1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-19 04:33:43

【新版】小さな会社★儲けのルール/竹田陽一 栢野克己 17050

テーマ:広告・マーケティング
【新版】小さな会社★儲けのルール/竹田陽一 栢野克己
¥価格不明
Amazon.co.jp
★★★★★

ランチェスター戦略を使って、
如何に小さな会社が、小さな会社であることを武器にして
儲け続けていくか?を語った本。

実例も豊富で、
「そりゃここまでやれば儲かるよな!」
と頷き感心することばかり。

MBAでの学びでちょっと残念だったのは
「小さな会社が儲ける方法」ってほとんど無かったこと。
ベンチャーのスタートアップには
この本の方が断然役に立つと思う。



小さな会社の稼ぐ技術/栢野克己 竹田陽一 17032
小さな会社☆社長のルール/竹田陽一 17019
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-10-01 04:04:30

明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法/佐藤尚之 15273

テーマ:広告・マーケティング
明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法/佐藤尚之
¥802
Amazon.co.jp
★★★☆☆

あれ、なぜこの本を借りたんだっけ?
と戸惑いつつ読み始めるも、
思い出せず、最後まで読み切る。

広告・マーケティング関係の本は
あれほど熱心に読んでいたのになぁ、
とちょっと寂しく思うだけに終わってしまったような。。。

もう少ししたら、
また勉強したいと思うようになるだろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-29 04:23:54

マーケット感覚を身につけよう/ちきりん 15210

テーマ:広告・マーケティング
マーケット感覚を身につけよう
---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法/ちきりん
¥1,620
Amazon.co.jp
★★★★★

なぜ借りて来たのか覚えていないのだが、
恐らくどちらかの本で奨められていたと思う本。

なぜか手元にあり読み始める前は
「マーケット感覚?マーケティングは一応専門だけど。
 何か得られるものあるのかしら?」
と若干上から目線な感じで読み始めたのだが、
ぐいぐいと惹きこまれた。

(私が知らないだけかもしれないが)
独特の切り口、ロジックで構成されている本で、
さすが
自分のアタマで考えよう/ダイヤモンド社
¥1,512
Amazon.co.jp
というタイトルの本を書かれている方、だと感じた。
特に

 相対取引から市場型取引

のそれぞれの功罪などが秀逸で、
今までもやもやしていたものが晴れた氣がする。

こんなことを頭の片隅に置いて、
子供たちにも社会へ出てほしいものだ。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-13 04:50:08

リスティング広告 プロの思考回路/佐藤康夫他 13317

テーマ:広告・マーケティング
リスティング広告 プロの思考回路/佐藤康夫他
¥2,310
Amazon.co.jp
★★★★☆

「この一冊を読めば、とりあえずリスティング広告に
 誰でも取り掛かることが出来る!」
という本を探しているのだが、この本はちょっと違った。

「この業界にはちゃんとプロがいるのだから、
 そのプロをちゃんと見極めて(=きっと著者たちのことだろう)
 そのプロに依頼しなさい」
というのがこの本のメッセージと受け取った。

この本の良かったところは、
サブタイトルの「プロの思考回路」を
プロが独り言を話すかのように書かれているところ。
ロジカルシンキングやマーケティング的には
初歩的な範囲のことだと思うが
当社の若手社員に「なぜ、そうなるのか?」を教えるには
良い教材となるであろう。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-11-10 04:26:14

リスティング広告 成功の法則/阿部圭司 13314

テーマ:広告・マーケティング
Googleアドワーズ & Yahoo!プロモーション広告 対応 新版
リスティング広告 成功の法則/阿部圭司
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★☆☆

このブログを始めたころは、インターネットマーケティングを
仕事そのものとしていたのだが、離れて随分と時がたつ。

久々に、ネットマーケティングの実務が必要となったので、
リスティング広告の最新情報を仕入れようと、
AMAZONで人氣があった何冊かを購入する。

「アトリビューション」なんていう言葉は無かったけど、
ログ解析に基づき、どの広告媒体が「エライ」のか?
を分析し、ネットに限らず広告予算の分配を決める、
なんてことは当時もしてたぞ。

残念ながら、特に新しい発見は無かったようだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2013-09-08 04:49:59

藤村流 高くても売れる10のやり方/藤村正宏 13251

テーマ:広告・マーケティング
藤村流 高くても売れる10のやり方/藤村正宏
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆

