1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-07-31 04:36:22

小さな会社のブランド戦略/村尾 隆介 09212

テーマ:ブランド戦略
小さな会社のブランド戦略/村尾 隆介
¥1,260
Amazon.co.jp
★★★★☆

いよいよ研究プロジェクトのレポート提出が迫ってきた。

これまではあまり先入観を入れることなく

自分の頭で仮説を立てることに注力してきたが、

今後はバンバンブランディングの本を読んでいきたい。

とりあえず、図書館のブランド関係の本は全て読むつもりだ。


本書のいいところは、タイトルどおり、

小さいけどピリリと味わい深いケース企業。

世の中にはこんな面白い企業があるのか、

とほほえましい事例が満載である。

体育の家庭教師派遣、とか。


レポートに役立ったところとしては、

ブランドの効能として「経営資源を集める引力」として働く、

というところ。

ヒトもカネも情報も、ブランドが引力として惹きつける。


なるほどねぇ。

企業も個人も、ブランディングが大事だよなぁ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-30 05:07:03

成功の法則92ヶ条/三木谷 浩史 09211

テーマ:自己啓発
成功の法則92ヶ条/三木谷 浩史
¥1,680
Amazon.co.jp
★★★★☆

楽天の三木谷浩史社長による成功法則。


そのバックグラウンドに、阪神大震災での経験があると

どこかで聞いたことがあった。


 今、自分は生きている。

 そして、いつか必ず死ぬ。

 これほど確かなことはないのに、

 そのことを考えないのは人の弱さだと思っている。

 いつ死ぬか分からない以上、わからないことを考えても仕方ない。

 そう合理化しているのだろうけど、それは合理化ではなくて

 ある種の逃避だ。

 僕はそのことを、1995年のあの阪神・淡路大震災で知った。

 実家のある明石市も大きな被害を受け、

 僕は大好きだった叔父夫妻を失った。

 瓦礫の山が累々と続く故郷の町を、

 叔父夫妻の消息を求めさまよい歩き、

 学校の体育館で無言の対面をした氣持ちは、

 とても言葉では言い表せない。


 そこには叔父達だけでなく、

 たくさんの犠牲者の方達の遺体が安置されていた。

 こんなにもたくさんの人達が、昨日まで元氣に生きていた人達が

 一瞬にしてその命を奪われたのだ。


 あの光景が脳裏に焼きついて離れない。

 命がいかに儚いものかということを

 僕は言葉などではなく、

 胸が張り裂けそうな悲しみによって知った。

 そして、心と体の奥深い部分で、

 自分の命も儚いのだということを悟った。

 命が儚いもので、

 そしてそれゆえどれだけ大切なものかということを。


私も西宮で被災した。

人の、自分の命の儚さを、大切さを感じたのも同じだ。

ただ、そこで何を感じで学んだのかが大きく違うようだ。


 ただ僕は、この世に生まれた証として、

 大きなことを成し遂げたいと思う。


三木谷さんは「大きな結果」を求めるようになった。

それまでの私は「結果」に大きなこだわりを持っていたと思うが、

阪神大震災を通して、「自己の弛まぬ成長」「悔い無き人生」を

追い求めるようになった。


出来事から何を感じ、学ぶのか。

それも含めて不思議な縁である。

そんな氣がした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-29 04:56:38

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09210

テーマ:企業家リーダーシップ
小倉昌男 経営学/小倉 昌男
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

堀義人学長曰く

「経営者が経営を語った本では最高のものの一つ」

だそうだが、私も全く同じ思いだ。

最高の経営書、最高のケーススタディだろう。


起業家リーダーシップの講義の予習のために再読したが、

本は付箋だらけでどこが重要かもうよく分からない(笑)。

それくらい、学びの多い活きた経営書だと思う。


常識を疑い、

業界外からも多くのことを学び、

自分の頭で考え、

それを実行する。

仮説検証やPDCAサイクルがきっちりと回っている。


一方、ロジカルな面だけではなく

国と戦う熱いパッションや身障者の自立に

後半生を賭ける優しさと思いやり。


経営者としても一人の人間としても

実に学びの多い方だ。


小倉昌男さんは生きていらっしゃる間に、

一度はお話を伺ってみたかった。



小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09200

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09151
小倉昌男 経営学/小倉 昌男 06316

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-28 04:28:04

21世紀の国富論/原 丈人 09209

テーマ:政治
21世紀の国富論/原 丈人
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★☆☆
書友ヒビキングさんに教えて頂いた本。
この原丈人さんの講演会に誘ってもらったものの、
他の用で行けなかった。
その際、この本が良かったよ、と聞いた。
本は信頼できる友人に教えて頂くのが一番。
だが。
この本とは出会う時ではなかったのかな。。。
期待値が高過ぎたのかな。。。
何だかあまりピンと来なかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-27 04:42:50

私はこうして発想する/大前 研一 09208

テーマ:大前研一さんに学ぶ
私はこうして発想する/大前 研一
¥1,500
Amazon.co.jp
★★★☆☆

「期待値マネジメント」は重要だ。

高いパフォーマンスを上げ続けている人は

周囲の期待値が高くなり続けることと

競争をしなければならない。

大前研一さんの本を読むときは、

実にワクワクしながら手に取る。

私にとって事前の期待値が高い方の一人。


・・・他の方の本ならもうちょっと嬉しかったかなぁ。。。

素直に、平常心で読めていない、というのは自分の学びの

妨げになるなぁ、とは思いつつも。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-26 04:45:12

新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人 09207

テーマ:企業家リーダーシップ
新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人
¥1,890
Amazon.co.jp
★★★★★

