1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-12-31 23:04:34

2009年の目標を振り返って

テーマ:ブログ

今年の1月1日に立てた目標 を振り返りたい。


>1.仕事
> 中国ビジネスでの礎を作る。
> 中国出店が吉か凶か、まだ分からない。
> よって出店を目標とはしたくない。
> でも、それが判断できるだけの、
> 十分な準備と、果敢な挑戦(あまり具体的でないけど。。。)。
> あとは、日常生活には困らない程度の中国語の習得。


優良可不可でいえば、可、かなぁ。

当社の社員が3人中国で駐在する基礎作り、

にはお役に立てたと思うが、

その後は中国ビジネスから遠ざかってしまっている。。。


>2.大学院
>  2009年度内の卒業。
>  成績は評価の付くものの8割以上でA評価。


09年度卒業は確定した。

入学以来これまでの評価は、成績がつく21科目で数えると

A評価 18クラス(85.7%)

B評価 3クラス(14.3%)

2007年10月期以来この2年間はAのみ。

定量的にはMBAは優、でもいいかな。


>3.稽古・鍛練
>  稽古や鍛練で数値目標は如何なものかと思い
>  今までは設定したことがなかったが、一昨年・昨年は惨敗だった。
>  改めてそれを反省し、まずは「量をこなす」ことから、やり直したい。
>  稽古は年間30時間。
>  木刀振りや杖などの一人稽古の充実。
>  水泳は年間40,000mを最低限としたい。
>  四半期ごとに10,000m。
>  泳げない環境に置かれたならば、その分走ろう。


稽古の年間三十時間、はちょっと足りなかった。

年の前半の稽古不足が痛い。

水泳は年間で12.5km。あらら。

稽古・鍛錬は不可、だなぁ。。。


>4.家族
>  次女との関係強化。
>  長女との関係持続。
>  長女にはいろいろなことを教えたいし
>  ともに学びたい。
>  具体的には、インド人が得意とする(らしい)19×19の掛け算の習得や
>  素読に長女と共に挑戦。


娘達とはしっかり時間を共にした(つもり)。

特に研究プロジェクト後は

かなり意識して娘達と過ごすようにした。

19×19の掛け算は目標にしてたことも忘れてた(汗)。

だが、論語の素読はかなり頑張れたと思う。

良、かな。


>5.読書
>  1日1冊、365日で365冊。
>  中国に長期出張、駐在となったら悩ましいところだが、
>  それはその時に考えることにしよう。


まぁ、日本にいるのだから、これは当然でしょ。


そういえば去年も反省していたが、

年初の目標はたまに見直さなきゃいけないな。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-12-31 12:30:10

