マンガ紹介 銀魂

テーマ:


銀魂



銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋 による少年漫画 作品。『週刊少年ジャンプ 』(集英社 )にて連載中。


週刊少年ジャンプ 』で2003年 12月 2004年 2号)から連載開始。作者の初連載となるSF 時代劇 の体裁をとった人情コメディ 漫画で、単行本売り上げは現在2,800万部と大ヒットを記録。話数カウントは「第○訓」(○には漢数字が入る)となっており、各話のサブタイトルは大なり小なり本編の内容を意識した教訓的なものが付けられている。


主人公 が、周囲の面々と繰り広げるドタバタギャグコメディがストーリーの基本路線ではあるが、シビアでシリアスなドラマも時折展開される。ギャグの中には漫画・テレビアニメ業界の内輪ネタが多く、ジャンプの世界観もネタの対象になっている。


ストーリー


江戸時代 末期、「天人(あまんと)」と呼ばれる異星人 達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷 戦争が勃発。数多くの 、攘夷志士 が天人との戦いに参加した。

しかし、天人の絶大な力を見て弱腰になっていた幕府 は、天人の侵略をあっさりと受け入れ開国してしまう。そして、幕府は天人による傀儡政権 となり、天人たちが我が物顔で江戸の街を闊歩するようになった。一方、国や主君のために天人と戦った攘夷志士たちは弾圧の対象となり、他の侍たちもその多くが廃刀令 により を失い、戦う気力を失っていた。

天人の襲来から20年後、剣術道場の跡取りで若輩ながら古風な侍気質を持つ志村新八 は、剣術を生かす道もなく、意に沿わないアルバイトで姉である志村妙と生計をたてていた。そんな新八の前に風変わりな一人の侍が現れる。未だに変わらない侍魂をもった男、その名も坂田銀時 。銀時の男気に惹かれた新八は、侍の魂を学ぶために彼の営業する万事屋 で働きだす。やがて、万事屋には、戦闘種族である夜兎族の神楽 や巨大犬の定春 などが転がり込んでくる。

そして、万事屋ゆえに江戸のあらゆる依頼事(やっかいごと)に首を突っ込むようになった銀時たちは、江戸の治安を預かる真選組 や、かつて銀時の盟友であった侍たちなど、様々な人間や天人たちと関わりあっていくことになる。



感想

江戸時代にモンスター、テレビや車など、ちょっとしたパロディがあってかなり面白い。
謎的なキャラばかりだけど、ギャグが尽きぬ限り良い方面に達していると思う。
ギャグのセンスも良く、とっても面白いです。
読む前はあまり良いイメージを持っていなかったのですが、読んでみると
思っていた以上に楽しんで読むことができます。


評価は100点中78点



ペタしてね

AD

これまでの話








31話 仙道の狙い


3rdクォーター残り2分を切った。

神奈川 68
秋田  65


神奈川の3点リードで、神奈川ボール。

再び5点差に戻すか。

それとも秋田が凌いで、1点差に詰め寄るチャンスを迎えるか。


宮城がボールを持っている。


三井がスクリーンをかけた。


宮城のカットイン。

ディフェンスをスイッチした松本が、宮城についた。


すぐさま、宮城は三井にパス。

三井のマークは、松本とチェンジした深津。

「三井だ!」「スリーか!?」


三井、シュートフェイク。

深津は引っかからない。

「さすが深津!!見越してるぜ!!!」


三井、ニヤリ。 「やるじゃねえか」

三井はゴール下の仙道へパスを出した。


仙道と河田、インサイドの攻防。

仙道のターンアラウンド。


しかし河田は抜かせない。

「ゴール下は譲らねえぜ。いくらお前が天才でもな」


その瞬間、仙道がノールックで後ろにパスを出す。


河田、驚く。 「なんだと?」


走りこんできたのは宮城だった。

「うわああああーーー!!!!すげえパスだ!!!」

「仙道!!背中に目があるのか!!??」


宮城ドリブルイン。

コレも河田が止めた。

「譲らねえんだよ!」



今度は宮城のノールックパス。


「おお!またノールックだ!!」


ボールは仙道へ。

仙道につくのは深津。


仙道、ゴール下へ押し込む。

深津対仙道、ミスマッチ。



観客席の彩子が気づく。
「あの時と同じだわ」

赤木がうなずく。
「宮城もオレもあいつにやられたんだ」




ピーーーーーーーーーーーー!!!!


