2017年08月08日(火)

♯最も言いにくかったこと。

テーマ:オーナーの出来事

 

 
みなさまおはようございます♡

 

 

マニクローゼット代表取締役の

ネイリスト兼

 

一応これでも(爆)オーナーの

筒井のぞみでございます(´Д` )

 

 

{057C6B85-1D3A-400A-A686-E38A9BA26415}

 

 

 

 

 

 

 

(サイドの眼鏡が私です(´Д` )

頭の幅がギャンデカで

キャップが浮いとる・・・(´Д` )

いや待って。

これキッズサイズちゃう?

 

あくまでキャップが小さかったと

今も信じていることを。

取り急ぎお伝えしておきます(´Д` ))

 

大阪は

台風も過ぎ去り。

 

とっても静かな朝!!

 

毎日続けてる少人数の朝活も本日

誰一人欠けることなく開催されました!!

 

今年4月に入ってから

毎日朝活を続けているんですが。

 

その朝活では

誰かが毎日日替わりで

〝小さな気付き〟

を与えるお話をします。

 

今日の担当は筒井さんでした。

 

その小さな気付きのお話は

このブログの最後にでも♡

 

 

{A72BA001-BB28-4CCA-949E-D318FD35A674}

 

 

 

 

 

 

 

 

そして筒井さんは

この8月。

またさらに〝小さな気付き〟を。

 

感じていただけるような取り組みを。

 

@名古屋にて行います。

 

〝ネイル大学トークセッション〟

 

「何のためにネイルサロンをやるのか?」

「今、ネイル業界は何をすべきなのか?」

「人を雇うべき」

「チームサロン」(←この言葉が謎・・・)

 

今どこでも

このようなお話が取りだたされています。

 

だけど今回のトークセッションは

ちょっと違います。

 

綺麗事。

当たり障りのない言葉。

かっこいいこと。

 

そうではなく

 

「聞く人が最も知りたいこととは?」

 

このたった1つに着眼し。

 

私が通ってきた道の中で

あえて言葉にしなかったこと。

言いにくかったこと。

言えなかったこと。

 

泥臭く

人間臭く。

誰にとっても遠くなく ほど近く

最も身近な事柄を。

 

全て言葉で伝えていきます。

 

それが、信念。

それが、きっと大切なことであり

これからの未来に

必要なこと。

 

8月21日(月)

JCNA ネイリストアワード

ガモウ名古屋スタジオ5F。

 

午前10:30−12:30

 

「これから先のネイル業界の展望と

その中での具体的な取り組みについての

トークセッション」

 

 

{0738B951-8374-4BB0-9603-B50901BBFEDF}

 

 

 

 

 

しつこいですがこの中で。

私は

今まで一度も伝えてこなかったことを。

 

何となく見えてたけど

信念にまでなってなくて。

 

嫌がられるのを怖がって

言えなかったことを。

 

自分を見つめ続けたからこそ

信念にまでなった今だから

話せることを。

 

 

伝えていきます。

 

 

もしご参加されたい!

って方がいらっしゃれば

私にでもいいので

ご連絡をくださいませ( ´ ▽ ` )ノ!!

manicloset@gmail.com 筒井あて。

 

ちなみにデザインライブもやりますけども♡

 

 

{455A162B-E9ED-497E-8EFE-A3AF48A54EEC}

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっとずっと高い山を目指し

ネイリストを続けてきた中。

 

ー その向こう側にあったものとは? ー

 

 

{4AA793AD-D311-466B-8F83-3335F50E31F0}

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは最後に

今日の朝活担当の

筒井がお話ししたことを

一番最後に連ねます♡

 

 

〝学び〟は〝気付き〟

〝気付き〟を〝行動に〟

 

 

それではみなさま

今日も素晴らしき1日を♡

 

 

 

 

 

ー引退しようとしている

ある高齢の大工の話を紹介しようー

 

 

その大工は

もうそろそろ家を建てる仕事を辞めて

妻と一緒にのんびり暮らそうと思った。

 

雇い主は

個人的な願いとして

 

「もう一軒だけ建ててくれないか」

と頼んだ。

 

大工は承知したが

真剣に仕事をする気は無かった。

 

粗悪な材料を使い、手を抜いた。

 

キャリアを積んだ

優秀な職人の幕引きにしては

残念な仕事だった。

 

家は完成した。

 

点検にやってきた雇い主は

玄関の鍵を大工に渡して言った。

 

「この家はあなたの家です。

私からのプレゼントです」

 

 

大工は、大ショックを受けた。

ひどく恥ずかしかった。

自分の家を建てるとわかっていたら…

 

多分もっと頑張っただろう。

 

 

私たちもこの大工と同じだ。

毎日毎日、人生という家を建てている。

だが

建てていることに

全力を尽くしていないことが多い。

 

そしてずっと後になって

自分が創り上げた人生(建てた家)に

一生住み続けなくてはならないことを知って

ショックを受ける。

 

 

もう一度やり直すことができたら

まったく違うことをするだろう。

 

だが、その時はもう後戻りはできないのだ。

 

あなたに後悔して欲しくない。

あなたも私も、大工のことを笑えない。

 

私たちは

人生という一生住み続ける家を作っているが

果たして最善を尽くしているか。

 

「ベストを尽くせ」

 

という言葉は

耳にタコができるほど

聞かされた言葉かもしれない。

 

 

「あと、ひと頑張りだ」

という言葉も。

 

でも、もう一度言おう。

 

今取り組んでいることに全力を尽くすと

思いがけないところから

幸運がもたらされることが多い。

 

もうダメだとか、おしまいだとか思っても

もうひと頑張りすることが

何より大切である。

 

それをどうか

 

忘れないでほしい。

 

 

(リチャード・カールソンの言葉より)

 

 

{19C5491E-78B9-4BA1-B48A-FA29076F4266}

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

筒井のぞみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。