今年の5つ星 2009年10月~12月

テーマ:★★★★★

研究プロジェクトも終了し、

グロービス経営大学院での学びが一段落着いた

この3ヶ月。



10月

己を修め人を治める道―「大学」を味読する/伊與田 覺 09274

目に見えない資本主義/田坂 広志 09281

目に見えない資本主義/田坂 広志(たさか ひろし) 09285

「日本の経営」を創る/三枝 匡 伊丹敬之 09292


10月頃は環境問題、地球温暖化問題の本をよく読んでいた。

そのためか、10月は少ない。

環境問題というテーマで5つ星、はちょっと難しいかも。


11月

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09305

富木謙治の合気道―基本から乱取りへ/佐藤 忠之 志々田文明 09306

2時間でわかる!「モノ」を売るな!「体験」を売れ!/藤村 正宏 09307

図解 実戦マーケティング戦略/佐藤 義典 09311


不毛地帯 (第1巻)/山崎 豊子 09323

人生を変えた贈り物/アンソニー・ロビンズ 09329

小さな経営論―人生を経営するヒント/藤尾 秀昭 09331

禅と陽明学〈上〉 (人間学講話)/安岡 正篤 09333


12月

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人 09335

不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)/山崎 豊子 09343

なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか/田坂 広志 09344

日本型プロフェッショナルの条件/安永 雄彦 09348

目に見えない資本主義/田坂 広志 09354

小さな人生論〈4〉「致知」の言葉/藤尾 秀昭 09358

相手の潜在意識から説き伏せる! ビジネス・コールドリーディング/石井 裕之 09360

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人 09362

空腹力/石原 結實 09363

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09365



この四半期で特に印象に残っているのは

不毛地帯 (第1巻)/山崎 豊子 09323

小さな人生論〈4〉「致知」の言葉/藤尾 秀昭 09358

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人 09362

かなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-31 04:46:07

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09365

テーマ:ドラッカー先生に学ぶ
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

読書は日常であれど、

やはり「今年最後の本」にはこだわりたい。

このブログを読み返してみて、

今年最後の一冊に選んだのが本書。


 少ししか求めなければ成長しない。

 多くを求めるならば、

 何も達成しないものと同じ努力で

 巨人に成長する。


最近頓に思うのが、「欲は善か?」という問いである。

今の自分なりの答えは、

私のための欲は悪であり、

公のための欲は善である、ということ。

ここでの「求めるもの」とは

公のもの、もしくは自分の足らざるものを求めるもの、

という理解をした。


 人は何かを成し遂げたがる

 

