1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-01-31 04:36:42

「心のブレーキ」の外し方/石井裕之 14031

テーマ:心理学
「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~/石井裕之
¥1,365
Amazon.co.jp
★★★★★

今回七回目。
何度読んでも氣づきを得られる本。

部下に仕事を教える時、
道場で後輩に合氣道を教える時、
「無意識」のレベルでこの本を活かしていることに氣が付き
思わず苦笑い。

やはりよき本は何度も何度も読み返し、
潜在意識に透徹するほど、
すっかり自分の血肉になるまで読み尽くすことが必要だと
改めて思った次第。

「心のブレーキ」の外し方/石井裕之13101
「心のブレーキ」の外し方/石井 裕之 12060
「心のブレーキ」の外し方/石井 裕之11344
「心のブレーキ」の外し方/石井 裕之 09350
「心のブレーキ」の外し方/石井 裕之09067
「心のブレーキ」の外し方/石井 裕之 08156

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-30 04:29:51

人生に成功したい人が読む本/斎藤一人 14030

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
人生に成功したい人が読む本/斎藤一人
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆

本書のメインコピーは

 威張っちゃいけない
 ナメられちゃいけない
 この二つができるようになったとき、
 世間から絶大な信頼が勝ちとれる。


というもの。

うーん、これこそ「営業の極意」だねぇ。

部下の若者達に
「土下座営業は絶対にするな」
と繰り返し申し上げているのだが、
この、

 威張っちゃいけない
 ナメられちゃいけない


の「いい加減さ」が大事なのだね。

賢い子たちなのできっと頭でわかるのだろうけど、
「腹落ち」させるためにはもっともっと経験が必要だな。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-29 04:13:55

「空氣」の研究/山本七平 14029

テーマ:自己啓発
「空氣」の研究/山本七平
¥1,800
Amazon.co.jp
★★★★☆

永遠の0 (ゼロ)/百田尚樹 14023
を読んだり
映画 永遠の0 (ゼロ)
を観て、
何故日本は今考えればもちろんのこと、
当時でも無謀とかなりの日本人が思っていた
「太平洋戦争」に突入してしまったのか?
をこの本を読み改めて考えてみたくなった。

日本を支配するもの。
日本において最終的決定者であるもの。
それは「空氣」である、というのが本書の主張。

戦中戦後の具体的な事例を通して、
如何に「空氣」というものが絶大な力を持っていて、
それに抗うことが難しいか、が論じられる。

初めて読んだのは大学生の頃だったか。
当時は何事にも「責任者」がいて、
何か重大なことに関しては必ずその「責任者」が悪い、
という安直な思い込みがあったところに本書を読んで、
大変な衝撃を受けたっけ。

今読んでみると、着眼点の素晴らしさや過去の分析の鋭さには
思わず呻ってしまうものの、
「ではどの様にすれば、その空氣を
 コントロールや支配することが出来るのか?」
ということに思いが至ってしまう。

この「空氣」をうまく活かして大活躍した人は数知れず、
ただ、どれほど有能・人格者であっても、
この「空氣」が逆風になってしまって沈んでしまった人も数知れない。
もしコントロールや支配することが難しければ、
どの様にすれば「空氣」の逆鱗に触れないで済むのか?
だけでも知りたいところだ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2014-01-28 04:05:08

「できる人」で終わる人、「伸ばす人」に変わる人/吉田典生 14028

テーマ:コーチング
2014-01-27 04:41:53

まんがでわかる7つの習慣/フランクリン・コヴィー・ジャパン <番外>

テーマ:その他
まんがでわかる7つの習慣/フランクリン・コヴィー・ジャパン
¥1,050
Amazon.co.jp
座右の書である
7つの習慣―成功には原則があった!/スティーブン・コヴィー
¥2,039
Amazon.co.jp
は、何せ分厚く、初めて手に取る人にとっては
かなりハードルの高い本。
一度読み始めればその素晴らしさにハマり
そのボリュームも氣にならないのだが。。。

家内には何度も「読んでみようよ」と貸しているのだが
毎回50Pもいかずに部屋の片隅でホコリをかぶっている。。。

やはり7つの習慣は家族で実践しなければ意味が無く勿体なく、
家内には何としてでも読んでほしい。

そこで、本書を買ってきた。
さすがに漫画なら通読してくれるのでは?と。

絵やストーリーがあるとやはり印象に残りやすく、
原著を何度も読んでいても、「ああ、これはこうだったんだ」と
改めて思うことも。

さぁ、奥さんよ。
この本は最後まで読んでね!


