どんぐりとピーナッツ

5歳児(どんぐり)と3歳児(ピーナッツ)の双子の育児録です。
「選ばれし双子の母」と危険な選民思想を唱えながら
何とか育児をこなしております。


◆ 当ブログについて


多胎児は妊娠から育児までの負担が大きく、産後うつや育児不安、虐待のリスクが高いと言われています。このブログではそんな双子とその姉を育てる我が家の日常を綴っています。(特に役立つ情報は無いですよ。)



◆ 人物紹介


まこ@ブログの管理人
30代主婦。専業主婦を5年ほどしていましたが、現在パートで元職場の経理システムのお守りをしています。備忘録程度のノリでブログ書いてます。


マツヲ
年上の体育会系夫。飲んでばっかり。ついに2011年秋、痛風となる。


どんぐり
2007年秋生まれの色黒娘。お絵描きや工作が大好きな子です。成長とともに荒くれ者に育ってきました。

ちなみに彼女が2012年3月から始めたピアノの専用ブログはこちらです。 → どんぐりのピアノ部屋



ピーナッツ1号
2010年早生まれの息子その1。やっとこさ5歳になりました。低体重児の面影を感じさせないまでの

大きな身体となりましたが、 頭の中は謎がいっぱいの不思議ちゃん。



ピーナッツ2号
2010年早生まれの息子その2。3兄弟の中で一番真面目で、一番優しく、一番泣き虫。人が良すぎて、損することも多い。



テキスト中心、地味に進行して参ります。


update 2015.3.06


テーマ:
娘、小3。小さい時から気性が荒く、かと思えば、一転、繊細で超びびりな面も
あったりで、取り扱いが難しい子であります。

そんな娘がGWに、前から欲しがっていたハムスターを飼い始めました。名前も付けて、お世話表を作って、弟と3人交代でエサ・水・掃除をこなしています。でも、娘、未だにハムスターを触ることができません。。

びびりの弟二人でさえ、手に乗せたりできるのに、娘は飼い始めて二月以上経つのに触れません。
ハムスターの豆知識をノートにまとめたり、動画を撮ったり、世話したり、そういう事は積極的に行えるんですが、触れません。。一応、ハムスターは可愛いし、大好きなんだそうです。

一体、何が楽しくて飼ってるのか。。不思議です。あ、冬休みまでには触れるよう頑張るそうです。。(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう一月ぐらい前の事になりましょうか。