 人は精神的、心理的に働くことが必要だから

 働くだけではない。

 人は何かを、しかもかなり多くの何かを

 成し遂げたがる。

 自らの得意なことにおいて、

 何かを成し遂げたがる。

 能力が働く意欲の基礎となる。


何かを成し遂げることが

生き甲斐であり、人生なのだと。


 何によって人に憶えられたいか


 私が十三歳の時、宗教の先生が生徒一人ひとりに

 「何によって人に憶えられたいかね」

 と聞いた。

 誰も答えられなかった。

 先生は笑いながらこう言った。

 「いま答えられるとは思わない。

 でも、五十歳になって答えられないと問題だよ。

 人生を無駄に過ごしたことになるからね」


 自らの成長を促す問い


 今日でも私は

 「何によって人に憶えられたいか」

 を自らに問い続ける。

 これは自らの成長を促す問いである。

 なぜならば、自らを異なる人物、

 そうなりうる人物としてみるよう

 しむけてくれるからである。



田坂広志先生の言葉を思い出す。


 では、「知性」とは何か。それは全く逆の能力です。

 すなわち、「答えのない問いに対して、

 その答えを問い続ける力」のことなのです。

 魂の力です。


何によって憶えられたいか?というのは

「答えの無い問い」なのだろう。

その問いを自らに問い続ける。

それが知性なのかもしれない。


 今さら自分を変えられない


 今さら自分を変えようとしてはならない。

 うまくいくわけがない。

 自分の得意とする仕事のやり方を

 向上させることに

 力を入れるべきである。


この言葉は非常に悩ましい。

「成長する」というのは

「自分を変える」ことと同義ではないのか。

ここで思い出すのが


 神よ、どうか我らに変える事の出来ないものを受け入れる平静さと

 変える事の出来るものを変える勇氣と

 それらを見分けるだけの分別を与えたまえ


の言葉。

この言葉は自分自身にも当てはまるのか。


 価値観に合った組織で働け


 組織において成果をあげるには、

 自らの価値観が組織の価値観になじまなければならない。

 同じである必要は無い。

 だが、共存できなければならない。

 さもなければ心楽しまず、成果も上がらない。



 価値観に反する組織にいるべきではない


 得るべきところはどこかを考えた結果が、

 いま働いているところではないということならば、

 次に問うべきは、それはなぜかである。

 組織が堕落しているからか、

 組織の価値観になじめないからか。

 いずれかであるならば、人は確実に駄目になる。

 自らの価値観に反するところに身をおくならば、

 人は自らを疑い、自らを軽く見るようになる。



 辞めることが正しいとき


 組織が腐っているとき、

 自分がところを得ていないとき、

 あるいは成果が認められないときは、

 辞めることが正しい選択である。

 出世はたいした問題ではない。



 進路を決めるのは自分自身


 仕事を変え、キャリアを決めるのは自分である。

 自らの得るべきところを知るのは自分である。

 組織の貢献において、自らに高い要求を課すのも自分である。

 飽きることを自らに許さないよう予防策を講じるのも自分である。

 挑戦し続けるのも自分である。


これらも非常に難しい言葉だ。

ならば自分の価値観に組織を染めよう、とは思わないのか。

そんなことは、所詮無理な話なのか。

組織の価値観とは所与のものなのか。

「時を得ない」のと単に「我慢が出来ない」の違いは何なのか。

改めて本書を読むと、

今までと違ったところに付箋を付ける自分がいる。

それが進歩なのか退歩なのか。

今は未だ、よくわからない。


仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09011


仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 08239

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー, 上田 惇生 07201

仕事の哲学/P・F・ドラッカー, 上田 惇生 06198


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-31 00:35:49

今年の5つ星 2009年7月~9月

テーマ:★★★★★

続いて、7月から9月。

「研究プロジェクト」のレポートで盛り上がっていた時期だねぇ。



7月

マネーロンダリング入門/橘玲 09182

代表的日本人/内村 鑑三 09193

なぜ、働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』 /田坂 広志09196

新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人 09198

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09200

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジェームズ・C. コリンズ 09202

創造と変革の志士たちへ/堀 義人 09204

代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)/内村 鑑三 09205

新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人 09207

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09210



8月

[新版]グロービスMBAファイナンス/グロービス経営大学院 09215

事例でわかる! ブランド戦略【実践】講座/水野 与志朗 09219

日本のブルー・オーシャン戦略/安部 義彦 池上 重輔 09225
致知 2009年7月号 09231

実務入門 NLPの基本がわかる本 (実務入門)/山崎 啓支 09232

60分間・企業ダントツ化プロジェクト/神田 昌典 09234

マーケティングの実践教科書 [実務入門]/池上 重輔 09235

一瞬で自分を変える法/アンソニー ロビンズ09238

運命を拓く―天風瞑想録/中村 天風 09239

[図解]わかる!MBA PHP文庫/池上 重輔 09240

致知 2009年8月号 感奮興起 09241

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける/村上 憲郎 09242


9月

シブサワ・レター 日本再生への提言/渋澤 腱 09248

未来を予見する「5つの法則」/田坂 広志 09249

「成功」と「失敗」の法則/稲盛 和夫 09250

目に見えない資本主義/田坂 広志 09252

サラリーマン「再起動」マニュアル/大前 研一 09255

いかに生くべきか―東洋倫理概論/安岡 正篤 09258

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09267

こども論語塾〈その2〉―親子で楽しむ/安岡 定子 09268



ああ、いい本を沢山読めたなぁ。


でもこの中で、特にこれは、と思うのは

運命を拓く―天風瞑想録/中村 天風 09239

目に見えない資本主義/田坂 広志 09252

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09267

かなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-30 23:50:49

今年の5つ星 2009年4月~6月

テーマ:★★★★★

続いて、今年の4月から6月。


4月

完本 危機管理のノウハウ/佐々 淳行 09094

ミッション―新しい職場。燃える仕事。あの人を超えたい/鳥谷 陽一 09095

CRM―顧客はそこにいる/村山 徹  三谷 宏治 09099
正しく決める力/三谷 宏治 09100

CRM―顧客はそこにいる/三谷 宏治  村山 徹 09103

正しく決める力/三谷 宏治 09104

神の肉体 清水宏保/吉井 妙子 09108

グローバルリーダーの条件/大前 研一 船川 淳志 09112

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09113
観想力 空気はなぜ透明か/三谷 宏治 09119

