1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-04-30 04:52:17

ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論/立花 隆 10120

テーマ:自己啓発
ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論/立花 隆
¥1,529
Amazon.co.jp
★★★★☆

何故、本を読むのか。


知識を深める為だとか、

仕事に役立てる為だとか、

人間性を高める為だとか。


いろいろと思いつくけれど、

結局のところは「本が好き」以上の答えは、ない。

本を読むこと自体が目的、である。

一人書に向かうのは何ものにも替えがたい

至福のときだ。


だが、この人を前にすると、

そんな自分が全く普通に思えてしまう(笑)。

立花隆さんのこの読書論には驚愕する。


今回、興味があったのはその勉強法。

どのようにして、あのようにあらゆる分野に

精通することが出来るのだろうか。

それも、おそらく短時間に。


 それはもう、真面目に勉強するしかないですよ。

 まず最初は本屋に行って、参考図書をドサッと買って、

 それをひたすら読んでいくわけです。


 <中略>


 基本的には勉強に近道なんてありません。

 要領のいい勉強というのはあるけど。


やっぱり、そうだよなぁ、と

軽く絶望し、強く納得する。


それにしても、吾ながら可笑しかったのは、

立花隆さんの読書記録について。


きっと数冊は読んでみたい本が見つかるに違いない、

と予想と期待しつつ読み始めたが、

一冊もチェックせず。


なんだか立花隆さんの書評を読んだだけで

満足してしまうのだ(笑)。


卓抜したまとめ力というかコメント力というか。

私のこのブログも、見習わないと(汗)。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-29 04:08:38

斎藤一人と熱血校長先生/中村 昭逸 10119

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
斎藤一人と熱血校長先生
―人生を楽しく生きるコツ・学校も楽しく生きるコツ/中村 昭逸
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★☆

青森県の元校長先生による、

斎藤一人さん論。


一番感動したのは、ここ。


 「一人さん、悩みがあるときは、

  どうやって解決したらいいでしょうか」


 一人さんは、こともなげにこう言いました。


 「先生、それはね、諦めて開き直るんですよ」


 <中略>


 「先生、『諦める』と『開き直る』、

 この言葉の本当の意味をご存知ですか?」


 <中略>


 「『諦める』というのは本来、物事を明らかにして眺める、

 ということです。

  『開き直る」というのは、自分の胸を開き、

 傾いている心をまっすぐにするということです。

 今は使い方が変わってきていますけれど、

 本当はそういう意味なんですよ。

 これは『自分自身の腹を決めて、

 真正面から物事に取り組む」

 ということです。

 人は、とかく人のせいにしますね。

 何か問題あったり、悩みがあると、

 あの人がああ言わなければ、

 あの時ああしなければ、そういって悔やみます。

 でも、神様は、人間を悩ませよう、

 不幸にしようと思って創られたのでしょうか。

 そうじゃないですよね。

 もし、神様がそんなことを望まれるなら、

 とうの昔に全ての人間を不幸にするぐらい、

 わけないじゃありませんか」


 <中略>


 「人間は幸せになりたいと思っています。

 人間が、みなそう思っているということは、

 幸せになれるように、そこを目指していくように、

 人間は創られているということでしょう。

 つまり、人は幸せを目指して生きていくものなんですよ。

 幸せになる義務があるのです。

 ところが、俺が不幸なのはあいつのせいだと言う、

 他人のせいだという、

 それは幸せになる義務を他人まかせにしているということですね。

 義務は果たすべきでしょう。

 だから言うんです。

 諦めて開き直れ、と」

 

「諦める」とは仏教の言葉だと

昔読んだことがあった。

それを斎藤一人さん流に

噛み砕いくとこうなるのか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-28 04:59:55

図説 風水学―中国四千年の知恵をさぐる/目崎 茂和 10118

テーマ:風水

図説 風水学―中国四千年の知恵をさぐる/目崎 茂和

¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆

タイトルの通り、図が多く実に分かりやすい。

風水への理解が少しずつ、深まっているような氣がする。

風水は人生には不可欠な要素なのでは、

との意を益々強くする。


ただ、どの本を読んでも、

結局詰まるところ、風水は素人の手には負えないのではないか?

という疑問と不安が大きくなるばかり。

どれもこれも「後講釈」の感が否めない。

自ら「使える」知識・知見になるのは程遠い氣がする。

独学、は難しい学問なのかしら??


やはり、素人の生兵法、ではなく、

信頼の置けるプロに相談しろ、

ということなのかしら。。。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-27 04:30:03

よくわかる連結決算の実務 10117

テーマ:グループ・連結経営
よくわかる連結決算の実務
¥2,310
楽天
★★☆☆☆

「実務」を語るだけあって、

連結仕訳なども細かく書いてある。


どこまで「連結決算」の実務に自分が

携わるのかわからないが、

どちらかというと経理マンのお仕事の範疇に感じた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-26 04:49:37

マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実/池田整治 10116

テーマ:自己啓発
マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実/池田整治
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★★☆

