1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-02-28 04:07:59

幸せセラピー/斎藤 一人 10059

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
幸せセラピー (〈ムック〉の本)/斎藤 一人
¥950
Amazon.co.jp
★★★★★

また、斎藤一人さんの本を手に取る。


家内には呆れられつつも、

「貴方と初めて本の趣味が合った」と言われ、苦笑い。

普段難しい本ばかり読んでいるイメージが強すぎるよ。

それは妄想だ(笑)。


さて、本書も素晴らしい。

ホント全てを書きうつしたくなる衝動に駆られるが、

今回は前書きのみにしておこう。



 人は幸せになるために生まれてきたのに、
 幸せじゃない人がたくさんいます。


 それは、心というものの本当の働きを
 知らないからかもしれません。


 心というものは、ころころ変わるから
 心”こころ”という他に、もう一つの意味があります。
 それは”ここる”ということです。


 簡単にいうと、人間の心はちょっとしたことで、
 だんだん、だんだん心が狭くなり、
 「こり固まってしまう」ということです。

 この心の「こり」を取るには、二つの方法があります。


 一つは、あなたを傷つけた人を許す。
 すぐ傷ついてしまった自分を許す。
 人を許せない自分を許す。
 「許す」ということは、
 こちこちになって狭くなった心を

 「ゆるます」ということです。


 それと、二つ目は、人と話しをする。
 話すということは、いやなことやこり固まった心を
 ”ときはなす”ということです。

 仲の良いお友達との会話は、
 心がときはなされて本当に幸せになるものです。


 人と話をする時は、

 正しいか間違っているかを判断するのではなく、
 相手の心がときはなされて、

 明るく広くなるような話をするように、
 心がけたいものです。


 正しいか正しくないかを決めるのは裁判官の仕事で、
 私達の仕事ではありません。

 私達は会話を通して、人の心が明るくなり、
 広々とすることを望んでいます。

 この本が、みなさまの心のこりを少しでも取ることに、
 お役に立てれば幸いだと思っております。


 でも、心はまたすぐこりますよ。
 なぜなら、それが心の性質だからです。

 そうしたら、またこの本を読むなり、

 楽しい仲間と話をしたりして、
 楽しい時間を過ごすようにして下さい。
 決して、一人で考え込んではダメですよ。


 もし、考え込んでしまうような性質なら、
 そういう自分を許してあげて下さいね。


 あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます。



MBAで「意思決定」とかを徹底的に叩きこまれたからか、

実に新鮮だし、心にすっと入りこんでくる。


弁証法の螺旋的発展からすると、

成長の過程では極端から極端へ振れる。

MBA的左脳・ロジックの世界から

斎藤一人さん的右脳・感情の世界へ

大きく転換している過程なのかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-27 12:46:45

今週の水泳

テーマ:稽古・トレーニング

今週も、泳げた。

それほど氣合いが無くても

「あたりまえでしょ」

という感じでスポーツクラブに向かえる様に。


身体の調子も良い。

体重も確実に減ってきた。

年初から3kg減。

目標まであとちょっと。

無理なくいけるだろう。


累計5,850m/年間目標40,000m(年間目標達成率14.63%)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-27 04:26:03

斎藤一人の不思議な「しあわせ法則」/柴村 恵美子 10058

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
斎藤一人の不思議な「しあわせ法則」/柴村 恵美子
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

またまた調子にのって、

斎藤一人さんの本。

今回はご本人でなく、

お弟子さんのもの。

その人の凄さ、って意外と本人は

知らなかったり分からなかったりするから、

身近な人が書くのも面白い。

だって、こういう人の「当たり前」はきっと

私のような凡人の「当たり前」と違うから。

この本を読んで、

ますます斎藤一人さんに

お会いしてみたくなった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-26 05:09:32

氣持ちが楽になる50のヒント/中谷 彰宏 10057

テーマ:中谷彰宏さんの本
持ちが楽になる50のヒント/中谷 彰宏
¥1,100
Amazon.co.jp
★★★★☆

たまに読みたくなる中谷彰宏さんの本。

それにしても、身近な読書友達で

中谷彰宏さんの本を読む人はいないものだなぁ。

世の中でどんな人が読んでいるのだろう?

と思う。

 どうしたら力が出るかということより、

 どうしたら力が抜けるかということのほうが、

 大事な時もある。

 大切な人が試合に臨む時は、

 「ガンバレ」と励ますよりも

 「楽しもうよ」と力を抜いてあげたい。

 大切な人が転んだ時には

 忠告をするより

 氣持ちを楽にしてあげたい。

 「一緒にいると、氣持ちが楽になる」と

 大切な人に言われたら

 私の氣持ちが楽になる。

冬季オリンピックなどを見ていても

「力を抜く」ということが出来ない選手の多さに、驚く。

力を抜く、というのはスポーツの基本だと思うし、

オリンピックに選ばれるほどの選手が

そんなことも知らないとはとても思えない。

やはりオリンピックには、

得体の知れない「魔物」がいるのだろうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-25 04:36:15

