1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-12-31 21:00:53

2015年を振り返って

テーマ:ブログ
2015年を振り返る。

>2015年の目標
>
>1.仕事
> 2014年に新事業部とした事業を新会社にして頂いた。
> 一企業として恥ずかしくない結果を出したい。
> まずは大幅に増えた社員の育成。そして書籍出版。
> 予算は自ずから達成出来るであろう。

新会社は一年目より大幅予算達成(146%)した。
ただ、社員の育成には大きな課題を残した。
書籍出版も出来ず。
一方不動産証券化協会認定マスターに合格したのと、
不動産M&Aを実現できたのは今年の成果。

>2.家族
> 今年中三になる長女は難しい年頃。
> 「反抗期」などあまりなかった自分にはよくわからないのだが、
> ちょうどいい間合いを測りつつ、手を差し伸べてあげられたら。
> 小学校二年生になる次女は可愛い盛りだが、
> 長女を見ているといつまでもこの時代も続かないのだと。
> 残り少ないこの時間をしっかりと楽しみたい。
> 社会復帰を完全に果たした家内は、
> このまま好きなことしてくれたらいいんじゃないかな。

「自宅を創る」という明確な目標が出来、
家族のコミュニケーションが良く取れた一年になった。
長女とも「家」ネタでよく話が出来たのは本当に良かった。
かなり距離感を近づけることが出来たと思う。
ただ、設計の打ち合わせなどで秋冬の週末がほぼ潰れ、
次女とあまり遊んであげられなかったのが残念。

>3.心身鍛錬
> 合氣道だけの目標を立てて敗れ続けたこの3年間。
> 大学の稽古時間などに制約されるところに無理があったのでは。
> 合氣道、水泳など身体を鍛えられるもの何でも良いことにしたい。
> その分、目標は倍の100時間に。
> 週に二時間、大した目標じゃないはず。

55時間、と目標の半分。
自宅建設準備と秋に痛めた左ひじの影響が大きかった。

>4.読書
> 今年も1日1冊、365日で365冊。

こちらは達成。
まぁ、365日365冊はもう完全な習慣になったので
慣性の法則により今更止める方が難しいw

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-31 04:12:25

人生と陽明学/安岡正篤 15365

テーマ:安岡正篤先生に学ぶ
人生と陽明学/安岡正篤
¥596
Amazon.co.jp
★★★★★

今年最後は安岡正篤先生の本。

「知行合一」など、若いころは当たり前じゃないか!
としか思えなかったが、
王陽明先生も「苦難」としか言えないような人生を歩まれて
その上で仰った、ということにとても価値があると思えるようになってきた。

病躯を押しての征伐などを余儀なくせざるを得なかったのに、
辞世の一言が

 此の心光明亦復た何をか言わん

とは、格好良すぎますなぁ。。。

人生と陽明学/安岡正篤 15218


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-30 04:07:03

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話/平光雄 15364

テーマ:自己啓発
子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話/平光雄
¥1,620
Amazon.co.jp
★★★☆☆

最近読んだときには結構良かった印象があったのだが、
今回は何だかしっくりこない。

自分が子どもだったら、あんまり響かないかなぁ。。。

うーん、再会すべき時でないときに
遭ってしまった感じがした。


子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話/平光雄 15039


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-29 04:52:13

大地の子〈4〉/山崎豊子 15363

テーマ:小説
大地の子〈4〉/山崎豊子
¥648
Amazon.co.jp
★★★★★

大地の子、読了。

戦後の日本は、都合の悪いものから目を背けて、
自国の経済発展だけを目指してきたんだな、
と胸の奥に何かが使えたような息苦しさを感じた。

それと共に、「あの中国」が、
よくぞここまでの取材を山崎豊子さんに許した、
というのも実に奇跡的だと思う。

登場人物の中では、松本耕次に感情移入することは多かった。
本書のことは随分前から存在は知っていたが、
若いころにはあまりピンとこなかっただろう。
子供が出来てそれなりに大きくなって、
子供を大陸に残さざるを得なかった父母の切なさを
万分の一でも感じられた方が本書はぐっとくると思った。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-28 04:40:57

