1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-01-31 04:08:25

203実務演習:不動産証券化商品分析 15031

テーマ:不動産証券化協会認定マスター
テキスト画像
203実務演習:不動産証券化商品分析
〔講師:早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授  川口 有一郎〕
〔講師:三井不動産投資顧問株式会社  祖父江 元樹〕

★★★☆☆

四回目。
レポートを完成させつつ、最終チェックとして。

やや怪しいところはあるが、
一応すべての回答箇所はそれなりに埋める。
実務で触れ続けないと、すぐに忘れてしまいそう。
そんな不安を拭いきれない(汗)。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-01-30 04:08:01

二宮翁夜話/ 村松 敬司, 二宮 尊徳 福住 正兄 15030

テーマ:自己啓発
二宮翁夜話/ 村松 敬司, 二宮 尊徳 福住 正兄
¥1,782
Amazon.co.jp
★★★☆☆

二宮尊徳のことを勉強したくなって。

二宮尊徳が語ったことを記録している本だが、
驚きなのは二宮尊徳は実務であれほどの実績を出しながらも
膨大な著述も行っている、ということ。

エネルギーの塊のような方だったのか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-29 04:04:03

203実務演習:不動産証券化商品分析 15029

テーマ:不動産証券化協会認定マスター
テキスト画像
203実務演習:不動産証券化商品分析
〔講師:早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授  川口 有一郎〕
〔講師:三井不動産投資顧問株式会社  祖父江 元樹〕

★★★☆☆

三回目。
ようやく何を言っているのか分かる様になってきたが、
速読をしない他の受講生は皆さんどうされているのだろうか、
と余計な心配もしたりして。

読めば読むほどMBAのアカウンティングやファイナンスで学んだことを
不動産業界やREIT、ファンドに焼き直したものである、
という感じを受ける。
諸々違いがあるが、なぜその違いがあるのか?
ということを考えてみると面白いことがわかるかもしれない。
・・・ただ、レポートに追われてそんな余裕はない(汗)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-28 04:56:08

しびれる仕事をしよう―作業をプロジェクトに変える67の具体例/中谷彰宏 15028

テーマ:中谷彰宏さんの本
しびれる仕事をしよう―作業をプロジェクトに変える67の具体例/中谷彰宏
¥1,512
Amazon.co.jp
★★★☆☆

だんだんと遠ざかっている、中谷彰宏さんの本。
久々に読んでも、何だか刺さらない。
本棚にある古い本ではなく、
最近の本を読まないとダメかなぁ、と。

本書で登場する「しびれる」経営者の大半が、
いつの間にかいなくなっていて、
それがある意味しびれる。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-27 04:38:04

なぜ働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』/田坂広志 15027

テーマ:田坂広志先生に学ぶ
なぜ働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』/田坂広志
¥1,188
Amazon.co.jp
★★★★★

自分のぬるさをいやというほど思い知らされる、本書。
ここを読むと、新会社設立が大変だとかどうだとか、
どうでもよくなる。


 それは、「明日、死ぬ」という修行です。
 
 これは、やろうと思えば、誰でも出来る修行です。
 ただ、それを本当にやるには、大変な想像力が必要です。
 そして、強靭な精神力が必要です。

 これは要するに、「自分は、明日、死ぬ」と思い定め、
 今日を生き切るという修行です。
 この方は、毎日、毎日を生活しながら、
 明日死ぬ、明日死ぬ、明日自分は死ぬと思い定め、
 今日を生き切るという修行をされたのです。

 人間の修行には、これほどの世界もあります。
 これは、人間の精神のぎりぎりを、極限まで究めていく修行です。
 この修行を、紀野一義師は自らに課した。

 同じことを、皆さん、静かに想像して頂きたい。
 明日、自分の命が終わりだとしたら、何を考えるでしょうか。
 仮に特攻隊でもいい、死刑囚でもいい、どんな立場でもいい。

 明日、自分の生が終わるとしたならば、
 今日という一日をどのように生きるだろうか。
 そのとき、この窓の景色がどう見えるだろうか。
 今横にいる職場の仲間が、どのように見えるだろうか。
 そのことを、静かに想像してみていただきたい。


この行を務めることが出来たならば、
森信三先生の


の世界まで、辿り着けるであろうか。


なぜ働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』/田坂広志 13002
なぜ働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』/田坂 広志 11179
なぜ働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』/田坂 広志 11003
なぜ、働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』 /田坂 広志09196
なぜ働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』/田坂 広志 05286
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-26 04:30:40

