2017-03-17 04:13:11

新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀義人 17076

テーマ:企業家リーダーシップ
新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀義人
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

先日の


に引き続き、母校グロービス経営大学院の学長
堀義人さんの本を読む。

自分の志は何だったのか?
多忙な中ではついつい忘れてしまう。
経営を学ぶ場、がグロービスであるならば、
自分はそれを武道において成し遂げたいのではなかったか?
と本書を読んで改めて氣づく。

やはり、合氣道とグロービスが自分の原点である。
迷った時には原点に戻るべし。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-29 04:56:38

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09210

テーマ:企業家リーダーシップ
小倉昌男 経営学/小倉 昌男
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

堀義人学長曰く

「経営者が経営を語った本では最高のものの一つ」

だそうだが、私も全く同じ思いだ。

最高の経営書、最高のケーススタディだろう。


起業家リーダーシップの講義の予習のために再読したが、

本は付箋だらけでどこが重要かもうよく分からない(笑)。

それくらい、学びの多い活きた経営書だと思う。


常識を疑い、

業界外からも多くのことを学び、

自分の頭で考え、

それを実行する。

仮説検証やPDCAサイクルがきっちりと回っている。


一方、ロジカルな面だけではなく

国と戦う熱いパッションや身障者の自立に

後半生を賭ける優しさと思いやり。


経営者としても一人の人間としても

実に学びの多い方だ。


小倉昌男さんは生きていらっしゃる間に、

一度はお話を伺ってみたかった。



小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09200

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09151
小倉昌男 経営学/小倉 昌男 06316

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-26 04:45:12

新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人 09207

テーマ:企業家リーダーシップ
新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★★

自分で書いてみて、

初めて「吾人の任務」を書くことの難しさを味わう。

頭の中ではかなり整理されていたと思ってたが、

言葉にし、紙に書き、人前で話す。

自分のことだが、自分よがりにならぬよう、

相手に伝わるように。

これが結構難しい。


だが、ビジョンを語る、ということは、

この難しいと感じることをし続けることなのではないか。

経営者の吾人の任務は会社の理念になりビジョンになる。

そして経営者はそれを語り続け

浸透させるまで繰り返し相手に伝える。


この大変なこと、面倒なことをを

愚直にやり続けることができるのが

経営者たる者の所以だろう。



新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人 09198



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-24 05:22:23

代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)/内村 鑑三 09205

テーマ:企業家リーダーシップ
代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)/内村 鑑三
¥1,050
Amazon.co.jp

★★★★★

企業家リーダーシップの必読書。

講義ではやはり、

 西郷隆盛
 上杉鷹山
 二宮尊徳
 中江藤樹
 日蓮上人


の5人の中から最も感銘を受けた人は誰か?

で手を挙げさせ、それはなぜか?

と言うことが問われた。


私は結局、中江藤樹を選んだ。


だが、最終日のDay6の「私の任務」の発表のため

改めて考えてみる。


中江藤樹のように世にはあまり出ず、

知や教育に没頭し、

徐々に周囲を感化していく、というのも魅力はある。


だが、ターンアラウンドマネージャーを目指す身としては、

ちょっと違う氣もしてきた。


でも上杉鷹山ほど、育ちは良くない(笑)。


となると、我がご先祖様達と郷里も近い、

二宮尊徳 が目指すべきロールモデルなのではないか。

読んでいたのが「大学」と「推理小説」と天地ほど差はあるものの、

子供の頃「本を読みながら歩く」ところはちょっとだけ共通している(笑)。


何しろ、破綻しかけた藩や村に呼ばれ、

自分もその厳しい環境にどっぷり浸かる。

そして率先して自ら汗を流し喜びも悲しみも仲間達と分かち合う。

ちょっとの「知識」と大いなる「人間力」を武器に

プロの再生請負人として困っている人たちを助け歩く。


私の理想はこの人かも。


よって、「私の任務」は

「現代の二宮尊徳になる」

とさせて頂いた。


彼我には計り知れない差はあるが、

諦めず精進を続けたい。

代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)/内村 鑑三 09199

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-07-23 04:14:50

創造と変革の志士たちへ/堀 義人 09204

テーマ:企業家リーダーシップ
創造と変革の志士たちへ/堀 義人
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

今回の企業家リーダーシップの合宿

サイドリーディング等には指定されていなかったが、

堀義人学長のお話がゆっくり伺えるとあって、

この本で予習したくなった。


Day5(合宿の3日目の午後)が、

堀義人学長への質問タイム。

その前と後に一回ずつ読む。


素晴らしいと思った本の著者が目の前にいて、

質問に何でも答えてくれる。

こんなに幸せなことは無い。

とてもとても満足した。



創造と変革の志士たちへ/堀 義人 09145
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-22 05:08:34

情報楽園会社/増田宗昭 09203

テーマ:企業家リーダーシップ

情報楽園会社/増田宗昭 09190

★★☆☆☆


企業家リーダーシップの講義が

始まる前に、ちゃちゃっと読む。


必要な情報だけ押さえるには、

速読は実に便利だ。


他ケースの起業家のインパクトが強烈なので、

ちょっと増田宗昭さんは分が悪いかなぁ(苦笑)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-21 04:40:17

