1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-03-31 04:06:54

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する/橘玲 14090

テーマ:資産形成
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する/橘玲
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★★★

捕捉されやすいサラリーマンにはいよいよ厳しく、
うかうかすると海外に逃げてしまう法人にはますます甘い。
そんな税制改革が進んでおり、この流れはしばらく変わりそうにない。

2009年に書かれた本書だが、
「個人の会計ととマイクロ法人の会計を連結してしまう」
という考え方は、いよいよその輝きを増す。

あと、前回前々回はあまり氣にならなかったが、
今回は「マイクロ法人でのファイナンス」が我が意を得たりで、
熟読してしまった。

新銀行東京や都道府県や区市からの融資など、実に興味深い。
どの様なビジネスならファイナンスが容易か。
ファイナンスから逆算してビジネスを考える、
というのも有りかもしれんな、と。

得する生活―お金持ちになる人の考え方/橘玲 14054
臆病者のための株入門/橘玲 14040
亜玖夢博士の経済入門/橘玲 14004
マネーロンダリング/橘玲 13126
不愉快なことには理由がある/橘玲 13119
雨の降る日曜は幸福について考えよう/橘玲 13007
大震災の後で人生について語るということ/橘玲 12348
(日本人)/橘玲 12282
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法/橘 玲 12258
雨の降る日曜は幸福について考えよう/橘 玲 11283
亜玖夢博士のマインドサイエンス入門/橘 玲 11269
大震災の後で人生について語るということ/橘 玲 11263
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門/橘 玲 11252
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する/橘 玲 11249

得する生活―お金持ちになる人の考え方/橘 玲 11243

雨の降る日曜は幸福について考えよう 橘玲 10338
残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法/橘玲 10295
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する/橘 玲 10006
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術/橘 玲 09185 マネーロンダリング入門/橘玲 09182
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編/橘 玲 09106
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編/橘 玲 09057

永遠の旅行者〈下〉 /橘 玲 08336

雨の降る日曜は幸福について考えよう/橘 玲 08327
永遠の旅行者 上 /橘 玲 08316
臆病者のための株入門/橘 玲 08007
亜玖夢博士の経済入門/08002
雨の降る日曜は幸福について考えよう/橘 玲 06176
臆病者のための株入門/橘 玲 06173
雨の降る日曜は幸福について考えよう/橘 玲 05298
世界にひとつしかない「黄金の人生設計」/橘 玲 05007
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-30 04:54:53

空飛ぶタイヤ(下) /池井戸潤 14089

テーマ:小説
空飛ぶタイヤ(下) /池井戸潤
¥680
Amazon.co.jp
★★★★★

追い詰められた主人公の中小運送会社社長にところに、
驚愕の事実がもたらされ、下巻へ。

ネタバレになってしまうので、ストーリーはこの辺までにしておくが、
最後まで全く飽きさせず、「池井戸ワールド」にはまり込んだ。

企業ブランドを築くのは積年の努力が必要だが、
壊すのはあっという間であることを改めて思う。
新人の時に三菱自動車の車を買い、
結婚し子供が生まれて次の新車をやっと買ったが、
三菱自動車の車を選ぶ氣にはどうしてもなれなかった当時を思い出す。
10年以上経過した今でも、未だに「大丈夫かな?あの会社」という
心の澱の様なものは抜け切れない。

この4月に10年以上乗った日産自動車からホンダに乗り換えるが、
ホンダはリコール率が大手の中で圧倒的に高いのだそうだ。
3末の納車が遅れそうになったのも、リコールが原因だったとか。
「リコールが多い」というのは決してネガティブなものではなく、
ある意味正直な会社の現れ、とも言えるのだろうか。
新車購入直前の絶妙なタイミングでこの本を読み、そう思った。


空飛ぶタイヤ(上) /池井戸潤 14088
10億円借りたいなら決算書はこうつくれ!/池井戸 潤 13329
ロスジェネの逆襲/池井戸潤 13235
図解 これだけ覚える融資の基礎知識/池井戸 潤12244
下町ロケット/池井戸 潤 12074

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-03-29 04:42:10

空飛ぶタイヤ(上) /池井戸潤 14088

テーマ:小説
空飛ぶタイヤ(上) /池井戸潤
¥680
Amazon.co.jp
★★★★★

一昨年読んだ、
下町ロケット/小学館
¥1,785
Amazon.co.jp
が実に面白く、また昨年末には動画サイトで
話題の「半沢直樹」を10回通しで見て惹きこまれたことから、
この池井戸潤さんの本を他にも読みたいと思っていた。