「ファウル!!!!黒4番!!プッシング!!!」


倒れている仙道がガッツポーズをとる。


赤木がつぶやく。
「まさにあの時と同じだ。4ファウル…」

安西がニコリ。
「仙道君、試合の流れを読む力も天才的ですね。」



会場全体が驚愕する一大事。


「わああああーーー!!!!!深津4つ目だあああああ!!!!」

「仙道!!!!」「仙道がやったーーー!!!!!!」

「どうするんだ!? 山王!!」


「でも、今の凄かったぞ!!流れるようなパス交換!!」

「何だ今の攻撃は!!? 神奈川は本当に選抜チームなのか?」


神奈川ベンチ。牧が腕組み。
「宮城の選択も良かった。あいつは仙道が深津のファウルを
誘おうとしてたのを理解していたんだ。
だから無理矢理突っ込んで、河田をおびきよせた」

藤真が返す。
「ここで宮城のスピードが生きましたね。高頭監督」

高頭、扇子。
「ふっふっふ」




『メンバーチェンジ!!秋田』


深津、交代。

一之倉が入る。


「交代だ!!深津交代だ!!!」

「山王ピンチ!!!!」




大騒ぎの会場の中、安西が不気味な一言を発した。

「ここから何とかするのが山王というチームですよ。
こういう修羅場を何度経験してきたことか」

赤木、ゾクッ。
「先生…」



3rdクォーター、残りは1分半。






続く





ペタしてね



AD

怖都市伝説 人面犬

テーマ:

怖い都市伝説



人面犬


ある男性が深夜飲食店でアルバイトをしていた。
お店はもう閉店の時間となり、いつものように男性は厨房で出たゴミをまとめて店の裏口にあるゴミ箱へ出すことにした。
店の裏口は細い路地に面していて、深夜ということもあり人通りは全くなかった。
(ゴミをあさっている犬がいるな・・)
ふと見ると店のゴミを集めているところで一匹の犬が顔を突っ込んでゴミをあさっていた。
邪魔だと思いながらも男性は近くに行けば犬も逃げるだろうと大きく膨らんだゴミ袋を引きずるようにしてゴミ捨て場へと近づいた。
普通の野良犬なら人間の気配がすれば直ぐに逃げるのだが、その犬は一心不乱にゴミをあさっていた。
これ以上散らかされるのもなんなので男性は思わず犬相手に
「おい、コラ!あんまり散らかすなよ!」
と声をかけた。

その声に男性のほうをゆっくりを振り返る犬。
しかし、それは「犬」ではなかった。
犬の体に人間の顔を持った「人面犬」だった・・・


AD

怖都市伝説 隙間女

テーマ:

怖都市伝説





隙間女



とあるところに、一人暮らしをしている男性がいた。
ある日、男性は部屋の中で何者かの視線を感じるようになった。
もちろんあたりを見回しても誰もいない。部屋には自分ひとりだけのはずである。
しかし、見られているという感覚は、なおも続いた。
不安になった男性は、部屋の中を探しても見たが見つからない。覗かれているかもしれないが、男性は自室にいるときはカーテンを閉めているのでそれはありえない。
もしかして監視カメラや盗聴器でもあるかのか……男性はますます心配になって念入りに部屋を探すことにした。
そして視線の正体を見つけてしまった。

タンスと壁のわずかな隙間から、じっとこちらを覗いている女を―



ペタしてね




マンガ紹介 トリコ

テーマ:

トリコ

トリコ』は、島袋光年 による少年漫画 作品、及び主人公 の名前。『週刊少年ジャンプ 』(集英社 )にて連載中。

「食」をテーマとした異色のバトル漫画 。連載話数の単位は「グルメ○○」。売上は130万部を突破している。第2回マンガ大賞 ノミネート作品。



ストーリー

"美食"…、その二文字が世界を魅了する『グルメ時代』!IGO直属ホテルの料理長・小松は、局長から「ガララワニ」捕獲の命を受ける!!

任務に抜擢されたのは、カリスマ"美食屋"トリコ!! 「虹の実」「フグクジラ」「宝石の肉」…、命を懸けた冒険と猛獣との戦いの先にある最高の"フルコース"を完成させるため、トリコたちの未知なる美味を追い求める物語が今幕を開ける…!!

