Climbing The Mount Everest is not the only adventure.

Finishing a marathon is not the only adventure.

Certainly, they are great and challenging.


But a lot of adventures come in different shapes, weights, sizes and

tasetes.

You can find many different adventures even in ordinary life.


Enjoy your adventures happening in your life.

Enjoy them as you are.


No matter how fun or painful they are, adventures will become

the foundation of your future.


Let's begin our adventures!

  • 20 Mar
    • 広告の中の「素敵」の巻

      雑誌をめくっていて、目に留まった広告のページ。       『何かを始める時が、その人の、春だと思う』     ああ、 素敵なキャッチコピーね。     私も心から、そう思うわ。       みなさまに素敵な春が 訪れますように。    

      1
      テーマ:
  • 19 Mar
    • 遅ればせながら……の巻

      白いコートが春の風にひるがえる。   不規則な大柄の深みのあるグリーンのエルメス。   黒のカシクールニット。 くるぶしが少し出るエメラルドグリーンのパンツ。   チャンキーヒールのシューズ。   モスグリーンのフェンディのマイクロバゲット。     カフェやショップで いろんな人におしゃれですね、と声をかけられ、 鼻歌交じりで、 横断歩道を渡ると・・・・・・       青信号が目に飛び込んできた。         遅ればせながら、 今年のテーマがやっと、ひらめいた!           『青信号』   Go!Go!Go!        

      テーマ:
  • 16 Mar
    • 敗者復活の巻

      社運を賭けた企画だったけど、 残念ながら、 提案したどれもが不採用でしたわ。       あららぁ。 とほほぉっ。         さすがにがっかりしたけど、 まぁ、あれでダメなら、 仕方ないでしょう。       もしあの企画が採用されたら、 私はかなり苦しんだはず。       きっとこれでよかったのね。 別の道を行きなさいということね。         でも面白いことに、 これまで築いてきた経験、実績が 敗者復活戦の扉を開いてくれたわ。           どうなるかはわからないけど、 余計なことは考えず、 また頑張って、企画書つくるだけのことよ。                                  

      テーマ:
  • 09 Mar
    • ダンボ耳の巻

      10センチほど離れた 隣のテーブルで、30代の男性二人が 自分たちの奥さんや家庭のことについて かなり深刻に話をしているのが聞こえてきたの。   話し手男性 『性格がややこしくて、プライドが高くて、絶対に自分から謝らなくてさ、』 『二人で出かけても、お店の人に不機嫌な顔してさ』 『ほんと、こっちが恥ずかしいよ。』 『俺なんかいつも謝ってばかりでさ。』   きき手男性 『今週末にでも、デートとか行ってみなよ。』 『ホワイトデーだから、何かプレゼントとかしてみれば』     話し手男性 『いや、もうそんなにつけ上がらせたくない』   きき手の男性は話し手よりも 少し年上らしい口調だったわ。 この人のきき方がとても上手。   きき手男性 『あ~そうだね、分かるよ。~してくれればいいのになぁ。』 『奥さんさ、夜遅くまで仕事や通勤や家のことで 疲れているんじゃないの?』 『俺の奥さんも同じだからさ、よくわかるよ。』     共感と返しの言葉が配慮と愛情に満ちてる。       『もう二人で話してても、だめだから、誰か間にいないとだめでさ』 『俺でよかったら、やるよ。』   『禁煙してたけど、たばこまた吸いたい病になってるんです。』 『そっかぁ、でも吸わんとこうな。たばこは身体に悪いからな、おいしいもの食べて、のほほんとするに限るよ。』     伝票をつまんで立ち上がった二人。       大変だなぁ。 深刻だなぁ。     ○○の本読んでみたら? コーチングしましょうか? 悪いところは分かったから、 奥さんのよいところはどんなところ? それはちゃんと伝えてる? 感謝は?     すぐ近くにこんなに苦しんでいる人がいるというのに、 何もしてあげられなかった。     でも、ここで声をかけるというのも 変な人かもね。              

