47のひとりごと

ゲームとアニメとフィギュアとえろげ

NEW !
テーマ:

課っ金ー!
というわけでしちゃいました。
最近使いだしてるデモリッショニストが楽しい!
そこでメインとなるM79のグレネードランチャーのスキンで、
蛍光緑色したかっこいいのがあったのですが、
これがマーケットで1850円ほどしていたのでずっと迷ってました。
が!今日買っちゃいました!


どうですかこのカッコよさ!


自分で自分を撮ることができないのでクリークさん、ハイドさんに撮っていただきました。

 

ほぼ2000円なのでSteamならゲームかなり買えるじゃん!

と言いたいところですが、steamインベントリアイテムとして登録されるので、

いらなくなったらまたマーケットに出品できるのもGOODですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

killing floor 2にもマイクロトランザクションが導入されています。

ステージをクリアすると稀に見た目装備や武器スキン、

武器スキンや装飾の入った箱がドロップしカスタマイズできます。

ドロップした箱を開けるためには鍵が必要となるのですが、

これはマーケットで実際のお金で買う必要があります。

今回鍵を購入して箱を開けようと思ったらエラーが出て開かず・・

調べてみるとアイテムサーバーが貧弱で結構エラーがでるみたい。

 

ストアから直接スキンなど購入できるものもあるのですが、

メインで今使っているバーサーカー用のカタナのスキンを買いました。

これがまぁカッコイイ!

 

ガード状態だとこんな感じ。

 

一緒に遊んでたハイドさんに撮ってもらったんですが、

自分の視点で見るとかっこいいポーズでガードしてるっていうのに、

相手からはこんなダサいポーズに見えるのは無念。

 

なんにせよ最大6人で遊べるこのゲームですが、

ようやくメンツが全員揃いましたがキャラが相変わらず全員濃い!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年末から遊びだしたKilling Floor 2ですが非常に面白い。

近接タンクキャラを使って遊んでいるのですが、

レベル5ごとに追加されるパークが2種類あり、

左右どちらか一方だけを選択し、キャラクターの特徴を出します。

左の列はHP上限上昇や敵を倒すとHP回復、

敵から受けるダメージが減少などタンク用なのですが、

右側の列は近接武器を装備してると自動回復、

近接攻撃速度+攻撃力上昇、

敵の攻撃をパリィするとダメージ40パーカットに加え、

攻撃力上昇と速度上昇のバフが10秒間かかるという組み合わせで、

タンクしつつ敵の攻撃をいなし、敵もバッタバッタと倒す面白いスタイル。

 

この3段階目(LV15)を習得して敵の攻撃をパリィしたとき、

他の人には見えないんだけど、

自分のキャラがドーピングされてる演出になるのが凄くいい!

まず近接攻撃したときにでる軌跡が白から赤になる!

 

さらに通常の視界はこんな感じだけど、

 

ドーピング中はかなりコントラストが強くなりこんな風に。

 

ただ残念なのはこっちがパワーアップ状態になってるのを、

周りの味方がわからないのがちょっと残念です。

 

敵を倒すと倒した場所は血まみれになるのですが、

これが残ったままで10ウェーブなどやってると後半は、

血溜まりすぎて地面が全く見えないことなんてザラです。

 

近々出るD3のゾンビゲーがありますが、

動画を見ててもしょぼいグラに敵を倒してもバラバラにならないのを見て、

発表当初は買おうかと迷ってたけど最近こちらをやりだして、

ちょっとやめておこうという気になりました。

 

Zed -Time発動して画面がスローになって吹き飛んでる敵を、

刀でサクサクサクッ!と切り刻むのは病みつきになりますよ。

 

仲間同士で遊ぶのも面白いし、一番長い10ウェーブで30分ちょっとなので、

大量に出てくる敵を倒しまくる爽快感はここ最近遊んだ中では上位です。

コントローラーにも対応してて日本語化もされてるので、

とっつきやすさはかなり高いのでオススメ!

