〜 思考と想像は 人を救う 〜 ニシダイBLOG

某、ニシダイと申します。Twitterやってます。
これまでの己自身から一皮ずつむけていくために、日頃から一つずつ、きっちり終わらせながら駆動しております。それら多くのことを、きっちり報告してまいります。
さあ、踏み出そう!一歩先へ!

◇◆◇◆ 当ブログ オススメのカテゴリー ◆◇◆◇



◇ 自信をなくしてうなだれている自分へ

:仕事や人生に於いて、つまずいたり、悩みを持ったりしたけれど、それでも明日へと一歩踏み出す勇気が欲しい!という方にオススメです。


◆ 注目したオススメURL

:気になる記事のテーマに関する、使える情報や、「お!これは!!」と目を引く外部の情報を、記事本文中にリンクして、紹介させて頂いております。


◇ 読書・学習のオススメ事

:「プチ速読法」や「OPD(アウトプットドリル)」を中心に、某自信の編み出した読書のコツ、使える知識として脳に定着させる方法を取り扱っている他、勉強に臨む時のモチベーションの高め方、などについても、こちらで説明しております。
 読書を通じての情報収集や、試験に向けての勉強に励むあなたにオススメ!


◆ 筆字

:不器用故にうまくいかぬことばかり・・・。それでも諦めず、ひたむきに頑張るあなたに、筆先から迸る文字の力を体現化した、エールの数々をお送りします。
 明日をより良く生きるヒントにして頂けたら、幸いです。


◇ 電車 <武蔵野線の可能性と『夢』>

:武蔵野線に関する、現に困っていてそれを望んでいる方々の為にも本気で信じている、譲れない夢の数々。それらはきっと叶えられると信じて、たとえ不確かでも、自らよく考えながら一歩一歩進んでゆく!
 そんな某の構想と小さな挑戦の積み上げを、温かい目で見守り、宜しければ、
どうか、応援してやって下さい。


但し、その場でパソコンでの記事更新ができない場合もあり、
その場合は、アメーバ大喜利 に関する記事を、
スマートフォンから適宜、お送りいたします。御了承下さい。



それでは、Let's Enjoy ! ! !

テーマ:

本日、永らく通い続ける筆字道場で、
師匠に添削してもらった筆字作品↓
{6F9FD24C-2E6A-4CA4-8DC8-F85FE90E452E}

「けいちつ」と読みます。
暦を表す古来からの語句であり、
指し示す時期としては丁度、
冬が明けて春の息吹が感じられる、
3月に差し掛かってから幾らかの間、のようです。

前回、六本木にある道場で添削してもらった時から
数えること20日余りの今回。
「形がより洗練されましたね」
と評価してもらえたことが、嬉しかった!

課題となっていた、
右払いの太さの不十分さも改められてきたし、
まだ技巧に富むような上手さではないことは
重々自覚しつつも、
己の腕前の上達を、確かに実感できた。

今日は、そんな瞬間に恵まれた1日でした。


そのほかに書き上げた筆字は、
例えばこちら↓
{DEECF126-5257-4812-89DB-3B6BC698CFC9}

{12DA7055-2E54-47DF-8015-CDD96D1FB8E5}

如何でしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{52B097E0-6323-4B9F-B84C-2DB955305792}

こうしたことを、今日という日に
改めて思い出すに至りました。

最近の某(それがし)はきっと、無意識のうちに、
多くの事を自分の力でうまくやろうと
しすぎていたのかもしれません。

自分でやりこなす事にとらわれて、
身近な誰かの事を思い遣ること、
思い遣って、さりげなく何かをしてあげることが、
疎かになっていたのかもしれない・・・

換言すれば、そういう事が言えるでしょう。

誰かのことを想い何かをそっとしてあげる

今後は、これについて疎くなることなく、
「利他の心」を以て、
一つひとつの事に取り組んでいく、ということ。
ブログタイトルのヘッダーにも挙げておりますが、
「口癖の力」をも借りながら、
此度改めてこれに、努めていく次第です。


改めまして、日々当ブログの記事に
目を通して頂いている皆様には、
感謝申し上げます。

{CE395F43-CF73-4F3B-80D4-801A5ADA6E42}
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


(それがし)は、去る3月22日に再び、
東北・宮城の地に旅行に行ってきました。
無論、東日本大震災の慰問も兼ねて。

現地では、愛用のiPhone6のカメラを駆使して、
様々な風景の写真をレンズの内側に収め、
保存してあるのですが、
それらの写真は本日ではなく、
また後日、掲載させて頂きます。

回はタイトルのとおり、
この旅行の大トリを飾った、
東北新幹線E5系の写真に、
筆ペンを滑らせるようにして書き上げた、
某懇意の筆字の句を併せ、
一つの作品としたものを、掲載します。

これです。

{CDF3A7CC-5743-4AB3-888C-F39E94F9963D}

(ロケ地:仙台駅新幹線上りホーム)


新幹線の自慢の流線型ボディ。
その一部が筆字の句で隠れてしまったのは、
ちょっと残念な気もするのですが、
今回の新幹線に捧げるこちらの筆字作品、

・・・いかがでしょうか。


< 余 談 >

「はやぶさ」「はやて」の違い↓
「はやぶさ」は北海道新幹線にも直通するが、「はやて」は新青森まで。
「はやぶさ」には決まってE5系が充てられ、グランクラスも備わっているが、「はやて」の車両はそれよりも一昔前のもので、グランクラスはついていない。
(・・・だいたいこんなところでしょうか。他に何かありましたっけ?)

