〜 思考と想像は 人を救う 〜 ニシダイBLOG

某、ニシダイと申します。Twitterやってます。
これまでの己自身から一皮ずつむけていくために、日頃から一つずつ、きっちり終わらせながら駆動しております。それら多くのことを、きっちり報告してまいります。
さあ、踏み出そう!一歩先へ!

◇◆◇◆ 当ブログ オススメのカテゴリー ◆◇◆◇



◇ 自信をなくしてうなだれている自分へ

:仕事や人生に於いて、つまずいたり、悩みを持ったりしたけれど、それでも明日へと一歩踏み出す勇気が欲しい!という方にオススメです。


◆ 注目したオススメURL

:気になる記事のテーマに関する、使える情報や、「お!これは!!」と目を引く外部の情報を、記事本文中にリンクして、紹介させて頂いております。


◇ 読書・学習のオススメ事

:「プチ速読法」や「OPD(アウトプットドリル)」を中心に、某自信の編み出した読書のコツ、使える知識として脳に定着させる方法を取り扱っている他、勉強に臨む時のモチベーションの高め方、などについても、こちらで説明しております。
 読書を通じての情報収集や、試験に向けての勉強に励むあなたにオススメ!


◆ 筆字

:不器用故にうまくいかぬことばかり・・・。それでも諦めず、ひたむきに頑張るあなたに、筆先から迸る文字の力を体現化した、エールの数々をお送りします。
 明日をより良く生きるヒントにして頂けたら、幸いです。


◇ 電車 <武蔵野線の可能性と『夢』>

:武蔵野線に関する、現に困っていてそれを望んでいる方々の為にも本気で信じている、譲れない夢の数々。それらはきっと叶えられると信じて、たとえ不確かでも、自らよく考えながら一歩一歩進んでゆく!
 そんな某の構想と小さな挑戦の積み上げを、温かい目で見守り、宜しければ、
どうか、応援してやって下さい。


但し、その場でパソコンでの記事更新ができない場合もあり、
その場合は、アメーバ大喜利 に関する記事を、
スマートフォンから適宜、お送りいたします。御了承下さい。



それでは、Let's Enjoy ! ! !

テーマ:

Q1. アメリカがメキシコ及びカナダと締結している、トランプ大統領が改変したがっている協定は何か。また、これはどういう趣旨の協定か。

Q2. 今後、トランプ大統領が訴える、メキシコ・中国への関税引き上げ、TPP離脱、ドル高是正などが通ってしまうと、日本経済にはどのような問題が生じてしまうか。例を挙げよ。



{D3BCE530-2D5D-4471-A74F-B3391D4F1D3A}



A1. 北米自由貿易協定(NAFTA)。メキシコ及びカナダとの間で輸出入の関税をなくす協定。

A2. 貿易活動の停滞。円高。
  巡り巡って国内諸企業の業績悪化。


アメリカでは去る1月20日、
「ついに」というべきか「とうとう」というべきか、
ドナルド・トランプが大統領に就任しましたけれど、
だからこそ、というべきか、
今後の世界情勢や経済情勢がどんな方向に向かっていくのか。
予断を許さない、固唾を呑んで様子を窺うべき時が、
長く続くことになりそうです。

生粋のビジネスマンであり、
大統領としては「ノー・イデオロギー」のトランプ。

今後も暴言や過激発言を連発しては、
下手すれば放送禁止用語も多用しては、
世界各国の政府・経済関係者を翻弄し、
よもや米国に対する嫌悪感を煽ったり
しなければいいのですが・・・

閣僚達ともいろいろと
食い違いや意見の隔たりがあるそうですし。

image



本題、行きます。

今回、ドナルド・トランプが大統領に就任する
より前の歴代大統領のうち、
「純粋に、立派な人だった」
「魅力的な人だった」と思える人を、
ベスト5まで挙げるとすれば、
某(それがし)の場合、こうなります。


1位 ジェファーソン (1801-1809 第3代)
 :アメリカ独立宣言を起草した主要メンバーの1人。

2位 リンカーン (1861-1865 第16代)
 :奴隷解放宣言を発表した。

3位 アイゼンハワー (1953-1961 第34代)
 :冷戦最盛期にアジア西側諸国との同盟とベトナム戦争への対応で功績を残す。

4位 オバマ (2009-2016 第44代)
 :「核なき世界」を訴え、銃規制、人種差別解消、国民皆保険「オバマケア」を目指した。しかし、中東情勢の悪化、中国の台頭などの問題も招いてしまっている・・・