双子が砂まみれで帰ってきました。1号の同級生の男児君にやられたとの事でした。

詳しく聞くと、帰りの会の時に突然後ろから砂をかけられ、1号は腹が立ったので

やり返したとの事。一方、2号は何もしてないのに後ろから首を絞められ、馬乗りに

されたとの事で、2号はしくしく泣きながら話してくれました。

1号には、砂をかけ返したのはいけない。帰りの会で並んでる時、周りの子も迷惑だったと

注意しつつ、対策を考えました。



以前より、2号から、砂かけ男君が悪口を言ってくる、叩く、蹴ってくる、放課に

追いかけてくる等、訴えていたのですが、様子をみていました。だけれど、悪ふざけは

止むことなく、今回、首まで手をかけるようになったというのは、さすがに

駄目だろうと、1号の担任の先生に相談することにしました。



これまで、双子がされてきた事と、1号もやられたらやり返してる事、そして

こちらの要望として、

「双子が砂かけ男君を怒らせてる事があったら、教えてください。

こちらも改めさせるよう努力するので、悪ふざけをしないよう指導して

頂けると助かります。」と連絡帳に書いて持たせました。



その日の夕方、1号の担任の先生から電話がありました。先生、双子と砂かけ男君から

事情を聞いたそうです。砂かけ男君、誤魔化すことなく、全て自分がやったと事と認めた

そうです。双子が怒らせたとかではなく、ちょっかい出しただけのようです。砂かけ男君、

双子にも謝って、子供たちの中では丸く収まったとの事でした。良かったです。



砂かけ男君は、うちの子だけじゃなく、あちこちの子に手を出してるようで、

家で厳しく指導して頑張ってる最中だと教えてくれました。相手のママもうちに

謝りたいと言ってくださっていたようですが、時間が取れず、参観日の日に挨拶

させてくださいと伝えるに終わりました。

双子も砂かけ男君と遊びたいし、友達でいたいと言ってるので、私も子供たちが

良ければと、この件はこれで終了・・






と思ったら、1週間も経たないうちに、また担任から電話。






今度は1号が砂かけ男君に、顔を殴られたと連絡が。教室の先生用の道具を砂かけ男君が

触っているところに、「俺も触りたい」と1号が手を出したら、殴られたとの事です。。

だけれど、1号は砂かけ男君とは友達だから・・と怒ってる様子はありませんでした。

なんだか不憫に感じてしまった私ですが、1号の気持ちを先生に伝え、何かあったら

教えてくださいとお願いしておきました。



ですが、その後、予想外の事が起こりました。



1号が反撃に出ました。追いかけられたら、相手が怯むまで追い回す、悪口言われたら、

相手が黙るまで言い返す、売られた喧嘩は全て買うようになってしまいました。

「あいつより、俺の方が足も速いし、喧嘩も強いし、背も高い。追いかけるとビビるんだ。」

と砂かけ男君に対して、強気な態度を取るようになったんです。

そこで調子づいたのか、増長して、今度は6年生、5年生も、気に食わないことがあると、

相手に言い返したり、追い回しているとの事です。私自身も、1号が6年生の女子に

向かって呼び捨てしてるところ、3年生の男子にわざとちょっかいかけて、戦いごっこを

挑んでるのを目撃しました。。



1号、早生まれのわりに体格がよく、今は背の順は一番後ろです。元々、力も強く、

足も速いのですが、周りが穏やかすぎだった幼稚園では気付かなかった喧嘩の強さも

自覚してしまいました。さらに「1号君はやさしいから好き。」と幼稚園から慕って

くれていた複数の女の子達にも意地悪な言動をとっているそう。

(近所の女の子が教えてくれました。。)



という感じで、今、非常に調子に乗っている息子1号です。。腹立たしい。。

2号は、「砂かけ男くん、俺の事もビビるんだよ~。」と言ってました。

双子だし、一瞬、どっちかわかんないんでしょうね。砂かけ男君、ごめんね。

懇談会の時に先生に聞いておきます。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
双子が小1になって、一月半。日々楽しそうに通ってくれている学校の話を

聞くのが楽しみな私です。そんな学校の話を聞いていて、気付いた事があります。

幼稚園や保育園、どこの出身かで子供のカラーが違うと聞きますが、2号のクラスは、

今、正にその状態。特に保育園出身の男の子がカオス状態となっています。



先ず、その台風の目の一人がやんちゃ君。そんな彼のエピソードが以下。


・やんちゃ君、先生に本気で怒鳴られ、入学式の次の日には席替えさせられ一番前に鎮座。

・やんちゃ君、授業中は奇声を発したり、うろうろしたり、挙動不審らしい。

・やんちゃ君、ある男の子と喧嘩になって、椅子ごと倒され後頭部を打ちそうになる。

・やんちゃ君、ある男の子と喧嘩になって、椅子を投げられそうになる。


それから、そのやんちゃ君と毎日喧嘩を繰り広げている椅子投げ名人の椅子投げ男君。

先生の指示を一切無視する無視男君。(起立さえしない。)

そんな個性豊かなメンバーが揃っている2号のクラスです。



春休み中にお世話になっていた学童でも、彼らの行動により、大変なことになっていた

ようで、学童の先生からは

「双子さんはやんちゃで大変とお母さんから伺っていましたが、

おたくはまだ大人しい方ですよ。。」

と言われ、双子は

「お母さん、学童に凄い子がいたよ!凄い悪いんだ!!」

と大騒ぎ。あの子達が大人しいって、他はどんなレベル?!



