1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-05-31 04:08:39

斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)/斎藤 一人 10151

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
斎藤一人 人生が全部うまくいく話 (知的生きかた文庫)/斎藤 一人
¥560
Amazon.co.jp
★★★★☆

あれっ?初めての本のはずなのに、

なんだか読んだことあるな。。。

しかもすごく最近、と思って奥付をみたら、


変な人の書いた買ったら損する本/斎藤 一人 10135

に加筆修正・再編集をしたものが本書だった、ようだ。


あぁ、同じ(様な)本を二冊買っちゃった、とも思ったが、

そういえば、


 最後までお読みいただきありがとうございます。
 この本は七回お読みください。
 七回読むと、見えないはずのものが見えてきます。
 六回ではダメですよ。
 七回以上ですよ。


と言っていたし、まぁいいか(笑)。


7回読んだ後で、ゆっくり考えよう(笑)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-30 23:51:37

昨日の合氣道

テーマ:稽古・トレーニング

昨日も合氣道を楽しむ。


学生さんたちに申し訳ないな、

と思いつつ、OB3人で稽古をしてしまう。


足の運び、骨盤の使い方などに

大いなるヒントを頂戴する。

そうかぁ、運足にも「呼び水」、とは面白いなぁ。

武道は相対的、相手のあるものだから、

余計な動き、特に準備動作は

極力無い方がいいと思っていたが、

ちょっと考えを改める。


「知っている」、から「出来る」に到るまで、

繰り返し身体に刷り込ませたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-30 04:50:54

急に売れ始めるにはワケがある/マルコム・グラッドウェル 10150

テーマ:MBA/マーケティング
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則
/マルコム・グラッドウェル
¥819
Amazon.co.jp
★★★☆☆

「ティッピング・ポイント」がテーマ。


ティッピング・ポイントとは、


 あるアイディアや流行もしくは社会的行動が、

 敷居を超えて一氣に流れ出し、

 野火のように広がる劇的要素のこと。


だが、これを自由自在に操れるようになったら、

マーケッターとしても免許皆伝、だろうか(笑)。


米国の本らしく、これでもか、と事例のオンパレードに

若干うんざりするものの、

どこかで読んだことのあるニューヨーク地下鉄での

劇的な治安・環境改善の話は面白かった。


「割れた窓理論」というもので、

無法地帯だった当時のニューヨーク地下鉄の改革を

「落書きを徹底的に消す」というところから始めた。


一見実に遠回りのような改善策だが、

あるティッピング・ポイントを超えると、

劇的な変化を起こした。


清掃がきっかけになる、というのが興味深い。


そういえば、徹底的な掃除を唱える名経営者、

って意外と多い。


すぐに思いつくだけでも

日本電産の永守重信さん、セブンイレブンの鈴木敏文さん、

イエローハットの鍵山秀三郎さん・・・。


企業改革でもこの「割れた窓理論」は

結構有意義なんじゃないか、

とこの本の主旨とはちょっと違うところで感心した次第。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-29 04:41:47

ケインズ―“新しい経済学”の誕生 (岩波新書)/伊東 光晴 10149

テーマ:経済・経済学

ケインズ―“新しい経済学”の誕生 (岩波新書)/伊東 光晴

¥777
Amazon.co.jp
★★★☆☆
経済と経営って結構似ているんだなぁ、
と改めて感じる一冊。

マクロ経済で大きな役割を果たすのが企業なのだし、

無数の企業の集合がマクロ経済に

大きな影響を与えるのだから、

当たり前といえば当たり前、か。


特に考え方やアプローチが似ていると思うのが

経済とファイナンス、かも。

MBAでDCF法をきちっと学んだことが

他でもこんなに役に立つなんて、

とちょっと感動。


でも一番の「御利益」は

一見難しそうな数式やグラフを見ても

ビビらなくなったこと、かも知れない(苦笑)。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-28 04:34:43

