1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-04-27 19:26:54

引越しの準備で思ったこと

テーマ:ブログ

実はこの30日に引っ越します。

人様の家を散々作らせて頂いてきたのに、

自分は7年も社宅住まいを続けておりました。

とうとう、その社宅を脱出します。

でも、新居は、残念ながら新築分譲マンションではありませんドクロ

隣の市の賃貸マンション(いわゆる分譲貸し)です。

分譲マンション屋を名乗るお前はなぜ買わないのかって?

それはまたおいおいと(笑)。


学生時代、友人達の引越しは

ほとんどすべて仕切ってきたこともあり、

引越し自体はお手の物、である。


でも、今回、元CS推進責任者として面白い発見をした。


引越しに伴い、様々な契約や住所変更、

解約をしなければならない。


・電氣

・電話
・水道

・ガス

・ネット

・新聞

・クレジットカード


とスムーズに、電話だけで事が足りた。

電氣等は立会も必要が無いらしい。

あと、今回は使わなかったが

引越し会社でワンストップで諸手続きも済ませられる

http://www.0123onestop.com/

というのもある。

世の中便利に、CS志向になったものだ。



で、ちょっと驚いたのが


・郵便


お近くの郵便局までお越しください、とのこと。

民営化してもこういうところを変えてくれなきゃなぁ、

やっぱりお役所仕事だよなぁ。

でも最近は役所も電子化が進んでいるし。

でも、どうよ。


で、一番驚いたのが


・スポーツクラブ


再三電話をして頼み込んだのだが

「来てくれないと話になりません」

とのこと。

仕事も学校も引っ越しの準備も忙しいのだが。。。


でも仕方無いので、

今日なんとか時間を作っていってみたら


「解約に1050円必要です」


おいおい、出頭させて金まで掛かるのかよ叫び


なぜ電話、せめて郵送で解約できないのか?

他のサービスは郵便局以外OKだったのに。

なぜ出頭させてまで解約料が必要なのか?

解約料を支払った後味の悪さからすると、

1050円を払わせる経済的価値、意味があるのか?

と窓口の彼に質問してみたが全く埒があかなかった。


業界大手のR社さん、

あまりに供給者論理な、

非CS的サービスだと思いませんか?

これまで楽しく使わせて頂いてきたのに、

非常に残念。


こういう細かいオペレーションで

顧客やファンを失うのだなぁ、

とわが身を振り返ると、とても恐ろしくなる、

学びの大きい現実でのケーススタディでした。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-04-27 17:15:14

変人力―人と組織を動かす次世代型リーダーの条件/樋口 泰行 08115

テーマ:MBA/組織行動とリーダーシップ
変人力―人と組織を動かす次世代型リーダーの条件/樋口 泰行
¥1,575
Amazon.co.jp
★★★★★

ダイエーの前代表取締役社長の

樋口泰行さんの本。

ダイエー時代の499日を

「チェンジリーダーとはどうあるべきか」

という視点で綴る。


 揺るぎない軸を持って

 社内の固定観念を打ち破る力、

 サムライにも似た気概で修羅場をくぐり抜ける力、

 熱き言葉で信念を伝え続ける力

 を総称して「変人力」としている。


変人さ、では人後に落ちない自信があるが(笑)、

単なる変人ではなく、周囲を巻き込み変革を

成し遂げるエネルギーを「変人力」と言っているのだ。


 今、こうした二つの経験を振り返って強く感じるのは、

 修羅場のリーダーには、

 オペレーションの能力以上にエモーショナルな

 能力が必要だということである。

 すなわち、周囲が何を言おうとも

 自分の信念を貫き通す力、

 底知れない執念で変革をやり遂げる力。

 言わば「変人力」とでも呼ぶべき力が

 チェンジ・リーダーに求められているのである。


そうそう。

小手先の知識やテクニックは

修羅場には役に立たない。

MBA課程ももう終盤戦だけど

その途中で、「人・物・金」のなかでも

圧倒的に「人」が大事だと強く確信するようになった。

たとえどんなに自分が優秀であっても

周囲を巻き込まなきゃ何も始まらない。


 このような組織の中で改革をやり遂げようとすれば、

 リーダー自身が一にも二にも、

 自分ならではの座標軸を持つことが大切である。

 そして、王様が立派だと信じ込んでいる

 社員たつに向かって

 「王様は裸だ!」と語り続けることである。


出向前に、大学院の友に頂いた言葉を思い出す。


 君子は和して同ぜす


同化しないことには強い自信があるのだが(笑)

