1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-18 04:23:25

百歳の論語/伊與田覺 17049

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
百歳の論語/伊與田覺
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

先日お亡くなりになられた
伊與田覺先生を偲びつつ、拝読する。

論語に寄り添いつつ、伊與田覺先生が
ご自分の論語観や人生観をエッセイの様に説く本。

平成の年号が決まった裏話がこの本でも登場する。
安岡正篤先生の案が採用された件が披露されているが、
「平成の次」までは安岡正篤先生はお考えになっていたのだろうか。
今上天皇のご退位が現実味を帯びてきた昨今、
もし安岡正篤先生が次の元号の案を検討されたら
どの様なものになったのであろうか。



『大学』を素読する/伊與田覺 17035
(ポケット版)「大学」を素読する/伊與田覺 15336
「大学」を素読する/伊與田覺 15213
(ポケット版)「大学」を素読する/致知出版社 12228

己を修め人を治める道/伊與田覺 16352
己を修め人を治める道/伊與田覺 16293
己を修め人を治める道/伊與田覺 15179
己を修め人を治める道/伊與田 覺 11360

己を修め人を治める道―「大学」を味読する/伊與田 覺 11177

己を修め人を治める道―「大学」を味読する/伊與田 覺 09274


「論語」一日一言/伊與田覺 15173

論語」一日一言/伊與田 覺 13219


人物を創る人間学/伊與田 覺 14142


「中庸」に学ぶ―運命を拓く立命の書/伊與田 覺 11154


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-22 04:27:01

「孫子」の読み方/山本七平 16236

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
「孫子」の読み方/山本七平
¥700
Amazon.co.jp
★★★★★

五回目。

冒頭での戦争での戦略と経営戦略との比較が面白い。
戦争の知恵が経営に使えるところもあるし、
使えないところもある。
全くご尤も。

そのままデッドコピーをするのではなく、
今置かれている自分の状況を踏まえつつ、
如何に活かすか?が問われているのだな。

「孫子」の読み方/山本七平 13253
「孫子」の読み方/山本七平13066

「孫子」の読み方/山本 七平 08222
「孫子」の読み方/山本 七平 06201

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-01-04 04:39:07

風姿花伝/世阿弥 夏川賀央訳 16004

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
風姿花伝 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)/世阿弥 夏川賀央
¥1,512
Amazon.co.jp
★★★☆☆

何度か手にしている風姿花伝を
致知出版社が現代語訳しているとのことなので
もう一回読んでみた。

能は合氣道に何か通じるものを感じるので
一武道家として何かを掴み取れれば、
と思いつつ読み進めるのだが、
「・・・」という感じがする。

改めて氣が付いたのだが、
「顧客目線」の大事さをこれほど強調している本だったのか、と。
むしろ、マーケティングの原点を本書で探るほうが
何かを得ることが出来るのかもしれない。

現代語訳 風姿花伝/世阿弥 10174
古典を読む 風姿花伝 (岩波現代文庫)/馬場 あき子 07189
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-02 04:58:09

(ポケット版)「大学」を素読する/伊與田覺 15336

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
(ポケット版)「大学」を素読する/伊與田覺
¥972
Amazon.co.jp
★★★★☆

三回目。
最初はチンプンカンプンだったが、
ちょっとずつだが親しみを持てるようになってきたかも。

「ああ、この個所、安岡正篤先生の本で出てきたな」
など、徐々に身体をならしていきたい。
読書百遍、にはあと97回、だな。


「大学」を素読する/伊與田覺 15213
(ポケット版)「大学」を素読する/致知出版社 12228
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-09-21 04:43:04

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子 15263

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子
¥1,620
Amazon.co.jp
★★★★★

小2の次女と三浦半島へヨットを楽しみに行く。
ただ、愛車はぶつけてしまったのでカーステが無い?
代車しか我が家には無い。
2時間の間、論語の素読をすることに。

数えてみたら今回で11回目の本書だが、
論語のまさにエッセンス中のエッセンスが抜き出された、
素晴らしい本だと改めて思う。

論語はいろいろな本で学んでいながらも、
まだまだ自分のものになっている感が生まれてこない。
自分の生きる軸にしたいのだがそうはなっていない。
この一冊だけでも自分のものとすれば、
「論語知らず」にはならないかと。