観想力 空気はなぜ透明か/三谷 宏治 09120


5月

ビジネススクールで身につける会計力と戦略思考力/大津 広一 09129

地球時代の新視点/大前研一 09133

トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録/ジョー オダネル 09134

グローバル社会と柔の心/山下泰裕 09139

創造と変革の志士たちへ/堀 義人 09145

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ/海堂 尊 09147

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09151


6月

正しく決める力/三谷 宏治 09152

図解 株式市場とM&A (翔泳社・図解シリーズ)/保田 隆明 09157

宇宙怪人 (少年探偵・江戸川乱歩)/江戸川 乱歩 09161

「齋藤孝の相手を伸ばす!教え力」/斎藤 孝 09162

観想力 空気はなぜ透明か/三谷 宏治 09166

事業再生要諦―志と経営力‐日本再生の十年に向けて/越 純一郎 09167

事業再生要諦―志と経営力‐日本再生の十年に向けて/越 純一郎 09172

買って食べる・外食が多い人の脂肪を減らすカロリー事典/浅尾貴子 09174

経営はロマンだ! 私の履歴書・小倉昌男/小倉 昌男 09175

実況LIVE 企業ファイナンス入門講座/保田 隆明 09177

CRM―顧客はそこにいる/三谷宏治 村山 徹 09178

正しく決める力/三谷 宏治 09179

なぜか日本人が知らなかった新しい株の本/山口 揚平 09181



この中で、やはり忘れられないのは

トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録/ジョー オダネル 09134

事業再生要諦―志と経営力‐日本再生の十年に向けて/越 純一郎 09172

かなぁ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-30 15:37:03

今日の水泳

テーマ:稽古・トレーニング

最近は合氣道ばかりで、全然泳いでいなかった。

先日リゾナーレのプールで泳いだところ

やはり氣持ちよかったので、

水泳もやらねば、と思ってた。


昨日から家族が帰省し、家は私一人だ。

氣兼ねなく、スポーツクラブに行ける。

昼間から泳ぎに行く。


1Km泳ぐ。

随分久しぶりなのだが、

比較的身体はよく動く。

合氣道の稽古を続けていたお陰だろうか。


だが、体重を測ってびっくり。

68.6Kgもあった。

最近ご飯が美味しいからなぁ(苦笑)。

身体を動かすことをもっと増やさねば。

「節制」を来年の目標に入れることが決定した(苦笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-30 13:20:00

