1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-09-30 04:29:45

それでも人生にイエスと言う/V.E. フランクル 09273

テーマ:自己啓発
それでも人生にイエスと言う/V.E. フランクル
¥1,785
Amazon.co.jp
★★★☆☆
以前読んだ

夜と霧 新版/ヴィクトール・E・フランクル, 池田 香代子 06291

¥1,575
Amazon.co.jp

が素晴らしかったので、V.E. フランクルさんの本を

読みたいと思っていた。


 ここでまたおわかりいただけたでしょう。

 私たちが「生きる意味があるか」と問うのは、

 はじめから誤っているのです。

 つまり、私たちは、生きる意味を問うてはならないのです。

 人生こそが問いを出し私たちに問いを提起しているからです。

 私たちは間われている存在なのです。

 私たちは、人生がたえずそのときそのときに出す問い、

 「人生の問い」に答えなければならない、

 答を出さなければならない存在なのです。

 生きること自体、問われていることにほかなりません。

 私たちが生きていくことは答えることにほかなりません。

 そしてそれは、生きていることに責任を担うことです。

 こう考えるとまた、おそれるものはもうなにもありません。

 どのような未来もこわくはありません。

 未来がないように思われても、こわくはありません。

 もう、現左がすべてであり、その現在は、

 人生が私たちに出すいつまでも新しい問いを含んでいるからです。

 すべてはもう、そのつど私たちにどんなことが

 期待されているかにかかっているのです。 

 その際、どんな末来が私たちを待ちうけているかは、

 知るよしもありませんし、また知る必要もないのです。 


最近は「自分はなぜ生きているのか?」なんてことを考えることはなくなったが、

高校生大学生の頃はかなり真剣に思い悩んでいた。


これは当時の自分に、読ませてあげたかったね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-29 05:17:37

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方/山村 武彦 09272

テーマ:リスクマネジメント
本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方
―被災現場からみつめたBCP/山村 武彦
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★☆

当社のリスクマネジメント体制構築に取り組んでいるが、

BCP(Business Continuity Plan)の必要性を強く感じている。

既に他社の事例なども参考にし、簡単なBCPは作成したが、

残念ながらいまひとつ、切れが無い。


もう少し何とか成らんものか、と思い、

1ヶ月ほどまでに図書館の蔵書の中で「BCP」と名のつくもの全てを予約したが、

昨今の新型インフルエンザのためか、なかなか回ってこない。

どこの会社も、きっと慌てているんだろうねぇ。。。

その中でやっと1冊目が手に入る。


適当に予約した一冊目、としてはかなりよかったと思う。

著者が現場を大事にされている方らしく、

阪神大震災等自分でも身に覚えのある災害のレポートが

実にリアルで説得力があった。


この本のなかで初めて知ったのが「防災協定」というもの。

自社が動いてもサプライチェーンのどこかが止まれば

当然ながら企業活動は存続できない。

そのために、納入先などと事前に「防災協定」を結んでおくのだ。

なるほどなぁ、と思いながらも「いざ」というときは

どれほど効力があるのだろう?とも感じる。


さっさと読み終わったので上司にお貸しする。

そのコメントをお待ちしたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-28 05:10:08

パレアナの青春 (角川文庫)/エレナ・ホグマン ポーター 09271

テーマ:自己啓発
パレアナの青春 (角川文庫)/エレナ・ホグマン ポーター
¥580
Amazon.co.jp
★★★☆☆

先日読んだ

少女パレアナ/エレナ・ポーター09253

の続編。


家内の強い要望につき、借りてくる。


「何でも喜ぶゲーム」の達人も成長し、

人間関係もより複雑になる中で

それでも強い意志をもって生き抜く姿を描く。


何でも前向きに捉えるはずだが、

何度も「自分は美人じゃない」と悩んでいる。

女性も外見は確かに大事だが(笑)