5位 ケネディ (1961-1963 第35代)
 :アポロ計画の立ち上げ、公民権運動の推進、そしてキューバ危機の回避。しかし一方で、ベトナム戦争を泥沼化させてしまっている・・・

もはや、アメリカ本国においては、
「歴代で最悪の大統領」と酷評されてしまってる
オバマ元大統領
理想の高い反面実現は尚困難なその政策の、
現在に至るまでの良し悪しの如何は
ハッキリとは言い切れないものの、

何だかんだで、アメリカにも世界にも、
目指すべき目標はかく在るべき
と示してきたその姿勢は、
きちんと筋が通っており、
称賛に価すると思います。

歴代の大統領の中でも、
某は、好きな方でしたよ。

(因みに、某が歴代最悪の大統領だと思うのは、
ケネディの次のジョンソンか、
イラク戦争を難癖つけて仕掛けておきながら、
結局中東情勢をメチャクチャにしたブッシュJr


歴代大統領の主な功績については、
コチラのページ からご確認頂けます。

あと、故・ケネディ元大統領
本人の事はそんなに知らないけど、
彼の娘であり、オバマ時代の駐日大使であった、
キャロライン・ケネディ氏のことは、
非常に好感度を持てました。

オバマ氏には、良い印象も悪い印象も
両方織り交ぜてあるけれど、
キャロライン氏に対しては、
ほぼ良い印象ばかりが残っています。

この動画メッセージを観て、尚更そう感じました。


だから。ここまで日本の事を想ってくれた彼女に、

{F77038B5-D83A-452C-B66D-6C22DE46DF54}


かたや、魅力的に思えた日本の元・首相ならば、
某ならば、ベスト5までをこう並べます。


1位 田中角栄
 :日中平和友好条約、日ソ共同宣言、日本列島改造計画の立役者。

2位 佐藤栄作
 :沖縄返還を実現させた。

3位 吉田茂
 :サンフランシスコ平和条約に調印。日本を占領下から解放した。

4位 中曽根康弘
 :国鉄・電電公社・たばこ産業を民営化した。また、当時のレーガンとは親密な関係だった(ロン&ヤスの関係)。

5位 小渕恵三
 :ビル・クリントン大統領と仲が良かったという。

・・・長くなってしまうので、理由は省略させて下さい。



このアイコンを押すとトップページへ


このアイコンを押すとGoogleへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

某は、音楽ならば主に洋楽、
つまり、外国の曲をよく聴きます。

年代としては、決まってビートルズ以降で、
傾向としては、70~80年代をメインとした
結構な有名どころに加えて、
最近のトップアーティストの曲を
ちょくちょく聴いたりしています。

いずれも、例えるならば・・・

東証一部に上場していて、
メディアでもCMをバンバン流しながら
売り上げを伸ばしてきた大手企業。

そういう感じに形容できると思います。

さしずめ、ビートルズならば・・・
トヨタ自動車、といったところでしょうか(笑)


その時々で新しく曲を聴くアーティストは、
主に、ツタヤのCDコーナーで紹介されている
ようなアーティストが大多数ですが、
一部、アーティスト名自体が気になったり、
曲が気に入って、アーティストを検索したりして、
Youtubeの動画を通じて興味を喚起される、
というケースもあります。


本ならば、
たくさんの本を速読で素早くインプットし、
情報収集や、作品の世界観を嗜む所作を
毎回行っているのですが、

音楽ならば、
まずはYoutubeで「試聴」いてみて、
「いいなコレ!」と思える曲が多数あった場合に、
ツタヤに行って目ぼしいCDアルバムを借り、
それをウォークマンに入れて、
いつでもどこでも繰り返し聴く。

そういう流れであることが大半です。

実際、そんなに頻繁にCDを借りて
聴いたりすることはないのですが、
繰り返し聴きたいと思えるような
曲たちの特徴は、こんな感じ↓

{1580EC60-3693-40C5-9CD1-580AEC89E912}

やはり、綺麗なロックが好きです。


誠に有難いことに、
昔も今も、日本のことをこよなく愛してくれている、
親日バンド・アーティストは実に数多くいるようです。

ボンジョビのように、ツアーの初めを日本からに、
あるいは締めを日本にしてくれてたり、
エアロスミスのように、日本の名産品(彼らの場合はたい焼き)のファンになってくれたり、
ビリー・ジョエルのように、本国でさほど売れなかった曲でも日本版のベストアルバム出してくれたり、
クイーン、あるいはセリーヌ・ディオンように、
日本語の入ってる曲を作曲して歌ってくれたり、
それから、シンディ・ローパーのように、
震災の被災地に来てくれたりと、
当時に思いを馳せてみても、どれもありがたい限り。

