1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-09-29 21:03:19

金融マンのためのこれ1冊でわかるデリバティブ・証券化商品入門 08267

テーマ:MBA/ファイナンス
金融マンのためのこれ1冊でわかるデリバティブ・証券化商品入門
¥2,520
Amazon.co.jp
★★★☆☆

「金融マンのための・・・」

だそうだ。


デリバティブや証券化の「商品」の説明書。


ファイナンスⅡで難しさを感じた

デリバティブの勉強には。。。

あまりならなかったかも。


きっと「金融のプロ」が読む本で、

私には「いろんな商品があるんだなー」

という程度だった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-29 00:49:43

今期のクラス

テーマ:MBA

散々考えた挙句、10月期は


アカウンティングII(管理会計)  昆 政彦先生
ファイナンシャル・リオーガニゼーション 廣瀬 聡先生
経営道場 安永 雄彦先生


の三科目とした。


アカウンティングⅡは。。。

まだ未受講です。

お金系は苦手だと思ってファイナンス同様後回しました(笑)。

昆 政彦先生、良い評判をしっかり確認の上、です。


ファイナンシャル・リオーガニゼーション(FRO)は予定外。

星野優先生のファイナンスⅠ、ファイナンスⅡで

すっかり苦手意識がなくなったこと、

また諸先輩の廣瀬聡先生の評価がメチャクチャ高く、

「総合格闘技!」との評にぐらっと来た(笑)のが理由。


経営道場は安永雄彦先生と吉田素文先生、

どちらも大変お世話になった先生なので、大いに迷った。

日程上安永雄彦先生に決めさせて頂いた。

安永雄彦先生の講義は人的資源管理以来 。とても楽しみ。

でも、初日は中国出張なのでいきなり振替。

吉田素文先生に浮氣をする(笑)。



一緒の方、よろしくお願い申し上げます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-28 22:41:53

致知 2008年9月号:特集「変化し、成長する」 08266

テーマ:致知/人間学を学ぶ月刊誌

cover0809.jpg


致知 2008年9月号:特集「変化し、成長する」

★★★★★


ミッションが変わり、ファイナンスⅡは想像以上に難解、

海外出張もある中とてもタフなこの3カ月だった。


この土日は娘の学校の文化祭もあり、

少々呆然とした中過ごしてしまった。


その中で、致知を読む。


今回も、塩沼亮潤住職をはじめ、

無茶苦茶凄い方ばかり。

この雑誌、いつも感心するのは

どうやってこんな方々を「発掘」するのだろうか。


世間には、隠れた偉人賢人が大勢いるのだなぁ。

ほんと、自分なんてまだまだ甘いよなぁ。

と反省させられること、しきり。


一息入れず、変化し、成長し続けよう。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-27 14:26:56

これだけは知っておきたい「金融」の基本と常識/永野 良佑 08265

テーマ:MBA/ファイナンス
これだけは知っておきたい「金融」の基本と常識
―金融業界の新入社員から中堅社員までこの一冊で十分!/永野 良佑
¥1,365
Amazon.co.jp

★★★★☆


ちょっと簡単すぎたかな?とも思いつつ、

でもかなり幅広い分野を丁寧に簡単な言葉で

説明しているので、頭の整理には良いかもしれない。


「金融って何?」という新入社員には

ぴったりかもしれないな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-27 14:07:52

人を10分ひきつける話す力/斎藤 孝 08264

テーマ:自己啓発
人を10分ひきつける話す力/斎藤 孝
¥1,260
Amazon.co.jp

★★★★☆


グロービス経営大学院 単科生オリエン
のために、行きの電車内で読む。

結果的にはこのような工夫を特に考えることなく、

単科生の皆さんにはしっかりと話を聞いて頂いた。


本書にもあるように、「人前で話す」というのは

本当に「慣れ」の部分が多いと思う。


分譲マンションデベロッパー時代にも

大勢の人前で話すことも多かったが

そのほとんどが「近隣住民説明会」。

反対看板に囲まれた現場や近所の集会所で

「俺の家を日陰にするな!」とかで

吊るしあげられることばかり。


世の中あれほど厳しい立場で

「人前で話す」こともほとんどないだろう。

私の社会人のスタートは「反対集会」の連続だったし

それが当たり前、と思っているので

ああいう前向きな、穏やかなところで

好き勝手を言えるのは実に氣持ちがいいもんだ(笑)。



人を10分ひきつける話す力/斎藤 孝 08135
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-09-27 13:48:56