その外見は内面から滲み出るものだと

オジサンは強く思うのだった。


だから、喜びよりももちろん、

自分の良さをもっと見つけなきゃね。

パレアナさん。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-27 04:27:09

一語千鈞/森信三 09270

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌

一語千鈞/森信三

★★★★☆


久しぶりに森信三先生の本を手に取る。


 腰骨を立てつづけること


とよく仰るからだけではなく、

拝読していると背筋が伸びてくる。


 休息は睡眠時間以外には不要

 -という人間に成ること。

 すべてはそこから始まるのです。


すいません。。。

グロービス経営大学院が一段落したので、

ちょっと緩んでいました。


 幸福とは、縁ある人々との人間関係を噛みしめて、

 それを深く味わうところに生ずる感謝の念に他なるまい。


ああ、まさにそうだ。

その通りだと思う。


周りの方々に生かして頂いているのだ。

深く深く味わいたい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-26 23:07:57

合氣道の稽古

テーマ:稽古・トレーニング

木曜日の躰道の稽古 のダメージがまだ尾を引いているが、

怪我も筋肉痛も風邪も動いて治すことにしている(笑)。

何とか午後からの合氣道の稽古に参加。


他の武道をすると合氣道や自分のことが客観的に見れて面白い。

合氣道では自分が如何に最小限の動きしかしていないか、が良く分かった(笑)。


一番の違いは、「着眼」だろうか。

躰道は身体を回したり倒したりするときでも

眼で常に相手を追い続ける。

眼や顔が先に動いて相手を捉え、

身体が後からそれを追いかける。

合氣道は身体の向きと顔の向きが異なることは基本的には無い。

そういえば、合氣道を習い始めたときに

それが直らなくってよく注意されてたっけ。

20年ぶりに思い出した(笑)。


もう一つ氣がついたのが、道着の乱れ。

合氣道では稽古中に道着を直すことは少ないが、

躰道では何度も何度も乱れた。

合氣道の稽古のときは懐に小さなタオルを入れて稽古するが

躰道での稽古では何度も何度もそれが落ちてしまった。

一方、躰道の達人中野哲爾さんの道着は乱れない。

無駄な動きと道着の乱れは関係がありそうだ。


あと、今日氣をつけたのは「畳を蹴らない」こと。

早く動くためには畳を強く蹴りたいところだが、

相手に動きを読まれやすい。

武道は単純なスピードで勝負ではなく、

多少遅くても相手に察知されない動きをすることの方がよほど大事だ。

躰道と合氣道を比較してみて、甲野善紀先生のことを思い出した。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-26 22:18:04

躰道 己錬館 稽古に参加

テーマ:稽古・トレーニング

通っていたカイロプラクティックの先生と仲良くなったのが3年ほど前。

もまれて虚ろになりながら話をしていると「躰道 」をされているという。

躰道 」は空手に近い武道で、ダイナミックな動きが特徴だ。


実は私も高校生のときの部活が躰道部だった。

8歳ほど私のほうがオジサンなので、共通の知り合いは少なかったが、

その先生(中野哲爾さん)と武道の話で盛り上がる。


その後、中野哲爾さんも私も職場が変わってしまったりしたものの、

ご縁があって連絡をとらせて頂き、甲野善紀先生の稽古に

お誘いし共に参加したりしていた。


グロービス経営大学院が一段落もしたし、

以前から、中野哲爾さんから、

「私の道場に来てくださいよ!」

と仰って頂いていたので、ついにこの木曜日、参加させて頂いた。


千葉県船橋市:己錬館

http://taido.korenkan.com/


考えてみると、高校三年生の全国大会以来20年ぶりの躰道。

意外と体が覚えているし、意外と忘れている(笑)。


躰道は基本は「中段の構え」という構えているだけで

非常に足腰にキツイ状態を動きながらも止まっていても

常に保たねばならない。


また、身体を軸として回転する動きがあるので

ドンドン目が回る。。。

3時間弱の稽古だったが、疲労困憊だった(苦笑)。

こんなに苦しい武道だったっけ?