今年の5つ星 2009年1月~3月

テーマ:★★★★★

年末年始には、このブログを改めて読み返すようにしている。


ブログを書く時にはその「読み返す自分自身」を強く意識している。

読み返した時に思い出したいこと、忘れてはいけないこと。

残念ながらその時にどれほど感動しても

やはり時間が経つにつれてその記憶は薄れていく。

重要なところは何度も読み返すことによって、

心に刻み込みたい。


なので、このブログの最重要読者は自分自身だ。


ただ、望外なことにお陰さまで月数万人の方々がご覧頂いている。


斎藤一人さんも

「良いものは自分で止めず、世の中に広めなさい」

と仰っている。


私が感動した本、良いと思った本を

そのまま皆さんにお伝えすることによって、

その感動が多くの方に伝わり、

少しでも世の中に恩返しが出来れば、とも思っている。


さて、今年のブログを振り返りながら、

5星を付けさせていただいた本を拾ってみた。



1月

日本人のための経済原論/小室直樹 09002

神々の山嶺〈上〉 (集英社文庫)/夢枕 獏 09003

君に成功を贈る/中村 天風 09006

神々の山嶺〈下〉 (集英社文庫)/夢枕 獏 09008

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)/P・F・ドラッカー 09011

子供と声を出して読みたい『論語』百章/岩越 豊雄 09015

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09018

正しく決める力/三谷 宏治 09020

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録/石川 拓治09023

考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法/船川 淳志 09025

ロジカル・リスニング/船川 淳志 09028

男道/清原 和博 09029


2月

大激震/堺屋 太一 09033

ハゲタカ DVD-BOX 〈番外>

人気MBA講師が教えるグローバルマネジャー読本/船川 淳志 09034

考えるプロが明かす「思考の生活習慣病」克服法/船川 淳志 09036

カリスマ 人を動かす12の方法/石井 裕之 09038

世界で戦う知的腕力を手に入れる/今北 純一 船川淳志 09043

図解 ビジネスの現場で活きる 思考力と対人力/船川 淳志 09045

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09046

大地の咆哮 元上海総領事が見た中国/杉本 信行 09047

日本でいちばん大切にしたい会社/坂本 光司 09048

ビジネススクールで身につける思考力と対人力/船川 淳志 09049

修身教授録―現代に甦る人間学の要諦/森 信三 09052

なぜ、時間を生かせないのか/田坂 広志 09053

ロジカル・リスニング/船川 淳志 09054

ビジネススクールで身につける変革力とリーダーシップ/船川 淳志 09055

突破するアイデア力 ~脱常識の発想トレーニング~ /三谷 宏治 09056

「大変」な時代/堺屋太一 09058


3月

自分を育てるのは自分―10代の君たちへ/東井 義雄 09062

「心のブレーキ」の外し方/石井 裕之0906

板倉雄一郎 エッセイ集Vol.2 KISS/板倉雄一郎 09068

感性がビジネスを支配する/木暮 桂子 09070

crmマーケティング戦略―顧客と共に/三谷 宏治 09071

観想力 空気はなぜ透明か/三谷 宏治 09072

感性がビジネスを支配する/木暮 桂子 09078

成功の実現/中村 天風 09079

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務/石野 雄一09082

致知 2009年3月号 09085

[図解]思考力が高まるプロの口ぐせ/船川 淳志 09088



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-30 04:34:52

あなたの「最高」をひきだす方法 こころの習慣365日 /アンソニー・ロビンズ 09364

テーマ:自己啓発
あなたの「最高」をひきだす方法 こころの習慣365日 /アンソニー・ロビンズ
¥520
Amazon.co.jp
★★★☆☆

アンソニーロビンズ4冊目。

何だか今回はあんまり響かなかったかも。


アンソニーロビンズは読む時の心の状態に

大きく左右されるのかな。


今回は、残念。


一瞬で「自分の夢」を実現する法/アンソニー ロビンズ 09349
人生を変えた贈り物/アンソニー・ロビンズ 09329

一瞬で自分を変える法/アンソニー ロビンズ09238


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-29 04:18:29

空腹力/石原 結實 09363

テーマ:武道・武術・健康法
空腹力 (PHP新書)/石原 結實
¥756
Amazon.co.jp
★★★★★
久々の石原結實先生の本。
最近、朝の断食が怠り勝ち。
何だか冬は体が冷えるような氣がして、
少しだが朝も食事を頂くようにしていた。
おまけに、先日のリゾナーレツアー で、
美味しいものを朝から晩まで食べ続け、
68kgとベスト体重を3~4kgほど上回っている。

もう一度、石原結實先生の半日断食を

学びなおし、自分に喝を入れるために本書を読む。

ちょっと勘違いしていたなぁ、と思うのが、

朝食の代わりににんじんりんごジュースだけではなく、

生姜紅茶でもいい、ということ。

これからしばらく生姜紅茶を朝ごはんにしてみよう。

今日から家族が帰省し、家は私だけになるので、

「人体実験」をするにはいいチャンスだ。

病気にならない生活のすすめ/渡部 昇一 石原結實 08244

「体を温める」と病気は必ず治る/石原 結實 08190

気と血の流れをよくするとなぜ病気が治るのか/石原 結實 05249

「体を温める」と病気は必ず治る/石原 結実 05103

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-28 04:15:36

斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人 09362

テーマ:斎藤一人さんに学ぶ
斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★★★
一ヶ月ほど前、この本を読んで素晴らしかったので、
斎藤一人 千年たってもいい話/斎藤一人 09335
にあるとおり