国民のための経済原論〈2 アメリカ併合編〉 (カッパ・ビジネス)/小室 直樹 10148

テーマ:経済・経済学
国民のための経済原論〈2 アメリカ併合編〉 (カッパ・ビジネス)/小室 直樹
¥880
Amazon.co.jp
★★★★☆
先日の
国民のための経済原論〈1 バブル大復活編〉 (カッパ・ビジネス)/小室 直樹
¥880
Amazon.co.jp

に引き続き。

大学生の頃、この本は夢中になって読んだけど、

でも結局、結構分からないことが多かったっけ。


今読んでみると、実に優しく書いてあって、

とてもとても読みやすい。

経済ってこんなに簡単だったんだ!って

安易な錯覚を覚えるくらい(笑)。


折角なので、今学んでいるマクロ経済に関しての

何かアウトプットの機会・方法を考えてみたい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-27 04:57:13

ドル終焉 -グローバル恐慌は、ドルの最後の舞台となる!/浜 矩子 10147

テーマ:経済・経済学
ドル終焉 -グローバル恐慌は、ドルの最後の舞台となる!/浜 矩子
¥1,575
Amazon.co.jp
★★☆☆☆

いつぞやの新聞広告で興味を惹き、

図書館で予約していた。

やっと手に入ったので楽しみにしつつ読み始める。


・・・あれ、ちょっとイメージと違ったかな。

ま、こんなこともあるさ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-26 20:49:10

家弓正彦先生の仕事塾シリーズ第14回【ソーシャルメディア時代の「キャリアマネジメント」】

テーマ:セミナー 講習

新天地に異動し嵐のような2ヶ月弱だったが

ようやくやや落ち着いてきた。

前回は行けなかった家弓正彦先生の仕事塾も

今回は新コンテンツだし、思い切って申し込ませて頂いた。

私が参加予定なのは6月1日の方。

楽しみだ!

-------------------------------------------

家弓正彦の仕事塾シリーズ第14回のテーマは
【ソーシャルメディア時代の「キャリアマネジメント」】です。
企業で働くビジネスパーソンにとって、
やりたいことをやれているケースはなかなかないと思います。
もっとやりたいことができない、給与がもっと欲しい、
出世したいなどなど、そんな想いを秘めている方も多いかと思います。

キャリアマネジメントとはこういったやりたいこと、やるべきこと、
やれることの範囲を広げたり、移動したりすることだと思います。
そのためにはインプットとアウトプット2種類ございます。
それらに取り組むのも、ブログ、SNS(mixi、GREE、Facebookなど)、
Youtubeなどの動画共有サービス、クチコミサイト
(食べログ、アマゾンの カスタマーレビューなど)の
ソーシャルメディアを利用することで以前より容易にできるようになって参りました。

そんなソーシャルメディア時代におけるキャリアマネジメントについて、
キャリアマネジメントの基本を押さえ、
かつ、ソーシャルメディア時代での新たなあり方について語ります。

また、セミナー終了後、懇親会を開かせていただきます。
新たな出会いがあると思いますので、ぜひともご出席くださいませ。

日時

6月1日(火) 19時~20時30分

料金

2,000円(税込み)

会場

フェニックスプラザ
(東京都中央区銀座3丁目9-11  TEL:03-3543-8118)

日時

6月10日(木) 19時~20時30分

料金

2,000円(税込み)

会場

フェニックスプラザ
(東京都中央区銀座3丁目9-11  TEL:03-3543-8118)

※本講座は全1回講座です。両日とも同一の内容です。ご都合のよい日程をお申込みください。

講師



分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生
家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、FA関連機器のマーケティングを担当し、広くマーケティングの現場を経験。その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン(導入計画)までをカバーする。 同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、マーケティングに特化したビジネスマン教育事業に取り組む。中央大学非常勤講師(96~04年)、グロービス経営大学院教授など、マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。

