1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-06-29 20:33:32

<業界の最新常識> よくわかる医療業界 (業界の最新常識)/川越 満 08173

テーマ:MBA/経営戦略
<業界の最新常識> よくわかる医療業界 (業界の最新常識)/川越 満
¥1,365
Amazon.co.jp

★★★☆☆


明日は経営戦略の最終日。

アメリカでのEMIによるCTスキャナー開発の話なのだが、

レポートを書いていても、もう一つ何かが足りない。


業界知識でも得たら何か見えるかな、

と思い本書を借りてくる。


同じ医療業界でも日本とアメリカでは

だいぶ環境が異なりそう、ということは分かった。

あと、政治的な影響を受けやすい、ということかな。


結果的にはレポートの参考には

あまりならなかったかも。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-28 23:13:38

最新「ファイナンス」とケース分析/池羽 太郎 08172

テーマ:MBA/ファイナンス

最新「ファイナンス」とケース分析/池羽 太郎

★★★★☆


明日はとうとうファイナンスD6。

レポートはもう仕上げて、

明後日の経営戦略の仕上げに入っているが、

出張の帰り道に「ついで」のつもりで読んだ。


お陰様で、レポートの中で

ベータの考え方の

結構重要な間違いに氣がついた。

悪あがきはするものだ(笑)。


なかなか分かりやすくていい本だな。

シリーズの他の本も読んでみよう。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-27 23:45:36

人徳の研究―「水五則」に学ぶ人間の在り方//松原 泰道 08171

テーマ:自己啓発
人徳の研究―「水五則」に学ぶ人間の在り方/松原 泰道
¥550
Amazon.co.jp

★★★★★


再々読。


出張の出掛けに、本棚をざっと見て

手に取った一冊。


不思議なもので、直感で選ぶ本は過つことがない。

自分に一番必要としているものを

どこか無意識に感じとるのか。


 「水は、方円に従う」と学びました。

 自分の置かれた容器が

 たとえ小さくて不満な形であっても、

 その容器を充実して、すなわち、

 職場に欠かせない人間になろうと努力するなら

 「流れに随って、流れに任せない」

 つまり流れを超え、流れをリードする

 大きな人物に成長するのです。


 第二次世界大戦後、

 A級犯罪人に問われて刑死した広田弘毅は、

 日本のすぐれた外交官であり、

 政治家でした。


 総理大臣にもなった大人物ですが、

 彼は若い頃、外務省の人事異動で、

 大使からオランダの公使に

 落とされたことがあります。


 友人たちは、彼の悲運を慰めますが

 彼は辞令を受け取って少しも動揺しません。

 むしろ、友人を慰めるかのように、

 一首の俳句を作って示します。



 風ぐるま風が吹くまで昼寝かな



 風車は風力で回るもので、

 風車にエンジンはありません。

 どのように精巧な風車であっても、

 風がない限り、自分で回ることはできないのです。

 

 広田弘毅は、それを、

 「風が吹くまで昼寝かな」

 と吟じるのです。


 あせったり、悔やんだりのやきもきする

 氣持ちが、左遷という悲運で濾過されるのです。

 風車は、広田の新しい赴任地オランダの名物です。


 彼は、巧みに名物の風車をあしらって

 「待つことのできる」

 人間に自分を成長させるのです。

 彼は無情の風車の説法を聞き得たと

 言えるでしょう。


 

「精進すること」と

「焦ること」「無理をすること」は、

決して同じではない。


決して追い風ばかりじゃない。

長く生きていれば逆風もあれば無風もある。

ここ最近、ちょっと焦りすぎていたかな。



人徳の研究-「水五則」に学ぶ人間の在り方/松原 泰道 05341
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-24 23:45:53

ビジネスに活かすファイナンス理論入門/野口悠紀雄 08170

テーマ:MBA/ファイナンス
野口悠紀雄
ビジネスに活かすファイナンス理論入門
ここまでは知っておきたい基本

★★★★★


再々読。

前々回よりも、前回よりも、

断然中身がよく理解できるようになっている。

こういうことを実感できると、勉強がたまらなく楽しく感じる。


今回面白いなぁ、と思ったのはここ。



 「日本人はリスクを取りたがらないから、

  新しい可能性に挑戦できない」

 といわれることがある。

 「日本経済が不調なのは個人がリスクを

  取ろうとしないためであり、

  日本経済の活性化のために、

  個人がリスクに挑戦すべきだ」

 という考えだ。


 しかし、この考えは間違っている。

 個人は、生活の安全を確保しなければならないから、

 もともとあまり大きなリスクは取れないのである。


 (中略)


 では、企業も分散投資に従って

 リスクを回避すべきだろうか?