 最低7回は聴いてください

の教えに従い、ここのところIpodで10回以上聞いている。
ちょっと変な人が、でも至極当たり前のことを
言っているだけなのだけど、聴いているうちに段々と沁みてくる。

 「成功とは助けた数である」

 

 <中略>


 だから、うちの会社の売上、倍にしたかったら

 よく販売会議開いたりとか、作戦会議開いたりとか

 いろいろやるじゃない。戦略会議とか。

 だけどあんなのやんなくったって

 「一人さんがこの世にいてくれて助かった」

 という人が倍になればいいの。

 そういう人が買ってくれんじゃないよ。

 まわりまわって売れるの。


 <中略>


 日本人ってね、

 「成功するためには人の足、引っ張ったっていいんだ」

 「少しくらい悪いこと、したっていいんだ」

 っていうけど、人に嫌われたら成功じゃないよ。

 人に嫌われて成功者だっていっているの、

 おかしんだよ。ね。

 金だけ持ってりゃ成功者だって思ってるけど、

 嫌われているやつは成功者じゃないよ。ね。

 みんながあの人に会いたいとか、

 一緒にいて楽しいっていって初めて成功者なんだよ。


斎藤一人さんは戦略とか競争とかを全否定する。

それが是となると、MBAの4年間は何だったんだろう?

とついセコイことを思ってしまうが、

でも、世の中の仕組みって、きっとそれが真実だよなぁ、

と素直に感じる。



 幸せを呼ぶ魔法の相づち「そうだよね、わかるよ」


 「来世幸せになる方法」、話します。

 「そうだよね、わかるよ」

 この言葉、覚えておくといいの。


 <中略>


 なんでもいいの。 

 「そうだよね、わかるよ」

 っていう。

 それからこの言葉をいうだけの幅があったら人は来世、

 幸せになるし、魂が成長するから来世

 幸せになるんだよ。


 だから、今世だって、

 それができりゃ幸せになるの。

 ところが日本人はほとんどね、相手がしゃべっている間、

 聞いてないの。

 何しているかっていると次に自分がしゃべること、

 考えてる。うん。

 それで離し終わるの待ってて、

 「そうだよね。わかるよ」

 もいわないで自分の意見をいうの。

 