 

外見を変更できるアイテムが手に入ったりするので個性を出せてよろしい!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

発売日に購入したものの結局ほぼ触らずじまいでした。

これほどのゴア表現のゲームをもちながら何故今まで遊ばなかったのか・・

それはマルチプレイがほぼメインのゲームというのと、

敷居が高そう、プライベートマッチをやるには自分でサーバーを立てないとダメ、

というように仲間内で遊ぶのが難しいと思ってたからです。

 

しかし2016年末に急遽遊びたくなりました。

すでに公式日本語化もされていてα版も終了し正式販売された状態。

右も左も分からないまま起動したら、チュートリアルが追加されてるではないか!

確か発売日の頃にはなかった。

日本語化もしてるし大まかな遊び方を理解。

 

前作も持っているのだがほぼ遊ばずに終わった。

というのもキーボードマウス操作のみにしか対応していなかったので、

コントローラー操作しかまともに遊べない私には苦痛でしか無かった。

 

最大6人で協力し、敵の猛攻を各パークを装備したキャラクターたちが、

ウェーブを耐え抜き最後に出てくるボスを倒すとクリア。

1ウェーブごとに武器や弾丸などの回復する休憩タイムを挟むが、

時間が短いのでパパッと準備する必要があります。

 

シングルモードも搭載されているが敵の量が尋常じゃないので、

一人で遊ぶのにはかなり苦労します。

 

敷居が高そうと思っていたマルチプレイも日本鯖が多数立っており、

初心者でもとりあえず入って周りの人の動きを見て覚えるのがベスト!

なんにせよ遊べ!

考えるな体で覚えろというのが一番早いです。

 

そして遊んでみた結果わかったこと。

面白い!

 

今まで遊ばなかったのは何だったんだ!?

何をしていたのだ儂は!

襲い来る気持ち悪い敵をこれでもかと倒してると、

背景は血まみれになり辺りには倒した敵の骸がゴロゴロと転がっている。

 

正面ばかり向いてると気が付けば周囲を囲まれていたり、

地面を這ってくる敵に気づかず一方的に攻撃を受けていたり、

後半のウェーブになると片手がチェーンソーの巨大な敵や、

両腕マッチョのバケモノが出てきたりとパニック必至。

 

しかし各パークには役割があり、

近接得意なバーサーカーは強敵と対峙し敵をひきつけ、

その間に仲間に倒してもらうようなタンク的な役割だったり、

大量に敵が湧いてくるのを一網打尽にできる火炎放射を使うパークがあったり、

仲間と連携して初めて乗り切れる難易度がGOOD!

 

面白いシステムとして敵をヘッドショットしたり、

大量の敵をまとめて倒したときに画面が白黒になって

バレットタイムのようにスロー演出が入るZed Timeというものがあります。

 

発動すると仲間全員に効果が出るので、

ヘッドショットが狙いやすくなり敵の殲滅も一時的にはかどります。

何よりスローで敵の胴体や頭が砕け吹き飛んでいくのがたまらなく爽快!!

 

ただ最初のほうはキャラクターが弱く、

パークに入る経験値方法を使いレベルを上げ、

5レベルごとに解除される2つのパークのどちらかを選択しつつ、

キャラクターを強化していくことで自キャラが強くなるというシステムのため、

前半の難易度がかなり高いものとなるのであきらめないで頑張りましょう。

 

マイクロトランザクションも導入されており、

ゲームステージクリア後にアイテムが入手出来たり、

箱が手に入りスチームのマーケットから鍵を買って開けたりしつつ、

見た目装備が増えていくのも良いですね。

能力は特に変わらないというのとFPSなのでキャラを着飾っても、

ゲーム中はほぼ見れないので残念ですが。

 

ツイステッドメタルのドールフェイス好きな私としてはマーケットから、

 

これは買いたい!というものがあったので300円ほどで買いましたが、

かなりいい感じで気に入ってます。

画像は一緒に遊んでたクリークさんに撮ってもらいました。

(自分で自キャラを俯瞰で撮れないので)

 

どうですかこのカッコよさ!

女性キャラが2人しかおらず、もう一人はゴスロリっぽい感じの服着てるので、

こっちのライダースーツっぽいキャラを使ってます。

 

なんにせよ私は今バーサーカーという近接キャラを使い、

途中から出てくる強敵を真っ向から刀でパリィで攻撃を弾き、

怯んだところを攻撃してヘイトを稼いでる間に仲間に倒してもらう役割してます。

バーサーカーが使える遠距離武器のネイルガンも、

複数同時に釘が飛んでいき壁に当たると跳ね返ったりして面白い!