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジェームズ・C. コリンズ 09202

テーマ:企業家リーダーシップ
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジェームズ・C. コリンズ
¥2,310
Amazon.co.jp
★★★★★

企業家リーダーシップのサイドリーディング。

大好きなこの本がまた読めて、幸せ。

堀義人学長も「ビジネス書では最高の書」と

仰っていたが、私もこれ以上のものを知らない。


第二章の「野心は会社のために」と

第三章の「誰をバスに乗せるか」は

相変わらず圧巻だが、今回は

第八章「劇的な転換はゆっくり進む~弾み車と悪循環」

が心に残る。


偉大な変革もささやかな変化から始まる。

その変化は、その場にいるものには分からない。

後になって、初めて氣が付くのだろう。


ならば、今、目の前の仕事が

将来の大変革に繋がらないとは言い切れない。

たとえ地味な「一押し」、であっても

それが、いつか、会社を変え、世の中を変えるかもしれない。

そう想像したら、もっともっと日常が楽しくなりそうだ。




ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジェームズ・C. コリンズ, 07168

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジェームズ・C. コリンズ 06285

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則/ジェームズ・C 06093

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-20 21:23:14

企業家リーダーシップ合宿を終えて

テーマ:企業家リーダーシップ

先週の木曜日から昨日日曜日まで、

3泊4日でグロービス経営大学院の合宿があった。

科目は「企業家リーダーシップ」。

講師は堀義人学長。


講義の前にはなるべく多くの方に、

そのクラスを受けるための心構えであるとか

参考図書とか感想とか、

なるべく多くの情報を集めてから参加する。

「ああ、あの準備をしておけばよかった」と

後悔するのが嫌だから。

常に完璧(と自分で思えるほど)な用意をしたい。

特にリカバリーの効きにくい合宿は尚更だ。


今回も例のごとく「事前調査」を行ったが、

「とても良い」「すごくいい」という感想が無く、

正直なところあまり期待していなかった。


だが、結論から言うと、

私にとっては20科目以上受けたうちのベスト3に入る

素晴らしいクラスだった。


武道などで使われる言葉に、

「内弟子」というものがある。

師匠の家に住み込み、

稽古の時間以外も師匠と常に同じ時間を過ごす。

一見合理的ではないシステムだ。


だが、武道もそしてきっと経営も、

文章に出来ること、言葉で伝えられること、

合理的に覚え判断が出来ることに真実は無い。

達人と同じ時を過ごし、同じ空氣を吸う。

そこで「何か」を感じる。

それが重要なのだと思う。


確かに、堀義人学長は、

本人がご謙遜されるほどではないと思うが、

人前で話すスキルやティーチングスキルが

群を抜いて優れているわけではない。

他のクラスではほぼ必ず配られるハンドアウトが無かったりもする。


でも、20年弱前にアパートの1室から始まったグロービスを

この短期間にここまで育てた堀義人学長の発する「氣」に、

経営者としての覚悟や凄みを感じた。

それをこの身体で確かめられた。

それだけでも十分この合宿には、価値があった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-20 05:07:35

創業三昧 斑目力廣ゆらぎの球体経営/昴 光太郎 09201

テーマ:企業家リーダーシップ

創業三昧 斑目力廣ゆらぎの球体経営/昴 光太郎

★★★★☆


企業家リーダーシップの合宿は昨日で終了した。

合宿のことについては、改めて書きたい。


合宿の2日目には、この本の主人公である

斑目力廣さんが登場。

ケースの主人公が目の前に現れ、

話をし、質疑に答えてくださる、というのは

グロービスの講義でも最初で最後かもしれない。


今回の各ケースで、経営者の精神的・哲学的な

バックボーンとして宗教が活きている、ということを見てきた。

この斑目力廣さんも密教真言宗のお坊さんで、

宗教に支えられ宗教に救われてもいる。


一部の偏った教えのために

宗教というと日本ではネガティブな

イメージに捉えられることが多いが、

こんな国は日本だけだろう。

何が悪くて何が正しいのか。

それに普遍的な答えを指し示してくれるのは

宗教や哲学しかない。


是か非か、日々厳しい判断に迫られる経営者が

宗教や哲学に支えられる、ということは

実に自然だと改めて感じた一冊だった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-19 05:10:25

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09200

テーマ:企業家リーダーシップ
小倉昌男 経営学/小倉 昌男
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

企業家リーダーシップの必読書。

前回はイノベイティブストラテジーの

参考書として読んだばかりだが、

いい本は視点を変えて、課題を変えて読めば

また味わい深いものだ。


経営者として論理的に考えるとは。

それを仮説として整理し体系立てるとは。

更にステークホルダーに伝え浸透させるとは。

そしてその結果や反省を踏まえ

また論理的に考えるところへ戻る。

そのサイクルの全てをきっちりまわしている。


サービスの受けて側としても、

宅配事業会社としてのヤマト運輸はダントツだと感じる。

宅急便サービスは成功すべくして成功しているのだなぁ、

と何度読んでも納得させられる本。





小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09151



小倉昌男 経営学/小倉 昌男 06316
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。