エネルギーの資産運用

テーマ:

 

 

結構、多い質問で

 

 

家に帰ると何もできなくなってしまう。

 

 

どうすればよいか?

 

 

 

と聞かれることがあります。

 

 

 

 

外出している時は

 

 

交感神経優位ですが、

 

 

帰宅してほっとすると

 

 

自律神経のバランスが切り替わり

 

 

副交感神経優位にバランスが変わってきます。

 

 

こうなると本当にエネルギーに余裕がないと動けません。

 

 

 

 

「おっかしいな・・・

 

さっきまでそれなりに元気に動きまわってたのに・・・・」

 

 

 

という状況でも

 

 

帰宅したとたん急に動けなくなる人が多いのはそのためです。

 

 

 

 

 

こういうのをどうすれば良いのか?

 

 

 

家はリラックスすべき場所なので

 

 

ある程度しょうがないのですが

 

 

まず動けなくなる人の共通点として

 

 

「帰宅をゴールだと思ってる」

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

帰宅をゴールだと思っていると

 

 

無意識にエネルギーが配分されてしまって

 

 

 

帰宅した瞬間にゼロになるように

 

 

 

カラダに設定されてしまう

 

 

 

ということが起こります。

 

 

 

 

 

 

ぼんやりと本当はあれもしなきゃと思ってる

 

 

ぐらいではダメです。

 

 

 

朝に家を出る瞬間から

 

 

 

「帰宅したらこれをこうしよう」

 

 

と具体的にしっかりイメージしておきます。

 

 

そして帰る時にもそのことを思い出してイメージしていれば

 

 

不思議とエネルギーが配分されています。

 

 

 

エネルギーとお金は似てる

 

 

 

というお話をしましたが、

 

 

 

エネルギーはお金よりもモヤモヤしたもの

 

 

注意深く意識していても

 

 

その総量は見えにくいものです。

 

 

 

 

 

だから大事なのがイメージとアファメーション

 

 

 

 

「自分はこれにエネルギーを使う!」

 

 

 

と自分に宣言してイメージする。

 

 

 

理想の未来を形作るような

 

 

大きなことにも有効ですが、

 

 

ささいな日常をもうちょっと良くするためにも有効な手段です。

 

 

 

ちょっとしたことをするエネルギーでも

 

 

しっかりリザーブしておかなければ

 

 

ついつい使い切ってしまう。

 

 

 

このへんもお金と似ているところです。

 

 

 

 

今日もあなたに万福が降り注ぎますように☆

 

 

 

 

 

万福たけし

 

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る