2009-07-10 04:56:37

TOKYOファッションビル/川島 蓉子 09191

テーマ:ファッション
TOKYOファッションビル/川島 蓉子
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★☆☆

再読。


イノベイティブストラテジーで

自社の大逆転戦略を考える中で、

「一体ファッションビルって何だろう?」と改めて思う。


この本の定義だと

*大きな建物に専門店が集積

*核テナントがない

*ショップの配置に”まち”を作るるような雑多感がある

*ファッションに特化したショップが並んでいる

のがファッションビル、というらしい。


そのファッションビルはこれまで不況に強いと言われてきた。

だが、今回のリセッションではさすがに大きな影響を受けている。

これは外的な経済環境の変化だけによるものなのか、

それともファッションビルのあり方に

疑問符をつけられているからなのか。


個人的には後者の要因もあると感じている。

ポストファッションビルとはどのようなものなのか。

そんなことも、考えていければ。



TOKYOファッションビル/川島 蓉子 08096

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-05-14 20:00:58

日本のファッション 明治・大正・昭和・平成/城一夫 08132

テーマ:ファッション
日本のファッション 明治・大正・昭和・平成/城一夫
¥2,100
Amazon.co.jp

★★★★☆


明治時代から2000年代までのファッションを

イラストで表現しちゃいましょう、という大胆な本。


カタカナで専門用語(?)をいわれても

いま一つイメージが湧いてこない時がままある私には

イラストで見せてくれる、というのはとてもありがたい。


イラストも相当な点数があるのだが、

それぞれ精緻に描き込んであり、

見ていても非常に楽しめる本だった。


どちらかというと「ファッションの歴史」

がメインだったので、

ぜひ最近のトレンドをこのように

見せてくれると嬉しいのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-05-05 05:03:04

ファッション新語辞典/邑 游作 08118

テーマ:ファッション
ファッション新語辞典/邑 游作
¥3,000
Amazon.co.jp
★★★☆☆

ファッションビジネスに飛び込んでもうすぐ1年。

さすがに会議中のワードで???

ということはほとんどなくなったが

まだまだ厚みが足りない。


で、格好の本があったので借りてくる。


ところどころイラストもあるのだが

全般的に残念ながらちょっと不親切。


 カプリ島をイメージした


カプリ島、行ったことがあるが

そこをイメージしたパンツ、なんて言っても

分からないぞ??

分からないから読んでいるんじゃないか・・・。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-05-05 04:29:22

図解でスッキリ!ファッション業界知りたいことがスグわかる!!/松尾 武幸 08117

テーマ:ファッション
図解でスッキリ!ファッション業界知りたいことがスグわかる!!
―アパレルから化粧品・雑貨・ライフスタイルまで
多様化・個性化の動きが一目で見てとれる本/松尾 武幸
¥1,470
Amazon.co.jp

★★☆☆☆


何だか長いタイトル、副題だが、

そのとおりの内容。
何でもかんでも盛り込もうとして、

ちょっと散漫になってしまったかも。


フードビジネスがこの本で出てくるとは。。。

もう少しファッションビジネスそのものを

深掘りしてほしかったナ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-14 08:18:04

ファッションのチカラ (ちくまプリマー新書 60)/今井 啓子 08100

テーマ:ファッション
ファッションのチカラ (ちくまプリマー新書 60)/今井 啓子
¥798
Amazon.co.jp
★★☆☆☆
2007年6月初版とのことで、
「おっ、最近のファッショントレンドの本か?」と
思い、借りてくる。

著者は日本のファッション業界の
黎明期からの方のようで、
日本でファッションがどのように拡大し、
根付いたか、という話が大半。

海外のプレタポルテブランドが、
日本人の体型を調査するために
旧日本軍の軍服を探した、
なんてことは薀蓄としては面白い。

だが、最近のトレンドへの言及は乏しかったかな。。。
エビちゃん現象は画一的で心配だ、
なんてことぐらいしか書いてなくて、
ちょっとがっかり。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-12 01:17:17

それでもブランド品を買いますか?/桜木 邦裕 08097

テーマ:ファッション
それでもブランド品を買いますか?―ファッション誌が書けない有名ブランドの舞台裏/桜木 邦裕
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★☆☆

ファッション業界と言えばブランドだろ、

と安直に考え借りてきた本。


一言で言うと全くイメージと違って、

ルイ・ヴィトンやエルメス、グッチなど、

海外のブランド品における

業界裏話がテンコ盛りだった。

それはそれで面白かった。


海外で売っているブランド品を

日本に持ち込めば高く売れることがある。


簡単に言うと日本と海外の価格差における

裁定取引(アービトラージ)に対し、

正直に正々堂々と正面から取り組もうとして

結局撤退してしまった著者と、

違法行為もしくはぎりぎりのことを行う悪徳業者の

覇権争いを語った本、と言えば良いのだろうか。


・・・でもここまで血眼になってブランド品を買い漁る、

というのはよく分からないな~。

ウン十万円もバッグにかけるお金があるなら

速読教室にもグロービスにも通える(笑)。

本もたくさん買える(笑)。

そんな無粋な私はそもそもターゲット外だな(苦笑)。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-12 01:03:26

TOKYOファッションビル/川島 蓉子 08096

テーマ:ファッション
TOKYOファッションビル/川島 蓉子
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆

今の自分の会社の業種は何か?