スゴい「減価償却」/杉本俊伸 15026

テーマ:MBA/アカウンティング
スゴい「減価償却」/杉本俊伸
¥799
Amazon.co.jp
★★★★☆

随分前に(おそらく1か月ほど?)前に読んだのだが、
UPし忘れていた本。
出先などで読み終わると、スマホで写真を撮っておくのだが、
整理し忘れていたようだ。

部下のNさんに貸してもらった本書だが、
減価償却のことで一冊書くなど只者ではないな、
と思った記憶はある(笑)。
もう一回くらい読んでみてもいいかも、とも感じたな。
うーん、それくらいの記憶しかない。
やはりすぐにUPしないと忘れてしまうな。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-25 04:23:22

変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話/斎藤一人 15025

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
2015-01-24 04:18:15

203実務演習:不動産証券化商品分析 15024

テーマ:不動産証券化協会認定マスター
テキスト画像
203実務演習:不動産証券化商品分析
〔講師:早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授  川口 有一郎〕
〔講師:三井不動産投資顧問株式会社  祖父江 元樹〕

★★★☆☆

二回目。
この三本目のレポート、結構キツい。
一応8割ほど埋めることは出来たが、
何だか理解しているとは思えない。

先日、既に不動産証券化協会認定マスターを取得された方と
お話しする機会があった。
彼は社内で不動産証券化協会認定マスターの
取得が義務化されており、
過去の先輩のレポートを見たり、
他のメンバーとレポートを見せ合いつつ進めたとのこと。
私には身近に「同志」がいないのでそんなことは良くも悪くもできないが、
そんなことまでして資格をとってどうするのだろう、と思ってしまった。
まぁ、他人のことはほっておけ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-01-23 04:08:58

一瞬で自分を変える法/アンソニー・ロビンズ 15023

テーマ:自己啓発
一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える/アンソニー・ロビンズ
¥1,512
Amazon.co.jp
★★★★★

七回目。

今回も学びの多い本書だが、
今回は、身近な部下の皆さんたちに読ませたいなぁ、
と思いながら読む。

自分を変えたくて。
自分を変えられなくて。
悩んでいる彼らに読んで欲しい。

でも、人も本も出会うタイミングが大事。
早すぎず、遅すぎず。
今はそのタイミングなのだろうか。


一瞬で自分を変える法/アンソニー・ロビンズ 13186
一瞬で自分を変える法/アンソニー・ロビンズ 12316

一瞬で自分を変える法/アンソニー ロビンズ 12097

一瞬で自分を変える法/アンソニー ロビンズ 11112
一瞬で自分を変える法/アンソニー ロビンズ 10008
一瞬で自分を変える法/アンソニー ロビンズ 09238
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-01-22 04:44:14

修身教授録/森信三 15022

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
修身教授録/森信三
¥2,484
Amazon.co.jp
★★★★★

折にふれて読み返す、修身教授録。
本棚の一番目立つところに置いてあるが、
一年に一回も読めていない。
ボリュームはあるが、もっと頻度を上げて読みたい。

 ですから諸君らにも、もしその日の予定が
 その日のうちに果たせなかったら、
 「自分の一生もまたかくの如し」と考えられるのがよいでしょう。
 そこでまたわれわれは、死というものを、
 一生にただ一度のものと考えていてはいけないと思うのです。
 それというのも実は死は小刻みに、日々刻々と、
 われわれに迫りつつあるからです。
 
 ですからまた、われわれが夜寝るということは、
 つまり、日々人生の終わりを経験しつつあるわけです。
 一日に終わりがあるということは、
 実は日々「これでもか、これでもか」と、
 死の覚悟が促されているわけです。
 しかるに凡人の悲しさには、お互いにそうとも氣付かないで、
 一生をうかうかと過ごしておいて、さて人生の晩年に至って、
 いかに歎き悲しんでみたところで、今さらどうしようもないのです。

 人間も五十をすぎてから、自分の余生の送り方について
 迷っているようでは、悲惨と言うてもまだ足りません。
 そこで一生を真に充実して生きる道は、
 結局今日という一日を、真に充実して生きる外ないでしょう。
 実際一日が一生の縮図です。
 われわれに一日という日が与えられ、
 そこに昼夜があるということは、
 二度と繰り返すことのないこの人生の
 流れの中にある私達を憐んで、
 神がその縮図を、誰にもよく分かるように、
 示されつつあるものとも言えましょう。


一日が一生の縮図、とは実に恐ろしいものだ。
でも厳格な事実。
一日一日を生き切る。
これしかない。



修身教授録/森信三 13212
修身教授録 (致知選書)/森 信三 12020
修身教授録―現代に甦る人間学の要諦/森 信三 09052
修身教授録―現代に甦る人間学の要諦/森 信三 07076
修身教授録―現代に甦る人間学の要諦/森 信三 06009


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。