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-01-27 04:17:41

人を動かす 新装版/D・カーネギー 14027

テーマ:自己啓発
人を動かす 新装版/D・カーネギー
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

今回で八回目。。。かとため息をついてしまう本。

さすがに八回も読んでいれば、新しいことは何もない。
知らないことは何も書かれていない。

でも「知っていること」と「出来ること」「やっていること」の
違いの大きさに、愕然とする。

「課題図書」の一冊のはずなのに、
昨年は一度しか読めていないことにもがっかり。

良い本は何度も何度も読み返さねば。
ムリなく自然に出来る様になるまで。


人を動かす/デール・カーネギー 13087
人を動かす 新装版/デール・カーネギー 12312
人を動かす 新装版/デール カーネギー 12107
人を動かす 新装版/デール カーネギー 12002
人を動かす 新装版/デール カーネギー 08312
人を動かす 新装版/デール カーネギー 08310
人を動かす/デール カーネギー 06340
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-26 04:06:25

小さな人生論2/藤尾秀昭 14026

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌
小さな人生論2/藤尾秀昭
¥1,050
Amazon.co.jp
★★★★★

昨日の読書で心が痛んだので、
心洗われる本が読みたい、と思った。

「小さな人生論」は第2巻もそれ以外も、
最後に「これでもか!」というとっておきの話を持ってくる。
今回も「喜怒哀楽の人間学」にすべてを持って行かれそうになったが、
今回は敢えてこちらを心に刻み込みたい。

 


 その子貢がある時、孔子に質問した。
 《子貢問ひて日く、一言にして以て終身之を行ふ可き者有りやと。
 子曰く、其れ恕か。己の欲せざる所は、人に施すこと勿かれと》


 元京都大学総長の故平澤興さんは

 この一節がお好きだったようで、

 著作や講演によく引用されている。

 以下、平澤さんの解税に従う。


 子貢は聞いた。

 「先生、たった一語で、

 一生それを守っておれば

 聞違いのない人生が送れる、

 そういう言葉がありますか」
 孔子は「それは恕かな―其恕可」と答える。

 孔子が「恕なり―其恕也」と断定せず、

 「恕か」と曖昧に答えたところに、

 なんとも味わい深い孔子の入柄を感じる、

 と平澤さんは述べておられる。


 自分がされたくないことは人にしてはならない、

 それが恕だ、と孔子は説いた。

 つまりは思いやりということである。


 他を受け容れ、認め、許し、

 その気持ちを思いやる。

 自分のことと同じように人のことを

 同じように人のことを考える。

 そのことこそ、人生で一番大事なことだと、

 孔子は教えたのである。



人生の真実は実にシンプル。

 其れ恕か

何ともいい言葉だ。



小さな人生論2/藤尾秀昭 13036
小さな人生論2/藤尾 秀昭 12073
小さな人生論2/藤尾 秀昭 11318
小さな人生論2/藤尾 秀昭 08357
小さな人生論2/藤尾 秀昭 07242
小さな人生論2/藤尾 秀昭 07101

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-01-25 04:53:32

改訂版 不動産投資の破壊的成功法/金森重樹 14025

テーマ:不動産投資
改訂版 不動産投資の破壊的成功法/金森重樹
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆

「後味の悪さ」は覚悟の上で、再読。

不動産投資において、
正味現在価値法をなぜ採用しないか?
なぜ意味が無いのか?
などはとてもとても勉強になる。
相変わらず、切れ味は抜群だ。

でも、滲み出る強いコンプレックスには、
毎回少々うんざりしてしまう。。。
そこまで言わなくても、と。
ホント、勿体ない。

改訂版 不動産投資の破壊的成功法/金森重樹 13094


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2014-01-24 04:44:48

斎藤一人 お金に愛される315の教え/斎藤一人 14024

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
斎藤一人 お金に愛される315の教え/斎藤一人
¥1,050
Amazon.co.jp
★★★★★

先日読んだ、
斎藤一人 あなたが変わる315の言葉/斎藤一人 13340
の「お金」版。

世の中ではお金が汚いもの、ととらえる人が多く、
若い頃は私もちょっぴりその影響を受けた氣がするが、
その間違ったマインドコントロールは斎藤一人さんの本との出会いで
完全に脱することが出来たと思う。

お金に愛される為には、
仕事を愛し周りの人を愛しお金を愛する、ってことなのだろう。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2014-01-23 04:30:15

永遠の0 (ゼロ)/百田尚樹 14023

テーマ:歴史小説
永遠の0 (ゼロ)/百田尚樹
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★★★

先日観た、
映画 永遠の0 (ゼロ)
の復習をしたくて。

小説と映画の違い、で映画の意図を知りたいと思った。

小説では、軍部の無策やあまりの鈍感さに
かなり手厳しいことが書かれていたが、
映画ではほとんど感じられなかった。

また、小説では大手新聞社の記者が登場し、
マッカーサー史観ともいうべきものを披露するのだが、
そこも全く登場しなかった。

もう一つ、氣になったのは、
ゼロ戦は戦争初期は全くの無敵であったが、
アメリカ軍の技術革新に追いつかれ追い越されてしまうところや
日本軍の兵站の杜撰さなど、
「戦争は精神論では無く、国と国との総力戦」である
というところも完全に欠如していたと思う。

ただ、2時間程度の映画ですべてを語ることには確かに無理がある。
映画で興味を惹き、小説を読む人が増えれば、
それはそれでいいことなのかもしれない。


永遠の0 (ゼロ)/百田尚樹 13174

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。