[新装版]活眼 活学/安岡正篤 15362

テーマ:安岡正篤先生に学ぶ
[新装版]活眼 活学/安岡正篤
¥1,080
Amazon.co.jp
★★★★★

出張中の新幹線の中でじっくり読む。

三度目だが今回ここが響く。

 志ある者は進を己に求むべきで、
 人に求めてはならない。
 その進を己に求むということは、
 道業学術の精にほかならず、
 進を人に求むとは富貴利達の栄に過ぎぬ。
 富貴利達は結局我が外にある問題で、
 自ら求めて必ずしも得られるかどうか分からぬことであるが、
 道業学術は自分に内在する、
 自ら啓発せねばならぬものである。
 古人も元来富貴利達などは問題にしておらない。
 
 それなら何故従仕するかといえば、
 それによって道を行なうことができるからである。
 道行なわれず、我が理念するところが行なわれないで、
 しかも富貴利達であることは、古人はこれを恥として、
 栄としない(求進於己)。


張養浩という、中国が元の征服を蒙って惨禍に陥ったとき
身を挺して民衆の救済にあたりその職に殉じた烈士の言葉とのこと。

  志ある者は進を己に求む

実にいい言葉だ。


[新装版]活眼 活学/安岡正篤 15220
[新装版]活眼 活学/安岡正篤 12214


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-27 04:18:24

人を生かす 稲盛和夫の経営塾/稲盛和夫 15361

テーマ:経営
人を生かす 稲盛和夫の経営塾/稲盛和夫
¥771
Amazon.co.jp

★★★★★


若手経営者との問答集。

今回沁みたのは、ここ。


 私はみなさんによく、

 「誰にも負けない努力をする」といっています。

 それは社員に対してではなくて、

 あくまで経営者のみなさんにいっているのです。

 または役員や部長、いわゆる企業の中で

 プロと言われるような人に対してのものです。

 一番のプロは経営者ですから、

 経営者のみなさんに対して誰にも負けない努力をして下さいと

 いっているわけです。

 それが、あなたのお話では社員全員に

 「誰にも負けない努力をする」

 といってしまっています。


ああ、自分にもそういうところがあったと思う。

「誰にも負けない努力」をしなければならないのは

私だけなはずだ。


 また、これは自分自身にもいい聞かせていることですが、

 車長や第一線に立つ者は、自分の能力を100%企業に注入できて初めて、

 社長であり、トップなのです。

 ほんとうはプライベートな時間すらもとれないぐらい厳しいのがトップです。

 それなのに、たとえば自分の健康のことを

 心配していなければならないようでは、

 意味がないと思っています。


経営者としての厳しさ、孤独を感じるが

それを歓びに変えていこうと強く思った。




人を生かす 稲盛和夫の経営塾/稲盛和夫 15143

稲盛和夫の実践経営塾/稲盛和夫 15295
稲盛和夫の実践経営塾/稲盛和夫 15017
稲盛和夫の実践経営塾/稲盛和夫 13178

敬天愛人―私の経営を支えたもの/稲盛和夫 15253
新版 敬天愛人 ゼロからの挑戦/稲盛和夫 14271
敬天愛人―私の経営を支えたもの/稲盛和夫 14250

 

敬天愛人―私の経営を支えたもの/稲盛和夫 13298
敬天愛人―私の経営を支えたもの/稲盛 和夫 06083

成功への情熱/稲盛和夫 15247
成功への情熱―PASSION/稲盛 和夫 11275
成功への情熱―PASSION/稲盛 和夫 05314

心を高める経営を伸ばす/稲盛和夫 1524 2
心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために/稲盛 和夫 10303
心を高める、経営を伸ばす/稲盛 和夫 08025
心を高める、経営を伸ばす―素晴らしい人生をおくるために/稲盛 和夫 05323

アメーバ経営/稲盛和夫 15177
アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役/稲盛 和夫 08274
アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役/稲盛 和夫 08271

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役/稲盛 和夫 06330


稲盛和夫の実学―経営と会計/稲盛和夫 15170
稲盛和夫の実学―経営と会計/稲盛和夫 14067
稲盛和夫の実学―経営と会計/稲盛 和夫 08241
稲盛和夫の実学―経営と会計/稲盛 和夫 06303

稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方/稲盛和夫 15215
稲盛和夫の経営塾 Q&A高収益企業のつくり方/稲盛和夫 15157