美食 が世界的流行となっている「グルメ 時代」。世界中に未知の食材が溢れ、1つの食材に億単位の大金が動くことも珍しくない。

そんなグルメ時代の中、未開の味を探求する「美食屋」トリコが、様々な食材を求めて世界中を冒険する。狙いの多くは猛獣や秘境にのみ存在するため捕獲が困難でありそれらをめぐって激しいバトルが行われる。

「ガララワニ」「虹の実」「フグ鯨」など、登場する食材はほとんど架空の食材であるのが特徴だが、時折語られる科学知識などは実在のものもある。

感想


今のジャンプには貴重な存在だと自分は
思います。トリコが肉とかをおいしそうに
食べるシーンは見ていて腹が減ってくる
ような感じがします。

キャラクターはけっこう好きです。
それぞれ個性があって、被っていないのが良いですね。
絵も最初からしっかりしていて見やすいです。
内容に関しては、食をテーマにした感じで、料理も美味そうに見えたし、多少のバトルも相まってとても面白かったです。

評価は100点中81点です。


ペタしてね




世紀末リーダー伝たけし!

世紀末リーダー伝たけし!』は、島袋光年 による漫画 作品。

リーダー的存在の主人公 「たけし」と、様々なキャラクターが繰り広げる少年漫画 である。タイトルに「世紀末」とあるが、連載は21世紀に入っても続き、作中でもそれをネタにしている。

連載当初は1話読み切り形式の「ハートフルギャグコメディ漫画」であったが、中盤からはシリアスなバトル編と、ギャグ編を交互に繰り返していく構成となっていった。登場人物の絵柄が『週刊ヤングマガジン 』(講談社 )に掲載していた「ゴリラーマン 」の影響を受けている。

1997年より『週刊少年ジャンプ 』(集英社 )にて連載開始。2001年に第46回小学館漫画賞 を受賞。

感想

ギャグの評価は難しいのであまりしたくないのだが、 とにかくいきあたりばったり。この感覚がなかなか楽しい。モランコなどの心底どうでもいいギャグはとことん脱力出来る。この辺のセンスは流石、というところか。

キャラもしっかりしてるしギャグがくだらなくて面白い。

ギャグだけで終わらずイイ話でまとめてもくるから素晴らしい。






評価は100点中74点

ペタしてね


これまでの話








30話 膠着の五点差



深津、3つ目のファウル。

神奈川、宮城をコートに送り出す。


神奈川のスローインからスタート。



宮城がボールを運ぶ。

インサイドの花形へ。


「おお!また8番だ」

「神奈川はあそこを起点に攻めるつもりか?」


花形、ポンプフェイクからフェイダウェイショット。



ザシュ!!



「ああああ!!また決めたあああ!!!」

「上手いぞ!!あのセンター!」


河田がつぶやく。
「赤木とは違うタイプだな…。パワーは赤木が上だが、
コイツは技がある。“柔”のセンターだ」


続いて、秋田の攻撃。

深津のポストアップ。


高頭がうなずく。
「やはりそこで来たか。宮城とのミスマッチをつく作戦だ。
夏の湘北戦でも見せた展開だな」


ボールは深津へ。

深津、身長差を生かしてインサイドへ押し込む。

ターンからジャンプショット。



ザシュ!!


「おおお!!!!深津のインサイドプレイ!!」

「11番じゃ身長差がキツイんじゃないか?」



そして秋田のゾーンプレス!!


宮城がささやく。
「ファウル3つか。激しく当たって大丈夫かい?」

深津は無表情。
「もうやらないピョン」


スローインから、ボールが宮城に渡った。

深津と沢北が宮城を囲う。


宮城、もうひと言。
「ホントは4つだよな。見てたぜ。牧の手、叩いたろ?」


「!?」 深津、一瞬ビックリ。


「さいなら!!!!」


宮城、低いドリブル。一瞬でダブルチームの間を抜く。

「おお!!宮城、抜いた!!!」


ボールは宮城から仙道へ渡る。


三井、神が走りこんできた。



仙道はどちらにもパスを出さない。



すぐ後ろから宮城が走りこんだ。


ここで仙道からボールが供給される。


一気に突っ込む宮城。


「宮城、速い!!!!!」



河田がブロックに飛んだ。 「甘いわ!!」


宮城、外へパス。 外で待つ神へ。


神のスリーポイント!