 

発売からかなりの時間を寝かせ、

そしてまさかの2016~2017に切り替わるその時このゲームで遊んで、

『年越しキリングフロア2 ~ポロリもあるよ~』

を誰がやってると思ってたことでしょう。

 

現在バーサーカーのLVが10になり、パークも2段階解除され、

レベルが上がって近接武器攻撃力なども増えて、

ちょっとずつだけど生存率も上がってきて俄然楽しくなってきました。

 

ちょっと難しそうだな…

と思って諦めていた人も是非ともこのグログロの世界に入って、

敵を蹴散らしていただきたいものです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年も色々なゲームが発売され購入してきましたが、

面白かったゲームをいくつか紹介したいと思います。

 

皆さんプレイしてる人も多いオーバーウォッチ

拠点の制圧を6vs6で攻める側、守る側に別れ対戦するゲームです。

かなりの数のキャラクターが登場しており、

そのどれもが魅力的。

個別に用意されたストーリー動画など非常にクオリティの高いもので

すべてのキャラクターが生きているのが素晴らしいです。

 

肝心のゲームは多少バランスの問題もまだあるでしょうが、

連携が上手くいったときのぐいぐい進行できる感じ、

攻めてくる敵を一網打尽に倒したときの爽快感は凄いです。

 

レベルがアップしたときにもらえるルートボックスを開放すると、

ランダムで4種類のアイテムが出現し、

キャラクターの外見を変更できるスキンや壁などに落書きできるスプレー、

ボイスラインやキャラクターの名前の横に出るアイコンなど出現。

 

必ず気に入ったキャラクター見つかり、

しばらく遊んでるとまた違うキャラが楽しくなったり、

1試合もそれほど長くないのでキャラクターゲームとしても優秀です。

 

2017年のアップデート予定も公開され、

まだまだキャラクターやステージなどいろいろ追加される予定で、

今後も見逃せないゲームタイトルになってます。

 

 2つ目はサガスカことサガスカーレットグレイス

発表直後なんだこれ、ロード長っ!

紙芝居かよっていうイベントシーンで絶対買うことないわ。

サガ新作なのにこれかよ・・

って思ってたんだけど、発売直前の公式生放送の「トマト」をみて購入決定!

 

そして実際買って遊んでみたらなんだこの面白さは!

めちゃくちゃシンプルにまとめられているものの奥深さ健在。

戦闘にかなりの比重がおかれており、

その戦闘の戦略性が非常に高い。

敵が次何をしてくるかターン開始前にわかり、

それをいかに阻止したり被害を最小限に抑えたりするかがキモになってきます。

 

攻撃はすべてBPで管理され、PT全員で共有されてます。

威力の高いものは消費BPが高くなり、

一人が動くとほかの人は行動できない、

消費威力は少ないけど敵の行動を遅らせたり、

状態異常にし敵の行動を阻害したりと、

今このキャラで敵の攻撃をカウンターして、

相手の行動が遅れたところを弱点の斬撃で攻撃し、

敵のHPが減ってきたところを行動順が遅いキャラの消費BP低い攻撃でとどめ。

その結果相手が死亡し、キャラ間のスペースがうまり味方+味方に繋がり、

連携が発動して別の敵にダメージを与えて・・・

 

という具合や、明らかに強そうな攻撃が来る!

けどこいつの行動順遅いから、それよりも早い味方の攻撃の、

攻撃力を下げるのを当てておくと威力が下がる、

というような戦略を立ててパズルのように戦うのが非常に面白い。

 

戦闘難易度も程よく、適当にやってるだけでは勝てないのもGOOD!

 

最後はここ最近あまりパッとしなかったイリュージョンが

原点回帰したんじゃないか!?

と言われてるハニーセレクト。

 

キャラクターメイクをしXXXするだけというシンプルさ。

しかしこのキャラメイクが面白い。

ただ服などのパーツが少なく、色変更もそっち側が変わる?

というのが残念。

 

キャラを作るのに6時間とかかけ、

無料アップデートで自分のキャラをポージングさせるのが非常に面白い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。