2012-03-13 04:12:11

小さな人生論2 (小さな人生論シリーズ)/藤尾 秀昭 12073

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
小さな人生論2 (小さな人生論シリーズ)/藤尾 秀昭
¥1,050
Amazon.co.jp

★★★★★


毎度の繰り返しの引用になるが、

やはりこの一文に強く心を打たれる。


喜怒哀楽の人間学


 少年は両親の愛情をいっぱいに受けて育てられた。
 殊に母親の溺愛は近所の物笑いの種になるほどだった。


 その母親が姿を消した。
 庭に創られた粗末な離れ。そこに籠もったのである。
 結核を病んだのだった。
 近寄るなと周りは注意したが、母恋しさに少年は離れに
 近寄らずにはいられなかった。


 しかし、母親は一変していた。
 少年を見ると、ありったけの罵声を浴びせた。
 コップ、お盆、手鏡と手当たり次第に投げつける。
 青ざめた顔。長く乱れた髪。荒れ狂う姿は鬼だった。
 少年は次第に母を憎悪するようになった。
 悲しみに彩られた憎悪だった。


 少年六歳の誕生日に母は逝った。
 「お母さんにお花を」と勧める家政婦のオバサンに、
 少年は全身で逆らい、決して柩の中を見ようとはしなかった。
 父は再婚した。少年は新しい母に愛されようとした。
 だが、だめだった。
 父と義母の間に子どもが生まれ、少年はのけ者になる。
 少年が九歳になって程なく、父が亡くなった。
 やはり結核だった。
 その頃から少年の家出が始まる。
 公園やお寺が寝場所だった。
 公衆電話のボックスで体を二つ折りにして寝たこともある。
 そのたびに警察に保護された。
 何度目かの家出の時、義母は父が残したものを処分し、
 家をたたんで蒸発した。


 それからの少年は施設を転々とするようになる。


 十三歳の時だった。
 少年は知多半島の少年院にいた。
 もういっぱしの「札付き」だった。
 ある日、少年に奇跡の面会者が現れた。
 泣いて少年に柩の中の母を見せようとした
 あの家政婦のオバサンだった。
 オバサンはなぜ母が鬼になったのかを話した。
 死の床で母はオバサンに言ったのだった。


 「私は間もなく死にます。
 あの子は母親を失うのです。
 幼い子が母と別れて悲しむのは、
 優しく愛された記憶があるからです。
 憎らしい母なら死んでも悲しまないでしょう。
 あの子が新しいお母さんに可愛がってもらうためには、
 死んだ母親なんか憎ませておいたほうがいいのです。
 そのほうがあの子は幸せになれるのです」


 少年は話を聞いて呆然とした。
 自分はこんなに愛されていたのか。
 涙がとめどもなくこぼれ落ちた。
 札付きが立ち直ったのはそれからである。
 作家・西村滋さんの少年期の話である。


 喜怒哀楽に満ちているのが人生である。
 喜怒哀楽に彩られたことが次々に起こるのが人生である。
 だが、その表面だけを掬い取り、
 手放しで受け止めてはなるまい。
 喜怒哀楽の向こうにあるものに思いを馳せつつ、
 人生を歩みたいものである。
 
 その時、人生は一層の深みを増すだろう。
 われわれが人間学を学ぶ所以もそこにある。
 
 中江藤樹の言葉がある。
 「順境に居ても安んじ、逆境に居ても安んじ、
  常に担蕩々として苦しめる処なし。
  これを真楽というなり。
  萬の苦を離れてこの真楽を得るを学問のめあてとす」


この一文何度読んでも母親や息子の思いが感じられ

涙がこみ上げてくる。


喜怒哀楽には、必ず深い意味がある。

この試練が自分に氣がつかせたいものは、何か。


それを氣がつかせてくれるきっかけとなる人間学。

実に味わい深い。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■>Kさん

コメントありがとうございます。

「当たり前」のことほど、
大事なことなのですよね。

そんなことを氣がつかせてくれる、
この本は素晴らしいと思います。

1 ■ありがとうございます。

いつも、素敵な本のご紹介ありあがとうございます。

今回の、小さな人生論2とて心にしみました。

健康であるよろこび。

子どもとの日常。

当たり前と思っていることに感謝を忘れていました。

ブログいつも、楽しみにしています。
これからも、素敵な本のご紹介お願いします。

コメント投稿

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。