書友ヒビキングさんに強く薦められて手に取った。


この池田整治さんという方は、

「陸上自衛隊1佐 小平学校人事教育部長」

という肩書きをお持ちになっている。

そんな立場でこのようなタイトルの本を

世に出してしまう、というのが実に興味深く、

また余計なお世話ながら自衛隊内での立場が心配になる。


事前の期待通り(?)、

「日本人よ、マインドコントロールから覚醒せよ」

といのが本書のテーマだが、

おそらく自分も含め、マインドコントロールをされている人が

それに氣付くことは実に難しいだろう。

きっとマインドコントロールが解ける、

というのは精神的に多いな苦痛なのだ。


ただ、マインドコントロールも全てが悪、とも思えない。

その目的や方向性、バランス、自律か他律か

などにも因るのだろうが、

戦後高度成長期の「経済発展こそが日本を救う」

というある種の思い込み・信念も必要な時もあるのだろう。


なので大事なことは

「自分は何かのマインドコントロールに

 影響されているのではないのか?」

とたまには疑ってみること。

そのために、このような本に時折触れること。

そんなことなのかな、と感じた。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-25 14:30:55

昨日の合氣道の稽古

テーマ:稽古・トレーニング

仕事の整理の為に、昨日も会社へ。


こんな毎日じゃあイカンな、と思い、

その前に道場で一汗流す。


今日もS師範がお越しになっていたので

ご指導いただく。

もう既に還暦を迎えていらっしゃるのだが、

お元氣なこと!


S師範に稽古を付けていただくようになって

もう20年になるのだが、

興味深いと思うのは年々進化されている、ということ。

特にここ最近、技やそのご説明が変わってきたなぁ、

と感じる。


還暦にしても成長を止めず、

日々技を追求するS師範に

「生涯武道」としての有るべき姿を見た氣がした。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-25 11:11:56

六本木一丁目の中国料理 「季菜CHINA」へ

テーマ:グルメ B級グルメ

木曜日、男性三人の楽しい会食があった。

お二人は、私がベンチマークさせて頂いている

若手経営者の方々。

奇しくも三人とも同時に仕事が変わったので、

お祝いしましょう、とのことで集まる。


会場は六本木一丁目の

季菜CHINA


お店のWEBサイトを見ると


 ゴージャスでスタイリッシュな空間の中、

 中国料理の持つすべてのテイストを融合した、

 まったく新しいスタイルのチャイニーズをお楽しみいただけます。

 今までにない斬新な発想と手法を用いたメニューの数々で、

 新たな中華の潮流と未知なる味わいの可能性を表現いたします。


とのこと。とても楽しみにしていた。


まず、インテリアにびっくり。

中華料理は大好きで、本場中国でも、日本でもよく行くが、

この黒と赤を貴重にしたデザインに度肝を抜かれる。


分譲マンション屋の読書日記

個室も充実していたので会食やデートに良さそうだ。

料理も実に美味しい。


一番美味だったのはやはりフカひれだ。

分譲マンション屋の読書日記
さすがにいいお値段だが、やはりたまには食べたい(笑)。


香辛料がぴりりと効いてたのが麻婆豆腐。

もうお腹一杯!と思ったところに出てきたのだが

ぺろりと食べてしまった(苦笑)
分譲マンション屋の読書日記

なぜこのお店が会場になったか、というと

今回のメンバーのお一人(羽田寛さん)が

このレストラングループの副社長になったから。


羽田寛さん はライブドアの

上級副社長時代にお仕事を共にさせて頂いて以来のお付き合い。

私がプロジェクトマネージャーとなって

「不動産分譲際とランキング」で1位を取らせて頂いた のも、

開発側で仕切って頂いた羽田さんによるところが大きい。

今回の三人のうち、もう一方はその時にコンサルティングして頂いた方。

なので、「同窓会」のような楽しい会になった。


羽田さんはその後、ターンアラウンドマネージャーとして

多数の企業に経営者として入り、

それぞれの企業再生を成功させている。

今回もどのようにこの企業(べネオ )を元氣にしていくのか。

熱く、そして戦略的に語っていただいた。

これからどのようなドラマが待っているのだろうか。

とても楽しみだ。


あ、お店もまた利用させてください。

本当に、雰囲氣もよく美味しかった!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-25 04:38:07

天使と悪魔 (下) (角川文庫)/ダン・ブラウン 10115

テーマ:小説
天使と悪魔 (下) (角川文庫)/ダン・ブラウン
¥620
Amazon.co.jp
★★★☆☆

かなり無茶な感もあった下巻。

「ええ~っ?!そうきたか?」

も度が過ぎるとやや冷めるかも。


キリスト教文化に関するマニアックな薀蓄だけでも

十分面白いと思うのだが、

刺激を重ねるごとに麻痺した読者に

「これでもか!」と変化球を投げ込んでいる。

そんな感じがした(笑)。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-24 04:48:47

会計知識ゼロでも読める連結決算の読み方使い方/吉木 伸彦 10114

テーマ:グループ・連結経営
会計知識ゼロでも読める連結決算の読み方使い方/吉木 伸彦
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★★★

図が秀逸。

イメージで連結決算を頭の中に叩き込める、良書。

今までの連結会計の本の中では断トツ分かりやすい。


また、今後のプレゼンなどのネタとしても

結構使えそう。


こりゃいい本を見つけた!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-23 04:46:31

連結会計の基礎知識/杉山 学 10113

テーマ:グループ・連結経営
連結会計の基礎知識/杉山 学
¥3,360
Amazon.co.jp

★★★☆☆
今回は読んだだけ。

その印象ではもう一つかなぁとも思ったが、
「説例」やその解説を熟読してみると、
結構面白いことが書いてある。


次回は説例にじっくり取り組んでみよう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。