この魔法の相づち、素晴らしいと思う。

「相手の話をろくに聞かず、次に自分のいうことばかり考えている」

というのは実に痛い。

以前からその傾向があったが、MBAで拍車が掛かったか。

前回読んだ時にこの言葉に甚く感動し、

使い始めているが実にいい感触を得ている。


で、最高なのが、もしもし地獄。

引用するととても長いのだが、止まらない(笑)。


 ある男の人が死にました。

 で、このある人、自分だと思ってね。

 「おまえ、もしもし地獄へ行きなさい」

 っていいわれて、その人はもしもし地獄、いきました。

 そしたら、いいところです。

 こうやって見渡してね。

 「いいところだなあ、花、咲いてるし、鳥は飛んでくるしね。

 こんないいところないな」

 でね、景色もいいけど、人間が優しいの。

 会う人、会う人、みんな優しいの。

 「いいところだなあ」

 っていって芝生に腰掛けてね、風に吹かれてたらね、

 幸せになって眠くなっちゃって、寝ようとしたらね、

 「もしもし、もしもし」って起こされるの。

 ここ、寝かしてくれないの(笑)。

 寝ようとすると、

 「もしもし」(笑)。


 それで五日目、もう眠いの。

 何とか寝られねえかなと思って、その人、

 まぶたの上に目を描く(笑)。

 こうやって目、描いてね。もう目ぱっちりで、

 「これで寝れるってね(笑)。

 それでね、起きているふりをして寝ようとするのね。

 「もしもし、もしもし」

 って起こされるの。

 「みなさんやるんですよ。

 たいがい五日目になると目、描くんですよ」(笑)。


 十日目になるとね、人間神経に限界が来ちゃうの。

 で、

 「もしもし」

 とやられるとね、

 「うるさい」

 っていうの。

 「もうほっといてくれ!」って。

 そしてね暴れだすの。

 で家なんか壊して、めためたに暴れるの。

 そうすると、

 「わかりますよ。その氣持ち。

 好きなだけ暴れてください」

 っていって、もうね、

 暴れて暴れてへとへとになって、

 ふぅーっと寝ようとすると、

 「もしもし」(笑)。

 「もしもし」って起こされるの。


 また五日くらいたつとね、今度は

 「今日はね。サイクリング、行きましょう。

 氣持ちいいですよ、風が当たって」

 「もう、嫌、絶対(笑)。

 俺、寝てないでサイクリングなんて絶対、行きたくない」(笑)。

 って。

 「そんなこといわないで、行きましょうよ」

 っていって、自転車なんかふらふらして(笑)、

 こいでね、いくの。

 そうすると「芝生でサンドウィッチ、食べましょう」

 って。

 「おいしいですよ」

 って。

 サンドウィッチ、食べながら寝ようとすると、

 「もしもし」(笑)。

 「もしもし」って起こされるの。


 「明日はね、あの高い山、あれ、登りましょう。いいですよ」

 って。

 「もしもし地獄、全部見れるんですよ。最高ですよ。

 あそこへ登りましょう」

 って。

 「嫌だ。寝てないで、山なんかに登ったら、俺、死んじゃうから」

 っていって、

 「ここ、死なないんです」(笑)。

 えー、重いリュック、しょわされます。

 それで、いわれます。

 「中に入っている寝袋、出してください。寝られませんから」(笑)。

 それでね、山の上までふらふらして連れて行かれて

 「ほら、いい景色でしょう」

 って。


 「こんなつらいところ、ない。こんなつらい地獄ない」

 っていうと、

 「あなたね。ここにもたった一つだけいいことがあるんですよ」

 「なんですか?」

 って。

 「明日1日、1年に1日だけ寝られる日があるんです」

 「ほんとうですか。1日寝てていいんですか」

 「そうですよ、1日、1日中、寝てられるんですよ」

 もう待ち遠しいの。

 次の日になって、

 「今日、俺、寝られるんだ」

 っていって寝ようとすると 

 「もしもし」

 って(笑)。

 「もしもし」

 って起こされるの(笑)。

 「今日一日、寝ていいって言ったじゃないですか!」

 「何、言ってんですか。今日は4月1日ですよ(笑)。

 エープリールフールじゃないですか。

 さぁ、一緒に笑いましょう」((笑)。

 「笑えない、笑う氣になれない」(笑)。


 「ところで、このもしもし地獄って、何年くらいいるんですか?」

 「早い人で100年です。あなた、150年ですね」

 「150年ですか。そんなにいるんですか。

 ところで、なんでもこんなもしもし地獄ってクマがいるんですか?」

 「ああ、あのクマですか。

 最初はみんな、目の下にクマができるんです(笑)。

 最後にはクマになっちゃうんです。」

 「一人さんがね、人生そんないやなもんじゃないぞ。

 仕事ってさ、そんないやなもんじゃないぞ」

 っていっても

 「私、つらいんです」

 「うーん。つらいって何と比べてんるんだ?

 俺は『もしもし地獄』に比べたら

 つらくないっていってるんだよ。


 今日ね、帰ると、いやなことあります。

 会社、いくとえばっている人、います。

 そういうとき、「もしもし地獄に比べたら(笑)、

 えー寝られるだけで幸せです(笑)。



ホント、馬鹿馬鹿しい(大笑)。

確かにこんなことばかり考えていたら、

人生楽しいだろうなぁ。

私も見習おうっと。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。