でも、20年前に知っている躰道とは明らかに違う躰道だった。

中野哲爾さん(=館長)は全国社会人大会7連覇、

世界大会でもチャンピオンというツワモノで、

明らかに次元の違う動き。


他の方々も皆さん全国大会入賞レベルで、

非常に質の高い稽古だった。


また、中野哲爾さんは指導経験も豊富、

筑波大でコーチングを学ばれたりもしているそうで、

稽古中、稽古後のリーダーシップや指導方法も実にお見事。

躰道以外も魅せて頂いた。


中野哲爾さんや他の皆様にも温かく迎えていただき、

とても楽しく、様々な面で大変勉強になる稽古だった。


ありがとうございました!!

是非また参加させてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-26 04:26:40

環境問題はなぜウソがまかり通るのか/武田 邦彦 09269

テーマ:環境問題
環境問題はなぜウソがまかり通るのか/武田 邦彦
¥1,000
Amazon.co.jp
★★★★☆
以前、上海人さんに貸していただいた
偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する/武田 邦彦 08292
と同じ、武田邦彦さんが語る地球温暖化。

京都議定書の取り決めなど、

精神論だけでほとんど意味が無く、

誤った地球温暖化対策、環境問題対策は

却って環境に悪影響を及ぼす、というもの。

CO2の話もびっくり!の連続だが、

「ダイオキシンはほとんど無害」の話に更に驚く。

ダイオキシンが有毒ならば、「焼き鳥屋のオヤジ」は

とっくにダイオキシン中毒で死んでいるはずだが

そんな話は聞いたことが無いではないか、という。

確かに。。。

今まで見聞きした新聞等マスコミの報道は、

いったい何だったのだろうか。。。

数冊の環境問題、地球温暖化問題の本を読んできて感じるのは

いろいろな主張にはそれぞれの立場や利害が

深く絡んでくる、ということ。

この人のこの主張のコンテクストには何があるのか。

彼はこの主張が通れば何が嬉しいのか。

そんなことも忘れずにこの問題を考えていきたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-25 04:32:45

こども論語塾〈その2〉―親子で楽しむ/安岡 定子 09268

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
こども論語塾〈その2〉―親子で楽しむ/安岡 定子
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

昨日の

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09267

に引き続き。


一昨日の

「銀座・寺子屋」’こども論語塾’で、

次回の案内も頂いた。


幸い、娘の小学校もお休み日なので

次回も参加しようと思っている。


この様な素晴らしい取り組みが、もっともっと日本に広がれば、

世の中は益々良くなるに違いない。


 「銀座・寺子屋」’こども論語塾’


 ご好評を頂いています朝の読書会につづいて、

 素心・不器会は2008年秋から安岡 正篤師のご令孫・安岡定子氏を

 お招きして「銀座・寺子屋 こども論語塾」の講座をスタートさせました。

 寺子屋形式のこの「こども論語塾」は、幼稚園児や小学生を中心に、

 親子や祖父母が共にお子様達と一緒に論語を学びます。

 特に論語の素読を特徴とした講座は言葉を正しく伝える大切さと、

 楽しく古典に触れることの意義などを体験して頂けます。

 回を重ねるごとに参加者が増え、今やその人気と好評ぶりは

 新聞紙上にも大きく取り上げられ社会の注目を集めています。

 

 【主なプログラム】

  講師 安岡正篤師のご令孫・安岡 定子さんによるこども向け論語講座

  安岡定子さんの略歴。

  大漢学者、安岡正篤の孫。二松学舎大学中国文学課卒業。

  当会の「銀座・寺子屋 こども論語塾」をはじめ、

  東京都文京区や宮城県塩釜市で「こども論語塾」を開催。

  著書に、「素顔の安岡正篤」「絵でみる論語」などがある。


 【開催日】

  毎月の第3土曜日 午前10:00~11:30(1時間30分)