そうそう、家庭訪問の日に、2号の担任は

「余りに落ち着かないクラスだと思って、生まれ月を調べてみたら、クラスに

11人早生まれがいました。。でも、最近は落ち着いてきましたので、ご安心ください。」

年配の女の先生、そう言いながらも項垂れておりました。先生、がんばれー。



そんな状態なので、ママ友の間でも2号のクラスの事は度々話題に上ります。そして、

親同士の会話の中で、どうも、やんちゃ君と無視男君は、躾の問題もあるとは思うけど、

発達系の問題も抱えているのではないかと憶測が出始めています。



我が自治体の問題なのかもしれないですが、公立幼稚園では入園を躊躇されてしまう

ような問題のある子も、保育園は、親の就労条件さえ整えば0歳から入れてしまい、

また、保育園と保健センターの繋がりも薄い事もあって、親が子供の問題に気付きにくい

傾向があるそうです。小学生になってから、初めて問題が発覚するという事態も

起こっていて、そうなると、辛いのは子供の方です。途中から、支援級に行く子もいます。



もちろん、問題のある子は幼稚園の方にもいる訳で、双子の一学年下には明らかに

発達障害系を抱えてるようなお子さんもいました。園長の裁量で決まる入園も、事前の

面談で優しいと評判だった園長のその優しい判断で、くぐり抜けたのでしょう。

でも、担任の先生はそれはそれは大変そうでした。そして、ママの方も問題を抱えて

いるようで、浮いた存在となっていました。どこかで支援を受けられるようになれば

いいのだけれど。。



どこにでもいる多動、学習障害、素行不良、そこまで行かないまでも、何か気になる

お子さんはどこにでもいますが、学年が進むにつれて、やっぱり落ち着いてきたり、

支援が必要な子は支援級に行くし、学習フォローが必要な子は個別授業を受けていたり、

それなりの場所に上手くおさまっていきます。



でも、生活習慣や学習習慣は本当に親が気をつけておかないと、後で取り返しのつかない

事になりそうです。特に長時間親が働いてる家の子は、子供をよく見ておかないと、と

感じます。うちの子の小学校、全校で定期テストのようなものがあるんですが、追試の

メンバーは固定化されてきており、悲しいかな、ほとんどが学童のお世話になっている

子達です。生活・学習習慣と学力の間に相関関係があることは、言われている通りで、

働く親は本当に自分にも厳しく律しないと、子供の学校生活にも影響が出ると思います。



中にはフルタイムでも子供さんも凄い品行方正で優等生でって子もいますが、やっぱり

おじいちゃんおばあちゃんのフォローがあったり、親御さんがしっかりされていたり、

ご自分にも厳しいです。能力あるから、フルタイムで働けるんだなと感心します。



今はパートで細々と働いている私も、フルタイムで子供預けて働いていた時期もありました。

しかし、あっさりと挫折しました。子供も私もボロボロでした。復帰前、先輩ママから

「子供、一回は入院すると思うから、保険に入った方がよいよ♪」

とアドバイスを受けた時は愕然としました。小さな子供に集団生活を課すというのは、

やはり、それだけ子供に大きな負担をかけるということなんですよね。

政府は女性も輝ける社会を・・と、女性が働くことを推奨していますし、保活とか

世間は騒いでいますけど、予防接種も終わってないような0歳、1歳の子供を預けて

働くのが当たり前の社会を目指すというのはやっぱり何か違うのかなと思います。



もちろん色んな選択肢があって然るべきだけれど、色んな事情があるわけだけれど、

夫に依存する生活もリスキーだけれど、子供の立場に主眼を置くと、見える色も

変わってきます。テレビで見たデモ参加者の小さなお子さんが「保育園に入りたい」と

プラカードを持っていた姿には、何とも言えない気持ちになりました。

女性が働く社会を目指すのも結構ですが、女性が働く事のその陰で、子供達が泣く事の

ないよう、そこも同じくらい気にかけて欲しいと思います。便利な世の中になっても、

子育てだけは、簡便化出来ないと思うのです。



あほあほのうちの双子、宿題と時間割揃えるだけで1時間かかります。。

宿題やりながら、ちょっかい、おしゃべり、鉛筆削りの取り合い、色々あるんです。

私も毎日泣きたい気分ですが、当たり前ですが、放棄せず付き合っております。

こっちも仕事して、4時に帰って来て、宿題の面倒見たり、ピアノやらせたり、

習い事連れてったり、晩御飯作ったり、風呂入れたり、本当に疲れます。

私、全然輝いてねーよと思いますが、どこんちの母親もこんな感じで、子供のために

頑張ってるんだろうと思います。大変すぎて、忘れてしまいそうになるんですが、

私の一番力を入れねばならない仕事は、子育てなんだろうと思います。後悔しないよう

頑張りたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。