1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-05-31 04:39:47

小倉昌男 経営学/小倉 昌男 09151

テーマ:MBA/イノベイティブ・ストラテジー
小倉昌男 経営学/小倉 昌男
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★★

数多くの経営者の経営書を読んできたが、

この本を上回るものにはなかなかお目にかかれない。


今日のイノベイティブ・ストラテジーは

ヤマト運輸小倉昌男氏の

「クロネコヤマトの宅急便」立ち上げがテーマである。


いろいろと凄いこと、素晴らしいことはあるのだが、

今回特に印象に残ったのは

三越と松下の仕事を敢えてストップさせたこと。


経営戦略、マーケティングでは

セグメント、ターゲティング、ポジショニング

が大きくかつ重要なテーマだが、

ターゲティングを行う、ということは

ターゲティングに合わない顧客は、

たとえそれまでの重要顧客であっても、

切り捨てる、ということだ。


これは、理屈では分かっていても、

なかなか止めることができることではない。

「恩知らず、お前をだれが育ててきてやったのだ?」と

その顧客に言われることを覚悟せねばならない。

また、社内でもその顧客にベッタリ張り付くことによって

昇進した幹部や社員達の激しい抵抗もあるだろう。


小倉昌男さんは最後の

「経営リーダー10の条件」で

「論理的思考」を挙げていらっしゃるが、

論理で導き出した結論を、

その通りに実行実践する強い意志、

もその条件に入れなくてはならないなあ、

と感じた。




小倉昌男 経営学/小倉 昌男 06316
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-30 05:30:34

家弓正彦先生の仕事塾7「質問力」開催決定!

テーマ:セミナー 講習

家弓正彦先生の仕事塾第七弾の開催が決定した。


・・・危うくグロービス経営大学院の

「企業家リーダーシップ」の合宿と重なるところだった。。。


もちろん、今回も参加予定。

既に申し込み済み。


また、このブログをみて

申し込みをされる方がいらっしゃるかな?


皆さん、次回の仕事塾でお会いしましょう!



---------------------------------------------------------


家弓正彦の仕事術シリーズ第7回目は「質問力」をテーマに致します。

社内のコミュニケーションでも、はたまた営業の時でも、

「なかなか自分が知りたいことを相手が教えてくれない。」

「伝わらない」と思ったことはありませんか?
また、話をしている時に、相手のたった1つの質問で「ハッ」として、

今まであった霧が晴れたり、逆に反省したり、、、

そんな経験はありませんか?

この質問力にもロジックがあり、トレーニングで高めることができます。

このスキルを高めることで、日々のコミュニケーションを変え、

営業やマネジメントの効率をぜひあげていただきたいと思います。
20年間コンサルタントという仕事を通じて、いろいろな事象を整理し、

アイディアを発想してきた家弓が今まで培ってきたノウハウを整理し直し、

皆様に伝授します。

明日から仕事に早速生かせる講座になること必至です。

日時

7月15日(水) 19時~20時30分 全1回

料金

2,000円(税込み)

会場

フェニックスプラザ (東京都中央区銀座3-9-11 TEL:03-3543-8118)

講師


分譲マンション屋の読書日記-家弓正彦先生


家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、FA関連機器のマーケティングを担当し、

広くマーケティングの現場を経験。その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。

経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。

戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン(導入計画)までをカバーする。

同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、マーケティングに特化した

ビジネスマン教育事業に取り組む。中央大学非常勤講師(96~04年)、

グロービス経営大学院教授など、マーケティング分野での豊富な教職経験をも有する。

お申し込み



家弓正彦先生の仕事塾6「ビジュアルシンキング」を受講して


家弓正彦先生の仕事塾5「仮説構築」に参加!


家弓正彦先生の仕事術 No4 「ファシリテーション」に参加する


家弓正彦先生の仕事術「仕事がうまくいくプレゼンテーションとは」講座に参加!


