1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-06-02

今日の一杯~秩父路の銘酒 武甲~

テーマ:ブログ

週末の営業が終わり、明日、定休日である月曜日は久しぶりに仕事の用事が無い休日だ。

 

と、言うことは心おきなく日本酒を飲める!!

 

今夜はお客様から頂いた秩父の酒を飲もう。

 

 

【秩父路の銘酒 武甲】

 

営業の切りもよく妻子の帰宅度同時くらいに終了し即帰宅。

 

そして、子守をしながら妻の料理を待ち今宵の宴の始まり始まり~www

 

 

どうやら長男のリクエストでエビフライ(惣菜)が食べたいとのこと。。。

 

それに加え、さば味噌、生野菜のサラダ、前日までの残りのセリなべ風、茄子の揚げ浸し中華風。

 

今夜は【時短料理】なのだ。

 

では頂きます。

 

まず酒!!コクン、コクン。。。

 

 

おぉ、秩父の酒は初めてだがスッキリしていてやや甘目か?

 

恐らく本醸造クラスのお酒なのだろうか?非常にスルスルと飲みやすく燗にしてもうまそうだ。

 

では、長男リクエストのエビフライを。パクパク。

 

 

思ったよりエビは太目か??

 

衣に味がしっかりついており何もつけなくても揚げ油のうまみも手伝い美味しくいただける。

 

そして酒を飲む。。。

 

 

次にさば味噌を。モグモグ。

 

 

これは安定の味。味噌がうまく感じる。程よい塩っ気とさばの旨みが相まって酒が進む。

 

セリなべ風は最近なぜか多い妻のマイブーム料理。

 

 

今回は鶏もも肉をやや大振りに切られており肉を食ってる感じもして仕事の後の疲労も吹っ飛ぶうまさだ。

 

茄子の揚げ浸し中華風はいつものことながら茄子と油の相性の良さを痛感する。

 

それに、語弊はあるが冷やし中華のような出汁が絡むと無敵料理に早変わり。

 

ところで画像には無いが生野菜サラダはかなり食べたぞ。

 

その理由のひとつは子供たちがあまり食べなかったからというオチ。

 

そしてDANKI店長が最近【糖質】を意識している関係で生野菜で腹を満たすと言う理由もあったりする。

 

しかし、【日本酒】を飲んでいる時点で【糖質】を気にしても意味が無いような気もするが、、、

 

まぁいいか。

 

そして、いつもなら子供たちはなかなかてきぱきと食事をこなさないのだが、

 

今夜スムーズに終わった。

 

なぜなら、『イチゴのタルト』があったからに他ならない。

 

 

子供の食事がスムーズに終わると、『大人の時間』は長く取れると言うもの。

 

と言うことで飲みすぎたのは言うまでもない。

 

久しぶりにスッキリした飲みやすい日本酒を飲んで、

 

『たまにはあまり肩肘張らずに、食中酒として気軽に飲める日本酒もいいなぁ』と

 

飲みすぎて言うものでもないが、

 

その時々で飲む酒をチョイスすることの楽しみも一興と感じるDANKI店長であった。。。

 


武甲酒造株式会社
〒368-0046
埼玉県秩父市宮側町21-27
TEL0494-22-0046
FAX0494-22-2831

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-01

今日の一杯~廣戸川 特別純米~

テーマ:ブログ

毎年、年度初めは床屋業界の会合や総会がらみ、

 

イベントが多数あり必然的に外に出る機会が多くなる。

 

ということは酒を飲む機会も増えるわけで、

 

毎月月末に日本酒を飲むことにしているのだがなかなか時間が、、、

 

しかし、ゴールデンウィークに入ると仕事も忙しく、酒のレビューをしている暇も無くなる。。。

 

ということで重い肝臓に鞭を打ち(?)営業後、酒屋さんに行って購入した酒がコチラ。

 

 

【廣戸川 特別純米】

 

もともと、北陸地方の酒を飲みたかったのだが

 

希望の銘柄が無く県外の酒で何か無いかと物色して選んだ酒だ。

 

会計の時、店主の方が『すっきりしたのみ口の酒ですよ』と話していたので楽しみたい。

 

2,3日前から妻に『そろそろ(日本酒を)飲む』と伝えてはいたが、

 

いつも通り【日常】のおかずを酒の肴で晩酌を楽しむ。

 

そんな今宵のつまみはコチラ

 


ほっけの塩焼き、軟骨煮物、せりと鶏肉の煮物、かぼちゃの煮物(煮物が多いねwww)

 

では頂きます。

 

 

まず、香りをかぐと、、、芳醇だ。

 

飲んだらどうだ??

 

コクン、コクン、、、

 

おぉ、事前情報の『すっきりさ』よりは非常にコクを感じる。

 

そして口の中にふんわり華やかな香りが漂うが飲んでしまうと『スッ』と消える感じか?

 

『すっきり』は飲み口というよりは飲んだ後の余韻がすっきりということか!!

 

いつものことながらDANKI店長の舌は当てにならないのであしからず。


さて、酒と肴は一緒に楽しもうwww

 

 

まずほっけ。実はこの日の朝食で二切れ出てきたのだが

 

ボリュームがありすぎて親子4人の朝食は一切れで十分だった。

 

そして、脂のノリが良かったので晩酌用にとっておいたのだ。

 

では、パクパク。。。

 

おお、やっぱり朝に食べた印象と一緒で脂が美味い!!