この「空飛ぶタイヤ」変なタイトルだが、
AMAZONなどでも絶賛されていたので、
手に取る。

大手自動車メーカーのリコール隠しの話。
一応否定はされているものの、
2000年頃に発覚した三菱自動車のリコール隠し事件
モチーフになっているとしか思えない内容。

「社内の論理」すべて優先する巨大企業に、
運送会社の中小企業のオヤジが挑む。
そこに、銀行も大きく深く絡む、という元銀行員の
池井戸潤さんならではのストーリー展開。

相変わらずグイグイ惹きこまれ、下巻が楽しみ。




10億円借りたいなら決算書はこうつくれ!/池井戸 潤 13329
ロスジェネの逆襲/池井戸潤 13235
図解 これだけ覚える融資の基礎知識/池井戸 潤12244
下町ロケット/池井戸 潤 12074
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-03-28 04:22:03

絶対失敗しない太陽光発電の選び方/清水勇介 14087

テーマ:太陽光発電ビジネス
絶対失敗しない太陽光発電の選び方
:いちばん簡単な太陽光発電の教科書/清水勇介
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★☆☆

メガソーラー用地の売買仲介などをいくつかしていて、
メガソーターのKSFはパネル選択や系統接続などでは無く、
資金調達や開発許可取得などにあるように感じる。
メガソーラーの主権はこれから
不動産会社や開発会社に移っていくのではないか。

先日とある上場会社が保有している「メガソーラー用地」を
これまた大手にご紹介しようとしたところ、
あまりに開発知識に欠けた売り手であったのに、驚く。
日本の山林や原野は、そんなに簡単に切り拓けないって。
現地も見ることなく10億円の投資をしてしまい、
自分で開発すべきか、そのまま転売すべきか、
悩んでいるのだそうだが。。。

電氣に詳しい人が不動産や開発を勉強するのと、
不動産や開発に詳しい人が電氣を学ぶのと、どちらが容易か。
本書を読んでいて、後者なのでは?と改めて思った。


絶対失敗しない太陽光発電の選び方/清水勇介13346
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-03-27 04:58:26

ジェフ・ベゾス 果てなき野望/ブラッド・ストーン 14086

テーマ:経営
ジェフ・ベゾス 果てなき野望/ブラッド・ストーン
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★☆

AMAZONの創業者であるジェフ・ベゾスは秘密主義とのことで
これまで彼について書かれているものはほとんど読んだことが無く、
「ウォールストリートで大活躍していたが、ネット革命に「いち早く参入し、
 ガレージでAMAZONを作った」くらいの知識しかなかった。

読めば読むほど、スティーブ・ジョブズに似ている、と思った。
スティーブ・ジョブズほどの極端な変人ではなさそうだが、
自分の理想や志にまっすぐ正直なところ、
周囲の人々への共感などはほとんどないところ、
遠くで見ているには良いものの、自分の上司だったりしたら
えらい目に遭いそうなところ、などは実にそっくり(苦笑)。

知りたかったのは、アマゾンの様なネットベンチャーはあの頃も今でも随分多くあるが、
なぜアマゾンだけがここまでになれたのか?というところ。
天才的な経営者・技術者も、顧客至上主義も、莫大な投資も
そんなに珍しいことじゃなかっただろうけど、
なぜアマゾンだけが「アマゾン」になれたのか?

ロジスティックにKSFがあったのでは?
というのがこれまでの私の仮説だが、
「コールトラッド博士の『ザ・ゴール』やトヨタの『カンバン方式』を熱心に研究した」
などの記述はあったものの、本書を読んでも確信までは得られず。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-03-26 04:40:01

