上屋敷隆 TODAY in GAME 2

ルアーフィッシングギアメーカー、
Mangrove Studioの代表・上屋敷隆のブログです。


テーマ:
こんにちは。
 
今日は受注スタートしている「ストライクプロ・マグナムミノー・3フック仕様」をテスト段階から使用してもらっている仙台、広島、九州、3人のアングラー達に使い方などを質問してみました。
 
 
20cmもあるデカイミノーを使いシーバスを狙う・・・のですから、それぞれ面白い回答がきましたので、
これからBIGベイトを始めようとするアングラー達の参考になれば?と思います。
 
まず・・・第一弾は。
普段はシーバスに限らず、地元でのロックや鮪からGT、ブラックバス、怪魚系まで狙うオールパーパスアングラー、仙台「小野寺万世」さんに聞いてみました。
 
《いつ?どんなエリアで使う?マグナムミノーの有効性》
基本的には川、河口というよりは「中流域」というのが多い。
そのエリアにまで入ってくる、ということは相当ベイトに依存しやる気のある個体でもある。
何より流速の早いエリアでの存在感、魚からの見やすさ、という点ではピカイチのルアー。
ただ、連打するものではなく要所要所の一発勝負的な使い方が多い。
意識するベイトは地方にもよるとは思いますが、ボラ、ウグイ、セイゴ、アユなど。
 
もちろん、ボートでも使うことはあります、それは上記したように要所での一発狙い、
チビに邪魔されたくない、波っ気があってワンショットで決めないと次は無い・・・
一発で魅せて食わせる!そんな感じです。
 
港湾部でスレてるようなエリアでは?
人が多くて先行者が居た場合、目先を変えてやろうかな?という時に使います。
(スレてるからこそビッグベイトのようなイレギュラーが、どハマりする。そんな場面は少なからずあります。)
 
河川エリアでの意識すべき点?
流速の早いエリアで川の流れを上手く使ってあげる。
大型S字系ルアーでよくやるのですが、流芯からハズした瞬間ターンさせリアクションで食わせる。
 
マグナムミノーであればシッカリ泳がせ、持ち味の強いウォブリングで流れを潰しつつゴリゴリ巻いてやる。
流れの中で生きるものにとって、流れが潰される、というのは相当な違和感である。
それを目安に補食に至っている部分は少なからずあるとおもいます。
オープンエリアよりも目に頼らず側線をフルに使ってるのか?そんな印象です。
 
ドリフトさせてやるような場合は、晩秋の落ち鮎に依存しているような?状況では特に分かりやすく反応します。
 
極力キャスト数は少な目、というのは気にします。
 
やはりシーバスからハッキリ認識できて存在感が凄いので、よほど狂っている状況でないかぎり5投程度で場所を変えるか休ませるか・・・?ビッグベイトはそこら辺の加減が難しいです。
 
オープンエリアで意識することは、夜なのですがハッキリ見せてやること!
明暗はあまり気にしませんが、強いて言うならまったく関係のない真っ暗闇の部分を狙うことが多いです。
 
ある意味で強烈な違和感?侵入者?としてシーバスに認識させてやる。
対象のベイトがいない場合。
よくわからないうちアタックさせてしまう・・・。
ハッキリ見せつつも、何だか良く判らないモノとして見せてやる。
タダ巻きの中にも段急をつけてやるとか?急にステイさせて3分放置とか?
そのような使い方をします。
 
メインは夜ですが、流速のある河川は昼でも使います。
一番のシチュエーションは、堰のあるエリアですね(笑)
楽しさとしてはやはり「こんなデカイの無理でしょ~!食っちまったよ!!」
こんな非日常感ですかね(笑)
こんなデカイ代物ですから、狙ってはハメたときの爽快感はサイズ関係ないです。
やはり“男気に溢れるルアー”はロマンがあります。
 
 
 
《適したタックル》
シーバスベイトブームのようなものがジワジワ来てますが、基本ができてない人が、このクラスのルアーを扱うのは危険なので慣れるまでスピニングでやるべきでしょうね。
その場合のスピニングは、長めの(8フィート前後)ライトシイラロッドに4000番クラスが一番使いやすいのでは?と思います。
ラインは、スピニングならばPE2号にリーダーは40ポンド前後が使いやすいと思います。
 
ベイトに関しては、各社から発売されているビッグベイト用の竿、個人的にはワールドシャウラの1754Rなど。完成すれば・・・プロトで使わせてもらっている7.6フィートのベイトが、スロー~レギュラーテーパーがルアーの重みをノセやすく、釣り人側にスキルがなくても竿が修正してくれるので良いはず。
 
硬いだけのバッキバキな竿は、慣れてない方にしてみれば飛距離も出なく何してるか?良く分からないのでオススメはできない。
 
リールは無理してビッグベイト用のものを買わなくともそこまで飛距離を出せるわけではないでしょうし、通常のベイトリールでPE4号を70メートルも巻ければ十分と思います。
(感度重視でぼくはPE2号をいれてますが、お勧めできないです、バックラッシュしたら一撃高切れ終了ですから)
それかフロロカーボンの16~20ポンド。
慣れてない方ならフロロカーボンのほうがお勧めと思います。
最初からベイトPEではなく、まずは慣れてからという意味ではフロロのほうが良いのかな?
PEでのリーダーは30~50ポンドまで。
 

 

《使い方と利点》

単純に言えば一発勝負?
ハズしてしまった?釣果優先なら普通のプラグで探るべきとだと思います。
ロマン!なら投げ続けるのもアリだと思います。
簡単に折れるような心では「ビッグベイト」は扱えない。
投げる、動かす楽しみ?というのを感じれるかと思います。
 
季節は春~秋問わず。
一番はベイト。と、言いたいところですが・・・
個人的にはビッグベイトは先発としてブチ込んで良いルアーだと思う!
やる気あるヤツがそこに居ればヒットする。
ニュートラルならその場所の攻め方の目安になるのでは?
 
秋の河川での「落ちアユ」、夏の「ボラ」なんかでは圧倒的に強いと思います。
今後の可能性としては、僕はこのルアーで夏、秋、冬を迎えたことがないので現段階ではなんとも言えませんが妙な強さは感じます・・・。
フィーリング、スピリチュアルな話にはなってしまうのですが・・・なんかやってくれそうかなと。
 
もちろん使う人口が増えれば、その数に比例して様々なパターンが産まれる。
やはりビッグベイトにしかできないランカーサイズを引き出す力を、この「マグナムミノー3フック仕様」は確実に持ってると思います。
 
明日も「ストライクプロ・マグナムミノー3フック仕様」の使い方など、第二弾は?
広島の使い手からの観点で解説させて頂きます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

上屋敷隆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「企画」 の記事