二千年たってもいい話/斎藤 一人 10056

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
二千年たってもいい話
―夢の持ちかた夢の叶えかた奇跡の起こしかた魅力のつけかた./斎藤 一人
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

まず、タイトルで大笑い。

なんじゃこりゃ。

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人
¥1,680
Amazon.co.jp

の続刊は「二千年」とは恐れ入った(笑)。


内容は、実は

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人

とだいぶ重複するのだが、

それでも実に楽しい。


今回のベストヒットはこれ。


 えー、「達人」の話をします。 

 えー、「嫌なヤツいたら、逃げろよ」って。

 で逃げられる範囲ならいいけど、

 「会社の上司なんですよ。逃げられねぇんですよ」って。


 で、オレたちね、楽しいゲームやってるの。

 そういう人は、このことを覚ておくといいよ。

 「嫌なヤツ」

 っていわないの、オレたち。


 あの、オレたちって、人をほめるゲーム、やってるの。

 そのゲームのなかで、「ほめよう」と思うんだけど、

 ほめようがないのがいるの。

 

 一部の隙も無いの、ハハ。

 そういうのをね「達人」って呼ぶの(笑)。


 「いや、ウチの会社に達人がいてさ。

  いや、一分の隙もないんだよ」

 とかって。


 そうすっとね、あの、「嫌なヤツがいて」っていう、

 報告をしているときってね、いいながら嫌な顔になってるの。

 ところがね、

 「達人がいて」

 っていうとね、おもしろい。

 「おい、おまえのところの会社の達人、最近、なにしてる?」

 とかってさ。


 「いや、達人、最近、こうですよぉ」

 とかって。

 もうそのときはね、笑い声で。

 今度、その達人がなにをやるか、

 もう楽しくてしょうがない、じぃーと見て(笑)。

 「今日はこういうこと、してましたよ」

 とかね。


 だから、ちょこっと見方を変えるかね、

 言葉を変えるとね、笑えるの。

 そいつがおかしくて、しょうがなくてね。

 「今日はなにすんだろ?」

 とか。

 みんなで、そのうち”達人会議”みたいなの開いて。


 「ウチの会社の達人はこうですよ」

 とかさ。

 そうすっと、笑えるじゃない?