グロービス経営大学院 単科生オリエンに参加して

テーマ:MBA
昨日、グロービス経営大学院の

単科生オリエンテーションがあり、

「大学院生による対談・質問会」の

コーナーに呼んで頂いた。

40人程度の単科生を前に、

大学院生活の具体的なイメージを伝えるべく

お話をしたり、皆さんの質問にお答えする、というもの。


グロービス経営大学院には大変恩義を感じているし、

事務局の皆さんの不断のご努力には敬意も抱いている。

またこの様なアウトプットをすることによって

自分の頭や氣持ちも整理されるので喜んでお引受けした。


対談頂いたグロービス社員でMBAの先輩のSさんの

名アシストや同じく社員のTさんの温かいフォローもあり

とても氣持ち良くお話させて頂いた。


すでに単科生に申し込みをされて、

大学院本科に進むべきかどうか、

というある程度コミットされた方々ばかりだったので、

皆さん食い入るように話を聞かれていた。

アンケートの結果も良かったようで、ホッとしている。


そうそう、最後に言い忘れていたが、

在校生として一番望みたいのは

多くの素晴らしい新入生が入ってきてくれること。

講義の大半は学生同士のワークやディスカッションであるため

志が高さや予習復習の深さが同程度でないと

お互い高め合うことができないし講義の価値を共有できない。

「なぜあなたはそんな凄い人なの??」

「どうしてあなたはそこまで頑張っちゃうわけ?」

と私を含めた諸先パイがビビるような新入生の入学を期待しています!


・・・入学前にあまり脅かさないように、

と事務局の皆さんに怒られるかな(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-27 13:18:30

家弓正彦先生の仕事術「仕事がうまくいくプレゼンテーションとは」講座開催決定!

テーマ:MBA/ビジネス・ファシリテーション

家弓正彦先生の仕事術「問題解決のための3つのフレームワーク」

を先日受講させて頂いたが、第二弾の開催が決定した。



-----------------------------------------------------------

うまくいくプレゼンテーションのコツを伝授します!


家弓正彦の仕事術シリーズ第2回目は多くのビジネスパーソンが

苦手意識の高いプレゼンテーションについて、

コンサルタント歴20年の家弓が今までの経験を

凝縮して皆さまに伝授します。

明日からのプレゼンのやり方、考え方が変わる。

そんな講座になること必至です。

明日からの仕事を変えたいあなたに絶対おすすめ!

コンサルタントの仕事術をぜひ盗みとってください。


日時

10月22日(水) 19時~20時30分 全1回


料金

2,000円(税込み)


会場

フェニックスプラザ (東京都中央区銀座3-9-11 TEL:03-3543-8118)



講師


家弓 正彦 氏 かゆみ まさひこ
(株式会社シナプス 代表取締役)

1959年生まれ。松下電器産業株式会社にて、

FA関連機器のマーケティングを担当し、

広くマーケティングの現場を経験。

その後、三和総合研究所を経て、有限会社シナプスを創設。

経営戦略、マーケティング戦略を中心としたコンサルティングに従事。

戦略構築から、現場へのインプリメンテーションプラン

(導入計画)までをカバーする。

同時に、「マーケティング・カレッジ」を立ち上げ、

マーケティングに特化したビジネスマン教育事業に取り組む。


お申し込み

こちらから!