和とのバランスが実に難しい。

ズーニーさんの本の通り、

正論ばかりでは相手に嫌われ過ぎるばかりだし。


会社は頭から腐る/冨山 和彦 08001

を思い出させる、変革時のリーダーシップの

よき先輩達からの貴重なメッセージと受け取った。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-26 22:36:31

MBAファイナンス/グロービスマネジメントインスティテュート 08114

テーマ:MBA/ファイナンス
MBAファイナンス/グロービスマネジメントインスティテュート
¥2,940
Amazon.co.jp
★★★★★

明日のファイナンスⅠのDay2の予習として。


今回で5回目のはずなのだけど、

なぜかいつも新鮮な氣分(笑)。

悪く言えば何回読んでもなかなか覚えられない、

良く言えば問題意識がその時その時で変わる、

ということか。


同時受講の経営戦略のアタマが

今回のファイナンスⅠ受講に大きく影響しているなぁ

と感じる。

時折、経営戦略の視点で読んでいる自分に氣付く。


今回は、巻末近くの

「プロジェクトの評価マトリクス」

は手持ちフレームワークとして頂戴した。

こんな便利なものがあったなんて。



MBAファイナンス/グロービスマネジメントインスティテュート 08090
MBAファイナンス/グロービスマネジメントインスティテュート 07140
MBAファイナンス/グロービスマネジメントインスティテュート 07098

MBAファイナンス/グロービスマネジメントインスティテュート 07027

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-25 21:33:38

業務改善の考え方進め方/森谷亘暉 山下福夫 08113

テーマ:経営

業務改善の考え方進め方/森谷亘暉 山下福夫

★★☆☆☆


本棚から発掘される(笑)。

いつ手に入れた本だろうか。

大昔に長兄にもらったような氣がする。


昭和62年の本なので、

相当内容が古く、

OAとかMISとか懐かしい言葉が

多く出てきた。


ツールは世の変化によって

移ろうものなのだろうけど

考え方は盗めるところが無いかな。。。

と思いながら読み進んだのだけど、

グロービスMBAシリーズなどに

読みなれている身にはちょっと物足りないかも。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-24 05:16:15

流通革命の真実―日本流通業のルーツがここにある!/渥美 俊一 08112

テーマ:流通
流通革命の真実―日本流通業のルーツがここにある!/渥美 俊一
¥1,890
Amazon.co.jp
★★☆☆☆

うーん、著者が凄い人なのは良く分かるが

相変わらず自慢話のオンパレードの本だな。

もう一冊借りてしまっているのだけど、どうしよう。。。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-24 05:10:24

日本国債〈下〉 (講談社文庫)/幸田 真音 08111

テーマ:MBA/ファイナンス
日本国債〈下〉 (講談社文庫)/幸田 真音
¥600
Amazon.co.jp

★★★★★


日本国債〈上〉 (講談社文庫)/幸田 真音 08101


に引き続き、下巻を楽しむ。


フィクションのはず、だが

現実よりもリアルに感じる。


強固磐石に見える

「日本株式会社」のシステムなんて

所詮この程度の砂上の楼閣なのかなぁ、

なんてとても不安にさせる本だった。


債券のプロではないので良く分からないが

「相場」や壮大な「仕掛け」の部分の

ディテールは真に迫っている。

でも、その「動機」の部分が若干強引だったかも。

これ以上書くとネタバレなので書けないけど(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-23 05:46:30