 逃げるものは逃げる。

 怒るときは怒る、ね。

 逃げられないときは、ちょっと転化する。

 そうやって人生、生きていかないと、

 うまくいかないよ。いいかい。


 新幹線がまっすぐ走ってくるところにいたら、

 当たって死ぬよ。

 だけど、ちょっとだけずれて

 1メーターもずれたら、風しかこないんだよ。

 ね、たったそれだけなんだよ。


 まともにぶつかっちゃダメだよ、って。

 コロ、コロって、やっつけないとダメだよ、って。ね。


 オレみたく、なんか変わったこというときは、

 「変わってますから」とか。

 「少数意見ですから」とか、

 最初からいってりゃいいの。


 ね、できるだけ、もめごとを起こさない。

 それでも、つっかかってくるやつがいたら、

 ヒドイ目にあわせる。ハハ。



「もめごとを起こさない」なんて、

他の人に言われたら、反発するだろうなぁ。


でも斎藤一人さんに言われると、

とても素直な氣持ちで納得できる。

ああ、自分も早速やってみようと思う。



斎藤一人 幸せの名言集/斎藤 一人 10020

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人 09362

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-24 04:00:27

化粧する脳/茂木 健一郎 10055

テーマ:その他
化粧する脳 (集英社新書 486G)/茂木 健一郎
¥714
Amazon.co.jp
★★★☆☆

化粧や脳を通じた研究成果の本。


女性は一般的に化粧をするが、

それは女性の社会性の高さが

もたらすものであるのだそうだ。


面白いのがすっぴんの自分の顔よりも

化粧をした自分の顔のほうを

より「自分」だと認識する、というところ。

男性には分かるようでなかなか分からない。

このような「理解しがたさ」が

女性の魅力の一つなんだろうな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-23 22:34:09

2月19日の「GMS受講生のためのグロービス経営大学院 説明会」を終えて

テーマ:MBA

UPが遅くなったが、2月19日金曜日の夜、
「GMS受講生のためのグロービス経営大学院 説明会」
が開催された。


GMS受講生の皆さんはレポートの時期でお忙しいはずなのに、
実に多くの方が集まって下さった。


第一部は吉田素文先生の特別セッション

「MBAで学ぶ意義とは」だった。

これから受講すべきかどうか迷っている皆さんにも

当然為になるお話だったと思うが、

既に大学院の課程を終えた私の心にも響く。

単科生から含めて楽しい4年間が

フラッシュバックの様に思い起こされた。


その後、事務局の高木さんから

大学院のカリキュラムなどの説明がある。

結構いろいろな決まりが変わっているのね、

と感心しながら説明を伺う。


第二部が私の出番。

「なぜ私は、GMSからMBAをめざしたか」

が与えられたテーマ。


プロフェショナルの吉田先生や高木さんの後は

実に話しにくいなぁ、と思いながら。

MECEとかロジックとかはおそらく求められていないので(笑)、

思いの丈を一人一人にぶつける様に語らせて頂く。


皆に伝えたかったのは、

社会に出てからはなかなか得られないような

貴重な師や友を多く得たということ。

そして彼らと過ごしたこの4年間が

如何に楽しく充実した時間であったかということ。

そして彼らやグロービス、

そして支えてくれた家族への精一杯の感謝の氣持。

万分の一でも、伝わっただろうか。

お陰さまで拙いながらも

楽しくお話させて頂くことが出来た。


質疑も終えた後で、

思いがけないギフトが。

受講生に混じって私のスピーチを聞いて下さっていた

吉田素文先生から、プレゼンやファシリテーションについての

いくつか珠玉のアドバイスを頂く。

 「お忙しい中ボランティアでお話いただいているのに

  フィードバックするのも何かな、とも思ったのですが、

  GAKUさんなので、少しでも参考になればと申し上げました」


とのこと。

「エモーションモード」に入っていたのもあったのだが、

感動のあまり涙が出そうなくらい嬉しかった。


何かを皆さんにプレゼント出来れば、

と思い引き受けさせて頂いたスピーチだったが、

一番得るものが多かったのはこの私だったかもしれない。


GMSの皆さんはもちろんのこと、

吉田先生や会を下支えしてくださった事務局の皆様に

改めて御礼を申し上げたい。

貴重な経験をありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-02-23 04:38:25

遊び上手はしつけ上手 2歳児篇/辻井 正 10054

テーマ:教育
遊び上手はしつけ上手 2歳児篇/辻井 正
¥1,000
Amazon.co.jp
★★★☆☆

図書館でたまたま目に入る。


我が家の次女は、ただ今2歳6ヶ月。

2歳は「魔の2歳」とも言われ、

むしろ今まで以上に子育てとしては大変な時期だ。

私は仕事に大学院に合氣道に、

と好き勝手に息抜きをしている

(本人は人生頑張って生きているつもり(苦笑))

ので、それほどでもないが

一日中毎日それに接する母親の

ストレスたるや大変だと思う。


それを思い出し、思わず借りてきてしまう。


尤も2人目なので、

1人目のとき結構学んだ蓄積もあったので

「ああ、こんなこともあったよね」

という確認ぐらい、だったかも。


(本書の内容ではないが)

難しくも面白いのは、長女との関係だ。

長女は9歳なので「母親的に」可愛がってもくれるが

さすがに「魔の2歳」によくカチンときて喧嘩している

(7歳差では喧嘩にはならずイジメに近いが)。


「お前もさぁ、2歳の時には大変だったんだぞ。

 子供が育つ時は、いろんな時期があって、

 この2歳というのはこういうものなんだよ。

 ムキにならずに『仕方ないなぁ』と笑ってしませろよ」

といい続けてきたが、どうやら最近ようやくちょっと、

長女も分かって来てくれたらしい。


家族が増える、ということは学びも増えるねぇ。

喜びも。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-22 04:26:01

貧困のない世界を創る/ムハマド・ユヌス 10053

テーマ:経営
貧困のない世界を創る/ムハマド・ユヌス
¥2,100
Amazon.co.jp
★★★★☆

世界でも有数の貧しい国バングラデシュで、
「常識はずれ」のマイクロファイナンスを始め、
それをビジネスとして成り立たせ拡大し、
ノーベル賞までとってしまった
ムハマド・ユヌスさんの本。

元々は大学教授だった、
というのが実に驚きだ。
アメリカで教鞭を取っていれば
それなりの人生をおくれただろうに、
母国バングラディシュの窮状を
見過ごすことが出来ず帰国。
そしてわずか数十ドルで大勢の人を
救えることにショックを覚え、
「結果的に」銀行業を営むようになる。

「正しいことは何なのか?」を只管追求し、

世の中の困っている人々を広く助け

それがビジネスとしても立派に成立する、

という実に見事で羨ましい人生だ。


日本でも同じようなことって出来ないのかな、

でも日本にここまで絶望的に

困っている人、っているのかな。

・・・なんてことを読みながら考えた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-02-21 04:11:59

鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)/池波 正太郎 10052

テーマ:歴史小説
鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)/池波 正太郎
¥570
Amazon.co.jp
★★★★☆

歴史小説といえば、

私にとっては吉川英治、司馬遼太郎だ。


でも経営者などでは池波正太郎を押す声も多い。

まだ読んでいなかったし

鬼平犯科帳は「人生の機微を教える」

とも聞いた事があったので、

「不毛地帯」の次、に選んだ。


書き方はより口語、現代文に近い感じ。

その分、読みやすく状況に入り込みやすい。

「大事件」が起こるわけではない。

「小事件」「中事件」が度々起こり、

人々が織り成す人間ドラマが有り、

「酸いも甘いも噛み分けた」

そして鬼平が、そこにいる。


熱狂的に盛り上がるわけでもないが

なんだかついつい引き込まれていく感じ。

これが池波正太郎ワールド、なのだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。