      テーマ:
    • そばにいるという甘えの巻

      仕事で愛用してきた キャスター付きのバッグが壊れてしまったわ。       飛行機の保安検査で ハンドルを下げるよう指示され、 下げたら、元に戻らなくなってしまったの。       取っ手のハンドルが上がらず、 腰をかがめて持つしかない状況に。     実は、以前にも壊れる兆候があって、 保安検査場を抜けて 元に戻らなくなることがあり、 力任せにハンドルをバッグの重みで 元に戻していたの。     このバッグもかなり酷使していたわ。 買ってから6年間。 毎日、私のそばにいて、 私をかなり助けてくれていたというのに、 この仕打ち。       ここ最近、 愛用していたモノをなくしたり、 壊したり、       モノだけでなく、 15年間ごひいきにしてたショップも閉店。 大好きだった徳さんのお店も閉店し、杉並へ。 ジムでいろいろと教えてくれたスタッフが異動。     いつもそばにいてくれると思ったら、大間違い なのかもしれない。     いつもそばにいてくれることに感謝し、 甘えすぎちゃいけないのかもね。         ときどき、私は遠くから夫を じっと見ているときがあるの。     鼻歌を歌って、お皿を洗っていたり、 ぬいぐるみのクマちゃんを 肩にのせ、 ぼうっとテレビなんか見ている姿。     いきなり、 いなくならないでよ! って、にらみをきかせているの。            

      4
      テーマ:
  • 20 Feb
    • 午前7時、銀座スターバックスの巻

      銀座で仕事があり、 7時15分に銀座のスターバックスへ。 コーヒーを買うのにも並び、 2Fの席も結構混んでいて、ビックリしたわ。       ソファで眠りこけている女性1名を除いて、     みんな何かをしている。     本を読んだり、 テキストにマーカーを引いてお勉強。   丸いテーブルの4人は朝からミーティング。     お隣のテーブルでは、 二十代の女性二人が 身を乗り出して、 お互いの恋愛相談をしているの。       みんな朝から頑張っているんだね。       ぼぅっと、コーヒーを飲んでいます なんていう人はあまりおらず、     そういう私は 万年筆のインクがなくなり、 もう1本のペンもインク切れ。     仕方ないから、 ぼうっとコーヒー飲んで、 カフェの人たちを眺めてたの。         朝の過ごし方って、とても大切。       オフの日は、 朝の過ごし方を変えてみようかな。            

      1
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 企画書の巻

      かなりチャレンジングな企画書を作りながら、 ふふふと、笑う。   そんなこと、 できるんですか?         できるようにするんです!       自分ができることだけを並べたら、 面白くないでしょ。     でも、営業がそんな企画書をつくったら、 かなり怒ると思うわ。       誰がやると思っているのよ! 現場で苦しむのは、私なんだからね!って。           人に そういう場面に引きずり出されたら、 いやだけど、 自らから出ていくのは、いとをかし。         そう!すべては自分次第。       自分ができないことを並べて 自分と顧客の可能性を広げる         企画書をつくるって、 そういう側面もあるかもね。    

      テーマ:
    • 裏腹の巻

      抜けるような青空が今日も広がっている東京です。     それも悪くはないけど、       うんと暖かい部屋で雪を見ながら、過ごしたい。 その時はゆず茶なんかをふうふう言いながら飲むの。 あるいは、キンキンに冷えたビール。       雪を見るのに飽きたら、 露天風呂へ。     PCもない、TVもない。 雪とランプとおいしいごはんと。 露天風呂。       昔、美容師の加藤さんが教えてくれた 「ランプの宿」青荷温泉に行ってみたい。         社運を賭けた企画書を つくっているとは思えないほど、 頭はとっても自由で、くるくると動くのでした。         私たち一人一人、 すごい頭を持っているわけね。          