クイーン、ジャパン、チープトリック、ボンジョビ、ヨーロッパなど、日本で最初に人気に火がついたバンド、
カーペンターズ、ディープパープル、レインボー、キッス、エアロスミス、レディ・ガガなど、
本国以上に日本で人気の高いバンド・アーティスト、
ベンチャーズなど、凄い数の来日回数を誇るバンド等、
数多くありますけれど、
少なくとも言えることは、
みんな是非とも、また来てほしい!ということ。

ありきたりかもしれませんが、本心です。

本日は、世界三大ギタリストの一角でもある、
日本でも「いとしのレイラ」等でお馴染み、
エリック・クラプトンの親日エピソードについて、
注目したページから、お伝えしましょう。


これを読んでより一層、
クラプトンの事が、好きになりました。


このアイコンを押すとトップページへ

このアイコンを押すとGoogleへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

以下はいずれも、
2日前の1月17日に書いた作品です。

{7F8F139E-911C-4FD5-A6F9-FF3329F97C72}
たとえその時には悪く思ったもの、
好ましくないと思ったものであっても、
それに出くわしたこと、体験したことは、
捉え方次第で、こう活かし得ると思うんです。

{329542D9-CF58-4AF3-BDF7-16548117A2C2}
嘗て「伝説のクソゲー」と謳われたファミコンの迷作
「たけしの挑戦状」の出だしにこんなのがありましたが、
そのままだとちょっとアレなので、
キチンと片仮名を挟みました。
「愛(スル)人(ヘ)」 と。

{F29A5E29-AB1C-495C-B8D0-71DA4A63E9D9}
常日頃から、この心は忘れない!
某(それがし)は自分自身に、そう戒めております。


そしてこの次の筆字作品が
この日最も良く書き上げることができたと
自負している「My・力作」


{385341D4-8B89-4663-AB71-43AC17B992D6}

現在に至っても尚、
アニメ映画はおろか、日本の全映画史に於いても
最高の興行収入記録を堅持
している、
2001年に公開されたジブリ映画
「千と千尋の神隠し」

この名作映画の下記の台詞に、
某は今もなお、心惹かれています。

ハクは私を助けてくれた。
だから私、ハクを助けたい!


監督・作者は違えど、
後に「君の名は」でも同様の「利他の心」を
感じ取るに至ったのですが、
やはり、本当に互いに長く信頼できる関係って、
こういう事が互いの間で為されている関係だと思うんです。


{F047BE4E-985D-4B74-A820-4890707AB0A8}

この人は、素敵な人だった。
日本人一人ひとりに対して、
親身になって向き合ってくれてたみたい。

だから、この記事を読んでも、
これまでのニュースを思い返しても、
某は、確実にこう思います。

きっとこの国の多くの人は、
この人の事を慕っていたんだな
、と。


明日、トランプが大統領に就任したら、
この人はもう、駐日大使としては
お役御免となってしまうけれども、
是非ともまた、日本に顔を出してほしいなぁ。


このアイコンを押すとトップページへ

このアイコンを押すとGoogleへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

此度はこちらの記事を御紹介。

米国の分断解消誓う=次期大統領、融和訴え
 【ワシントン時事】トランプ次期米大統領は15日、ツイッターに「長年、わが国は怒りと不信で分断されて..........
≪続きを読む≫  


移民に対して差別的ともされる発言をしたり、
女性や軍人に批判されるような発言をしたリ、
中国やメキシコをはじめ、
外国の事をディズったりと、

およそ、ここで述べられているような事とは
かけ離れた発言を多々してきた人ですから、
イマイチ、言葉に説得力が感じられない・・・


某(それがし)もまた、そんな風に思います。


{5CF8ABDA-48B9-489F-A409-5E23DE9787CA}

この記事でも述べられているように、
与党となる共和党の官僚達とだって
こういう軋轢があるというのですから、
つまり、内部でも隔たりがあるのですから、
(トランプは彼らの考えにも一応理解を示してるみたいだけど)
国全体の分断解消を実現へと向かわせるのは、
一筋縄ではいかないでしょう。きっと。