-----------------------------------------------------------


グロービス経営大学院の友人のGさん(シナプスさん社員)から

ご連絡を頂戴し、早速、申し込ませて頂いた。


家弓正彦先生はグロービス経営大学院でも大人氣講師だ。

本講座はシナプスさんや家弓正彦先生の

ブランディングを目的としているので、

きっと幅広い方の参加が望ましいのだろう。

マーケターの端くれの私はそこまで深読み(?)し、

元同僚を連れていくことにした。


どうしても行きたいグロービス経営大学院の皆さんは

G生以外の友人知人を同伴しましょう!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-25 12:51:14

M&A時代 企業価値のホントの考え方/保田 隆明 08263

テーマ:MBA/ファイナンス
2008-09-24 23:38:25

MBAゲーム理論/鈴木 一功 08262

テーマ:MBA/ファイナンス
MBAゲーム理論/鈴木 一功
¥2,940
Amazon.co.jp

★★★★☆


明日はいよいよファイナンスⅡの最終日。

レポートにも力が入る、と言いたいところだが、

ケースを含め、すべての資料を会社に置き忘れる(笑)。

もうほとんど出来ているし、まぁいいか。


氣を取り直して、本書を読む。

ファイナンスⅡの最終レポートは

CSXとノーフォーク・サザンという両社が

コンレールという会社を巡って買収合戦を行う、

というお話。


その「買収合戦」のエッセンスに、

ゲーム理論があるような氣がして

再読した。


オークションのところなど、

かなり参考にはなったが、実際使うときに、

確率で計算をするために

ある行動を数量化することが必要になる。

でも、この「数量化」って、

実に難しく、結果を左右する肝だなぁ、と感じた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-23 12:43:48

「坂の上の雲」に隠された歴史の真実/福井 雄三 08261

テーマ:歴史
「坂の上の雲」に隠された歴史の真実―明治と昭和の虚像と実像/福井 雄三
¥599
Amazon.co.jp

★★★★☆

上海人さんお勧めの本。


彼からのメールを引用させて頂くと(勝手にごめん!)


>「坂の上の雲」は名著であるが、事実誤認もある部分があり、
>且つ、あまりにもベストセラーであり、来年ドラマ化されることで
>それが史実として定着しないかを懸念して、
>戦史の分析等を踏まえて検証した本。

>小生も乃木大将暗愚論に陥っていたが、
>目を覚まさせてくれる解説であった。
>坂の上の雲では、乃木は戦下手、でも人間的には魅力ある、
>と表現されていたが、
>伊地知参謀に至っては、ケチョンケチョンにこき下ろしており、
>それが定説となっているとも見られる。
>この定説を構築するに寄与しているのが、
>「坂の上の雲」であり、司馬遼太郎の先入観を検証している。

>加えて著者の憂国の念も披瀝されており、一読に値すると思います。
>D.S氏もお勧め(既に読んでいた)されている一冊です。

>補足:坂の上の雲は名著であることは揺らぎなく、
>明治期の日本の活力、世界での地位を余すところなく伝える良書です。
>一部、陸軍の旅順攻防戦に於いて事実誤認があり、
>それを質すというものです。
>坂の上の雲は、「・・歴史の真実」を読んだ後も好きな本で
>あることに変わりありません


まさにご指摘どおりの本だった。


敢えて言うならば、
「乃木将軍の採用した戦略は正しい」
という説の具体的な補強が欲しかった。


司馬遼太郎は戦略戦術的には素人、
と言い切っているので、では著者はどうかと
経歴を見てみたら
「専攻は国際政治学、近代近現代史」
とあり、小説家と似たり寄ったりなのでは?
と思ったのは私だけだろうか。


先日、「リーダーシップ開発演習」の講義が終わったが、
そこでの学びの大きなものとしては
「事実は人の数ほどある」
ということ。


同じ事実でも立場が違えば、見る人が違えば
「思いの窓」を通すことにより大きく異なって見える。

今現在のことや、つい最近のことでも
そのようなことが起こるのだ。


ならば、「歴史」も人の数ほど歴史がある、
とも言えるのではないか。


余程の勘違い、誤認が無い限り
「お前の史観は間違っている!」
と言い切ることの怖さ、危うさ、無意味さ。
そのようなことを感じた本だった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。