 【会場】
  京橋プラザ区民館・2階 多目的ホール 地図
  東京都中央区銀座1-25-3 TEL 03(3561)5163
  ・都営浅草線(宝町駅下車A1出口 徒歩5分)
   東京メトロ(新富町駅2出口 徒歩5分)
  ・東京メトロ(東銀座駅A2出口 徒歩9分)
   東京メトロ(銀座駅A13出口 徒歩10分)
 【会費】
  教材として「こども論語塾」(明治書院:¥1,500)を使います。
 【開催案内】
  9月23日(土) 第11回こども論語塾ご案内 (pdf)
  10月24日(土) 第12回こども論語塾ご案内 (pdf)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-24 04:37:13

こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09267

テーマ:古典を学ぶ、古典に学ぶ
こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

時折休日に娘と素読を楽しむ。


だが、リズムや節回し(?)等、これで良いのかな?

と自信の無いところも。


素読を教えてくれるところが無いかと

ネットで調べてたら、

この本の著者の安岡定子さんが

子供たちを集めて「こども論語塾」なるものを

開催されているらしい。


早速昨日、娘と二人で参加する。

安岡定子さんはあの安岡正篤先生のご令孫。

安岡正篤先生の血が繋がっている方に

お会いできる、ということだけでもお父さんはドキドキした(笑)。


親子連れが多く、集まったのは100人程だろうか。

安岡定子さんの優しい語り口で「こども論語塾」が

進められる。


素読は安岡定子さんのあとに続いて

子供も大人も大きな声で論語を読み上げる。

徐々に晴れやかな氣分に。


この本には20の論語の珠玉の言葉が集められているが、

1時間半の間に全てを素読してしまった。


娘はとても楽しかったらしく、

「次回もまた来たい!」と。


道徳教育・情操教育にもとても良さそうだが、

父親自身の勉強にもなりそう。

この本の20章くらいは完全に自分のものにし、

日常の様々な出来事に面したときに

最もその場にふさわしい章が自然に湧き上がり、

自らを戒めることが出来れば。




こども論語塾―親子で楽しむ/安岡 定子 09031
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-23 05:00:58

子々孫々に語りつぎたい日本の歴史/中條 高徳 渡部昇一 09266

テーマ:歴史
子々孫々に語りつぎたい日本の歴史/中條 高徳 渡部昇一 
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆
おじいちゃん戦争のことを教えて
―孫娘からの質問状/中條 高徳 06023
の中條高徳さんと、渡部昇一さんの対談本。

対談者からして予想通り(?)、かなり右傾した本だが、

マスコミ、特に新聞や雑誌に左傾したものが多く

多様性に乏しい日本には、目を覚ますためにはこれくらいの

「劇薬」は必要なのかもしれない。

覚醒が必要なのは、この私も、かもしれないが。


生まれ育った郷土や国に対して誇りを持てない、

というのは確かに他の国と比較しても異常だし不幸なのは間違いない。

我々も歴史を十分に学び、後世にもしっかりと教えていくべし、

ということには大賛成だ。


だが、ちょっと氣になったのが

戦後マッカーサー元帥の

米国上院軍事外交合同委員会での証言。


 They feared that if those supplies were cut off,

 there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan.

 Their purpose, therefore, in going to war was largely

 dictated by security.


 もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、

 一千万から一千二百万の失業者が発生するであらうことを

 彼らは恐れていました。

 したがって彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、

 大部分が安全保障(自衛)の必要に迫られてのことだったのです。


渡部昇一さんの本には何度も出てくる。

今回の本の肝にもなっている。

読んでいてこの前後を読みたくなった。


・・・ネットで調べると、このマッカーサー証言には

また違った解釈もあるようだ。


マッカーサーは日本は自衛のために戦った、と言ったのか?

マッカーサー発言「日本の戦争は自存自衛の戦争」

・・・確かにこの文章の後の「証言」まで読むと、
SECURITY=安全保障(自衛)と訳すのは
ちょっと苦しいかもしれないな、とも感じた。
英語の権威である渡部昇一さんの反論を
是非伺いたいところだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。