2004-12-24 17:48:02

もっと早く受けてみたかった「ブランドの授業」/阪本 啓一

テーマ:ブランド戦略


著者: 阪本 啓一
タイトル: もっと早く受けてみたかった「ブランドの授業」
―「本当の価値」はどのように創られるのか?


★★★★☆
非常に分りやすく、且つすぐ「試してみよう!」
と思える内容が多かった。

これまでブランドの本は結構読んできたど、
(もちろんブログを始める前からも)
「役に立ちそう度」は高い。

他にも書きたいことがあるが、
これから3歳の娘のために「サンタ」を
しなければならないので
今日はこれまで。

わざわざ着ぐるみを1500円で買ってきた。
ひげや眉毛もついている本格派!
アシスタントのK嬢には
「絶対ばれますよ。子供の夢を壊さないで下さいね」
と冷たく言われたが
うちの娘は「すれていない」ので
きっと大丈夫!

著者: 阪本 啓一
タイトル: もっと早く受けてみたかった「ブランドの授業」
―「本当の価値」はどのように創られるのか?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-23 17:02:49

考える技術/大前 研一

テーマ:自己啓発

著者: 大前 研一
タイトル: 考える技術

★★★☆☆
あれは大学生の時だった。
一冊の本に衝撃を受けた。
企業参謀―戦略的思考とはなにか
世の中にはこんなにアタマの良い人間がいるのか!と感動した。
そして彼のようにビジネスの世界で生きたい、と思った。
それ以来の大前研一フリークを自称する小生である。

発売されてスグ買って即読んだので、
本書を読んだのは二回目。
大前先生の本や講演会はいつも
ビジネスのヒントにさせてもらってます。
自分のアイデアのようなフリをしつつ、
パクったことが何度かある(笑)。

今回は住宅産業に身を置く小生としては
「ホームサーバ」でしょうか。
誰がサプライヤーになるのが良いのだろう?
マンションデベも供給者となれるだろうか??
ゆっくり考えてみよっと。

大前先生ご馳走様。


著者: 大前 研一
タイトル: 考える技術
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-20 02:08:27

マーケティングROI/ジェームズ・レンスコルド

テーマ:広告・マーケティング


著者: ジェームズ・レンスコルド, 上野正雄
タイトル: マーケティングROI

★★★☆☆
先週、執行役員他部門幹部に上半期の活動報告をした。

「××をした、の羅列で具体的な成果が分らない」
「キャンペーンは幾らの投資で幾らの儲けがあったか分らない」
と厳しい評価だった。
もちろん、「○○をして、幾ら儲けました、コスト削減しました」
と胸を張って言いたいのは山々だが、
「理科の実験とマーケティングの成果は違うんだ!」と
叫びそうになった。

どうしても数字でシンプルに説明しようとすると
「仮定の積み上げ」になってしまって、
「数字を作る」という表現が近くなる。
「A」と「B」を入れたら「C」が出来ました、
なんて言い切れない。

そのときどんなマンションを発売していたか、という「商品」や
「市況」「時期」「金利」「株価」「販売員の腕」「媒体の種類」
「広告のデザイン」「広告のコピー」等々色々な要素があり、
「A」+「B」→「C」なんて簡単に答えが出てきたら
それは限りなく嘘に近いと思う(笑)。
正直言うと自分を裏切ってそんな資料を作ることもある。たまに。
そんな時は上司のオボエも良い(笑)。

なんとなく直感では「そんな簡単なわけないじゃないか」とは思いつつ、
テーマとしてはとても面白いので実は個人的には1年半ほど
意識はしてきている。ただ明快に答えをくれた本や人は未だ居ない。

そんな期待の中、読んでみた。
やっぱりはっきりとした答えは書いてなかった。

今、このテーマの延長上で考えていることは
「マンション販売でのPOSシステムを作れないか?」ということ。
コンビにやスーパーのものよりも、より広告やSP寄りに。
「○○と言う媒体に××円投資したらX戸のマンションの売上があった、
 という結果から、どの媒体にどれだけの広告予算を配分するのが最適か?」
ということをシステムで導き出す、というもの。

この本での答えは「目安を決めて何回か繰り返して導き出すしかない」
なのだそうだ。マンション販売では費用対成約数の平均を
目安とするべきなのだろうか。

もう一つ、この本で気になったのは「顧客の生涯価値」。
マーケティングの本には良く出てくる言葉だ。
大半のお客様は人生で1回しかマンションは買わない。
『「生涯価値」なんて関係ない。常に新規顧客を追うべきだ!』
『やはり少なくても買い換えや口コミとかを意識して「生涯価値」も
 その延長で考えるべきだ』
どちらなのだろう?

