小名木川物語 告知

テーマ:
以前、句会風景の撮影に参加させていただいた、大西みつぐ監督作品「小名木川物語」が遂に完成。
私もちょこっと出演します。
2017年2月25日深川江戸川資料館にて

{4B33F1B6-BB77-494F-9D49-84C7608BB8AE}

よかったら皆さん足をお運びください。
AD
先日、初冬の目黒に行ってきました。
まずはクリスマスモードのシェラトン都ホテル東京で待ち合わせ。
ランチはカフェカルフォルニアで私は九条ネギとズワイガニのパスタコース。ソースは苦味のある大人の味でデザートの甘さが引き立ちました。
{CE64E483-F160-4A12-B345-19603FA907BA}

時間が余りなかったので、目黒自然教育園をサクッと散策。前に来た時もこれくらいの時期でしたが、俳句の先輩(高校も同じでした)といつものお仲間の3人の組み合わせでの散策はプチ吟行となり、またゆっくり来たいと思いました。

{FA615634-E083-42E7-AE10-BB041391972C}

帰り道に見つけたテディベアショップのディアベア。
やはり時間切れでウィンドウショッピングのみ。
入ったら出られなくなりそうでした。

{08F2CC0C-EB06-431B-8824-AE3FACBFD2D2}

そして我が家のリビングのツリーが届きました。
ぬいぐるみ達もなにやら相談中(笑)
以前の家のツリー本体が様々な色に光るものは二階に設置。
壁面のサンタさんと共に娘たちの無事な帰りを待っています。
{B188C0A2-803D-4E14-8642-15E6F64D4FF2}

さて、土曜日の夜は初めての秩父夜祭。
凄い混雑や寒さが予想がつかないのですが、朝霞市の彩夏祭や川越の川越祭がさながら通勤ラッシュのように混むので、準備万端に。

篠179号の〆切は五日です。年末進行なので会員の皆さん〆切厳守でお願いします。
AD
先週末は外出が続いて、明けてからは原稿や雑事に追われて更新が遅くなってしまいました。
まずは聖天宮から
{7D175829-8CF9-4BA2-A2EF-B883D3F2EC62}

先日訪れた聖天宮は、三清道祖に祈願し大病が治癒した台湾の康國典大法師が、その感謝の気持ちを表す為に建立した宮とのことです。
何故、殆どが民家であるこの坂戸に建てられたかというと、大法師の夢でお告げがあったからとのことで、15年もかけて建てられたそうです。
畑や民家のある道路を行くと突然極彩色の異国の建物が現れ、門をくぐればそこは台湾。
{0E359C1E-61F6-41A8-8F34-B3A8FFE5144D}

建築許可の為に道教の宮として建てられているが、見学は自由。細部まで手の込んだ豪奢な建造物。パワースポットとも言われています。

{4F66A39E-31AB-44A6-B33B-AC8CEFEFE134}

石柱のレリーフが素晴らしいです。
{8EB74333-AD77-450E-A9B5-CFF19D2060D1}

帰る頃には夕焼けが。夕焼けなんて怖くない。
{ED3B6047-91C5-4326-A839-2AA02D6843DF}

途中、花園フォレストでパンやお菓子を購入。

{B46ECB98-936C-45FA-9CA5-C2AA60BF06F3}
キリンさんのいるここは「ズベールおじさんのインドカレー」秩父のインド料理屋さんです。
女性店長が魅力的な方で、店員さんも優しく、店内にはインドの服や小物も沢山展示販売されていて、オリエンタルなものに目のない私は、寝室用ライトとエプロンとジャケットを購入。もちろんカレーもナンも美味しかったです。このポスターの夜祭に初参加する予定です。

そして翌日は再びの赤坂ビルで所用を済ませました。初冬の赤坂はキリリとしています。
{15A263AA-7C86-41B7-AE4F-47925EC2C9DB}

友人と渋谷で合流して梅蘭でランチ。今回は海鮮にしましたが、初めての場合はオリジナルがお勧め。中から餡状の具が出て来て楽しい。{FF30AAF3-8AEF-4943-A98E-ABB27013006D}

セットの杏仁豆腐も美味。
{3C1FBFFD-7190-4F4A-8846-8F37673CD3A2}

ありんこオフィスで展示されている俳句仲間の作品を見たり、タワーレコードの伊藤政則展を見たり、ショッピングして夕飯も。
この日を分かち合った友人とは時々二人女子会として遠出をしたり、互いの今の地元で語ったり、時にライブに参戦したりしています。夏には同じステージに立つこともできました。
腹を割って話せる趣味の合う大切な友人です。

一見、句作に無関係のようでも、こういった外出が人生を充実させて、作品にも結びつくのではないかと、快く送り出してくれる家族に感謝しつつ帰路につきました。

冬天や八羽の鳳凰羽ばたきぬ                 麻乃
{860AE6AB-4B46-41B4-947C-C217809CB371}

AD