トランプに限らず、
これまでの歴代大統領だって
分断を解消するのに苦悩した歴史がある
でしょうけれど。


1月20日から次期大統領として門出する、
トランプ次期大統領。

言行の一貫性がまだまだ感じられない
ように思えてなりませんが、
果たして、大統領として職務に努めてから、
彼がどのようになっていくのか。
そして、アメリカと世界情勢は
どのように変遷していくのか。
皆が固唾を吞み、目を離さないことでしょう。


無関係無関心ではダメ。

やはり、自分達にも多かれ少なかれ
影響が及ぶ事と考えて、
今後を注視していく必要がありそうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Q1.シンクタンク「連合総研」の調査では、現職の公立小中学校の教師(4500人対象)のうちの何%が、週に60時間以上働いているとされるか。

Q2.では、小学校教諭と中学校教諭とでは、それぞれ何%が、週60時間以上の労働をしており、それぞれ、50時間未満の労働者はどれだけいたか。

Q3.公立小中学校教師で60時間以上労働している者の上記水準は、医師よりも上か下か。では、医師は何%か。

Q4.中学校に於いて、午前7時以前に出勤する教師が15%に上るとされているが、では、彼らがそれほど早く出勤するのは何故か。

Q5.小中教諭が最も負担に感じている仕事は、何か。

Q6.先生方にどんな意識がある事が、皮肉にも長時間労働をもたらしているか。



Q7.では、文部科学相はこの問題に対し、例えばどのような負担軽減策を打ち出しているか。


image
image


1日に8時間労働且つ週休二日制。

これ、世の中ではもはや当たり前ではないようですね。

ネットの普及等によってワークスタイルが変わり、
従来の方式に縛られない多様な働き方が
できるようになったと云われて久しいですが、
それは、今後ゆくゆくは広く伝播していき、
世の中共通のトレンドになり得るかもしれないけど、
まだまだ、一部の業種職種に留まっていると、
言わざるを得ないかもしれない。

週60時間以上の労働という事は、

学校の現場では、もはや土曜日も授業があるから、
1日8時間労働として6日で48時間。

さらに、そこに12時間以上の残業時間を加味して
60時間に達する計算になるのだから、
1日あたり2時間以上もの残業を
毎日のようにしていることになる・・・

しかも、全国で70%以上の教師が
そういう状態なのだから、
これはもう、労働基準法云々の話では
ないかもしれない。
さらにそれよりも大きな枠組みで
考えるべき事かもしれない。


全国紙の新聞でも画像のように書かれているとおり、
まだまだ残業から解放されず、
多大な負担を強いられている仕事人が多い。

それも、本人の能力の優劣に関わらず、
職場の枠組みや、相手のためを思えばこその
苦労・疲労に見舞われている・・・
そんな仕事人が、です。


ほんの少し想像してみても、
学校教諭の方々の心的疲労というのは、
かなり深刻なもののように思えます。

小中学校とも、子供たちの教育指導というのは、
語弊はあるかもしれないけれど
一筋縄ではいかないものですからね。

特にキツイといわれている、介護をはじめとして、
人相手のサービス業というのは、
広くそういう傾向にあるかと思います。
昔よりも尚、一層。

だからこそ。

業務改善アドバイザー以外にも、
そういうストレスを受け止めて、
少しずつでも和らげて良くしていける。

そういうケア的なサービスをする人が、
今後、数多幅広く、求められるのではないか。
必要になってくるのでないか。


今回の記事を読み、
某は改めて、そう感じましたね。

今回の集計は公立小中のものですけど、
私国立の小中学校は、どうなのでしょうか。
恐らく、公立とだいたい同じような結果
なのでしょうけれど、幾分気になるところではあります。

{B537F31B-0188-498D-8DAD-273E350C1618}


こういう根深い、深刻な問題が
数多くあるような世の中だけど、

喫緊の問題があるから
助けを求める人がいるから
考える力を発揮できる
考える力を高められる より一層

問題に数多く触れるからこそ
自分の力も高めていける

そういう点では 問題とは好機といえる


某は、そう信じています。

A1.70~80%

A2.小学校教諭が73%、中学校教諭が82%
  50時間未満はどちらもいない。

A3.医師の水準を上回る。医師で40%。

A4.運動部の顧問を務めているから。

A5.保護者や地域からの要望や苦情への対応。

A6.『子どもたちのために』という先生方の善意。



A7.部活動に休養日を設ける、業務改善を助言するアドバイザーの派遣 etc.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。