常務の一言で中国進出プロジェクト担当に。

 中国ビジネスのフィージビリティスタディ後、

 社員数名を現地駐在してもらうことに。

・月の3分の1は中国で仕事をすることになり、

 大学院の単位獲得が進まず、3年間での卒業を断念。


2009年

・社長の指示で経営企画部へ異動。

 全く手付かずだったリスクマネジメント体制構築を担う。

 何にでも「リスクマネジメント」を口実に、

 全社のいろいろなところに首を突っ込み迷惑がられる(苦笑)。


2010年

・本社に戻る。

・今度は本社側でマンション管理会社とマンションISP会社の

 事業会社マネジメントをすることに。

・グロービス経営大学院卒業。



・・・長い(苦笑)


--------------------------------------------


そっか。

私もかなり「漂流」しているなぁ(大笑)。


でも講義中にあった、

 

 「自分の行動で偶然を起こし、

 それを活かして次に繋げている」

 この偶然を必然化するスキルを

 「キャリアリテラシー」

 という。


ということやこの大切さは全く同感です。



今回もかなり面白く為になったのですが、

テーマ・タイトルからくる多少の分かりにくさからか、

今週の2回目にはまだ空席がある模様。


「キャリアマネジメントって何だ?」

「SNSってなんだっけ?」

と言う人も、是非!




日時

6月10日(木) 19時~20時30分

料金

2,000円(税込み)

会場

フェニックスプラザ

(東京都中央区銀座3丁目9-11  TEL:03-3543-8118)

講師



分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生

家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、FA関連機器のマーケティングを担当し、広くマーケティングの現場を経験。その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン(導入計画)までをカバーする。 同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、マーケティングに特化したビジネスマン教育事業に取り組む。中央大学非常勤講師(96~04年)、グロービス経営大学院教授など、マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。

お申し込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-05-26 20:49:10

家弓正彦先生の仕事塾シリーズ第14回【ソーシャルメディア時代の「キャリアマネジメント」】

テーマ:セミナー 講習

新天地に異動し嵐のような2ヶ月弱だったが

ようやくやや落ち着いてきた。

前回は行けなかった家弓正彦先生の仕事塾も

今回は新コンテンツだし、思い切って申し込ませて頂いた。

私が参加予定なのは6月1日の方。

楽しみだ!

-------------------------------------------

家弓正彦の仕事塾シリーズ第14回のテーマは
【ソーシャルメディア時代の「キャリアマネジメント」】です。
企業で働くビジネスパーソンにとって、
やりたいことをやれているケースはなかなかないと思います。
もっとやりたいことができない、給与がもっと欲しい、
出世したいなどなど、そんな想いを秘めている方も多いかと思います。

キャリアマネジメントとはこういったやりたいこと、やるべきこと、
やれることの範囲を広げたり、移動したりすることだと思います。
そのためにはインプットとアウトプット2種類ございます。
それらに取り組むのも、ブログ、SNS(mixi、GREE、Facebookなど)、
Youtubeなどの動画共有サービス、クチコミサイト
(食べログ、アマゾンの カスタマーレビューなど)の
ソーシャルメディアを利用することで以前より容易にできるようになって参りました。

そんなソーシャルメディア時代におけるキャリアマネジメントについて、
キャリアマネジメントの基本を押さえ、
かつ、ソーシャルメディア時代での新たなあり方について語ります。

また、セミナー終了後、懇親会を開かせていただきます。
新たな出会いがあると思いますので、ぜひともご出席くださいませ。

日時

6月1日(火) 19時~20時30分

料金

2,000円(税込み)

会場

フェニックスプラザ
(東京都中央区銀座3丁目9-11  TEL:03-3543-8118)

日時

6月10日(木) 19時~20時30分

料金

2,000円(税込み)

会場

フェニックスプラザ
(東京都中央区銀座3丁目9-11  TEL:03-3543-8118)

※本講座は全1回講座です。両日とも同一の内容です。ご都合のよい日程をお申込みください。

講師



分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生
家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、FA関連機器のマーケティングを担当し、広くマーケティングの現場を経験。その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン(導入計画)までをカバーする。 同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、マーケティングに特化したビジネスマン教育事業に取り組む。中央大学非常勤講師(96~04年)、グロービス経営大学院教授など、マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。

お申し込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。