      テーマ:
  • 01 Feb
    • 業績の巻

      苦手なクライアントに行くのもつらいけど、 それよりもつらく悲しいことは、     かなり長いお付き合いのあるクライアントの業績が 深刻な状況になること。 新聞やニュースを見て、衝撃が走るニュースが続く。 あ、あの会社が! う、うそぉ!     現場で頑張っていた人達を思い出す。 一番大変なのは、現場の第一線で頑張る人たち。 経営者は、社員にいろんなことを求めるけど、 社員だって、経営者に求めたいことはたくさんある。       当然、様々な経費節減に動き、 私たちの仕事も減ったり、なくなる。     当然私たちの会社の売り上げに 影響大で、 それも残念だけど、     それ以上に 現場でたくさんの人たちを 直接的に応援できなくなること。       そして、 仕事がなくなると、 つながりも関係性も薄れていく。       何かしてあげたい。       独立して会社をつくって、 離れていった会社もあったけど、 そういう時から、 長きにわたり、私を指名してくれたから。       私を支えてくれた人たちがピンチの時は、 今度は私が支えることもできるはず。 微々たることだけど。       と、一人頑張ろうと思っていた時、 またまた残念なニュースが。 そ、そんなぁ!       今日は、 今年の新しい仕事の提案で 気合を入れて、 コンペに勝ち抜く企画を考える予定だったけど、 さすがに、落ち込みました。    

      テーマ:
  • 31 Jan
    • インフルエンザの巻

      1月はタフな仕事ばかりでした。 極めつけは、先週。 私の1年間の中で 最も苦手なクライアントの仕事が 水曜日を除いて、 4日もありました。     27日金曜日。 何とか無事に仕事を終え、 1か月以上も前に予約しておいた(もちろん、タフな仕事のご褒美) イタリアンのフルコースで夫と祝杯を上げ、 駅前をご機嫌で歩いていたら、 急に寒気がして、 何か嫌な予感がして、早めに寝ましたわ。     翌日、とても具合が悪くて目を覚ましたら、 8度6分の熱が。 あわてて、耳鼻科の橘先生の所に行ったら、 インフルエンザと分かり、 熱はとうとう9度に。     月曜からオフの日が続くということもあり、 大変な仕事が終わって緊張の糸が切れてしまったのね。     すごいタイミング。 あと1日ずれていたら、と 背筋が凍るわ。     良かった!良かった! インフルエンザにかかること自体は決して、よくないけど、 良かった!     ふと、3年前を思い出したわ。 3年前もとても苦しい仕事が終わった直後だった。 8度6分の熱が出たところまでは同じ。       無理に熱を下げるのがいやだったので、 解熱剤は飲まなかったけど、 日曜には、熱が7度に下がり、 よく言われる関節の痛みも全くない。 鼻水も咳も出ない。     こんなに早く回復してもいいのかなぁ。 本当にインフルエンザだったのかしら。 まぁ、休みなさいって、ことね。      

      テーマ:
  • 18 Jan
    • 飛行機からの視点の巻

      お昼過ぎの飛行機で、大分へ。  飛行機から見えた真っ白な雪をかぶった山の頂がとても美しく感動的でした。   飛行機に乗る楽しさは普段見ることができない視点から山や海や町をながめられること。   高いところからみんな小さく見えて。  そして、普段はその中にいるであろうさらに小さな自分の小さな悩みは・・・・・・   ほんのひととき、塵のようなものに感じられるわ。    東京よりもすこしあたたかい大分の夜です。      

      テーマ:
  • 16 Jan
    • 空服感の巻

      今年の、いや今年も新春のセールはほとんど欲しいものがなくスルーしてしまいましたわ。   信じられないことに私はまだ銀座三越も新宿伊勢丹にも行っていないの。  どこか体の具合でも悪いのか目が悪くなったのか感覚が鈍くなったのか  焦りました。   シャネルやエルメス、セリーヌ、フェンディー、プラダを見たら何かが再起動するかもと思い、   半額になったシャネルのコート80万、ジャケット40万、  セリーヌでは真っ白なカシミアのコート50万  試着してみました。   値段にぎくっとして、心は動きましたが、特別、心がときめくことはありませんでした。   高いものがほしいのではないのです。ときめくお洋服がほしいだけなんです。でも、どこにもないんです。    