ザシュ!!!



「うわああああーーー!!!!!神来たーーーー!!!」

「全弾命中だああああ!!」

「5点差!!!神奈川リードを広げたぞ!!!!」


神奈川ベンチで牧が笑う。
「なるほど絶好調だな。よく入るぜ」


三井、ボソっとつぶやく。
「あの野郎、なんでオレに出さねえんだ。オレもフリーだったのに…。
大学推薦が遠のくじゃねえかバカヤロー」




試合はこのまま進んだ。

この5点差を保ったまま、互いに得点を重ねる。

差は埋まらない。そして広がらない。堂本は焦らない。


会場も理解している。


――――印象では神奈川が押しまくっているように感じるが

実は点差はそれほどじゃない……

秋田は流れを待っている―――――――


いわゆる膠着状態だった。

点は取り合うものの、試合は動いていない。

深津のオフェンスチャージをきっかけに5点差を付けた神奈川。

しかし、それ以上放させない秋田。


まさに膠着。勝負は最後の10分か?




このまま3rdクォーター終了かと思われた、残り2分…


仙道が魅せる。





続く




ペタしてね

トリコ 76話

テーマ:

しゃらくせい


「トリコ」を更新します。

センチュリースープをめぐる戦いもいよいよ本格化!
トミーロッドが放った昆虫軍団がトリコたちを襲う!!
その体は小さいものの、どうやらかなり凶悪な種らしい。
ジョンガルクワガタと呼ばれるこの虫は、捕獲レベルが38もあるのだ!!

トリコ必殺のフライングフォークですら難なくかわしてしまうジョンガルクワガタ!
さらには体に取り憑いてそのまま内蔵を食い破ろうとするのです!!
この緊急事態に、自らの筋肉を締める事で応戦するトリコ!
たまらなくなって逃げ出した虫に対して、7連釘パンチを放ったのです!!

たった一匹でも大苦戦のトリコたち。
果たして、この調子で美食會の刺客たちに対抗出来るのでしょうか!?


アイスガン


すでに残っている者がわずかになっているトリコたちのパーティ。
グルメヤクザの副組長の部下であるシンは、氷銃(アイスガン)で応戦!
しかし、この虫の外殻は鎧の様に硬く、弾丸が通らない!?

「どいてろシン!」
この虫を仕留めるには関節部を狙うしかない。
“目打ち一輪挿し”で刀を突き立てる副組長マッチ!
さらには“回転かぶと割り”で、強力なこの虫を一匹仕留める事が出来た様です。
が!
「まだだぞ油断するな!!」
何と、千切れた体のままさらに活動を続けるジョンガルクワガタ!
トリコのフォークで何とかトドメを刺したものの、その恐るべき生命力に脅かされるのです。

影


こんな極寒の地に昆虫が生息している事に驚くトリコ。
ただ、コイツらが氷点下に適応した種でないのだとしたら、誰かが持ち込んだ昆虫という事になるのだが…?
ここで、トリコは不気味なビジュアルを感じたらしい。

すると突然、ジョンガルクワガタが引き上げて行きました。
しかしそれは、さらなる悪夢が到着した事を告げていたのです!!

来たな


人か昆虫か?
美食會・副料理長トミーロッド出現!!
その羽はやはり自前なのか?
どうやら彼には飛行能力がある様です。

それに対して、バリーガモンとボギーウッズ は何か笑えますね。
どうやらジョンガルクワガタ(?)を二匹使って、飛んでいる様です。
まあこの構図で確かな事は、この虫の恐るべき馬力ですね。
たった二匹で人間を飛ばすというのですから本当に恐ろしいものです。

トリコたちがトミーロッドたちと出会っている頃、V字マスクをかぶっていた男が何かを見つけたらしい。
それは待望のセンチュリースープなのか?
それともそれに関係する“何か”なのでしょうか?

さよなら


いよいよ正念場を迎えたトリコたち。
だが、いきなり出会ったトミーロッドに、いきなりトドメを刺されてしまった!?
まるで無警戒のところを狙ってきたトミーロッド!
彼の言うとおり、早くもトリコは“さよなら”なのか…!?

