2017年01月23日 11時34分15秒

劇画界の重鎮!南波健二先生トークライブレポート!前編!

テーマ:うさ爺トークライブ

こんにちはー!

雪が降る、降ったと噂だけ耳にして、

まだこの目で見れていない新スタッフの少年Aです!

 

僕の紹介含めて、
後日名前公表させていただきます。
ミドルネーム考え中・・・。

 

今週土曜日に行われた今年初めのイベントは

飯田うさ爺トークライブ第12回目です!!

「劇画界の重鎮!南波健二先生トークライブ」が開催されましたー!

 

ズラッと並んだたくさんの原画や単行本に圧倒された会場の雰囲気を

一瞬で和ませる南波先生のお言葉

『写真撮っていいよ』

『話うまくないから資料でもみてもらってごまかせれば(笑)』

 

 

和やかな雰囲気で始まったトークライブは

先生の漫画家人生の始まりからデビューまでの道のり、

デビュー後、周囲の作家陣と切磋琢磨した当時の話に続き

最近の活動にまで至りました!

 

『私の世代は手塚先生に憧れてマンガ家を目指す。』

。o ○(手塚先生が南波先生の漫画家人生の始まりなんですね)

 

先生は周りが受験勉強に勤しんでいる中3の頃に

マンガに夢中で受験勉強はしなかったそうです!

しかし!ただ漫画を読んでいたのとはわけが違います!

当時連載されていた高野よしてる先生らに手紙で質問をしたり、

自宅を訪ねたりしていたとのこと!

。o ○(受験勉強はしなかったものの漫勉はしていたんですね~)

 

その後高野先生の師事を経て漫画家になることを決意。

当時、南波先生は一枚の背景画を持って出版社を訪ねたそうです!

しかし、そこで『画一枚だけ持って来るなんて君は本当に漫画家なりたいのか!?』

とお説教を受けたそうです。

ただそこで終わらないのがさすが大物漫画家になる方です!

その後反省し、漫画を一本描き上げ他社に持っていったところ

「荒鷲の決戦」が出版され、晴れて漫画家デビューをしたのです!

。o 〇(デビューは高2!学校に通いながらって・・・すごい!見習って託けずに自分の信じたものに没頭したいと思います!)

 

その後、さいとう・たかを先生に師事を受け、

川崎のぼる先生らとともに弟子時代に突入

現在で言うところのアシスタントとは性質が異なり、

給料は発生しないため1,2年間は極貧生活を送ったそうです。

。o 〇(デビューしてからの努力と苦労が実を結ぶことになったのではないかと思ったり・・・)

 

その後も劇画集団や自身が立ち上げた南波プロダクションで技術を磨いていきました。

仕事をこなしながらも同年代のありかわ栄一先生らの作品に刺激を受け、

いっそう制作に没頭していったそうです。

また、劇画作家とその読者の集いが行われたことがあったそうで、

そこで手塚先生もご来席されたそうです。

そのとき手塚先生が近くに座っているのを見て、

『自分もマンガ家になったんだ』と実感したそうです。

。o 〇(競い合う仲間が自分をさらなる高みへ・・・かっこよすぎる  やはり手塚先生は南波先生にとっても偉大なお方だったんですね)

 

後篇に続く!!

 

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

日本マンガ塾では、ほぼ毎週土曜日体験入学を行っております!

電話予約もOK!!⇒【03-6261-0080】

 

↑当ブログを気にいったらクリックお願いします♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

日本マンガ塾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。