安岡正篤―人生は難題克服に味がある/安岡正篤 14085

テーマ:安岡正篤先生に学ぶ
安岡正篤―人生は難題克服に味がある/安岡正篤
¥1,050
Amazon.co.jp

★★★☆☆


安岡正篤先生の講演録。


十干十二支の説明が面白い。

そういえば、今年はどうなのだろうか。

すでに3か月を経過してしまっているが、調べてみた。


2014年は甲午(きのえうま)なのだそうだ。


読売オンラインに記事を見つけたので、

http://kyushu.yomiuri.co.jp/entame/unsei/unseiyear/

抜粋し引用する。


 2014年甲午(きのえうま)の予想


 「甲(きのえ)」は、木の陽にあたり、季節は春、方角は東を表します。

 春というと、これから明るくなるイメージですが、

 甲午は六十干支という60年周期で巡るサイクルの中で31番目にあたり、

 30年間成長してきたエネルギーが、今後30年かけて収束し形作られていく

 きっかけの年になるので注意が必要です。

 安岡正篤先生の『干支の活学』には、

 甲は『ちょうど春になって、新芽が古い殻から頭を出すのであるが、

 まだ余寒が厳しくて、勢いよくその芽を伸ばすことができないと同じように、

 旧体制の殻を破って、

 革新の歩を進めなければならないのであるが、

 そこにはいろいろな抵抗や妨害があるために、

 その困難と闘う努力をしながら、慎重に伸びていかねばならぬ』

 とあります。

 今年はどっしりとした木をイメージして、周囲に流されず、

 真っ直ぐな気持ちで30年後を見据えて、

 目標を持って行動することが大切です。


 午について

 「午」は象形文字で、もちをつく時に使う「きね」の象形からきています。

 両人が代わる代わる手にしてもちをつく、交互になる事から陰陽の交差する

 十二支の第7位の「うま」を意味し、「陽極まって陰となる」季節でいうなら

 夏至の時期、だんだん闇が長くなる境目を表しています。

 陰陽五行説では、午は火の五行で光り輝く炎が元となり、

 灼熱の性質を表すことから、今年は太陽光、石油、原子力などの

 エネルギー問題やエネルギー革命が話題になりそうです。

 自然災害については、火の氣が強くなることから

 山火事や噴火に注意が必要です。

 また、火は燃え上がり煙が空へと登る性質があることから、

 放射能やPM2・5などの大気汚染や、羽をもった鳥がキーワードになるので、

 鳥や飛ぶものがクローズアップされます。

 良いニュースなら「はやぶさ」に代表される

 宇宙開発の進歩などになりますが、

 悪いニュースになると大気汚染や鳥インフルエンザ、

 飛行機事故なども関連してくるので、今年は空から目が離せません。

 また、前出の『干支の活学』の昭和41年(1966年)の

 午年に書かれた文章には、

 『そもそもなぜ馬をこの午に当てはめたかと言うと、

  馬というものは実に相手を知っておる。

  騎手がよいときわめておとなしい馬も、一度人間を馬鹿にしたり、

  反感を持ったりすると、たちまち蹴ったり、振り落としたりしたりして、

  いっこう言う事を聞かない。

  そういうところから馬を当てはめたのでありましょうが、

  日本もこれらの荒馬を乗り損ねたら本当にたいへんです。』

 と当時の日本を取り巻く国際情勢、特に中国・北朝鮮の共産勢力が

 強力に対日工作を進めていることを荒馬にみたてて警告を発しています。

 近年の国際情勢をみると、

 この安岡先生の47年前の言葉が

 予言のように思えてきてなりません。

 荒馬を乗りこなす名騎手が現れることを熱望するばかりです。


 甲午のまとめ

 そこで、「甲」と「午」が重なった「甲午」という年は、

 どんな年になるかというと、一番氣になるのは戦争です。

 時代は繰り返すといわれますが、120年前の甲午年には、

 甲午農民戦争が朝鮮で起こり日清戦争につながっていきました。

 60年前の1954年は、7月に自衛隊が発足し日本が再軍備された年で、

 原子力研究開発予算が国会に提出された年でもあります。

 このように、ここ2~3年特にクローズアップされている

 尖閣諸島や竹島問題、原子力にまつわる問題が、

 過去の甲午の年の事例に現れていることから、

 問題が表面化することが予想されます。

 経済は回復傾向にみえますが、

 戦争がどこで起こるかわからないような状況なので、

 楽観的になるのは危険です。

 遠く離れた国で起こる戦争も金融や貿易に影響が出て、

 経済に打撃を与えます。

 2014年はユダヤ教の祭礼の日に合わせて、

 日食と月食が6回起こり、

 中東の情勢も不安定になるという予言も目にします。

 中東は石油の産出国であり、エネルギー問題にも直結してきます。

 とにかく今年は問題があちこちで

 噴出しそうな年だということを認識して下さい。

 また、環境問題も深刻です。

 今後の30年の課題として地球温暖化の問題は

 一層深刻化することが予想されます。

 これからの環境問題は国境を越えた国際問題と発展するため

 外交が重要なポイントになります。

 今年はそのターニングポイントになる年なので、

 困難に立ち向かいながら慎重に伸びていってほしいものです。

・・・なるほどなぁ。

たった三ヶ月だけど、恐ろしく当たっている氣がする。。。



安岡正篤―人生は難題克服に味がある/安岡 正篤 09244
安岡正篤―人生は難題克服に味がある/芳村 玲好, 安岡 正篤 05217
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-03-25 04:26:28