      テーマ:
  • 15 Jan
    • 今季一番の冷え込みの巻

      まだ2017年が始まって16日なのですね。  仕事始めは、1年の中で最も苦手な、仕事納めで失敗したクライアントからでした。  そのうえ、新年早々「渡り」(一つの仕事が終わって、家に帰らず、次の仕事先に行くこと)でした。伊勢丹三越のセールの初日だというのに。   18時過ぎに仕事先から新幹線に乗るために品川へ。新年早々、渡りというスケジュールを組んだ営業に、「グリーン車での移動ということですね」と、半ば強制的にグリーン車で移動。  昔はねぇ、いつもグリーン車料金が支給されていましたわ。クライアント様がそれを当たり前として支払って下さいましたのよ。いい時代でしたわ。   さて、そうしていった仕事は1日目は良かったわ。でも2日目、終わった時に、なんと、この仕事も私的には大失敗だと思ったわ。  昨年末に引き続き新年早々、失敗続き。  失敗を認めると、どうしてかしら・・・・・・失敗ばかり。  いや・・・・・・今までも、本当はたくさん失敗してきたことに、気づかなかっただけなのかもしれない。    それに気づいただけでも良かったかもしれない。   心の中も外の空気も今季一番の冷え込みですぅ。  

      テーマ:
  • 01 Jan
  • 31 Dec
    • 年の瀬、それとも ……の巻

      混んだ新幹線に乗って、西へ。たくさんの人達。大きな荷物。おみやげの紙袋。それぞれの場所に帰る人達はどこか、ほっとしたような、優しい表情をしてる。ああ、年の瀬だなって、思う。一人ではなくて、一緒に田舎に帰る人がいて、良かったわ。お正月は自宅で迎えたいとずっと思っていたけれど、自分の実家で過ごしたお正月よりも夫の実家で過ごすお正月の方が多くなってまぁ、それも良いかもねなんて思う。ああ、年の功だなって、思う。 

      テーマ:
  • 28 Dec
    • モノをなくす悲しみの巻

      今年なくした大事なモノ。  和光で買ったイニシャル入りの麻のハンカチ。20年前からトータル20枚くらいは持っていたの。なくしたり落としたりして、3枚しか残っていなかったのに、そのうちの1枚を空港、飛行機、ホテルのいずれかでなくしてしまったわ。もちろん、気づいてすぐにあちこち捜索願は出したものの、出てこなかったわ。 このハンカチ、大分のバスの中で忘れたことに気づき、かろうじて事なきを得たり、  神戸でお客さんとの接待のお店に忘れたことに気づき、ホテルに帰って、11時に電話したら、ないと言われ、深夜に同じお店にもう一度電話したら、あって、神戸から東京の自宅に送ってもらったっけ。  とにかく和光でも、もう廃番になっているので、とても大切にしていたのよ。   刃物の町、関(岐阜県)で買った折り畳みナイフ。お店の店長がすごく変な人で、笑えるような思い出の一品よ。  出張中に果物を食べるためのコンパクトなナイフがほしかったので、お店をのぞいたら、 いきなり「あ~っ!!わかります!わかります!」って、声をかけられ、怪訝な顔する私に「そう!そう!いろんなものを切りたくなりますよね!わかります!わかります!!」  「はぁ?あ、いや、別に切りたくはないんですけど」  「またまた!隠さなくていいですよ!わたしもね、いろんなもの切りたいって、思いますもん。」 そんな変な店長から買ったナイフ。20年近く愛用していましたわ。海外にも一緒に行った親友みたいなものよ。   ウェスティンホテルで目撃したのが最後となってしまったわ。手荷物用のカバンに入れると空港のセキュリティで引っかかるので、宅急便の荷物に入れたのが失敗だったわ。ホテル、空港、どこにもなく、もちろん家の中も大捜索。  心当たりは、宅急便を送った紙袋。一ヶ所破れていて、そこから落ちたか、その袋の中をよく確認せずに、捨ててしまったこと。   思い出すたび、悲しすぎて、涙が浮かんでくる。ため息が出る。  ごめんね。本当に。もっともっと大切にするべきでした。   私をたくさん助けてくれて、本当にありがとう。  それなのに、お礼も言えなかった。ごめんね。    

      テーマ:
  • 27 Dec
    • お掃除&お片付けの巻

      今日は、お掃除のプロたちに、キッチン、トイレ、バスルーム、ベランダ、窓ガラスをピカピカにしてもらったわ。   これから、キッチンの収納、バスルームの収納をし直すつもりなの。   お掃除やお片付けって、終わりがなくて、永遠の課題。  だから楽しいんだけど、ときどき、大変だなって思う。

