1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-01 04:19:25

おばあちゃんは大どろぼう?! /デイビッド・ウォリアムズ 16337

テーマ:その他
おばあちゃんは大どろぼう?! /デイビッド・ウォリアムズ
¥1,620
Amazon.co.jp
★★★★☆

親を上回る本好きで、
恐らく月100冊以上読んでいるのでは?
という小学校三年生の次女が
「図書館で読んで面白かったので
 どうしても買って欲しい」
とねだってきた本。
折角なので読んでみる。

タイトルの通り、キャベツ臭くってつまらないおばあちゃんが
実は大泥棒?で11歳の孫とロンドン塔へ忍び込むというもの。

実在や歴史上の人物や地名が出てきたり、
結構難しい言葉も出てきたりと
「ああ、もうこのぐらいの本が読めるようになったんだ」
とどうしても親の視点で読んでしまうが、
確かになかなか面白い。

デイビッド・ウォリアムズというイギリスで人氣の
お笑い芸人(歳は私と一緒!)の手によるものだからか。
ただ、ギャグセンスはどちらかというと
我が家では父親ではなく母親的だw


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-27 04:27:08

国を守る責任 自衛隊元最高幹部は語る/折木良一 16333

テーマ:その他
国を守る責任 自衛隊元最高幹部は語る/折木良一
¥886
Amazon.co.jp
★★★★★

インド人(帰国されて随分経つのでもうコードネームを変えるべきか。。。)
が他友人数人と拙宅で武道合宿をした際に頂戴する。

東日本大震災時の統合幕僚長として災害出動を指揮した方が書いた、
日本の安全保障に真っ向正面から取り組んだ本。

 中国から見た世界、
 変貌する日米同盟
 集団的自衛権の本質・・・
 元統幕長がここまで論じた!

と帯のコメントだが、読んでいて自衛隊によって日本はこの様に守られている、
ということがよくよく分かったものの、それゆえに
「ここまで書いて、他国に読まれても大丈夫なものなの?」
と素人でも心配になる本。
他国スパイにこんなに美味しい本はそうそうなかろう。

自分の引き出しにはほとんどない内容だったので
読みすすめるには苦労したが、
これは責任ある大人としては必読書だろう。
もう一度読みたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-23 04:37:39

編集者という病い/見城徹 14357

テーマ:その他
編集者という病い/見城徹
¥1,728
Amazon.co.jp
★★★★☆

幻冬舎の見城徹社長が初めてご自分のことを語った本。

失礼を承知で申し上げれば「自意識過剰なんじゃないか?」と
思ってしまうのだが、よくよく考えると自分にもそんな頃があったっけ。
甘酸っぱい思い出とともに高校生・大学生のころの自分を思い出す。
こんな風に、いちいち傷ついていたっけ。

社会人になって世の中にもまれて良くも悪くも私は鈍感になっていったけど、
高校生の頃の自分をしっかりと持ち続けたまま、
編集者として成功し上場企業まで創ってしまった
見城徹社長の暗黒面を覗きこんでしまったようなバツの悪さを感じる、
でも強烈な印象の残る本だった。
特に尾崎豊フリークとしては尾崎の死の話は

・・・欲を言えば、同じような話が何度も何度も出てくるので
「編集者」としてもうちょっと整理してほしかったな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-12-17 04:36:06

なぜ「スマ婚」はヒットしたのか/石神賢介 14351

テーマ:その他
なぜ「スマ婚」はヒットしたのか 誰もが挙式できる世の中へ
(ゲーテビジネス新書)/石神賢介
¥802
Amazon.co.jp
★★★★☆

出版を検討させて頂いている幻冬舎さんから頂戴した本。
無駄なものを省いた結婚式を最近は「スマ婚」と呼ぶらしい。
結婚式を挙げるもの、それにサービスを提供するもの
その両面からその実態に迫ったもの。

結婚式のコーディネーターは
「いかに追加サービスをあとからあとから付与させるか?」
が腕の見せ所、なのだそうだ。
そういえば、十数年前の私らの結婚式の時の見積もりも、
そうだったっけ。

その無限のように積みあがる見積もりを新郎は抑えようとし、
コーディネーターは新婦をたきつけてそれを阻止する、
というのは今も昔も変わらぬらしい。
・・・私はゼネコンとの「追加工事費」のハードネゴに慣れていたので、
あっさりとコストカットをバンバンやったが、
そういえばカミさんは不機嫌になっていった(笑)。

すっかり忘れていたが、結婚式など二度としたくない、
と心に決めたことをありありと思い出したw


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-24 04:40:06

別冊映画秘宝ウルトラマン研究読本/洋泉社 14175

テーマ:その他
別冊映画秘宝ウルトラマン研究読本/洋泉社
¥2,160
Amazon.co.jp
★★★★☆

突然、「特撮」に関する本が読みたくなった。

ウルトラマンは1966年に放送開始、
とのことで私が生まれるかなり前のもの。
私が見たのも再放送の再放送の再放送、くらい?