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子 15167
こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子 12217

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子 12210

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子 12189

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 12131

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 10238

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09305

こども論語塾〈その2〉―親子で楽しむ/安岡 定子 09268

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09267

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09031

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09018





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-20 04:37:36

マキアヴェッリ語録/塩野七生 15231

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
マキアヴェッリ語録/塩野七生
¥562
Amazon.co.jp
★★★★★

三回目。2005年と2009年に読んでいた。
2005年は不愉快だったようだが、
十年後にあたる今ではすっすっと入ってくる。
 
 君主たる者、新たに君主になった者はことさらだが、
 国を守りきるためには、徳を全うできるなどまれだということを
 頭にたたきこんでおく必要がある。
 国を守るためには、信義にはずれる行為でも
 やらねばならない場合もあるし、
 慈悲の心も捨てねばならないときもある。
 人間性をわきに寄せ、
 信心深さも忘れる必要に迫られる場合が多いものだ。

 だからこそ、君主には、運命の風向きと事態の変化に応じて、
 それに適した対応の仕方が求められるのである。
 また、できれば良き徳からはずれないようにしながらも、
 必要とあれば、悪徳を行うことも避けてはならないのである。


人間学を学び人間性を高める努力をする一方で、
マキアヴェッリ語録を味わう。
経営者には、共に必要なことだと思う。


マキアヴェッリ語録/塩野 七生 09012
マキアヴェッリ語録/塩野 七生 05065
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-04 04:11:29

活学としての東洋思想―人はいかに生きるべきか/安岡正篤 15185

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
活学としての東洋思想―人はいかに生きるべきか/安岡正篤
¥720
Amazon.co.jp
★★★★★

「東洋思想」という広大な範囲を
一冊の文庫本にまとめてしまっている
とてつもない本だが、
その割には中身も濃くて、
「安岡東洋思想」が一冊でざっと学べる
実にありがたき本。

ブログを読み返してみると、まだ二回目か。
もっと読んでいたような。。。
きっと他の本との重複もあるのだろうが、
文庫本サイズになっているのが嬉しい。
何度も読み返そう。



活学としての東洋思想―人はいかに生きるべきか/安岡正篤 13168


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-28 04:59:05

己を修め人を治める道/伊與田覺 15179

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
己を修め人を治める道/伊與田覺
¥1,944
Amazon.co.jp
★★★★★


3回読んで次回は買って読もうと思っていたら
かれこれ四年もたってしまっていた。

 大学の道は、明徳を明らかにするに在り。
 民に親しむに在り。
 至善に止まるに在り。


この大学の書き出しが「大学の三綱領」と言われていて、
 「大人の学」の眼目なのだとか。

30代は時務学をしっかり学んだ。
40代はいよいよ大人の学、人間学をより学ばねば、
と改めて思う。


己を修め人を治める道/伊與田 覺 11360
己を修め人を治める道―「大学」を味読する/伊與田 覺 11177

己を修め人を治める道―「大学」を味読する/伊與田 覺 09274

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-16 04:07:45

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子 15167

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
こども論語塾―親子で楽しむ/安岡定子
¥1,620
Amazon.co.jp
★★★★★

最近、次女と論語の暗唱を出来ていないぁ、
と反省しつつ本書を手に取る。
次女を隣に座らせて一緒に読むもすぐに飽きてしまった。

やはり継続しなければこうなるよな。。。

安岡定子先生の「銀座・寺子屋こども論語塾」に
行かなければと思いネットで探してみると、、
http://www.sadakorongo.com/?p=301
直近のクラスは、もはや満席。人氣があるのだね。
世間に論語が浸透していると思えば喜ぶべきことか。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-07 04:20:25

論語活学/渡部昇一 15158

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
論語活学/渡部昇一
¥1,836
Amazon.co.jp
★★★★☆

以前は広く古典を学びたいと思っていたが、
結局のところはこの論語に戻ってくるのではないか、
と最近思いつつある。

渡部昇一さんの本は面白いのだが
「独自の解釈」も多いのが悩ましいところ。
ただ、この本はとても素直に読めたかも。

 子曰く、君子は諸を己に求む。
 小人は諸を人に求む。


…今、もやもやしていることをズバリ指摘された感。
人生のすべてのヒントは論語にあるのではないか?
とも思ってしまう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。