2004-12-17 23:07:49

ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる/水野 与志朗

テーマ:ブランド戦略


著者: 水野 与志朗
タイトル: ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる

★★★★☆
「マーケットリーダーの反対のことをしろ」
その通りだと思った。
当社は他社の強者戦略を取れるようなポジションに無いにも
関わらず、いつも「MeToo」ばかりしている。
「あそこがやったからうちも」というのは社内プレゼンでの
説得の際に最も効果的なフレーズである。残念ながら。

「あんなブランドは所詮・・・」というキーワードをつかって
既存の成功者をけなして「自分のブランドは、決してそうじゃない
自分のブランドは・・・」と今度は誉めまくって
「正反対のルール」を作れ、と。

あと、「他社が自社の戦略を真似してきたら徹底的に無視をしろ。
「所詮モノマネ」でしかないし、却って自分のブランドが「本物」
として光る、というのも面白い。

筆者は各社でブランドマネージャーを歴任したそうだが、
社内調整や営業との摩擦のくだりは「実務に詳しいな」と感じた。
どんなに良いことを考えても、現場で実行されなきゃ意味が無い。


著者: 水野 与志朗
タイトル: ブランド・マネージャー―たった一人のBMで会社がよみがえる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-15 23:14:38

あなたを活かすコーチング/吉田典生

テーマ:自己啓発



著者: 吉田 典生
タイトル: あなたを活かすコーチング―いつもうまくいく人の会話術


★★★☆☆
前職の方の退職に伴い、いま新しいアシスタントの面接をしている。
派遣社員として来ていただくことになる。
今日お会いした方は「目」が素晴らしい方で、
真っ直ぐ見つめ返す眼差しに
力強さややる気を感じてとても嬉しくなった。

「使う」「使われる」だけの関係で終わるのか、
「正社員」「派遣社員」というタテマエはありながらも
お互いに高めあえる存在になるのか。

「一人でできること」なんてたかが知れている、
と最近諦めでも無く素直に思えるようになった。
「良い仕事」をするために、「高い理想」を実現するためには
やはり信頼し合える仲間やパートナーが必要だと実感する。

そのためにもこの本を読んでみた。
アシスタントの方にとっても「良い出会い」になるように
出来るだけのことはしてみようと思う。


著者: 吉田 典生
タイトル: あなたを活かすコーチング―いつもうまくいく人の会話術

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-14 22:53:28

ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!/金田 伸夫

テーマ:武道・武術・健康法


著者: 金田 伸夫
タイトル: ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!

★★☆☆☆
小生の古武術の師でもある甲野善紀先生 に触発された
桐朋高校バスケ部の先生が書いた本。
同校は古武術の動きを取り入れて、東京有数の強豪になった。
甲野先生と小生との差はあまりにも広く、その間を埋めるヒントに
ならないかと思い手にした。

甲野先生は古武術に留まらず、各種スポーツに
「ねじらない、うねらない、ためない」動きを生かした指導を
されている。「歩き方」にもそれを生かしたものが
「ナンバ歩き」であり、その動きや他の気づきを「健康法」として
まとめている。

初心者としては取っ付き易いとは思うが、
お風呂や寝かたまで「ナンバ」というのは
ちょっと違うのじゃないか?と思った。
普通に「私が考えた健康法です。ご参考まで」と
言えばいいのに。

まぁ、突き詰めて考えてしまう、考えていたい小生には
以上のことは大問題であるが、
「最近話題のナンバってなに?」という
程度には良いと思いますよ。


著者: 金田 伸夫
タイトル: ナンバ健康法―「古武術」でカラダが楽になる!強くなる!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-13 21:45:10

お金の教え豊かさの知恵/本田健

テーマ:資産形成


著者: 本田 健
タイトル: 夢をかなえるお金の教え 豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方

★★★★☆
「お金持ちになる方法」を説く本は多いが、
この著者の良いところは「お金と幸せは両立するんだ、
しなければ本物じゃないんだ」というところ。
手っ取り早く「こうしなさい」なんて話は無いけれど、
読んでいて何だか気持ちがよくなります。
今日の帰りの電車は隣が失礼なオヤジで
(常○線快速は客層が悪い)、
満員電車で「夕刊フジ」を広げて見ていて迷惑だった。
でもこの本を読んでいたら、なんとなく「しかたねぇなぁ」
となんだか許せちゃう、そんな金持ち読本です(笑)。


著者: 本田 健
タイトル: 夢をかなえるお金の教え

豊かさの知恵 お金と幸せを呼びこむ「経済自由人」という生き方

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-13 21:31:18

一生この上司についていく/中谷彰宏

テーマ:中谷彰宏さんの本


著者: 中谷 彰宏
タイトル: 一生この上司についていく

★★★★☆
とても信頼していたアシスタントがいる。
来年1月に残念ながら会社を辞める。
カナダに留学したいとのこと。
とてもショックを受けているがこれも何かの縁、
きっともっといいアシスタントに出会うチャンスなんだ、
と思うことにした。

いいアシスタントに恵まれるためにはいい上司にならなければ、
と思い本棚にあったこの本に手が伸びた。

何年前に買った本なのかは忘れたが、以前は
「自分の上司がこんな人だったらいいな、この本何かの間違いでも
読んでくれないかな」と願いながらだったと思う。

今、逆の立場から読んでいる自分に気づく。

ちょっと成長できたかな。

著者: 中谷 彰宏
タイトル: 一生この上司についていく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-12-12 23:16:34

ブランドⅡ/岡康道・吉田望

テーマ:ブランド戦略


著者: 岡 康道, 吉田 望
タイトル: ブランドII

★★★☆☆
前著

著者: 岡 康道, 吉田 望
タイトル: ブランド

の読後の爽快感と「じゃあ自分の仕事にどう生かせばいいんだ?」
という疑問によりⅡも買ってしまう。

相変わらず電通出身の二人の対談はさわやかでついひき込まれる。
話は日本史(北条早雲(!)から肥後藩まで)や自身の離婚話まで
飛躍・発展(脱線?)する。

会社の経費で買って頂いた本だが(勉強しなきゃ仕事に役立てなきゃ)、
一番興味深かったのは「ブランドの地霊」。
土地にもブランドがあるという話。
東京から富士山までの経路をR246と中央線の二つに見立てる。
246系はブランド企業人や外資系の人が多く、BMW乗ってて。。。
中央線系は自転車に乗っててエコロジーに凝ってて、フォークギター
が弾けて。。。おいおいそこまで言うか、でも思い当たる(笑)
マンション屋には非常に響く話題であった。

Ⅱも前作以上に楽しかったが、「じゃあ自分の企業ブランドや
商品ブランドの確立や活性化にいかに生かすか?」
という答えにはならなかったような気がする。
ワインでも片手に徒然なるままに読み流すにはいいかもしれない、
と思った。

著者: 岡 康道, 吉田 望
タイトル: ブランドII

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。