2016-02-09 04:20:31

小さな人生論2 /致知出版社 16040

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
小さな人生論2 /致知出版社
¥1,080
Amazon.co.jp
★★★★★

読書とはどうあるべきか。

 宋学の大儒者・程伊川にこういう逸話がある。

 伊川は讒言に遭って島流しにされた。
 十年くらい経って都に帰ってきたが、
 威風堂々として周囲を圧するような迫力に溢れている。

 弟子が、「十年も島流しになると普通は憔悴して見る影もないのに、
 先生はどうしてそんなに堂々として活力に溢れているのですか」
 と訊くと、伊川は、
 「自分はこの十年、真剣に骨身を削って勉強し、
 易経やその他の聖賢の教えに通暁した。その学の力だ」
 ―――と答えた。

 こういう話もある。
 西郷隆盛が二度目の島流しで、沖永良部島に流された時、
 西郷は三個の行李を持っていった。
 その中には八百冊の本が入っていたという。
 わずか二、三畳の吹きさらしの獄の中で、
 西郷はひたすら『言志四録』や『伝習録』などを読み、心魂を練った。

 吉田松陰も同様である。
 松陰は萩の野山獄に送られたとき、
 在獄一年二か月ほどの間に六百十八冊も本を読み、
 杉家に移され幽閉された後も、安政三年に五百五冊、
 翌四年には九月までに三百四十六冊の聖賢の書を読破している。
 すさまじいまでの読書である。

 彼らは、知識を増やすために本を読んだのではない。
 心を鍛え、人物を練り上げるために読書したのである。
 真剣な読書に沈潜することがいかに人間に大きな力をもたらすかを、
 三人の先哲の生き方が例証している。



ああ、数をこなすことだけが目的化していなかったか。
自分は流されていなかったか。
心を鍛え、人物を練り上げるような読書をせねば。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。