家弓正彦先生の仕事術「問題解決のための3つのフレームワーク」を受講して



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-30 04:04:08

渡邉美樹のシゴト進化論/渡邉 美樹 09150

テーマ:自己啓発
渡邉美樹のシゴト進化論/渡邉 美樹
¥1,365
Amazon.co.jp
★★★★☆

久々の、渡邉美樹社長の本。


こんなにシンプルで、真っすぐで、

正論しか言わないで。

良い意味で「オトナじゃない男」。


素直に

「ああ、自分ももっと頑張んなきゃ」

と氣合の入る、一冊だった。



思いをカタチに変えよ!/渡邉 美樹, テラウチ マサト 05017

「ありがとう」の伝説が始まる時/渡邉 美樹 05293

夢に日付を! ~夢実現の手帳術~/渡邉 美樹 06076

父と子の約束/渡邉 美樹 08003

もう、国には頼らない。経営力が社会を変える/渡邉 美樹 08080

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-29 21:44:34

家弓正彦先生の仕事塾6「ビジュアルシンキング」を受講して

テーマ:セミナー 講習

昨日は恒例となった家弓正彦先生の仕事塾だった。

テーマは「ビジュアルシンキング」。


マインドマップやグラフが大好きなので、

今回もとても楽しみだった。


詳細はきっと家弓正彦先生のブログ

ロジックとパッションの狭間から。。。

でレビューされると思うので、所感のみ。



全ての事において、

上達の早道は「達人の技を盗む」ことだ。


それも、達人も「アウトプット」を真似するのではない。

「成果物」だけでは汲み取れないことが多い。


最も良いのは、

「達人のインプット」を研究すること。

達人は、どのような稽古、鍛錬、研究をしているのか。


今回の仕事塾の何が良かったかといって、

家弓正彦先生の「インプット」の過程を垣間見るとができたこと。

この仕事塾のクオリティの源泉を感じ取ることができたこと。


アウトプットが優れている方は

インプットも創意工夫がある、

というのは私の仮説だが、

また一つ証明された氣がした。



もうひとつ、達人に近づくコツは、

「達人と同じ空氣を吸うこと」。


そのためにも(笑)、

ちゃんと家弓正彦先生とは

そのあと飲みに行かせて頂きました。



なお、今回は「ブログを見て来ました」という方が

二人もいらっしゃった。

ネットでのきっかけがリアルな場での縁を引き寄せる。

毎日ブログを書いていて良かった、と思う一瞬だった。




家弓正彦先生の仕事塾6「ビジュアルシンキング」開催決定!

家弓正彦先生の仕事塾5「仮説構築」に参加!


家弓正彦先生の仕事術 No4 「ファシリテーション」に参加する


家弓正彦先生の仕事術「仕事がうまくいくプレゼンテーションとは」講座に参加!


家弓正彦先生の仕事術「問題解決のための3つのフレームワーク」を受講して

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2009-05-29 05:20:10

月刊 致知 5月号 09149

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌

月刊 致知 5月号

特集/執念

★★★★☆


松原泰道先生の「巻頭の言葉」がいい。

心に染み渡る。


 全力を尽くしている限り人生に無駄はない


 中国は唐の時代、禅僧・趙州和尚のもとに、

 一人の修行僧が教えを請いにやって来ました。

 趙州和尚が、

 「あなたはここへ初めて来たのか?」

 と問うと、僧は答えて、

 「はい、初めてまいりました」

 すると趙州和尚は言いました。

 「喫茶去(きっさこ)」(お茶でも召し上がれ)

 

 趙州和尚は、別の訪問僧にも同じことを尋ねました。

 その僧は、

 「いえ、以前にも伺ったことがあります」

 と答えましたが、趙州和尚は同様に勧めます。

 「喫茶去」

 

 このやり取りを見て、

 不思議に思った寺の住職が趙州和尚に尋ねます。

 「老師は、初めて来た人にも、以前来たことがある人にも、

  同じに『喫茶去』と言われました。これはどういうわけですか」

 すると趙州和尚はまたしても、

 「喫茶去」

 と答えたのでした。


 禅の思想は極めて象徴的で、

 言句(文字や言葉)を表面的に捉えると解釈を誤ります。

 喫茶去というからお茶にとらわれてしまいますが、

 趙州和尚は、ここへ初めて来たのか、

 以前ここへ来たことがあるのかと、

 未来でも過去でもない、

 「いま、ここ」を問題にしているのです。

 「いま、ここでお茶を召し上がれ」と。


 お茶を飲むということは、日常のありふれた行為です。

 しかしその日常の行為が、実は禅そのものなのです。

 お茶を飲むことだけではありません。

 ご飯を食べること、衣服を着ること、

 そうした日常のすべてが、そのまま禅なのです。

 

