マンタムのブログ

この世にタダ一つしかないカタチを作ろうとしているのですが出来てしまえば異形なものになってしまうようです。 人の顔と名前が覚えられないという奇病に冒されています。一度会ったくらいでは覚えられないので名札推奨なのでございます。


テーマ:
既にパラボリカでは先行予約による特別版の「お渡し会」が5月18日より5月26日迄というスケジュールで現在開催中です。
100冊用意したのですが77冊の予約を頂き残った23冊も今回のお渡し期間中に無くなりそうなイキオイで更に50冊プレートに小さな時計パーツをつけサインを入れた特別版の第2弾を50冊用意する事が決まりました。

これと並行するように新宿A Story での予約受付と販売が始まっていてA Story版ではA Story特製マンタム作品カードがつくそうです。 名古屋Sipkaでも予約の受付が始まっているようです。

東京三省堂神保町本店では5月20日より4階芸術コーナーエスカレーター降り口横で 鳥の王発売記念フェアが開催されていて鳥の王本体が置いてあってそれ以外にも作品が何点か置いてありブックフェアの為に作製した錬金術師の為の装飾品の新作や鳥の王発売記念プレート等が一緒に販売されています。
こんな三省堂今迄に見た事が無いと評判になりつつ在るので是非足を運んでみて下さい!
6月20日頃迄続けてもらえるとのことでした。

東急BUBKAMURAにある NADiffでも 鳥の王を置いてもらえることになり小さなオブジェを制作しそれと一緒に置いてもらえる事になりました。

この後はブックフェアが 池袋ジュンク堂 代官山蔦屋 新宿南口紀伊国屋と続く予定です。

ブックフェア期間中はそれぞれの会場に土曜日か日曜日はなんとなく居ようかなと考えています。

実際今迄の展示は画廊や嗜好性の非常に強いお店等での展示が殆どで三省堂でしかも本店でなどという晴れがましい場所ではやったことがありません。

自分でもそれはどういうことなのか見てみたいですしお客様の反応と直に接してみたい。

今回はオリンピアも麗子もオテサーネクも居ないのでトラウマの子供は量産しないだろうけど 鳥の王 その人がいるわけでそれがそんな晴れがましい場所でどうお客様の目にうつる物なのかととても気になるところなのです。


それとこの 鳥の王 という本を世に出す為にとても多くの人たちの大変な努力があって世に出せたワケですからそれに対してちゃんとその結果を出さなければと思うわけです。

ちゃんと個展という物をひらいて作品を発表したのが2010年の秋の事でそこからここまでほぼ休むヒマなくやってきたわけですが なんだか凄いことになったなぁと思います。

今回の展示が終わったら暫くは引き蘢って作品作りに励まねば!と思うのです。






AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

マンタムさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。