2006-01-26 19:26:58

ドラッカーの遺言/P.F. ドラッカー 06027

テーマ:自己啓発
P.F. ドラッカー, 窪田 恭子
ドラッカーの遺言
★★★★★

昨年11月11日に永眠したドラッカーの遺作。


向上心のあるすべてのビジネスマンに読んでいただきたい。

特に後半以降はほとんどのページにしるしをつけてしまった。


 三つの質問


 「経営の本質とはなんでしょうか?」

  こう問われるたびに、私が問い返す三つの質問があります。

  1.「あなたの事業は何か?何を達成しようとしているのか?

    何がほかの事業と異なるところなのか?」

  2.「あなたの事業の成果を、いかに定義するか?」

  3.「あなたのコア・コンピタンス(独自の強み)は何か?」


 経営の本質


 先の質問を一言で言えばこうなります。

 「成果を得るために、どんな強みを活かして、何をしなければならないのか?」

 経営の本質は、すべてこの一言に言い表されています。

 前世紀の経営に求められていたのも、

 そして新しい世紀における経営の本質もたいした違いはありません。

 「どんな長所を活かし、何をすることで、どれだけ成果を挙げるのか?」

 すべてこの一言に集約されているのです。


経営戦略を考える上で、何かに行き詰ったときに、

この言葉を思い出したい。

頭が混乱したときに、この原点に立ち戻って考えたならば、

かなり思考を整理できる気がする。

「何を考えればいいのか?」が明確になる。


 唯一普遍の問いかけ


 「目的は何で、その達成のために何をすべきか?」

 この問いかけは、あらゆる組織、あらゆる職業を通じて

 変わることのない普遍的な質問です。

 組織や職業の違いによって変化するのは、その答えだけ

 ・・・何を目指しているのか、そのために何から手をつけるのか、

 そのことの理解なしに、経営はただの一歩も歩みを

 進めることはできません。


これもいい。

クリティカルシンキングを思い出す。

「イシューは何だ?」「因果関係は?」

ということを自分の仕事や組織に当てはめる。

 

 「自分の仕事とは何か」を問う


 有能なリーダーに共通する二つ目の習慣は、

 「何をすべきか」を考え抜いた後に、

 その中でどれが「自分の仕事なのか」を問うことです。

 言葉を換えれば、なすべきことのうち

 「何が自分に適しているか」あるいは「何が自分に適していないか」

 を突き詰める作業を行うということです。

 この習慣を持つ人は、とりもなおさず、

 「自分が何を得意としているのか」を的確に把握しており、

 同時に「自分は何が不得手なのか」についても熟知しています。

 そして三つ目の習慣として、

 「不得手なことは、決して自ら手がけない」ことを

 徹底しているのです。


これが「組織で仕事をする」ということのなのだろう。

「決して手がけない」

というのが自分の性格的には難しそうな気がするが。

不得手を克服しようとしちゃいそうだ(笑)。


 生涯にわたる継続的学習が不可欠になった事実を受け入れ、

 つねに再教育を受ける心構えをもち、

 それを自己責任であると認識すること・・・

 「いま何を捨て、何を選択し、自己を高めるために何を学ぶべきか」

 を絶えず問い続けなくてはならないこと

 ・・・いますべての人が身を持って知るべき事実です。


そのとおりだと思う。

厳しい現実だが、不断の努力によって、

それが当たり前となり、それを喜びとしたい。

P.F. ドラッカー, 窪田 恭子
ドラッカーの遺言
いいね!した人  |  リブログ(0)

GAKUさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。