 多忙な現代人は、食事もお茶も、

 他のことをしながらいただいて「ながら族」になりがちです。

 しかし、何事も「ながら族」ではいけません。

 お茶を飲む時はお茶を飲むことだけに徹する。

 ご飯を食べる時も、衣服を着る時も、

 ただそのこと一つに徹してすることによって、

 人生の受け止め方も違ってくる。

 喫茶去とは、そのことを説いているのです。



武道の言葉に「常在道場」という言葉がある。

道場で稽古をしているだけが稽古ではない。

常に、一瞬一瞬が、稽古、合氣道そのもの。


 自分は回り道をしているとか、

 自分の本当の仕事は別にあるとか、

 何事も一時の腰掛のつもりで手を抜いてやっていると、

 必ず悔いが残ります。

 しかし、どんな仕事であれ、

 その時に全力を尽くしてやったことは、

 後で必ずプラスになって返ってくるものです。

 全力を尽くして取り組んでいる限り人生に無駄はない。

 これは、私の長い人生から得た持論です。


全力を尽くして、か。


自分に問う。

全力を尽くして、「一日一生」で生きているか。

最近、ちょっと自信がない。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-28 05:13:28

サマンサタバサ 世界ブランドをつくる/寺田 和正 09148

テーマ:ブランド戦略
サマンサタバサ 世界ブランドをつくる/寺田 和正
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★☆

研究プロジェクト

「ブランド構築」の参考書として。


寺田和正社長率いるサマンサタバサは

弊社にもテナントとしていくつかご出店頂いている。

なので、とても馴染みのあるブランドだ。


ブランド化するコツをいくつか語っていたが

面白いなぁと思ったのは

「商品のたたずまいが大事」

というところ。


たたずまい。

渋いことを言うねぇ。。。


「個人もブランド化すべし」

が私の持論だが、

人にも「たたずまい」

は必要だよな、そういえば。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-27 22:03:40

今日の水泳

テーマ:稽古・トレーニング

水泳は1ヶ月ぶり。


良い習慣を身につけるのは難しいものだが、

悪い習慣(=稽古や水泳をさぼること)は

あっと言う間に身体に染み付く。


確かにここの処体調が思わしくなかったり、

多忙だったりしたのだが、

全て言い訳だ。

1ヶ月の間、数日はなんとかやりくりできたはず。


稽古不足・運動不足

血行が悪くなる

頭が悪くなる

仕事も勉強も捗らない

忙しくなり時間が無くなる

稽古不足・運動不足


とこの悪循環に入るとなかなか出られない。


だが、どこかでこのスパイラルを断ち切ると、

すべてが逆に回りだす。


よし。

ここで強い意志を以って

「何かと理由をつけて稽古やトレーニングをさぼる」

という悪い習慣を、断ち切ろう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-27 05:16:33

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ/海堂 尊 09147

テーマ:リスクマネジメント
チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ/海堂 尊
¥500
Amazon.co.jp
★★★★★

「このミス」大賞の「このミス」とは

This mistakeかと思いきや、

「このミステリーがすごい!」大賞だった(笑)。

確か、どなたかにリスクマネジメントの参考書として

薦められて手に取ったのだが。

(教えて下さった方、本当にゴメンナサイ。感謝してます!)

だが、仕事を忘れ、没頭する。
特に下巻の急展開が息もつかせない。

あまり書くとネタばれに成るので止めておくが、

下巻途中、

「あれ?あと半分もあるのに

もう終わりそうな雰囲氣・・・」

と思いきやそこからもう何回か盛り上げる。


これがこの著者の海堂尊さんという現役の医者の

処女作、というから素晴らしい。


他の作品も読んでみたくなった。


チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ/海堂 尊 09140
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-26 04:19:18

心の中に火をつける50のヒント/中谷彰宏 09146

テーマ:中谷彰宏さんの本

心の中に火をつける50のヒント/中谷彰宏

★★★☆☆


巻末の一言がいい。


 いい言葉に

 出会えた日は、

 いい一日だ。

 いい言葉にまさる

 プレゼントはない。


その通りだなぁ。


「あ、このフレーズ!」

「あ、この1行!」

に出会うために、

私も幾多の本を読み続けている。


なぜ本を読むのか。

きっとその快感が忘れられないから。

また出会えることを信じて

今日も書に向かう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-25 04:36:38

創造と変革の志士たちへ/堀 義人 09145

テーマ:MBA
創造と変革の志士たちへ/堀 義人
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★
昨日はグロービス経営大学院の卒業式。
多くの大好きな仲間たちが卒業していった。
皆様の益々のご活躍をお祈りする。

このようなイベントは

「初心」を思い出させてくれる。

GMSからいれると今年で5年目、

グロービス経営大学院でも

単科生時代を含めると4年目。


どれほど素晴らしい機会を頂いているのか。

これほど長い間それが「日常」となると

時に忘れそうになる。


卒業式のような場と、

堀義人学長のこの本と。


「有り難いもの」が

氣が付かないほど当たり前に与えられている、

きっと世界で一番幸福な日々に

改めて感謝したくなった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。