自分で書いてみて、

初めて「吾人の任務」を書くことの難しさを味わう。

頭の中ではかなり整理されていたと思ってたが、

言葉にし、紙に書き、人前で話す。

自分のことだが、自分よがりにならぬよう、

相手に伝わるように。

これが結構難しい。


だが、ビジョンを語る、ということは、

この難しいと感じることをし続けることなのではないか。

経営者の吾人の任務は会社の理念になりビジョンになる。

そして経営者はそれを語り続け

浸透させるまで繰り返し相手に伝える。


この大変なこと、面倒なことをを

愚直にやり続けることができるのが

経営者たる者の所以だろう。



新版 吾人の任務―MBAに学び、MBAを創る/堀 義人 09198



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-25 04:37:14

できる人の教え方/安河内 哲也 09206

テーマ:教育
できる人の教え方/安河内 哲也
¥1,365
Amazon.co.jp
★★★☆☆

社内講師のための予習だ。


 「教師たるもの五者たれ」


という言葉が良い。有名な言葉らしいが。


教える立場に立つ人は

 

 「学者」

 「役者」

 「易者」

 「芸者」

 「医者」


の要素を持たねばならぬ、というもの。


「易者」と「医者」が、ちょっと自信ないなぁ。。。



できる人の英語勉強法/安河内 哲也 08297
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-24 05:22:23

代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)/内村 鑑三 09205

テーマ:企業家リーダーシップ
代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)/内村 鑑三
¥1,050
Amazon.co.jp

★★★★★

企業家リーダーシップの必読書。

講義ではやはり、

 西郷隆盛
 上杉鷹山
 二宮尊徳
 中江藤樹
 日蓮上人


の5人の中から最も感銘を受けた人は誰か?

で手を挙げさせ、それはなぜか?

と言うことが問われた。


私は結局、中江藤樹を選んだ。


だが、最終日のDay6の「私の任務」の発表のため

改めて考えてみる。


中江藤樹のように世にはあまり出ず、

知や教育に没頭し、

徐々に周囲を感化していく、というのも魅力はある。


だが、ターンアラウンドマネージャーを目指す身としては、

ちょっと違う氣もしてきた。


でも上杉鷹山ほど、育ちは良くない(笑)。


となると、我がご先祖様達と郷里も近い、

二宮尊徳 が目指すべきロールモデルなのではないか。

読んでいたのが「大学」と「推理小説」と天地ほど差はあるものの、

子供の頃「本を読みながら歩く」ところはちょっとだけ共通している(笑)。


何しろ、破綻しかけた藩や村に呼ばれ、

自分もその厳しい環境にどっぷり浸かる。

そして率先して自ら汗を流し喜びも悲しみも仲間達と分かち合う。

ちょっとの「知識」と大いなる「人間力」を武器に

プロの再生請負人として困っている人たちを助け歩く。


私の理想はこの人かも。


よって、「私の任務」は

「現代の二宮尊徳になる」

とさせて頂いた。


彼我には計り知れない差はあるが、

諦めず精進を続けたい。

代表的日本人 (ワイド版岩波文庫)/内村 鑑三 09199

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-07-23 05:18:40

家弓正彦先生の仕事塾8 「交渉力」開催決定!

テーマ:セミナー 講習

家弓正彦先生の仕事塾8 「交渉力」開催が決定した。

副題が凄い。

「交渉力で成果を変える!タフネゴシエーターへの道!」

うーん、今回もそそられますなぁ。

毎回満員御礼でキャパオーバーのため、

今回から2回に分けてされるそうだ。

私も早速申込済み(9月9日で)です。

----------------------------------------------------

家弓正彦の仕事術シリーズ第8回目は

「交渉力」をテーマに致します。

前回の質問力に続いてビジネスパーソン必須のスキルですね。

いいところまでいったのに失注してしまったり、

値段交渉で敗れたり、

はたまた社内コミュニケーションで、自分の申請は

通らなかったのに、他のメンバーの同じような申請は通ったり、

そんないろいろな結果に影響してくる「交渉力」。

ここで体系的にインプットしていただければと思っています。

20年間コンサルタントという仕事を通じて、

いろいろな事象を整理し、アイディアを発想してきた

家弓が今まで培ってきたノウハウを整理し直し、

皆様に伝授します。

明日から仕事に早速生かせる講座になること必至です。

日時

9月9日(水) 19時~20時30分

料金

2,000円(税込み)

会場

フェニックスプラザ (@銀座03-3543-8118)



日時

9月17日(木) 19時~20時30分

料金

2,000円(税込み)

会場

八重洲ホール (@八重洲 03-3201-3631)


※本講座は全1回講座です。両日とも同一の内容です。ご都合のよい日程をお申込みください



講師


分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生
家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、

FA関連機器のマーケティングを担当し、

広くマーケティングの現場を経験。

その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。

経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。

戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン

(導入計画)までをカバーする。

同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、

マーケティングに特化したビジネスマン教育事業に取り組む。

中央大学非常勤講師(96~04年)、グロービス経営大学院教授など、

マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。

お申し込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-23 04:14:50

創造と変革の志士たちへ/堀 義人 09204

テーマ:企業家リーダーシップ
創造と変革の志士たちへ/堀 義人
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

今回の企業家リーダーシップの合宿

サイドリーディング等には指定されていなかったが、

堀義人学長のお話がゆっくり伺えるとあって、

この本で予習したくなった。


Day5(合宿の3日目の午後)が、

堀義人学長への質問タイム。

その前と後に一回ずつ読む。


素晴らしいと思った本の著者が目の前にいて、

質問に何でも答えてくれる。

こんなに幸せなことは無い。

とてもとても満足した。



創造と変革の志士たちへ/堀 義人 09145
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。