1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-10-31 18:22:33

先哲が説く指導者の条件 『水雲問答』『熊沢蕃山語録』に学ぶ/安岡 正篤 06302

テーマ:安岡正篤先生に学ぶ
安岡 正篤
先哲が説く指導者の条件 『水雲問答』『熊沢蕃山語録』に学ぶ
★★★★☆

再読


やはり指導者として、よりも教育論として読んだ方が、いい。


前回、印象に残ったのは


 そこで、しからば親父はどうすればいいかというと、

 聖人もお互い同士の子供を取り替えて教えた。

 そこに師友、師と友の大事な意義がある。

 良い師につける。

 良い友を与える。

 そして、親は、悪まずしてしかも厳である。

 厳とは、子に厳しいことよりも自己に厳しくすること。

 子供に親らしくない、父らしくない姿を見せないことが

 大事だと言うておるのであります。


だったが、今回は、


 大石内蔵助の中国版にしたような人で、

 晋の時代に謝安という名宰相がおった。

 非常に偉い人で、奥さんも賢夫人であったが、ある日その奥さんが、

 「あなたはちっとも子供を教えてくださらない」

 と言う。すると謝安は、

 「いや、わしは年中教えているつもりだがな」

 と答えたと言う有名な逸話がある。

 そのように、本当の家庭教育というのは、

 親そのものの普段の態度、姿勢次第なのであります。


だ。


親が子を見る以上に子は親を見ている、ということだ。

家の中くらい一息つかせてほしいのが本音だけれど、

・・・頑張ろう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-31 18:05:28

一生懸命って素敵なこと/林 文子 06301

テーマ:自己啓発
林 文子
一生懸命って素敵なこと
★★★★★

失礼ながら、その売り方ではモノは売れません
/林 文子 05223
★★★★★

も良かったが、この本も素晴らしい。


なんというか、読んでいて背筋が伸びると言うか、

「今日もお仕事頑張ろう!」と思える良い本だ。


 会社という組織に属していると、往々にして勘違いしがちなことがある。

 自分は支店長なのだから、その受け持った支店のトップなんだからと、

 それだけでうぬぼれることだ。

 しかし、そういう支店長では、しょせん名ばかりだと私は思う。

 いくら自分がトップだ、上司だと意見を押し付けたところで、

 実際に下の方が受け止めてくれるかどうかは分からない。

 部下から認められて、尊敬されるには、

 まさに自分の仕事ぶり次第であるという、謙虚さが必要だ。

 私はまさにそういう気持ちだった。

 人間的な共感をもってもらわないと仕事は、

 うまくいかないものだ。


 「皆さんのおかげで支店長をやらせていただいているし、

 ともかく皆さんが困っていることのサポートをしたい」


 そういう姿勢を示すことが大切だと思う。


ダイエー会長にして、この謙虚さ、この真摯さ。

先輩(ずいぶんと上の方だけど)ビジネスパーソンとして

大いに見習いたい。


繰り返し読みたい本。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-29 23:24:01

企業価値を創造する会計指標入門/大津 広一 06300

テーマ:MBA/アカウンティング
大津 広一
企業価値を創造する会計指標入門
★★★★★
今年300冊目の本は
グロービス経営大学院のアカウンティング基礎の
大津広一先生の本にした。

財務諸表に隠された企業の状態を

10の代表指標を使って読み解くというものだが、

終章の「会計指標の選択とポートフォリオ」が目から鱗である。


ROAだのROEだの言っても

どのような企業にとって目標とすべきなのか、

どのような企業にはあまり意味の無い指標なのか、

というのが今まで良く分からなかった。

それがこの章で指標ごとに整理されてる。

この説明から、逆にその指標の意味するところが

浮かび上がってきていた。


「読書」としても良いけれど、今後は辞書的な読み方をしたい。

今後、いろいろな指標を使って分析していくに当たって、

この本を手元に置きながらその指標やその結果から導かれる

その意味を味わいたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-29 23:08:22

改革王になろう/中谷 彰宏 06299

テーマ:中谷彰宏さんの本
中谷 彰宏
改革王になろう
★★★★☆

プラン・ドゥーシー

オリエンタルランド

スルガ銀行

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

アイ・エヌ・ジー・エンタープライズ

リスクヘッジ

の各経営者層に中谷彰浩さんがインタビューしたものを

まとめた本。


リスクヘッジの田中社長の「謝り方五原則」が良い。

「社・長・限・界・デショ」というのだそうだ。


 ①<シャ>謝意表明

 ②<チョウ>調査報告

 ③<ゲン>原因分析

 ④<カイ>改善案提示

 ⑤<デショ>処分

 謝意を表明しただけでは謝ったことにはならない。

 この五つが満たされて初めて、ちゃんと誤ったことになるのだ。


うーん、なるほど。

マンションのアフターサービスにも大いに通じるものがある。


本書の難を言えば、誰を主語としているのか分かりにくい文があること、かな。

「あれ、これは中谷さんの意見かな?相手の意見かな?」と

一瞬分からなくなるところがいくつかあり、少々読みにくかったのが残念。


それでも「熱い氣持ち」は伝わってくる。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-26 22:29:31

どう生きるか、自分の人生/ウエイン・W. ダイアー, 渡部 昇一 06298

テーマ:自己啓発
ウエイン・W. ダイアー, Wayne W. Dyer, 渡部 昇一
どう生きるか、自分の人生!
―今日を後悔しない生き方 ダイアー博士の「生活哲学」
★★☆☆☆

大学生の頃、好き好んで読んだウエイン・W. ダイアー博士の本。

とても久しぶりに手にしてみた。


・・・この本を読んで「救われる」思いがするのは

相当つらい人なんだろうなぁ。

学生の頃ってそんなに辛かったっけ?


