〜 思考と想像は 人を救う 〜 ニシダイBLOG

某、ニシダイと申します。Twitterやってます。
これまでの己自身から一皮ずつむけていくために、日頃から一つずつ、きっちり終わらせながら駆動しております。それら多くのことを、きっちり報告してまいります。
さあ、踏み出そう!一歩先へ!

◇◆◇◆ 当ブログ オススメのカテゴリー ◆◇◆◇



◇ 自信をなくしてうなだれている自分へ

:仕事や人生に於いて、つまずいたり、悩みを持ったりしたけれど、それでも明日へと一歩踏み出す勇気が欲しい!という方にオススメです。


◆ 注目したオススメURL

:気になる記事のテーマに関する、使える情報や、「お!これは!!」と目を引く外部の情報を、記事本文中にリンクして、紹介させて頂いております。


◇ 読書・学習のオススメ事

:「プチ速読法」や「OPD(アウトプットドリル)」を中心に、某自信の編み出した読書のコツ、使える知識として脳に定着させる方法を取り扱っている他、勉強に臨む時のモチベーションの高め方、などについても、こちらで説明しております。
 読書を通じての情報収集や、試験に向けての勉強に励むあなたにオススメ!


◆ 筆字

:不器用故にうまくいかぬことばかり・・・。それでも諦めず、ひたむきに頑張るあなたに、筆先から迸る文字の力を体現化した、エールの数々をお送りします。
 明日をより良く生きるヒントにして頂けたら、幸いです。


◇ 電車 <武蔵野線の可能性と『夢』>

:武蔵野線に関する、現に困っていてそれを望んでいる方々の為にも本気で信じている、譲れない夢の数々。それらはきっと叶えられると信じて、たとえ不確かでも、自らよく考えながら一歩一歩進んでゆく!
 そんな某の構想と小さな挑戦の積み上げを、温かい目で見守り、宜しければ、
どうか、応援してやって下さい。


但し、その場でパソコンでの記事更新ができない場合もあり、
その場合は、アメーバ大喜利 に関する記事を、
スマートフォンから適宜、お送りいたします。御了承下さい。



それでは、Let's Enjoy ! ! !

テーマ:

~ 潜在意識に言い聞かせるように ~


大丈夫。
今日はきっといい日になる!
しっかりとした仕事を実践できる!


仕事って、みんながフィールドプレイヤー。
互いに「つながりの意識」持って、
声掛け合って連携できる!
相手の短所・至らぬ所・イヤな所にばかり
目を行かせて悪く思うのではなくて、
きちんと長所も想像し発見し、
そこに関しては一目置く。
そこに関しては、感謝し褒め称える!

たとえ口には出さなくても。

もし不調に陥ってしまっても、
それが暫く続いてしまっても、
まずはきちんとやっていこう。
小さなことから。できることから。


そうして小さな自信を重ねつつ、
本来の力を「根性」見せて発揮して、
「職人魂」持って気ィ引き締めて、
決めたゴール(最終行動)を目指して


締まっていこうぜ!!!




このアイコンを押すとトップページへ

このアイコンを押すとGoogleへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んなきゃいけないと分かってる事でも、
仕事後や運動後で妙に疲れていたり、
食事を堪能して満腹になった後だったりで、
思うように体と意識がついていかない・・・


なんて事、よくあると思います。

「やる気スイッチ」をONにしたくても、
体も意識もそこまでの準備段階に至ってないから、
万全のコンディションまで持って行って、
やる気を漲らせて取り掛かるという事が、
どうにもこうにもうまくいかない・・・


分かってはいるんですよね。
ホントはこうしちゃいられない!
やらないでいるより、やる方がイイ!ってこと。

しかし、そのまま何もしないでいると、
もしかしたら「意志の弱いヤツ」みたいに、
たとえ人から見なされないまでも、
無意識に自分自身を卑下してしまうことに
なるかもしれない。


・・・そんなの、嫌ですよね?


も、そんな時って、ひょっとしたら、

やんなきゃ!やんなきゃ!!
根詰めてやんなきゃ!!!

気張ってしまってはいませんか?

最初から一気に全力でやろうと
してしまっていませんか?



だから!

image
image


まず「ウォーミングアップ」を
肩の力を抜いて気軽に行うこと。


この効用、侮るなかれ。


きなりトップギアで突っ走ろうとしても、
それでは途中で息切れしてガス欠し、
結局、無理が祟ってダウンしてしまうのがオチ。

まずは、5分からでいいんだ!
5分サッと集中してやればいいんだ!

という感じで、気軽にスタートしてみる。

そんな風に、やり始めてみてはどうでしょう。
そうして徐々に集中熱を高めていけば、
自然と体は呼応してついてくるものです。

自然な形で、自ら集中力を長く持続させる
ことができると思いますよ!?



このアイコンを押すとトップページへ

このアイコンを押すとGoogleへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ノ宮からJRの新快速で、はや40分。
新幹線も止まる姫路駅に来て、
駅の出入口から姫路城方面へと伸びる道は、
広々とした真っ直ぐな道。

姫路駅前からのプロムナード

見晴らしが良く、姫路城をしかと拝むことができました。

それから歩くこと、約10分程。

姫路城のある国立公園に到着し、
まずは出入り口の城門の外から、
その白く荘厳な佇まいをパシャリ!撮影。

ここがまさに姫路城

こがまさに、あの姫路城。
国宝であり、世界文化遺産でもある、
他の城とは構造も異なり、より強固であるという、
長きに渡りこの地に佇んできた、
言わずと知れた名城郭です。

城門を潜り抜けたその先で、
スマホのカメラでではありますが、
雲一つない実に見事な青空の下に
その白無垢といえる佇まいを誇る城郭を、
幾度となく、撮影して参りました。