 さまざまな事業内容を手がけることは

 企業の価値を高めるであろうか?

 最近「選択と集中」ということが言われるが、

 これと事業多角化のどちらが正しいのか?


 実は、個人が分散投資で消すことが出来るリスクを

 企業の段階で事業多角化によって消すことは意味がない。

 なぜなら、企業がいくら多角化したところで

 分散しうる程度には限度があるからだ。

 個人がさまざまな株式を購入して

 ポートフォリオを組む方が、はるかに容易に

 リスクを分散することができる。


 それに、もともと株式会社にに有限責任の

 特権が与えられているのは、

 株式会社がリスクに挑戦することを

 容易にするためのものだ。

 株主の責任は有限なので、

 仮に会社の事業が失敗しても、

 保有株式の価値がゼロになるのが

 株主にとっての最悪の事態だ。


 つまり、株式会社とは、

 事業が失敗した場合に倒産ができるように

 設計された仕組みなのである。


 (中略)


 だから、企業はリスクに挑戦しなければならない。



ああ、そのとおりだ。


「会計戦略」の発想法/木村 剛 06077


で学んだ株式会社の生い立ちの話を思い出した。



ビジネスに活かすファイナンス理論入門/野口悠紀雄 07103

ビジネスに活かすファイナンス理論入門/野口悠紀雄 06135

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-23 23:22:51

マーケティングの心理学/重田 修治 08169

テーマ:MBA/マーケティング
マーケティングの心理学 (PHP文庫 し 36-2)/重田 修治
¥500
Amazon.co.jp
★★★★☆

再読。


今書いているレポートで、

「あまりにすごいものを発明してしまったので

 それを手放すに手放せない」

という状態に陥っている企業がある。


そんな状態、心理学的に言うと

なんて言うのだったっけな~

と思いだそうとしたが思い出せず。


そういえばこの本に書いてあったっけ、

と手に取る。


そうそう、

「自己正当化」

「認知的不協和の解消」

だ。


でも、これはMBAのレポートには不適当かな~(笑)。



なぜか買ってしまうマーケティングの心理学/重田 修治 07331

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-22 10:38:28

私でも面白いほどわかる国際金融 08168

テーマ:資産形成

私でも面白いほどわかる国際金融

★★☆☆☆


部屋の片づけをしていたら、

発掘(笑)された本。


「為替って何?外貨って何?」

という人が読むような本かも。


分かりやすさを優先して

「ちょっとこの表現はどうよ?」

というところも散見された。


発見は(そんなことも知らなかったのか、というべきか)

口座を持っている中国工商銀行の支店が

日本にあった、ということ。


ドルやユーロでは飽き足らず(?)、

中国に行った際に元建ての口座を作ったのだが、

そうそう口座のチェックをしに行くわけにもいかず、

それきりになっていて少々氣にはなっていた。


大手町にあるらしい。

通帳記入に行ってみよう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-22 04:22:47

MBA経営戦略/グロービスマネジメントインスティテュート 08167

テーマ:MBA/経営戦略

MBA経営戦略/グロービスマネジメントインスティテュート 

¥2,940

Amazon.co.jp


★★★★★

「経営戦略」も「ファイナンスⅠ」同様、いよいよ大詰め。

レポート会も充実したものとしたい。


D6はEMIのCTスキャナー開発と市場投入がケース。

ビートルズで大儲けしたEMIは、そのキャッシュを使って

医療界に革命を起こしたCTスキャナーを発明する。

音楽レーベルが不慣れな医療機器?というところが

今回のレポートの随所で係ってきそうな予感。


再来週提出するレポートも、

もうほぼ粗筋は書けたのだが、

勝負はここから。


如何に自分が書いた文章に対して

冷静に突っ込みを入れられるかどうか。

「Why? SoWhat? True?」で

トコトン自分のレポートを否定できるか。


でもどこまでも否定し続けると

完全に壊れてしまうので(笑)

