遠慮しないというのは訓練がいるものです。

 

 

でも、されているほうも大して嬉しい訳ではないのが遠慮

 

 

常識的な気遣いの一環として

 

 

「遠慮」

 

 

があると思うのですが、

 

 

気遣いの幅を広げてみると

 

 

遠慮しないという気遣いもまたいると思います。

 

 

ちなみに北極流では遠慮は禁物

 

 

遠慮せずにグイグイくる人がえらいのです。

 

 

そもそもそっちにエネルギーのベクトルが向いているのに

 

 

それを止めるというのは

 

 

無駄にエネルギーを浪費します、

 

 

ため込みすぎるとカラダにも悪影響

 

 

スッキリしなくなる。

 

 

もやもやが積み重なって大きくなると

 

 

自分がため込んでしまっているにも関わらず

 

 

人のせいにしてしまいがちになったりする。

 

 

本当にそういうことは良くあります。

 

 

 

ちなみに私も社交辞令的に遠慮はします。

 

 

一つの物をもう一人の人と譲り合う状況や

 

 

並ぶ順番などで

 

 

「どうぞどうぞ」と譲ります。

 

 

しかし

 

 

「いえいえどうぞ」

 

 

と言われたら

 

 

「そうですか、有難うございます!」

 

 

と行かせて頂きます。

 

 

 

昔みた漫画で、

 

 

譲り合う二人が最終的に首筋に血管を浮かべながら

 

 

「どうぞー!!((# ゚Д゚)」

 

と怒鳴り合うやつがあり、

 

いつもそれが頭をよぎります。

 

 

やっぱり遠慮するよりも

 

 

素直にお礼を言って感謝出来た方が

 

 

気持ちがいいですよね。

 

 

「どうぞどうぞ」をつい無限ループしてしまいがちな人は

 

 

一回までしか言わないルール

 

 

ぜひ、採用してみてください。

 

 

 

今日もあなたに万福が降り注ぎますように☆

 

 

 

 

 

AD

コメント(1)