  • 26 Dec
    • 失敗納めの巻

      22日に今年の表舞台の仕事は終わりましたわ。  22日。仕事納めだからと、何だかチャレンジャーになって、いつも、自分らしさを抑え、慎重にやっている仕事を   自分らしさ全開で明るく元気に楽しくやったら、満足度および人物評価の項目がいつもよりも低い点でした。   23日。今年食べた中で一番おいしかったシンプルなトマトソースのパスタを食べにわざわざ渋谷まで夫と行ったものの、そのパスタは夜のフルコースのみに出てくるパスタと分かり、別のあまり食べたくないパスタを食べる羽目になりました。   悔しいので、恵比寿の三越でトマトソースを買い、夜にトマトソースのパスタを作りましたが、間違った銘柄のパスタを買ったうえに、500グラムやればと夫に言われ、そのままゆでたら、かなりの量に。トマトソースはトマトの酸味が全くなく、まずくてまずくて、半分以上捨てました。  24日。あわてて、ジムに行ったので、ウエアのパンツを忘れ、フロントで借りようとしたけど、本当に短いパンツで、さすがにそれははけず、筋トレを断念。  25日。5000円のクーポンをもらって、大喜びで買ったブーツが30%オフになっていたわ。8000円も高く買ったのね。   失敗は、「あぁっ!!大失敗!」って、潔く認めて、頭にしまう方がいいんだって。   脳がきちんと学習し、失敗の回路を断ってくれるらしいの。   家事や買い物の失敗は簡単に認められるけど、仕事での失敗は、そうはいかないわ。    仕事がオフになっても22日の仕事を引きずっている自分。   銀座を歩いていて、わかった!  失敗したぁ!って、認められない自分がいたんだね。 ランチの後のコーヒーを飲みながら、デザート追加!  かぼちゃのプディングと引き換えに、私は仕事で失敗をしたことを認めたの。 

      テーマ:
  • 12 Dec
    • 夫の中の大阪人の巻

      今年最後の出張で小田原にいます。   空いているホテルがなく、前日にぎりぎりでいつも泊まっているホテルのツインの部屋を見つけたものの、この時期だからと、二人分の料金をいただきますといわれた。しかも喫煙ルームだって。   この時期って、クリスマス、年末ということでしょうけど、強気にもほどがあるわよね。ここは、銀座か!く、くやしいっ!  だからって、空いている「ビジネス旅館 6畳、トイレ、バスなし  5000円税込み」なんていうところには泊まれないでしょう。   仕方ない、4時45分に起きて新幹線で通うことにしたわ。   夫が、「五千円にしてください!とか、言ってみれば?」なんて、ふざけて言うの。   で、失うものは何もないし、再度電話して、できるだけかわいい声で困った声を出して、おねがいしまぁす!連呼で食い下がって、お値段交渉をしたら、    自分が思っていたよりも安く泊まれたわ。   わぁ!夫の中の大阪人は、時に私にサプライズをもたらすわ。    

      テーマ:
  • 05 Dec
    • 夢の存在していた場所の巻

      今日は仕事がオフで、久しぶりに銀座のカフェで午前中を過ごしたわ。ここのカフェで、いろんな夢を描いていたことを思い出した!   壮大な夢もあれば、箇条書きで収まる夢もあったわ。  今年は夢見ることよりも、夢見ることを忘れている自分に少し驚いた1年でした。      

      テーマ:

プロフィール

mansaku

性別:
女性
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都

読者になる

花のお江戸の真ん中で・・・・・・・・
「I love Tokyo」しています。
「働く人達を応援する会社」を1つと愛する夫をひとり、もっています。

鼻歌まじりに・・・・・
毎日のいろんなことを
愉しめたら・・・いとをかし。

さてさて・・・今宵は・・・
どんなメロディが
やってくるのでしょう・・・


・・・間違っても・・・
 ベートーベンなんて・・・
・・・きませんように・・・

テーマ

一覧を見る

月別

一覧を見る

ブックマーク

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。