1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-04-30 23:18:11

大前研一のアタッカーズビジネススクール/アタッカーズビジネススクール 06132

テーマ:経営
アタッカーズビジネススクール
大前研一のアタッカーズビジネススクール―起業家養成塾
★★☆☆☆

前半がファーストリテイリングの柳井正さんや

CCCの増田宗昭さんらの講義録、

後半がアタッカーズビジネススクール塾生の

新規ビジネス案の具体的なプロセスとなっている。


前半だけ読めば良かったかもしれない。



アタッカーズビジネススクール
大前研一のアタッカーズビジネススクール―起業家養成塾
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-30 19:35:27

おカネの発想法!/木村 剛  06131

テーマ:資産形成
木村 剛
おカネの発想法 - 財産と生活を護りながら本物のおカネ持ちになろう!
★★★★☆

再読。


「おカネの基礎知識」ジャンルの本では橘玲と本田健とこの人、木村剛でしょう。

「おカネ」の面白さに気づかせてもらったのは数年前に取得した

ファイナンシャルプランナーの講義の中でだが、

ホント、その基礎知識を知っているのと知らないのでは

長い人生どれだけ差がついてしまうのか、ぞっとしてしまう。

この程度のことは、是非義務教育の中でやって欲しいものだが、

そうしたら国債を誰も買わなくなって

日本経済がエライことになるんだろうなぁ。。。


 あるおばさんがこう語ってくれました。

 「木村さん、最近個人向け国債なんて出てきてるでしょ。だいたいね、

  お国が個人に国債を売ろうなんていうときは、

  もうダメになっているって言うことなんですよ。

  私のお父さんやお母さんはひどい目に遭いましたからねぇ」

  さらに、おばさんの怒りは続きます。

  「はじめは中年男性を騙そうとして竹下景子を起用したけど、

  ダメだったでしょ。

  そこで藤原紀香の色気で釣ろうなんて、ミエミエですよ。

  それでもダメなら今度は小雪と松本幸四郎ですか。

  あんなに女優や男優にムダに税金を使うくらいなら

  国家公務員の給料を全部国債にすればいいんです。」


そりゃすごい。

大賛成だ(笑)。

 

 藤原紀香の右横に魅力的なキャッチフレーズが書いてあります

 「国債っていいかも」と。ひょっとすると、「国債っていいかも(鴨)」

 という意味なのかもしれません。


おおコワい。


 所詮、最後の最後、財政赤字がどうしようもなくなれば、

 他の国の歴史と経験が示すところによれば、

 国家は国民を確実に裏切ります。


そういえば、最近日経の記事の中で、財政赤字への言及が少なくなってきたような

気がするのは気のせいかな?

こういうことは話題にならないころがヤバイ。

やはり、日本の借金は地方も含めて1000兆円を超えてしまっているのだろうか。



あと面白いのが株式投資の勧めのところで、


 資本主義の摂理を踏まえたうえで、「分散+長期」と言う大原則を

 しっかりと守っていくのであれば、銘柄選びを楽しむ余裕がでてきます。

 統計的には20銘柄を保有することにより、リスクを相当軽減することが

 証明されていますから。、20銘柄以上の株式投資を長期的に行うことを

 基本戦略にすればよいのです。


なるほどなるほど、と読みながら、


 統計的には20銘柄を保有することにより、リスクを相当軽減することが

 証明されていますから


のところだけ、引っかかる。なぜ20銘柄なのだろう?

なぜリスクが軽減するのかな?

分かったような分からない様な。


 それでは、その20銘柄はどのようにして選べばよいか。

 私は「転職してみたい会社の株式」をお勧めしています。

 というのは、それで株価が上がればハッピーですし、

 万が一、株が暴落したり、会社が破綻してしまった場合でも、

 「転職しなくて良かった」と思えるからです。


なるほどね。そんな考え方もあるのか。

私もミニ株等で分散させて投資総額の割には

相当数の会社の株を持っているが、

「ああ、本当にこの会社はいい会社だな。応援したいな」

と思える会社の株は大概いい調子である。

「この株はそのうち来そうだな」とスケベ根性で投資した株は

大抵塩漬けである(笑)。


数字も大事なのだろうけど、

自分の「その会社への共感」を大事にしたほうがいいのかもしれない、

と改めて思った。



木村 剛
おカネの発想法 - 財産と生活を護りながら本物のおカネ持ちになろう!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-04-29 16:45:19