毎年の諸旅行よろしく、
旅行締め括りとして今回乗った新幹線は、
「はやぶさ」ではなく「やまびこ」
それも、終点の東京まで各駅に停車するタイプ。
(東北新幹線の「はやぶさ」「はやて」「こまち」には自由席はなく、グリーン車等も含めて全車が指定席)

うやら、たとえ新幹線であっても、
在来線と同じく各駅停車にずーーっと乗ってるのは
さすがに飽きてしまうらしく、
いつも新幹線の車両に乗り込む時に
決まって感じるあのワクワク感も、
だんだんと、暇を持て余す心持ちに
変わっていってしまった感がありました。
(それでも新幹線の非日常的なスピード感は
 存分に堪能できたのですが)

っけないくらい早く着いてしまうのは、
やはり、どこか味気ない感じがするけれど、
かといって、あまりに時間をかけ過ぎるのも
ちょっと考えもの。

適度なスピード感があるものが、
一番乗り応えがあるなぁ~、と感じます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事は、嘗て本年3月11日に作成した記事の改定版です。



年度の嘗ての記事本文にて、
平日朝ラッシュ時における東京メトロ東西線の、
大手町・飯田橋方面行の電車が、
ドア窓のガラスが割れてしまうほどの
酷い混雑に見舞われてしまっていること

並びにそれら混雑を少しでも和らげるべく、
京葉線、特に西船橋から直通する武蔵野線電車には
快速電車が必要と考えられること

について、述べさせて頂きました。

れから某(それがし)は、
今なお最混雑区間で200%を超えるほどの
激しい混雑に見舞われているメトロ東西線
そして、西船橋から東京へと向かう京葉線に、
朝も夕も負けず劣らず混雑している総武緩行線

西船橋で結節しているこれらの電車の混雑 を
少しでも和らげる
という狙いも踏まえて、
武蔵野線からの直通電車の一部
京葉線内のみ )快速化
した場合の時刻表を、
夜帰宅してから睡眠時間を少し削ってまでも、
ない知恵しぼって練り上げて参りました。

そうして、そのサンプルモデルの時刻表が、
ひとまず、暫定的ではあれど形になりましたので、
此度、掲載致します。


image

上出のものが、2017年3月現在の上り時刻表。

そしてこちらが・・・
image

新たに武蔵野快速を設けた場合の
上り時刻表です。

・・・これだけでは見て比較しようにも、
ちょっと見づらいかと思いましたので、
具体的な変化のある部分の前後を
クローズアップした画像も作成しました。

コチラです↓

朝に武蔵野快速をつけた場合<詳細1>
朝に武蔵野快速をつけた場合<詳細2>


<おまけ>

う半月前のことになりますが、
初めて日暮里から、
時速160キロというスピードで爆走する
『パワード・スカイライナー』

乗車してきました。

image

ほんで、展望デッキから飛行機を眺めて、

image

おみやげも買って、
帰りは京成バスで東京駅まで行って
真っ直ぐ帰りました。

田空港。
成田周辺の市井の魅力も相俟って、
飛行機に乗る目的でなくても
行くだけの価値はあると思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

う久しぶりとなってしまいましたが、
此度も、注目した新聞記事を載せて、
問いと対応する答えを挙げていきます。


{D3602B37-1A0C-43C3-B7BA-445F232CD423}


Q1. 総務省は、環境保全のために、「環境保護税」を地方税のうちの何にどのくらい上乗せしようとしているか。また、そうして集めた税金は、何の財源となるか。

Q2. 上記の新税は、どんな自治体に手厚く配り直されるか。

Q3. この地方税、上乗せで課税されるのは、どんな人を除く、全国で約何人ほどの国民か。

Q4. こうした新税が導入されようとしている背景には、全国の森林組合の約何割が、人手不足な状況に陥っているからか。

Q5. 山々の木々を人が手入れしないでいると、どのような問題が生じうるか。

Q6. それゆえ、山々の木々は、成長に合わせてどのような手入れをするべきか。また、そうすることでどんなメリットがあるか。メリットを2つ以上答えよ。

Q7. けれど、この新たな森林保護税。広く各地域の市民に支払ってもらう上で、各地方自治体との関係では、どのような問題があるか。




A1. 各市町村の個人住民税に、年数百円程度上乗せ。
  荒廃が進む森林の整備や、
  土砂災害の防止に充てられる。

A2. 森林保全に多額の費用をかけて努める自治体。

A3. 低収入などの理由で非課税となっている人を除く、全国で約6千万人ほど。

A4. 全国の森林組合の約9割が人手不足。

A5. 木が日光を遮るために地面が剥き出しになり、木の幹や根が弱くなって保水力が落ち、土砂災害が起きやすくなる。

A6. 間引き。これをすれば木が太くなり、地面に日光が差して植物が育ちやすくなるので、土砂災害を起きにくくできる。その他にも、二酸化炭素量の削減や水資源の確保などの効果もある。

A7. 47都道府県のうちの37が、既に独自の森林保護税を導入しており、一人当たり年間300~1200円支払っている公算。それに二重課税することになる。



本は山だらけの国だから、
防災や環境保全を目的に
こうして新たに税金を取るにしても、
果たしてそれだけで各地の森林の保全に
十分な効果をもたらせるのか、
ひいては、林業関係の業界が活性化され、
人手不足の状況下に雇用はもたらされるのか。
現状だけ見ると、やや疑問視してしまいます。

も、目的・使い道としては大いに結構

この記事の隅っこにメモした、
嘗て某(それがし)も読んだ本、
『里山資本主義』にあった、
里山の資源を存分に活かして地域経済を振興する為にも、
さらには、地域の防災・安全の為にも、
公的に森林保全にお金をかけることは、
やはり、大事なことではないでしょうか。

ですから、
今後に注目してみましょうか。



このアイコンを押すとトップページへ

このアイコンを押すとGoogleへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。