「人生どん底」だと重い沈んでいる人には良いかもしれないが

今の自分にはほとんど関係ないな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-26 21:45:55

運に選ばれる人 選ばれない人/桜井 章一 06297

テーマ:自己啓発
桜井 章一
運に選ばれる人 選ばれない人
★★★★★

本の帯のサブコピーがすごい。

「崖っぷちビジネスマンの必読書」はてなマーク


確かに一日1冊の読書にMBAの勉強は充実し過ぎだが、

「崖っぷち」までは行っていないと思う(笑)。


20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」/桜井 章一 06269

人生を掃除する人しない人/桜井 章一, 鍵山 秀三郎 06220

JANKI-RYU 雀鬼流/桜井 章一 06096

等々、桜井さんの本は「あたり」ばかりである。


この本で一番印象に残ったのは

ヒクソン・グレーシーが自然を相手に稽古をしたり、

桜井さんが自然と戯れる一つになることによって

直感や運を引き寄せている、ということ。


高校生の頃、宮本武蔵に憧れて、

近所の小山に篭って(といっても夜になれば自宅に帰ったが)

空手や杖術、剣術の稽古に励んだことを思い出した。


あれは楽しかったなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-26 12:41:46

日経ビジネス 2006/7/24 06296

テーマ:経営

日経ビジネス

2006年7月24日号

財界総理が見た黄昏 沈むなニッポン 再び競争力のある国に


★★★☆☆


ブックオフコーポレーションの

橋本真由美社長の記事が印象的だった。


創業時の第一号店のパートの「普通のおばさん」

が創業者社長と苦楽を共にし、

後継者に指名されたのだそうだ。


記事を読んでいれば、

「普通のおばさん」なんてとんでもない。


普通のおばさんと「普通でない(?)」おばさんである彼女を

分けたものは何だったのだろうか。


今後受講予定の「リーダーシップ論」を

想像しながら「違いをもたらした違い」を想った。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-26 12:41:04

MBO―マネジメント・バイアウト/牛島 信 06297

テーマ:法律
牛島 信
MBO―マネジメント・バイアウト
★★★★★

株主総会/牛島 信 05168

株主代表訴訟/牛島 信 05171

買収者(アクワイアラー)/牛島 信 05175

に続く、「企業法律小説」を打ち立てた

現役弁護士のフィクション小説第四号。


「買収者」の出た後にライブドアがM&Aで躍進するなど、

近未来予測小説的なところもある牛島弁護士の本だが、

この本もその後のMBOのブーム(とは言いすぎか)を

先取りした感がある。


すかいらーくのMBOなどとは

かなり様相も違し、

「特定のモデルは無い」と著者も否定してるのだが

このような「ギャラクシーデパート」や

ヒールの成海鉱次郎はとてもリアルな感じがする。


ラスト近くで二転三転し、

最後まで楽しんで読めた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-22 12:26:55

ゲーテ格言集/ゲーテ, 高橋 健二 05295

テーマ:自己啓発
ゲーテ, 高橋 健二
ゲーテ格言集
★★★★★

年に一度は読みたくなる、ゲーテ格言集


何度も読む本は、自らの成長と共に、

前回とは少しづつ感じるところと感じることが

変化していくのが興味深い。


今回、新たに付箋を貼ったのは、



 人はみな、わかることだけを聞いている。



 どんな賢明なことでも既に考えられている。

 それをもう一度考えてみる必要があるだけだ。



 真の弟子とは、知られたものから知られざるものを

 発展させることを学び、かくして師に近づく。



 仮説は建築する前に設けられ、

 建築ができあがると取り払われる足場である。

 作業する人になくてはならない。

 ただ作業する人は足場を建物だと思ってはならない。



 考える人間の最も美しい幸福は、

 究め得るものを究めてしまい、

 究め得ないものを静かに崇めることである。


だった。


新書を乱読するのも良いけれど、

「よき本」を何度も読み返すのも

今の自分のレベルに応じた受け取り方があり

自らを見つめなおす良いきっかけとなる。

「ああ、前回と今回の間で自分はこのような変化をしたのだな」

と。


あとがきの、

 偉大な作家であると同時に

 最も人間的な人間であったゲーテ

というのは言い得て妙だ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-21 20:45:46

合氣道の稽古

テーマ:稽古・トレーニング

9月30日 ぶりの稽古。

ブログは恐ろしい。稽古不足がすぐ分かる。

せめて2週間に1回は稽古に行きたいのだが。。。


足の親指の皮が剥ける。

親指の皮がダメになるのは稽古不足の象徴である。

稽古を続けると、そのうち、指の付け根が剥けて、

最後には足の裏の皮など剥けなくなる。

学生諸君が冬休みに入る前にそうならないと。


体が、特に腰周りが硬くなっている。

そんなことを感じることだけでも、

多少カンが戻ってきているのかも。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。