どこで「見切り」をつけて再構築に転ずるか。


レポート作成はその見極めが難しく、面白いところ。


でもその「破壊と再構築」を繰り返し行えたレポートほど

納得感は高くなる。

「肯定と否定」積み重ねは、客観的な成績とも相関する。


となると、やはり、

如何に早い段階で「たたき台」を仕上げるか?

がレポート作成のKSFだろうか。


これは仕事にも通じるかなぁ。


・・・ということで、「自らのレポートに突っ込み」

を入れるべく、本書を再読。


レポート作成に当たって

自分に欠けていた視点を再チェック。

付箋だらけになった(笑)。

MBA経営戦略/グロービスマネジメントインスティテュート 08099

MBA経営戦略/グロービスマネジメントインスティテュート 07284

MBA経営戦略/グロービスマネジメントインスティテュート 06133
MBA経営戦略/グロービスマネジメントインスティテュート 05259

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-21 04:44:11

基礎からのコーポレート・ファイナンス/古川 浩一 08166

テーマ:MBA/ファイナンス
基礎からのコーポレート・ファイナンス/古川 浩一
¥3,990
Amazon.co.jp

★★★☆☆


ファイナンス最終レポートのための、

ファイナンス本カタメ読み第ウン弾。


グロービスに通っていると、

グロービスの用語の使い方に全く慣れてしまうが、

いろいろな本を読むと、

また違ったファイナンスに触れられて面白い。


でも、思うのはやはりグロービスの教科書の

出来の良さと完成度の高さ。


やっぱり、この本の密度は凄い。


MBAファイナンス/グロービスマネジメントインスティテュート
¥2,940
Amazon.co.jp
★★★★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-20 04:16:09

Suica、Edy、ICOCA電子マネー・ビジネスのしくみ/竹内 一正 08165

テーマ:流通
Suica、Edy、ICOCA電子マネー・ビジネスのしくみ/竹内 一正
¥1,470
Amazon.co.jp
★★★★☆

世の中に、なくてはならない

存在となった電子マネー。


ただ、若い女性向けのファッションビルでは、

「スピーディな少額決済」はあまり求められないため、

今はしばらく様子を見るべき、と考えている。


でも、近い未来、

その状況も変わるかもしれない。

各サービスの「どこが勝つのか?」は

注視すべきであろう。


ざっと概要だけでも押さえておこうと思い、手に取る。


まず驚くのが2006年8月の本なのに、

内容が多少古く感じられるところ。

たった2年弱で、新規参入や合従連衡も含め

ここまで変わるか。


今回一番の収穫は

クレジットカードビジネスの仕組みを学べたことか。

クレジット担当になっておきながら、

実はあまりよく分かっていなかった

*イシュア/会員を募集し、会員に利用代金の請求を行う

*アクワイアラ/加盟店獲得を行う

を言う言葉の意味が分かったことかも。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-19 21:11:52

実践 コーポレート・ファイナンス―企業価値を高める戦略的財務/高橋 文郎 08164 

テーマ:MBA/ファイナンス
実践 コーポレート・ファイナンス―企業価値を高める戦略的財務/高橋 文郎
¥2,520
Amazon.co.jp

★★★☆☆


そろそろ、4月期も大詰め。

今回はコアクラスを二教科取る、

という自分にしてはハードな受講をしているが、

今のところ、ファイナンスも経営戦略も

とてもいい感じで講義に臨めていると思う。


ファイナンスはあともう一息、

「ファイナンスの海」にどっぷり浸かりたいところだ。


大学院で参考になりそうなファイナンス本を

片っ端から借りてきた、その一冊。


・・・可もなく不可もなく、

という感想。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。