先日、藤村正宏さんの
無敵の話す力―人の心をつかんで離さない/藤村正宏
¥1,470
Amazon.co.jp

を読んだところ、マーケティングの本も読みたくなって。

安売りなんて、自殺行為だよなぁ。。。
やはり価値を伝えることが大事だよなぁ。。。
と藤村節を久々に読めて、満足満足。

最近マーケティングの本をあまり読めてなかったけど、
定期的に読まなきゃ、とちょっと反省。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-30 04:03:25

藤村流 高くても売れる10のやり方/藤村 正宏 12121

テーマ:広告・マーケティング
藤村流 高くても売れる10のやり方/藤村 正宏
¥1,575
Amazon.co.jp

★★★★☆



当社のことをいろいろと聞いているうちに

とても驚いたことがある。

「創業以来、値引きをしたことが無い」

とのこと。


大いに感心をするとともに、「そうでなくっちゃ」と思う。


「価値あるもの」を扱わねばならない。

「価値あるもの」を値引きや安売りするのは「罪悪」だ。


「デフレ」「安売り競争」に巻き込まれないためにはどうすればよいか。

その視点で、この本を読む。

「価値を伝える」こと、をもっともっと考えよう。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-30 04:29:48

氣絶するほど儲かる絶対法則/石原 明 10273

テーマ:広告・マーケティング
氣絶するほど儲かる絶対法則/石原 明
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★☆

私はこのブログの一番の(おそらく)愛読者だ。

よく、過去の記事を読み返す。


この本の記事を読んで、

再読したくなった。


でも、前回と同じ感動があるとは限らない、

のが読書の面白いところでも、ある。


自分が成長したのか、退化したのか。

たまたま氣分に合わなかったのか。


そんなことを感じられるだけでも、

いい本を何度も読む意味があると思う。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-04 04:29:14

よくわかる化粧品業界〈最新 業界の常識〉/中島 美佐子 10035

テーマ:広告・マーケティング
最新〈業界の常識〉よくわかる化粧品業界/中島 美佐子
¥1,365
Amazon.co.jp
★★★☆☆

「変革のリーダーシップ」の予習のため。

カネボウやカネボウ化粧品がテーマだが、

業界のことももっとよく知っておかないと。

「外科手術」はともかくとして、

「内科自己治癒」には

業界のことを良く知ることが必要だ。

業界特性として興味深いのは

チャネルの多様さ複雑さ。

「制度品」の仕組みはこんな本でも

読まないとわからないなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-11-03 04:52:11

2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!/藤村 正宏 09307 

テーマ:広告・マーケティング
2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!
―エクスペリエンス・マーケティングがあなたの会社を救う!/藤村 正宏
¥1,365
Amazon.co.jp
★★★★★

金曜日の藤村正宏先生のセミナーに参加した際、頂戴する。

以前購入した記憶があったが、ありがたく頂いた。

(自宅で確認したところ、無いので何方かに差し上げてしまったか?)


恒例により(?)、最前列の席を取るために早めに会場入りする。

30分ほど開催まで時間があったので、予習のつもりで読む。


モノやサービスが売れるかどうかは何で決まるのか。

今の日本、モノやサービスでの差別化はかなり難しい。

みんな買って使ってみれば良い商品、良いサービスばかり。

でも、それなのに、売れるものと売れないものには歴然とした差がある。

その差は何か。


藤村正宏さんは「伝える力」があるかどうかの差、という。

その「伝え方」として本書で主張されているのが


 「モノ」を売るな!、「体験」を売れ!


ということだ。


他の本同様、事例が多く、分かりやすい。


藤村正宏さんの本を読むと

実務でマーケティングをしたくなるので

最近はちょっと避け氣味だった。


経営企画やリスクマネジメント、新規事業もいいけれど、

そろそろ自分の原点であるマーケティングに戻りたいなぁ、

とちょっとため息がでる本だった。



藤村正宏先生のマーケティングセミナーに参加

「せまく」売れ!「高く」売れ!「価値」で売れ!/藤村 正宏 09237

「せまく」売れ!「高く」売れ!「価値」で売れ!/藤村 正宏 07206

無敵の話す力―人の心をつかんで離さない/藤村 正宏 06160

藤村流売れる!コトバ/藤村 正宏, 橋本 亨 0609

なぜ彼女はこの店で買ってしまうのか/藤村 正宏

「藤村流「感動」で売れ!「体験」で売れ! 」

「2時間でわかる!「ニーズ」を聞くな!「体験」を売れ!」

「これ、知ってました?集客に、お金はかからないのです。」

「モノ」を売るな!「体験」を売れ!」

「「劇的(ドラマティック)」に「色」で売れ!」

「せまく」売れ!「高く」売れ!「価値」で売れ!」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。