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた/堀江貴文 14084

テーマ:自己啓発
ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた
そしたら意外に役立った/堀江貴文
¥1,365
Amazon.co.jp
★★☆☆☆

何だかんだ文句を言いつつも、つい読んでしまう、
ホリエモンこと堀江貴文さんの本。

かれこれ十年以上前、「オン・ザ・エッジ」という
素晴らしいWEB制作会社にお仕事をお願いし、
日本一の分譲マンションポータルサイトを作って頂いた。
そのオン・ザ・エッジを創業したのがこの堀江貴文さんだった。

その後、誠に残念なことにWEB制作は止めてしまい、
マネーゲームに性を出すように。
その後選挙を経て事件が発生し、投獄。

自分の良く知っている「オン・ザ・エッジ」とその後の「ライブドア」が
どうしても結びつかなくて、未だに違和感を感じている。
その答えを探し続けているのかも。

そしてこの本。
1000冊も読んだのならば、
人間学や哲学、宗教などの本も少しは読めば良いのに、
と余計なことを考えてしまった。
ただ、藤沢和希さんの本は読んでみたいと思った。


拝金/堀江 貴文 11012
徹底抗戦/堀江 貴文 09340
稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方/堀江 貴文 05219
100億稼ぐ仕事術/堀江 貴文 05091
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-24 04:10:09

ルネッサンス ― 再生への挑戦/カルロス・ゴーン 14083

テーマ:ブログ
ルネッサンス ― 再生への挑戦/カルロス・ゴーン
¥1,932
Amazon.co.jp
★★★★☆

どうしちゃったんだ、最近の日産は。
大手自動車メーカーの中で、一番元氣が無いように見える。
12年乗り続けた我が家の日産リバティも、
買い換えるのはホンダ車だし(笑)。

カルロス・ゴーンさんをよく言わない
新聞や雑誌・ネットの記事が多い氣がするので
敢えて本書を読みなおす。
(我が家の書庫にあるので一度読んだはずだが、
 ブログにアップされた形跡が見つからず。。。)

改めて読みなおすと、
カルロス・ゴーンさんが若い頃、
それも20代から鍛え抜かれた経営者である、ということ。
40代にしてやっと経営者の端くれとなった自分からすると
実に羨ましく感じる。
この経験、これ以上の経験を20代から積み重ねてきたならば、
どの様な経営者になれるのか、ということを。

他に思うのは、カルロス・ゴーンさんが実に良く働く方で、
かつロジカルに物事を考え抜いている、ということ。

このペースで働きぬいているのならば、
日産の復活も十分あるのでは?
などと根拠に乏しいことを感じてしまった。
最近のカルロス・ゴーンさんの本を読んでみたいところだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-03-23 04:59:29

ひと駅の間に一流になる/中谷彰宏 14082

テーマ:中谷彰宏さんの本
ひと駅の間に一流になる/中谷彰宏
Amazon.co.jp
★★★★☆

ビジネスのヒントが満載の本。

 相撲がF1化する

 女子高生向けのヒット商品を作るには
 女子高生のゴミを見ればいい

 ニューヨークの土地が5ドルで買える

などは、凝り固まったアタマをガラガラポンしてくれる。

バカバカしいなとはやや思うものの、
やっぱり、中谷彰宏さんの本はたまには必要だ。


ひと駅の間に一流になる/中谷 彰宏 08232
ひと駅の間に一流になる/中谷 彰宏 05337
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-03-22 04:47:56

今こそ知りたい最新ガイド太陽光発電/ニュートンプレス 14081

テーマ:太陽光発電ビジネス
今こそ知りたい最新ガイド太陽光発電/ニュートンプレス
¥2,415
Amazon.co.jp
★★★★☆

太陽光発電ビジネスの復習として。
2011年8月発売の本書だが、
まだ本書以上に分かりやすい本を見つけられていない。

買取制度の悪用が新聞紙上で話題になっているが、
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1202H_S4A310C1EE8000/
実務上の狭い経験で感じるのは「悪用」というよりも、
ファイナンスに苦心している事業者が多い氣がする。

メガソーラーなどに対しての金融機関の姿勢としては、
信販会社が早期に、信金・地銀などが融資にやや前向きになり始めたが、
メガバンクなどの反応はまだまだどうして、と言ったところ。

また、いつものように「旬」が過ぎてから、
メガバンクは融資に積極的になるのだろうか(苦笑)。
何度も見た、同じような光景。

今こそ知りたい最新ガイド太陽光発電/ニュートンプレス 12174
今こそ知りたい最新ガイド太陽光発電/ニュートンムック Newton別冊 12147
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。