売り込まなくても売れる!実践編/ジャック・ワース 06130

テーマ:広告・マーケティング
ジャック・ワース, マイルズ・サンキン, 宇都出 雅巳
売り込まなくても売れる!実践編 トップ1%の営業マンから生まれた「高確率セールス」
★★☆☆☆
マーケティングというよりも
営業の現場でのマニュアル本であった。
うーん、ほんまかいな?という感じがした。
こんな営業を受けたら、
私ならば嫌だろうな、きっと。
ジャック・ワース, マイルズ・サンキン, 宇都出 雅巳
売り込まなくても売れる!実践編 トップ1%の営業マンから生まれた「高確率セールス」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-27 21:19:48

図解 わかる!MBAマーケティング/ グローバルタスクフォース, 池上 重輔 06129

テーマ:広告・マーケティング
グローバルタスクフォース, 池上 重輔
図解 わかる!MBAマーケティング

★★★★★


図解 わかる!MBAマーケティング/グローバルタスクフォース, 池上 重輔 05307

に続き、3回目(かな?)。


明日のマーケティング勉強会のための一夜漬けのための

マーケティング本、といえば、

池上重輔先生の、この本でしょ。やっぱり。


明日は池上先生になりきってやってみようと思ってます。

合気道でも最高師範が自分に憑依したつもりで

演武すると上手くいくし。

きっとそれと同じだろう。


さぁ、マーケティングの面白さや大切さが

弊社の若者達に伝わるかどうか。

責任重大だ。


グローバルタスクフォース, 池上 重輔
図解 わかる!MBAマーケティング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-27 12:40:18

[新版]MBAクリティカル・シンキング/グロービス・マネジメント・インスティチュート 06128

テーマ:MBA
グロービス・マネジメント・インスティチュート
[新版] MBAクリティカル・シンキング
★★★★★

MBAクリティカル・シンキング
/グロービスマネジメントインスティテュート 05234
以来だが、

最近本書は「新版」が発売されていたのでついつい買ってしまう。


ケースを中心に大幅にグレードアップされていた。


すっかり、勝手に自分の中では仕事に役立てているつもりだったが、

改めて読むと新しい発見や思い出すことも多い。


芳地先生の講義 が蘇ってきてとても楽しかった。



本書を読み直そうと思ったきっかけがある。

明日から、社内で若手社員向けにマーケティング講座を行なうのだが、

なんと講師は私である。

そのネタ本としてである。


マーケティングはグロービスで講義も受けたし、

マーケティングの本もたくさん読んでるし、

経験も積んでいるし。

でも正直なところ人様に教えるとなると自信が無い。


いつか自信が生まれたら、社内講師をやってみようとは思ってたのだが、

いつまで経っても納得出来ないので、

とりあえず見切り発車してしまうことにした(笑)。

生徒の皆さん、ご迷惑をおかけしないようガンバリマスのでよろしく。



グロービス・マネジメント・インスティチュート
[新版] MBAクリティカル・シンキング
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-04-26 18:54:27

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か/エリヤフ ゴールドラット 06127

テーマ:MBA
エリヤフ ゴールドラット, 三本木 亮
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
★★★★☆

グロービスのオペレーション戦略の参考書として読む。


今週末の課題が「ベリーの加工工場の生産性を如何に上げるか」

というものであり、「TOC(制約条件理論)」を取り扱う。


この本は発売当時(01年頃)、

人様からお借りして読んだことが有り、今回は再読。


課題で頭を悩ましているところであったので、

前回よりも頭への入り方が全然違うのを感じながら読む。


工場のオペレーションは経験が無いものの、

マンション開発にも応用できそうだ。



ただ、一度読んだことがある人にとっては、

主人公とその奥さんの痴話喧嘩は冗長に感じられる。

分厚い本だが、いったい夫婦喧嘩で何ページ占められているのだろう(笑)。



エリヤフ ゴールドラット, 三本木 亮
ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-04-24 12:37:40

驚異のバイラルマーケティング/e′ネットワールド他 06126

テーマ:インターネット/パソコン関連
e′ネットワールド, インターネットビジネス研究所, 浅井 隆
2年で5000万人の顧客を獲得した驚異のバイラルマーケティング
―アメリカからやってきた画期的ネットビジネスノウハウ
★☆☆☆☆

失敗。


「口コミマーケティング」を期待して買ったのだが、

単なるネットビジネスの本だった。

しかも発売が2000年。


まるで遠い昔話を読んでいるようだった(笑)。



e′ネットワールド, インターネットビジネス研究所, 浅井 隆
2年で5000万人の顧客を獲得した驚異のバイラルマーケティング
―アメリカからやってきた画期的ネットビジネスノウハウ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-23 19:54:05