それでも強烈な印象が残っており、
全部で39話あったそれの大半を今でも良く覚えていた。

でも、そんな子供の頃のうっすらとした、浅はかな記憶を
軽々と凌駕する、マニアックなこの本。
50年近く前に作られたとは思えないほど、
関係者への綿密な丁寧なインタビューで彩られており、
その「取材力」「こだわり力」に感嘆した次第。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-06-09 04:27:23

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく/堀江貴文 14160

テーマ:その他
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく/堀江貴文
¥1,512
Amazon.co.jp
★★★★★

今月末、弊社のイベントで、
堀江貴文さんをお招きし、講演頂く。
その際のテーマは、この本だ。
予習をしておこう、と思って。

とにもかくにも仕事が好き、
獄中でも仕事がしたかった、
という堀江貴文さんにはとても共感する。

意外だったのが、他人とのコミュニケーションが得意では無かった
堀江さんがヒッチハイクで改善した、というところ。

自分もドモリ氣味を克服し人前で喋れるようになったのが
学生の頃に何度も楽しんだヒッチハイクだったので、
奇妙な共通点に驚いた。

従来の堀江貴文さんの本は
「何でこんなに肩に力が入って居るのだろう?」
と思われる本が多く、刺激は受けながらも読んでいてつらかったが、
本書は肩の力が抜けすぎている程。
書き手が素直な分、読み手にも素直に伝わる。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-14 04:43:12

人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?/神田昌典 14134

テーマ:その他
人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?/神田昌典
¥1,728
Amazon.co.jp
★★★★☆

9年ぶりの再読。

前回はアマゾンの書評を先に読んでしまい、
斜に構えて読んでしまったが、
今回は素直な氣持ちで読めた。

どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションなのか、
到底知ることは出来ないが、
成功者として陥りがちな落とし穴とは何か、
ということを学ぶ書としては決して悪くないと思う。

人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?/神田 昌典 05283
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-05-12 04:14:59

嫌われない毒舌のすすめ/有吉弘行 14131

テーマ:その他
嫌われない毒舌のすすめ/有吉弘行
¥812
Amazon.co.jp
★★☆☆☆

これもたしか

ほめる力: 「楽しく生きる人」はここがちがう/齋藤孝 14107

に出ていた本。

有吉弘行さんって何方かは全く存ぜず、
実はくりーむしちゅーの一人(くりぃむしちゅーは有田哲平さんなのね(汗))
だと思って図書館から借りてくる。
「猿岩石」!?ああ、聞いたことある、ある(笑)。

「どうやって目の前の人をダマすか?」
という話のオンパレードで、
あまりにも赤裸々過ぎて、ちょっと受け付けないかな。。。
ちょっと苦手だわ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-11 04:04:38

聞く力―心をひらく35のヒン/阿川佐和子 14130

テーマ:その他
聞く力―心をひらく35のヒン/阿川佐和子
¥864
Amazon.co.jp
★★★☆☆

たしか、

ほめる力: 「楽しく生きる人」はここがちがう/齋藤孝 14107

に本書のことが書かれていて、
図書館で予約したと思う。

そういえば、本書はいつぞや大ベストセラーになったのでは。
書評などで取り上げられていたかも。
うっすらと記憶がある。

阿川佐和子さん、TVなどではどうやら有名な方の様だが、
TVはほとんど見ない(見る時は録画して早送りで見る(笑))ので
何となく見たことがある、くらい。

で、本書、エッセイとしては面白いのだが、
じゃあこの本を読んで何を得たか、どれほど成長出来たか、
と思うとやや心もとない。

興味深いと思ったのはデーモン閣下に
「ヘビメタとはなんですか?」と聞き、
それに回答する件。

デーモン閣下の回答も秀逸だが、
その回答を引き出したあたりは、
さすが経験豊富なインタビュアー、と感じた。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-05-09 04:13:06

なぜ春はこない?/神田昌典 來夢 14128

テーマ:その他
なぜ春はこない?/神田昌典 來夢
¥1,296
Amazon.co.jp
★★★★★

三回目の、本書。
人生には12年周期がある、という。

面白いもので前回は3年前、前々回は6年前に読んでいた。
今回は春2年目、前回は冬2年目、前々回は秋2年目。
それぞれ季節の真ん中で読んでいる、という偶然が面白い。

今回も、前々回に作った年表を見直し、ここ3年間の出来事を入れる。
面白いように当てはまっているw

 春
 仕掛けがうまく行き出す時期
やっと芽が出てくる、方向性が定まる
仕掛ける、投資が必要


今、手掛けている新規事業、新事業部のフェーズと
ぴったりと一致する。
ちなみに他の季節は、

 
 悲劇、反省、縮小、リストラ
収穫、勉強の秋
予想しないことや悲劇
依頼された仕事をこなす、流れに乗る

 冬
 新たな始まり、全ての始まり、種まき
発想やアイデアと出会う季節
試行錯誤、低収益、定着、方向性が見えてくる

 
 アバンチュール、追い風、コントロール不能
思い切った行動がとれる時期
エネルギーが高いので不確実性を吸収できる
自我肥大 売って売って売りまくれ
無茶は禁物、管理強化


だ。これから春から夏にかけて、
実に楽しみだ☆

なぜ春はこない?/神田 昌典 11047 ★★★★★

なぜ春はこない?/神田 昌典, 來 夢 08034 ★★★★★


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。