お申し込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-26 04:28:19

一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック/苫米地 英人 10146

テーマ:心理学
一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック
【特殊音源CD付】/苫米地 英人
¥1,365
★★★★☆
イカガワシイなぁと思いつつ、
また苫米地さんの本を読んでしまう。
もしかして、洗脳されている?(苦笑)。
眉唾だなぁ、と思いつつ、面白い話も結構あった。

 呼吸のリズムで臨場感空間を共有

 <中略>

 1対1ならば、まずは呼吸を相手に合わせましょう。
 相手の呼吸のリズムをそれとなく察知し、
 同じリズムで呼吸をします。
 具体的にいえば、「相手が息を吸うときは自分も息を吸い、
 相手が吐くときに自分も吐く」
 ように呼吸することです。

 このテクニックは「パッシブ・ハーモナイゼーション」
 と呼ばれています。
 先に紹介した逆腹式呼吸で、
 自分を変性意識変化させておくと、
 この時点で相手を変性意識状態に
 陥らせることができます。

 呼吸を合わせることで、双方の同調がしやすくなり、
 相手も自然と変性意識状態になるのです。

 <中略>

 呼吸を数回合わせたら、相手に氣づかれないように
 少しずつ自分の呼吸をゆっくりとしたテンポに変えていきます。
 同調の度合いが深ければ、
 相手の呼吸がこちらのテンポに追従してくるはずです。

 <中略>

 呼吸を合わせることに成功したならば、
 あなたはリラックスして
 「幸せで楽しい」「最高に嬉しい」
 という情動を維持することです。

相手の呼吸を感じ取り、

それに自分の呼吸を同調させたりずらしたり。

ああ、これって合氣道と同じだ、と思う。

合氣道の各先生からそんなことを伺ったことはないけれど、

意識下か無意識下かは分からないが、

「達人」の域に達している方はこれと同じことをされている。

武道と科学の全く異なるアプローチで、

一つの地点に辿り着いた、ということだろうか。




 基本はデジャブ効果


 <中略>


 この選挙(05年郵政解散選挙)のあと、
 内閣の広報戦略を請け負ったあるPR会社が作成した、
 「B層戦略」というペーパーが流出し、
 一部で話題になりました。


おお、これ、以前話題になって氣になっていたのだが、

調べるのを忘れてた。


B層戦略 」でググってみると、出てきた。

 「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略(案)」

有限会社スリード 、という会社が作ったものらしい。

同社のサイトを見てみると、マーケターの端くれとしては

大変興味深い会社のようだ。

ここでは事の善悪は論じないが、

こんなマーケティング手法もあるのね、

と大変勉強になった。


また、このスリードのサイトには

今回のこの「B層戦略」問題への同社の意見 も出てて、

これまた惹かれる。

何だか民主党のライブドアの

メール疑惑事件を思い出させる。。。(苦笑)



この本、何だかおっかなびっくり読んだけど

鵜呑みにするのはちょっぴり怖いけど、

妙な魅力もあるよねぇ・・・w

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-25 04:25:06

いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ/吉川 洋 10145

テーマ:経済・経済学
いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ

―有効需要とイノベーションの経済学/吉川 洋



¥1,890

Amazon.co.jp

★★★☆☆


竹中平蔵教授が講義する【問題解決スキルとしての経済古典】

第2回 ケインズが説いた「異論」




の課題図書で、講義の予習として。




1883年という同じ年に生まれ


(何とマルクスの死んだ年だとか!)、


多少の交流はありつつも反発しあった


経済学の巨人二人を描いた本。




うーん、どうしても小室直樹先生の本と


比較してしまうなぁ。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-24 04:34:41

斎藤一人のツキを呼ぶ言葉―日本一の大金持ち!/清水 克衛 10144

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
斎藤一人のツキを呼ぶ言葉―日本一の大金持ち!/清水 克衛
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★☆☆

「読書のすすめ」 というちょっと変わった本屋さんの書いた本。

斎藤一人さんが行きつけの本屋さんだとか。


どこにあるのだろう?

と思って調べてみたら、

実はよくこの近所を通っていることが分かった。


ほうっ、これは一度行ってみなければ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。