との答えにはいくつかあるが、

その一つは「ファッションビルの運営管理」

というものだろう。


異業界から来た私にはまだこの

「ファッションビル」という

言葉には馴染めないが。。。


そのファッションビルをテーマにした本を見つける。

世の中、無さそうな本があるものだ。


この本によると、ファッションビル、

というのは日本のオリジナルの業態らしい。

世界的に見ても珍しいとのこと。


69年にオープンした「池袋パルコ」

を発祥とするのだそうだが、

新しそうに見えてこの業態、

私よりも歳を食っていたのだ。


バイヤーや商品を抱えて売るのではなく、

バイヤーや商品を抱えるテナントさんを

見極めて入れたり出したり。

「抱えない」からこそ、この業界の激しい変化に

ついていけるのだ。

だからこそ、見え方や形やテナント構成

(業界用語ではMDという)は

全く変わっても40年も生き延びてこれたのだろう。


こんな本も読んでおくと

日常の業務がもっと面白くなる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-08 09:29:43

ファッション:ブランド・ビジネス/山室 一幸 08094

テーマ:ファッション
ファッション:ブランド・ビジネス (カルチャー・スタディーズ)/山室 一幸
¥1,260
Amazon.co.jp

★★★☆☆


ルイ・ヴィトンやシャネル、

クリスチャン・ディオール、

イヴ・サンローランなど

トップブランドの生い立ちや

その活躍の記した本。


あまり仕事とは関係ない

ブランドばかりなのだが、

まぁファッション業界の常識として

勉強しておこうと思った。


タイトルで「ビジネス」、と言う割には

あまり経営的な話は無かったかなぁ。

薀蓄としては面白い本だったけど。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-27 22:27:26

ヤングMDの<正解>モバイル世代の特色と攻略法/山田桂子 08085

テーマ:ファッション

ヤングMDの<正解>モバイル世代の特色と攻略法

/山田桂子

★★★★☆


昨日の

ファッション小売業 販促カレンダー 12ヶ月/村松 美尚 08084

と同様、繊研新聞の本。


タイトルがなんだかいまいちだなぁ、

昨日と同じ出版社だしなぁ、

と思いながら読み始めたが、これはいい。


バリバリの不動産屋、分譲マンション屋が

ファッション業界に出向してはや10ヶ月。

わけのわからん業界用語、

特にケッタイなカタカナのブランド名が多く、

会議中の会話は???の連続だった。


売り場を歩いてみても、

赤文字系ファッション誌を見ても

そもそも自分のファッションでさえ

あまり興味が無いのに(笑)

若い女性のファッションなんて

全く頭の中に入らなかった。


正直な話、かなり我慢しながら

自店や競合店を見続けてきたが

最近ようやく頭の中でいろいろなことが一氣に

つながり始めてきたような氣がする。


そういえば、分譲マンション屋になりたてのころ、

マンション用地やモデルルームを見ても

さっぱり見方のポイントがわからず、

途方に暮れてたっけ。

あの時も、わからないなりに

数をこなしていくうちに

いろいろなことがつかめてきたっけ。


この本も業界に入りたての頃だったら

苦痛だったかも知れないが、

まだ混乱している頭の整理をするのには

大変に役に立った。

ブランドやファッション雑誌の

ポジショニングマップは

大いに参考になった。

この本を基に、

自分でもパワポで整理してみたいと思う。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-09-08 05:00:56

革命社長/吉越 浩一郎 07243

テーマ:ファッション
吉越 浩一郎
革命社長
★★★★☆

ファッションを今度は

「経営者」の切り口から見てみたい。


ファッション業界にも魅力的な経営者は多いが、

このトリンプ・インターナショナル・ジャパンの

吉越浩一郎社長も氣になる存在。


同社は吉越社長の就任以来、毎年増収増益。

だが、残業もほとんどせずに勤務時間を濃密に

「使い切って」いる。


その秘密は何か。


ひとつは、吉越社長がファシリテーションをする

早朝会議だろう。


「デッドライン」を明確にし、期限を過ぎていれば

容赦なく社長が喝を入れる、とのこと。

朝方人間には「早朝会議」はとても羨ましい。

ただ、早朝は自分の時間にしているため、

皆よりさらに早起きしなければならなくなるかも。


もうひとつは昼間の「がんばるタイム」。

昼ごはん後の二時間は、喋っちゃいけない、

電話に出ちゃいけない、立ってもいけない。

ひたすらデスクワークに没頭する時間、なのだそうだ。


私も周囲にはナイショでたまに会議室に一人で篭るが

(傍目には相当怪しいだろう。。。)

それと同じことを制度化しているのだろう。

誰にも話しかけられない、電話もかかってこない、

聖なる時間。


「一人の時間」は知的ワークには絶対必要だと思う。


ファッションの本を選んだつもりが、

経営の本として読んでしまった。

それもよし。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。