 

そして酒をゴクリ、、、

 

酒の口当たりが強く、ほっけの脂に負けずしっかり主張している。

 

程よく調和しており自然と酒も進む。美味い!!

 

さてさて、かぼちゃの煮物は子供たちの大好物。

 

 

 

余ったら食べよう。。。

 

ということで子供たちがやや苦手意識のあるこちら【せりと鶏肉の煮物】

 

 

まぁ、【煮物】とは言いつつもいわゆる【せり鍋風】なので汁まで美味しく頂き、

 

しっかりしたせりの歯ごたえを感じつつ酒が進む進む。

 

酒の冷やし方が少し足りないせいもあるかもしれないが、

 

なんとなく口当たりに粉っぽさというか

 

トロトロサラサラな感じが残るのも面白い。

 

おぉっと!!忘れてはいけない。

 

ほっけの骨だ!

 

 

『噛み切れる骨は極力食べる派』のDANKI店長はもちろんほっけの骨も大好物。

 

髄を噛み締めるとうまみがまたまた出てくるのは好みは分かれるところだろうが私は好きだ。

 

しかし、最近のほっけは20年位前と比べて脂のノリがいいような、、

 

また、せりにしてもここまで茎が太く、

 

でも、ある程度噛み切れるほどの美味しく食べやすいせりがあっただろうか??

 

自ら調理するものに関して【国産】にこだわる妻の食材チョイスが

 

このような料理を生んでいることは間違いない。


残さず食べていつも料理してくれる妻に感謝する毎日だ。

 


〒962-0503
松崎酒造店
福島県岩瀬郡天栄村大字下松本字要谷47-1
Tel.0248-82-2022

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-06

今日の一杯~森泉 純米古酒~

テーマ:ブログ

 

妻の母から頂いた【森民酒造】の酒をいつ飲もうかと思っていたある朝のこと。

 

子供のリクエストで今夜は【ピザ】とのこと。

 

クリスマスでもないのにピザとはなかなかハイカラな夕飯になりそうだな。

 

ということで今夜飲むぞ!!


で、紙に包まれていて銘柄までは分からなかったが空けてビックリ!!

 

 

平成24年物の【古酒】とのこと。

 

ピザで飲もうとした理由は森民酒造の甘みと酸味の強い個性の強い風味にピザが合うか検証するためだ。

 

そうだったのだが、さらに【古酒】となると、、、、

 

『より合いそうな感じがするwww』

 

と心の中でほくそ笑んだ今宵の宴の始まり始まり~♪

※既に子供たちが出来立てのピザを食べ始めていた。。。

 

ピザのほかは大学芋、レンコンの金平、もやしのナムルにイカのから揚げ。

 

子守をしながらのピザの製作はなかなか大変なこともあり今夜は大学芋とから揚げは惣菜だ。

 

では頂きますwww

 

 

白いお猪口に入れているため酒の色が良く分かる。

 

古酒だからなのか比較的濃い色をしている。

 

まず、コク、コク、キュッwww

 

エエェ~ッ!!

 

何だこれは!!【梅酒】じゃないか!!

 

いや、癖の強い【白ワイン】の様でもある。

 

もりいずみの甘みと酸味の個性を3年寝かすとこうなるのか。。。


やはり、これは、、ピザと合うかもwww

 


で、ピザをモグモグ。

 

 

あぁ、できたてのピザは生地がモチモチして甘いねぇ。

 

ベーコンやチーズ、コーンなど子供の喜ぶ食材が乗っているが

 

これを食べるとピザの主役は生地だと感じる。


そして酒をゴクリと一口。

 

うん、本当に梅酒か白ワインのようだ。。。

 

洋食系のコッテリ料理のお供にいいかもww

 

さて、コッテリといえばコチラ【大学芋】も和食のコッテリ料理か!?

 

 

近所の鶏卵店で売っている大学芋。肉を買わずなぜ大学芋!?

 

いやいや、これがうまい。

 

チーズもとろとろしているが大学芋に使われているであろう【水飴】も

 

とろとろしているので子供は大好物。

 

外側はカリカリとろとろ、そして中はふわっと舌でもつぶせる柔らかさはなかなかうまい。

 

今夜はダイエッターには少しばかり抵抗のある料理だらけのような気もするが我が家には無関係www

 

そんな中心のオアシスは、もやしのナムルとレンコンの金平。

 

これだけでも十分酒は飲めるが【もりいずみ】に対するにはちょっと役不足。


今回飲んだ酒を含め森民酒造の酒は他の蔵の酒と比べ甘さと酸味の強さを感じる。

 

恐らく昔からこのような味を作り出しているのかもしれないが、

 

たくさんの酒を飲み尽くした人、もしくは【古酒】好きな人にはたまらない日本酒なのかも知れない。

 

自分としても食中酒としての日本酒の新たなアプローチを発見できたのは収穫だ。


あぁ、いつもながら日本酒はおいしゅうございますなぁ。

 

 

森民酒造店
〒989-6433
宮城県大崎市岩出山字上川原町15
TEL.0229-72-1010

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。