こんな小学校をつくります。 /那須野 泰 06125

テーマ:教育
那須野 泰
こんな小学校をつくります。
★★★★☆


再読


開智学園の見学会が土曜日にあった。

参加を機に復習。行きの電車での読む。

家族三人で電車で向かう。

乗換えが多いが、比較的近く感じた。


学校到着後、

青木理事長先生と那須野校長先生のお話があり、

続いて校舎や授業の見学。


青木理事長先生、那須野校長先生の両先生とも熱意の塊のようで、

新しい学校をもっともっとよくしよう、という気持ちが伝わってきた。


その後、個別相談会があり、

ちょっと意地の悪い質問を理事長先生にしてみる。


「教育理念や教育方針、重点ポイントなど、皆素晴らしいと思います。

 総合部を開設後2年間を経過し、理想と現実のギャップにもっとも戸惑って

 いらっしゃるところはどのようなところですか?」


熱心にお答えいただいた。


理事長先生のいくつかの回答の中で


 「正直なところ、理念や方針が現場の隅々まで浸透、

  しているとは思ってません。

  残念ながらまだ60点、70点というところだと思います。

  今後、さらに徹底していきたいと思ってます」


というのが一番印象に残る。


どんなにいい理念をTOPが掲げても、それを周知徹底させるのが

一番難しく、やり甲斐のあるところなんだろう。


前回のオペレーション戦略でも

SP(ストラテジック・ポジショニング)とOE(オペレーショナル・エクセレンス)の

2軸が大事だということを学んだ。


戦略の優位性が幾らあっても、それが現実に実行されていなければ

企業の優位性は保てない。

私立小学校でも同じことが言えるのだろう。

開智学園はビジョンやSPでは素晴らしいものを持っていると思う。

今後、OEがそれについて来れるかどうか、がポイントだと思った。

まだ時間はあるので他の学校とも比較検討してみたい。


あと、開智学園で印象に残ったのは、

授業中の生徒が元気なこと。

「お行儀が悪い」のと「積極的・元気活発」の紙一重だ。

家内がちょっと複雑な顔をしているのを見て、

案内をしてくださった先生が

「開智学園はお坊ちゃま・お嬢様学校ではありませんから」

と。


帰りのバスの中や電車の中でもじっくり観察したが、

なんとも際どいところだと思った(笑)。


那須野 泰
こんな小学校をつくります。
★★★★☆
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-04-22 23:22:55

消費者行動論/平久保 仲人 06124

テーマ:広告・マーケティング
平久保 仲人
消費者行動論
★★☆☆☆

大前研一さん率いるBBT(ビジネスブレークスルー)本

ということで期待して買った。


マーケティングに消費者の購買心理の面からアプローチしているのは

目新しいものの、中身そのものには特段新しい発見は無かった。


平久保 仲人
消費者行動論

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-04-21 12:22:36

武士道―いま、拠って立つべき“日本の精神”/新渡戸 稲造, 岬 龍一郎 06123

テーマ:武道・武術・健康法
新渡戸 稲造, 岬 龍一郎
武士道―いま、拠って立つべき“日本の精神”
★★★★★

原著は1899年、新渡戸稲造によって、

アメリカで英語で書かれたもの。


当時大ベストセラーになり、

ルーズベルト大統領が気に入って友人にも配ったという。


そのような背景は知っていながら、

読んだのは初めてだった。何となく敬遠していた。


心洗われる、素晴らしい内容だった。


おそらく、岬龍一郎氏の訳も良いのだろうが、

100年以上前に書かれたものとはとても思えない。


本来の読者の対象は、広く海外向けだったのだろうが、

今の日本人こそ、読まねばならない「道徳」の本だ。



なお、この本の構成として


言いたいこと

日本での具体例

海外での類似例

まとめ


という流れになっているのだが、

日本人なので日本での具体例はほとんど知っている内容だったのに

海外(特に西欧)での類似例は知らない・ついて行けない内容が多かった。

海外に関しての教養・素養をもっと積めば、

この本ももっと面白くなるのかもしれない。


あと、個人的には「武士道」といえば「覚悟」という言葉がキーワードだと

思うのだが、あまりこの本の中には出てこなかったなぁ。

注意して読み返しても、勝海舟のコメントにあるくらいだった。



新渡戸 稲造, 岬 龍一郎
武士道―いま、拠って立つべき“日本の精神”
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

↓原点の一冊
↓今日本に一番必要なもの
↓真の成功とは何か
↓隠れた不朽の名著
↓私も演武相手で登場
↓ビジネスパーソン必読書
↓感動は決して小さくない
↓何度も読みたい一冊
↓一日一冊の秘訣
↓ぬるい自分に喝!
↓元氣の素。これは凄い

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。