出入口の門から入って正面にて。
出入口の門から入って正面の眺め

さらに進んでまさに正面から。
姫路城正面の光景

場内に入るちょっと前に登った高台から。
高台からの姫路城の眺め

場内から撮影した、蔵と姫路の山並みや麓の光景。
蔵と姫路の山並みの麓


いずれも、実に清々しく広がる青空が、
ずっとこの目に焼き付くほど、
強く印象に残ったのでした。

※ 拝観マナー違反を懸念して、城内は撮影はしませんでした。

て、姫路城を拝観したその後は・・・

また新快速で大阪まで戻ろうかとも考えたけれど、

山陰電鉄直通特急

ちょっと運賃が安いことに加えて、
一回も乗ったことがないという事もあり、
山陰線直通特急に乗って、

夜の大阪駅

夜の大阪の街へ向かいました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

此度の記事は、コチラの記事 のほぼ続編です。


かしながら、たとえ上記のような
読書効率を向上させる読法を以てしても、
本のそれぞれのページに載っているものを
「長ったらしい文章」とばかり捉えてしまうと、
読んでいるうちに、疲れてきてしまうかと思います。
場合によっては、読むのが苦痛のようになることも・・・


こで某(それがし)が此度紹介したいのが、
タイトルにもある、

眺め読み速読法

これは「フォトリーディング」にも近いと思いますが、
(というか、フォトリーディングをモデルにしてますが)
本のページに載っている表現の産物を
「長ったらしい文章の塊」としてではなく、
別のものとして意識する。そんな読み方です。

視野は広くとり、
視点をゆったりと、大きく動かし、
絵や写真を眺めて、
短く限られた時間の中で、
できるだけ多くの情報をキャッチしていく。

そう、イメージしながら読んでみて下さい。

きっと、読書前のウォーミングアップ
この読み方をすると、効果的かもしれません。


と、この眺め読み速読法から類推したところ、
読書の効率を良くしたいと望むのならば、
活字の本ばかりを読むのではなく、
たまには絵や写真を幾つも眺めてみる。

これもまた、効果的なのではないでしょうか。


それも、その絵や写真の数々を眺めて、
「わぁ、キレイ」と思うだけじゃなくて、
「そこにどんな情報が含まれているか」
これを短時間で幾つもキャッチすることに
チャレンジしてみると、いいかもしれませんよ!?


速読が脳に寄与することを提唱しているページ↓




このアイコンを押すとトップページへ

このアイコンを押すとGoogleへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<前半:タイムプレッシャーの効能>

格取得等を目的とした勉強もそうですが、
読書だって、やるからには時間効率を考えて
なるべく多くのことを吸収できるように
したいものですよね。

茂木健一郎氏は、嘗て自らの著書
「脳を活かす勉強法」の文中において、
「タイムプレッシャー」の効果効能を、
脳を活かした効率の良い方法であると
提唱していました。

このタイムプレッシャー
某(それがし)も、確かに効果的だと思えます。

間、緊張感(プレッシャー)がある方が
行動に集中力が発揮されてハリが出るもの。
だけど、自分にはそういう緊張感を生む事情が
なかなかない、ということもありますよね。

そういう時に、そういう諸事情の代わりになる
一番簡単な方法が、
時間の縛りをつけることでしょう。


こうすれば、その時間の縛りによる緊張感で、
集中力が喚起されて、事柄が頭に定着します。
だから、暗記学習では特に効果的!


以前は携帯のタイマーを使って
時間を計りながら読書、片付け、
その他すべき事項に取り組んでいましたが、
最近だとその代案としてもっぱら、
5分程度の音楽をかけて、
それが終わるまでに決めたとこまで終える

という方法を取り入れております。



<後半:しおりを使った簡単速読>

開きの左右両ページに
いくつも散りばめられたキーワード
漢字であったり、「 」がつけてあったり、
あるいは親切な本だったら、
太字で強調されていたり。

そういうキーワード同士に「フック」をかける。
そしてそのフック同士をロープで繋ぐ
そうしてキーワード同士を橋渡しして、
見開き両ページの内容をキャッチしていく。


・・・ちょっと難しいかもしれませんが、
某は本を読む際、こういうのを意識してます。

ここで注意すべきなのは、
視野は広めにとり、視点はゆったり動かすこと。
視野が狭いとどうにもキーワード同士の繋がり、
それを頭に入れることができない。
んで、そうして得たキーワード同士の情報。
これを「自分の言葉に置き換えて要約」
つまり自分にとって具体的で身近な、
スンナリ理解できることに置き換えて考えれば

素早く記憶できるばかりか、
忘れにくく、イメージしやすくなります。

を素早く読む上で大事なのは、
集中はしても力まない、ということ。
そこで使えるのが、本のしおり、なんです。

どう使うのかといえば・・・
対象の本が小説や文庫本など、
文章が右から左へと進んでいく一般的な本なら、
見開きのページを繰り返し撫でるように
右から左、また右から左へと
しおりを動かしていく。
しおりを持つ手を動かすことで、
余計なリキみを緩和できる


この動作の過程で、
散りばめられたキーワードを拾っていく。
そしてそれを、左右のページで繋げていく。
繋げたキーワードは自分の言葉に置き換えて、
スンナリ理解できるよう消化する。

こういう風に読み進めていくのですが、
少なくとも、ストーリーの流れが分かれば、
まずは上出来だと思います。


因みに、某はこの読み方を...

「重ね返し読み読書法」
...と名付けました。認知度高まってくれないかな。

たくさんの本を限られた時間の中で読んで、
できるだけ多くのことを掴みたい!
多くのストーリーを楽しみたい!という方。
今回の方法、お勧めです。


このアイコンを押すとトップページへ

このアイコンを押すとGoogleへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。