成功の要諦/稲盛和夫 15037


京セラフィロソフィ/稲森和夫 14314


ど真剣に生きる/稲盛和夫 14287


「利他」 人は人のために生きる/稲盛和夫 瀬戸内寂聴 14264



稲盛和夫の経営問答 従業員をやる氣にさせる7つのカギ/稲盛和夫 14208

実践経営問答/稲盛 和夫, 盛和塾事務局 06324


燃える闘魂/稲盛和夫 14149


  君の思いは必ず実現する―二十一世紀の子供たちへ/稲盛和夫 14115

「成功」と「失敗」の法則/稲盛和夫 14103


何のために生きるのか/稲盛和夫 五木寛之 14074

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」/稲盛和夫 10123


稲盛和夫語録―経営を芸術する孤高の起業家/ソニーマガジンズビジネスブック 05262

稲盛和夫の哲学/稲盛 和夫 05026


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-12-26 04:11:37

大地の子〈3〉/山崎豊子 15360

テーマ:小説
大地の子〈3〉/山崎豊子
¥648
Amazon.co.jp
★★★★★

妹あつ子との再会が切なすぎる。
陸一心でさえ、相当の艱難辛苦を耐えてきたと思いきや、
これほど酷い扱いを受けていた日本人がいたなんて。

子供心に中国残留日本人孤児が訪日して
実の親と再会して涙する、というTV報道を見た記憶があるが、
あの人たちでさえ「まだまし」だった、
というのはあまりにもショックな現実だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-25 04:35:30

大地の子〈2〉/山崎豊子 15359

テーマ:小説
大地の子〈2〉/山崎豊子
¥648
Amazon.co.jp
★★★★★

日本人であるがゆえに耐え難い苦難を乗り越え、
陸一心が再び世に出る。

最新の製鉄所をつくるという
日中共同の大型プロジェクトに参加。

中国人と日本人の丁丁発止を見ていると、
自分が中国で働いていたころを思い出す。
自分の頃は開放政策が相当進んでいた後なので、
「大変」といってもたかが知れていたんだなぁ、と改めて思う。

中国や中国人が日本に対して複雑な感情を持つ、
その理由の一端を感じざるを得ない。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-24 04:00:34

経営心得帖/松下幸之助 15358

テーマ:経営
経営心得帖/松下幸之助
¥514
Amazon.co.jp
★★★★★

五回目。

相変わらず当たり前のことばかりなのだけど、
相変わらず出来てないことばかり。

経営って頭で理解することはカンタンで
でもちゃんとやることは難しくって、
人様に動いてもらうのはもっと難しいと改めて思う。

経営者としては初段レベルなんてトンでも、
で白帯からやっと色帯になれたかなぁ?
と言う程度だな。


経営心得帖/松下幸之助 15224

経営心得帖/松下幸之助 14237

経営心得帖/松下幸之助 13185

経営心得帖/松下 幸之助 08063


素直な心になるために/松下幸之助 15337

素直な心になるために/松下幸之助 15208

素直な心になるために/松下幸之助 13194

素直な心になるために/松下幸之助 12351

素直な心になるために/松下 幸之助 12017

素直な心になるために/松下 幸之助 06229

素直な心になるために/松下 幸之助 06073



物の見方・考え方/松下幸之助 15302

物の見方・考え方/松下幸之助 15142


人生心得帖/松下幸之助 15186

指導者の条件/松下幸之助 15286
指導者の条件/松下幸之助 15176

商売心得帖/松下幸之助 15260

商売心得帖/松下幸之助 15174


実践経営哲学/松下幸之助 15249

実践経営哲学/松下幸之助 15154


道をひらく 続/松下幸之助 15237

道をひらく/松下幸之助 15229

道をひらく 続/松下幸之助 15114

道をひらく/松下幸之助 15076


人生談義/松下幸之助 15226

人生談義/松下幸之助 15060

人生談義/松下幸之助 13205

人生談義/松下 幸之助 05009

人生談義/松下 幸之助 05340


社長になる人に知っておいてほしいこと/松下幸之助 15110


松下幸之助 成功の金言365/松下幸之助 15081

松下幸之助 成功の金言365/松下幸之助 12216


[新装版]人を活かす経営/松下 幸之助 11114


松下幸之助の哲学―いかに生き、いかに栄えるか/松下 幸之助 05047


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-12-23 04:55:48

「専門家を使いこなす」ためのM&Aの知識と実務の勘所/木村直人 横張清威 15357

テーマ:M&A
公認会計士と弁護士が教える「専門家を使いこなす」ためのM&Aの知識と実務の勘所/木村直人 横張清威
¥2,592
Amazon.co.jp
★★★★★

この本を探していた!
M&Aの実務の為に深すぎず浅すぎず、
漏れが無い本。

自分が行ってきたこれまでのプロセスを
もう一度見直し確認するいい機会を与えてくれた本書に
感謝感謝☆







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。