スタージュン、グリンパーチに続いて出会った3人目の美食會・副料理長!
果たしてトミーロッドを相手にトリコたちは生き残る事が出来るのでしょうか!?


ペタしてね

ごめんちゃい


「SKET DANCE」を更新します。

デイジーちゃん事、生徒会書記・浅雛菊乃の為に立ち上がった椿佐介!
無論、そんな事を彼女が望んだ訳ではない。
ましてや藪田が謝ったところで彼女の傷が癒える訳でもない。
そして…この行為が正しいのかも分からない!
だがそれでも!
一発殴らずにはいられないのだ!!


これはあくまでも彼の個人的な鬱憤を晴らす行為である。
だから殴るのは一発だけだ。
だが…見るからにチンピラの風体のこの男に一発殴るだけで本当に気が晴れるのか?
それに問題はそれだけではない。
沢山いる彼の部下の壁を乗り越えなくてはならないのだ!

果たして、椿は自身の鬱憤を晴らす事が出来るのか?
今回はシリアス展開第3回です!


待ってろ


関係の無い者は殴らないと決めていた椿。
そもそも暴力での決着は浅雛の望むところではない。
藪田だけを殴るという目的は、彼の部下の襲撃により果たせなくなってしまいました。
いや、むしろ袋叩きか?
正に多勢に無勢。
やはり一人で乗り込んだのは無謀過ぎたのか…?

意識が朦朧とし始める椿。
だが!
そんな彼の前に颯爽とヒーローが現れたのです!!

キュウエンジャー


その名も助っ人戦隊キュウエンジャー!
取ってつけた様な名前だけど、ご当地ヒーローなんてみんなそんなもんだ!(笑)
一瞬で正体がパレバレのヒーロー戦隊。
リーダーは勿論透明人間(全裸のチャレンジャー)でもおなじみの鹿隊長だ!
つーか、すでにボッスンの持ちネタになってんのか?(笑)

そのセリフ


「助けを頼んだ覚えはない」
そう言う椿だが、無論そんな事はボッスンも百も承知です。
そしてその言葉はデイジーちゃんが椿に言った言葉なのである!
となれば、助っ人を拒む理由もない。
マツゲボーイの為に戦えキュウエンジャー!!

鹿隊長のパチンコがうなる!
グラサンアフロの「元気出してバズーカ」がうなる!!

十分


でも一人いれば十分でした(笑)。

かくして数多くいた部下達の抹殺が完了!
ついに道は開かれたのです!!

二発


かくしてついに念願のボスキャラと対面するところまで来た椿!
「二発にしようかな」
早くも最初の決意は忘却の彼方です(笑)。
さて、この決戦…このまま無事に済むのでしょうか?
薮田の逆襲にあうなんて事は全く考えていない様ですが…?

この顛末に傷付けられた本人・浅雛菊乃はどう思うのか?



ペタしてね

バクマン。 66話

テーマ:

発明品


大場・小畑コンビの「バクマン。」第66回です。
既に情報としては出ていますが、本編冒頭でアニメ化が発表されました。
ただ、放送が2010年秋ってのは随分と先の話ですね。
一年近く前に発表されるって、ジャンプとしてはかなり珍しいのでは?
さて、本編の方では、亜豆と最高のケンカ別れ状態が2ヶ月になる様です。
些細な事がキッカケとはいえ、二人そろって頑固者同士です。
誰かが間に入らない限り、この関係は修復出来ない!?
この事態で一番困るのは秋人です。
何せ、二人の関係がおかしくなってしまったのは、他ならぬ秋人が原因だからです。
このままでは作品への影響は必至!
もう意地を張っている場合ではない!!

かくして見吉にメールを送ったのですが…。
まさか今回、“そういう”展開が待っていようとは…!!