少なくとも当社の今までのやり方は「焼畑的」である。
各社がCSに力を入れ始めているのに、このままでいいのか。


著者: ジェームズ・レンスコルド, 上野正雄
タイトル: マーケティングROI

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-19 23:17:15

集客を約束する7つのマーケティング戦略/村山 涼一

テーマ:広告・マーケティング


著者: 村山 涼一
タイトル: 集客を約束する7つのマーケティング戦略

★★☆☆☆
小生も愛読する「販促会議」で連載した
「マーケティング110番」に加筆したもの。
引用が多すぎる、と思った。
ポーターの「 競争戦略論 」などは何回出てきたのか。
切り口の面白さは評価できるが、他人の言葉で引っ張りすぎ。

・・・ちょっと厳しすぎたコメントだったかな?
「販促会議」での連載をとても楽しみにしていたし、
故に手にととる前の期待が大きすぎたから、かも。

著者: 村山 涼一
タイトル: 集客を約束する7つのマーケティング戦略

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-17 23:24:58

上に立つ者の人間学―成功への生き方・考え方とは何か/船井 幸雄

テーマ:自己啓発


著者: 船井 幸雄
タイトル: 上に立つ者の人間学―成功への生き方・考え方とは何か

★★★☆☆
久々に船井先生の本を読んだ。学生時代はよく読んだが
最近はとんとご無沙汰だった。

派遣社員さんの面談が続く
(先日の『目の綺麗な方』は先方から断られた・・・)
中で、本棚にあるこの本が目に留まって一気に読み干した。

一番こころに残ったのは「経営コンサルの秘訣」ということろの、
「次の四つにハイと答えられないものは勧めてはいけない」というもの。
①あなたは、相談されることを感情的にみて、やりたいのですか、
 やりたくないのですか?
②その「やりたいこと」に自信がおありになるのですか?
③それをやると、あなたやあなたの部下がネアカになりますか?
④万が一、失敗した時には、他人に迷惑を掛けず、あなたの責任で
 処理をなさいますか?
四つともYESならば
「どうぞ、おやりなさい。しかし挑戦意欲と、成功への熱望を
いつまでも持ってくださいね。それから絶えざる努力を期待してますよ」
と船井先生はクライアントに言うのだそうだ。

自分が何かプロジェクトを進める上で、とても参考になりそうだ。
でも「コストカッター」としては③がハードルが高い、と思った。
誰かが、いやみんなが嫌がることでも、
やらなきゃいけないことがきっとある。


 著者: 船井 幸雄
タイトル: 上に立つ者の人間学―成功への生き方・考え方とは何か

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-17 23:07:49

ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる/水野 与志朗

テーマ:ブランド戦略


著者: 水野 与志朗
タイトル: ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる

★★★★☆
「マーケットリーダーの反対のことをしろ」
その通りだと思った。
当社は他社の強者戦略を取れるようなポジションに無いにも
関わらず、いつも「MeToo」ばかりしている。
「あそこがやったからうちも」というのは社内プレゼンでの
説得の際に最も効果的なフレーズである。残念ながら。

「あんなブランドは所詮・・・」というキーワードをつかって
既存の成功者をけなして「自分のブランドは、決してそうじゃない
自分のブランドは・・・」と今度は誉めまくって
「正反対のルール」を作れ、と。

あと、「他社が自社の戦略を真似してきたら徹底的に無視をしろ。
「所詮モノマネ」でしかないし、却って自分のブランドが「本物」
として光る、というのも面白い。

筆者は各社でブランドマネージャーを歴任したそうだが、
社内調整や営業との摩擦のくだりは「実務に詳しいな」と感じた。
どんなに良いことを考えても、現場で実行されなきゃ意味が無い。