シマノ 世界を制した自転車パーツ/山口和幸 08110

テーマ:MBA/経営戦略

シマノ 世界を制した自転車パーツ

堺の町工場が「世界標準」となるまで/山口和幸

★★★★☆


最近、自転車ネタの本が多い。


サクリファイス/近藤 史恵 08059

ただマイヨ・ジョーヌのためでなく/ランス アームストロング 08075


に引き続き、三冊目だ。


今回は、来週月曜日の経営戦略の講義の予習のため。

次回のテーマの企業は、自転車パーツで世界を席捲した

「シマノ」である。


小中学生の頃、自転車小僧だった。

お年玉などを必死に貯金し、

当時の最新式だった自転車

「ロードマン コルモ」を

買った時の感動はいまだ忘れない。


伊豆半島を一周したり、箱根を超えたりの

長距離サイクリングにも出かけた。

またメカにも興味を持ち、部品を自分で取り換えたり

一つ一つのパーツに分解したりもした。


今回の本で何が驚きだったか、

というとあの当時から自転車は

とても進化をしている、ということ。

STIというブレーキレバーで

変速までできてしまうなんて。


達成感を味わいたくて峠を走るのが好きだったが、

何が怖いっていうとギアを落とす瞬間。

ギアを変えるために変速レバーに手を伸ばすために

ハンドルから手が離れると、ハンドルが暴れ出す。

また、ちょっとチェーンのテンションを緩めないと

ギアはスムーズに変わってくれない。

その時、思わず足をついてしまうことが何度もあった。

「一度も足をつけず、ノンストップでこの峠を越えたい」

と思っていた私はどれほど悔しかったことか。


今ではそんな心配をしなくてもいいらしい。

著者がスポーツライターのためか、

そのようなディテールの描写は

「元自転車乗り」には堪らなかったが、

「経営戦略」のヒント、という初期の目的からすると、

??だったかも。

でも面白いからOK。


・・・自転車、欲しいなぁ。

これ以上遊んだら、まずいよなぁ(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-22 05:40:38

経営戦略論/石井 淳蔵 08109

テーマ:MBA/経営戦略
経営戦略論/石井 淳蔵
¥3,150
Amazon.co.jp
★★☆☆☆

本棚の奥から発掘された(笑)。

どうやら、大学時代の講義の教科書らしい。

パラパラめくったら大学院の講義にも

使えそうだったので読んでみる。


1985年の本だが、今の経営戦略の本と

言っていることはそれほど変わらないなぁ、

というのが印象。


ポーターだとかチャンドラーだとか

ドラッガーだとか。

引用している元ネタ本が変わらないのだろう。

でもこの当時は何だか英語を

そのまま訳しました、という感じの箇所が多く、

なんとなく読みづらい。


変わったのは表現の方法、

説明の方法だろうか。

戦略論の分かりやすさは

この20年間で進歩しているなぁ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-21 04:59:57

話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる!/山田 ズーニー 08108

テーマ:自己啓発
話すチカラをつくる本―この一冊で想いが通じる! (知的生きかた文庫 や 25-1)/山田 ズーニー
¥500
Amazon.co.jp
★★★★★
あなたの話はなぜ「通じない」のか/山田 ズーニー 08039
で味をしめた山田ズーニーさんの本を
空港の本屋さんで見つける。

相変わらずのシンプルさ。

だけど(だからこそ)凄まじい説得力。


今回、痛かったのはここ。


 正論が通じない理由はのひとつは、

 正論を言うとき、自分の目線は、

 必ず相手より高くなっているからです。


 相手は、正しいことだからこそ傷つき、

 でも正しいから拒否もできず、

 かといって、すぐに自分を変えることもできず、

 「わかっているのに

  どうして自分は変われないんだ」

 と苦しむことにもなりかねません。

 正論は相手を支配します。


 ですから相手はあなたを

 「自分を傷つける人間だ」

 と警戒します。

 そう、あなたの「メディア力」が

 下がってしまいます。

 だから、あなたの言う内容が、

 どんなに正しく、相手の利益になることでも、

 相手は耳を貸そうとしないのです。


うーん、全くその通り。


中村知哉先生の

「組織行動とリーダーシップ」を思い出す。

変革には時間がかかる。

人はそんなに器用に変われないのだ。

では自分が出来ることは何だろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-20 19:04:40

ザ・ショッピングセンター/倉橋良雄 08107

テーマ:流通

ザ・ショッピングセンター/倉橋良雄

★★★★☆


同僚がSCアカデミーに入学。

数カ月かけて、ショッピングセンターについて学ぶのだそうだ。

働きながら学ぶというのは素晴らしいことである。

また、彼にはいろいろと教えてもらいたいし、

業務との両立も頑張って頂きたい。


私がしきりにSCアカデミーに興味を示すので

そのSCアカデミーで課題書となっている本を

彼が貸してくれた。


玉川高島屋という日本で初めての

郊外型SC、RSCの開発物語である。


情報取得から社内調整、

土地の買収、近隣交渉、

そして涙の着工。

その後の工事の苦労や

やっとの竣工など、開発に伴う面白い話が読めた。


やっぱり自分はデベロッパーなんだなぁ。

こういう話を読むと氣分が高揚するね。

分譲マンションの場合は良くも悪くも売り切り、だけど

SCの場合はその後発展させていく面白さもあるのだ。

竣工時に勝敗が白黒つかないのもまた趣深いね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。