信じられない


見吉に全てを話すはずだった秋人。
しかし、その前に蒼樹さんの漫画に対するクレームがついたようです。
美人の蒼樹さんに個人的な話をベラベラしゃべっている事になってしまい、怒り心頭の見吉!
岩瀬愛子と合わせて男女4人で合コンでもしているような印象になってしまった様です。
無論、それは全て見吉が勝手に想像しているに過ぎません。
しかし、そう思われても仕方ない状況になっているのです。
必至に誤解を解こうとする秋人!
見吉は岩瀬の1000倍好きだと言った秋人。
それは確かに言っていますが…蒼樹紅の3倍好きってのは変にリアル過ぎだろ(笑)。
まあ、結局リアルだから見吉の気持ちは前向きになったらしい。
世界一好きを連呼しつつ、動物園の猿山で会う約束を取り付けたのですが…。

やっぱり


何と、動物園に蒼樹さんが!!
中井さんの事で傷心中の蒼樹さん。
偶然とはいえ、もう運命みたいなものを信じてしまっても仕方ないかも知れません。
そして…当然のように見吉に見られてしまうのです(笑)。

これでは、見吉をダマした事になってしまうのか?
「そこまで見せられれば納得するわ!!」
これではもう二度と信頼回復は無理!?
するとここで何と蒼樹さんが一肌脱いだのです。
「私は怪しい者ではありませ――ん!!」
いきなり大声を出して追いかける蒼樹さん。
彼女としても秋人が困る姿は見たくないといったところでしょうか?
しかし、何度もダマされている形になってしまった見吉の心を解く事は出来ません。

そこで秋人は、ついに最後のカードを切って見せたのです!!

結婚


何と、突然のプロポーズだ!!!
世界一愛している事を証明するにはもうコレしかない!?
究極にして最後のカードをついに切ったのです!!

二人の年齢は見吉が19で秋人が18と言う事で、ちょっとだけ見吉が上らしい。
しかも、二人ともまだ大学生で、学生結婚という事になる訳ですが…。
「学生結婚ステキだと思います」
二人に対して憧れの眼差しを向ける蒼樹さん。
見吉が話して見ると、これがどうも蒼樹さんの印象が違ったらしい。
かくして、3人で徹底的に話し合う事になりました。

蒼樹さん自身が秋人に対して好きになりかけていた事を認めるハプニングはあったものの、概ね状況は把握する事が出来た見吉!
かくして、連載を獲得したら結婚する事になったのです!!
確かに最高たちと比べれば時間の問題だったかも知れませんが、まさか20歳前にそういう話になるとは思いませんでしたよ。

友達


そしてこの二人の関係の修復で一番得したのは蒼樹さんかも知れませんね。
見吉の公認で秋人にまた相談する事が出来る上に、見吉とも友人関係を作る事になったのです。
この中では最年長の彼女ですが、こうなって来ると女同士のプライベートな事も相談出来ますし、何と言っても漫画を通じて仲間が増えたのは喜ばしい事です。
ただ…見吉の存在を認めた彼女がこれから秋人とどういう距離を置く事になるのかは気になるところですが…。

そして忘れてはならないのが、問題を起こした張本人・岩瀬愛子の存在です。
果たして、彼女は見吉との結婚を聞かされてどう思うのか?
連載が決まらなければ結婚出来ないと知り、自分の漫画原作で割り込んで来る?
何か、アッサリと身を引くとも思えませんし、まだひと波乱ありそうな気がしますね。

トゥルーヒューマン


さて、今回唯一の漫画関係の話が静河流の新作ネームでした。
何と、問題があると言われた「True human」をより少年マンガ的に直したらしい。
たった1日で完成させたという新作ネーム。
静河流の実力もさる事ながら、山久さんの手腕もなかなかですね。
全てゲームで培ってきたと思われる静河流の作品スタイル。
これは…アンケート1位の「タント」と言えど、楽観は出来ないのでは!?

もし連載会議で「タント」が遅れを取る様な事になったとしたら…?
それでも亜城木夢叶はギャグを続けるのでしょうか?

解決


亜豆とのケンカ状態が最高にとってかなりのダメージとなっていたその日。
何と、彼女からのメールが!
何と、最高の知らないところで亜豆・見吉・蒼樹の3人が仲良くなっていたのです!!
この急展開には何が何だか分からなくなってしまった最高。
しかも、秋人がこの3人と楽しくお茶をしているというのだからビックリした事でしょう。

かくして、最高は何もしないのに全てが解決してしまった今回。
秋人の結婚も聞かされ、落ち込んでいたテンションも一気に回復した様です。
果たして、「走れ大発タント」は連載に持ち込めるのか?
次回はTVアニメ化記念でセンターカラーで登場です!!



ペタしてね