著者: 水野 与志朗
タイトル: ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-15 23:14:38

あなたを活かすコーチング/吉田典生

テーマ:自己啓発



著者: 吉田 典生
タイトル: あなたを活かすコーチング―いつもうまくいく人の会話術


★★★☆☆
前職の方の退職に伴い、いま新しいアシスタントの面接をしている。
派遣社員として来ていただくことになる。
今日お会いした方は「目」が素晴らしい方で、
真っ直ぐ見つめ返す眼差しに
力強さややる気を感じてとても嬉しくなった。

「使う」「使われる」だけの関係で終わるのか、
「正社員」「派遣社員」というタテマエはありながらも
お互いに高めあえる存在になるのか。

「一人でできること」なんてたかが知れている、
と最近諦めでも無く素直に思えるようになった。
「良い仕事」をするために、「高い理想」を実現するためには
やはり信頼し合える仲間やパートナーが必要だと実感する。

そのためにもこの本を読んでみた。
アシスタントの方にとっても「良い出会い」になるように
出来るだけのことはしてみようと思う。


著者: 吉田 典生
タイトル: あなたを活かすコーチング―いつもうまくいく人の会話術

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-14 22:53:28

ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!/金田 伸夫

テーマ:武道・武術・健康法


著者: 金田 伸夫
タイトル: ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!

★★☆☆☆
小生の古武術の師でもある甲野善紀先生 に触発された
桐朋高校バスケ部の先生が書いた本。
同校は古武術の動きを取り入れて、東京有数の強豪になった。
甲野先生と小生との差はあまりにも広く、その間を埋めるヒントに
ならないかと思い手にした。

甲野先生は古武術に留まらず、各種スポーツに
「ねじらない、うねらない、ためない」動きを生かした指導を
されている。「歩き方」にもそれを生かしたものが
「ナンバ歩き」であり、その動きや他の気づきを「健康法」として
まとめている。

初心者としては取っ付き易いとは思うが、
お風呂や寝かたまで「ナンバ」というのは
ちょっと違うのじゃないか?と思った。
普通に「私が考えた健康法です。ご参考まで」と
言えばいいのに。

まぁ、突き詰めて考えてしまう、考えていたい小生には
以上のことは大問題であるが、
「最近話題のナンバってなに?」という
程度には良いと思いますよ。


著者: 金田 伸夫
タイトル: ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-13 21:45:10

お金の教え豊かさの知恵/本田健

テーマ:資産形成


著者: 本田 健
タイトル: 夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方

★★★★☆
「お金持ちになる方法」を説く本は多いが、
この著者の良いところは「お金と幸せは両立するんだ、
しなければ本物じゃないんだ」というところ。
手っ取り早く「こうしなさい」なんて話は無いけれど、
読んでいて何だか気持ちがよくなります。
今日の帰りの電車は隣が失礼なオヤジで
(常○線快速は客層が悪い)、
満員電車で「夕刊フジ」を広げて見ていて迷惑だった。
でもこの本を読んでいたら、なんとなく「しかたねぇなぁ」
となんだか許せちゃう、そんな金持ち読本です(笑)。


著者: 本田 健
タイトル: 夢をかなえるお金の教え

豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-13 21:31:18

一生この上司についていく/中谷彰宏

テーマ:中谷彰宏さんの本


著者: 中谷 彰宏
タイトル: 一生この上司についていく

★★★★☆
とても信頼していたアシスタントがいる。
来年1月に残念ながら会社を辞める。
カナダに留学したいとのこと。
とてもショックを受けているがこれも何かの縁、
きっともっといいアシスタントに出会うチャンスなんだ、
と思うことにした。

いいアシスタントに恵まれるためにはいい上司にならなければ、
と思い本棚にあったこの本に手が伸びた。

何年前に買った本なのかは忘れたが、以前は
「自分の上司がこんな人だったらいいな、この本何かの間違いでも
読んでくれないかな」と願いながらだったと思う。

今、逆の立場から読んでいる自分に気づく。

ちょっと成長できたかな。

著者: 中谷 彰宏
タイトル: 一生この上司についていく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。