発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張を改善するタッチセラピー:千葉

多動のお子様を追いかけているのに慣れてしまっていませんか?脳性麻痺のお子様の麻痺、どうにもならないと諦めていませんか?
このブログではママの手でタッチセラピーをして、多動・麻痺の症状を改善する方法をお伝えします。


テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

皆さんは、「オキシトシン」って聞いたことがありますでしょうか?

 

 

オキシトシンとは、幸せホルモンと呼ばれているホルモンです。

 

 

オキシトシンは、よく産後のお母さんがとても多く分泌を促すと言われていて、

 

・子育てに欠かせないホルモン

 

でもあります。

 

 

また、

 

「嬉しい!」「楽しい!」

 

などといった、感情や人と関わる際にも分泌されると言われていて、コミュニケーションや人との関係性においても、重要なホルモンでもあります。

 

 

しかしこのオキシトシン、実は、

 

「自閉症スペクトラムのお子様は、分泌しにくい体質」

 

と言われております。

 

 

そして昨年、自閉症スペクトラムのお子様へタッチセラピーを行う事で、心地よいリラックスを体感した場合、

 

・どれくらいのオキシトシンが分泌されるのか

 

という研究において、お子様へのタッチセラピーを担当いたしました。

 

 

この研究は桜美林大学の山口創教授のゼミにおいての研究です。

 

 

山口先生は、

 

「子供の脳は肌にある」

 

「幸せになる脳はだっこで育つ」

 

などの著者としても有名です^^

 

 

その山口先生がお話しするパートにて、私も、

 

「自閉症スペクトラムのお子様へのタッチの方法」

 

をお話しさせて頂きました。

 

 

 

 

普段、毎日のように、自閉症スペクトラムや発達障害のお子様へタッチセラピーを行っておりますので、こうした機会を頂き、「自閉症スペクトラムのお子様への触れ方について」を多くの方にお伝えできたことは、私としても大変有意義な時間となりました。

 

 

フォーラムにご参加された方からも、早速、

 

「現場での様子がとても分かりやすかったです」

 

「自閉症スペクトラムのお子様への触れ方がよくわかった」

 

など、たくさんのご感想を頂きました!

 

 

今後も、引き続き、現場での実践を積み重ねつつ、自閉症スペクトラムや発達障害のお子様をはじめ、様々な障害をもつお子様とご家族に触れ合う方法をお伝えしていきたいと思います。

 

 

いつもブログを読んでくださる皆様へ、ご報告とさせて頂きます!

 

ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田 里美です!

今日は午前中、NPO法人ぶりんぐあっぷにて、タッチセラピー講習会です!

毎月3教室にて、1回ずつ開催しているこの講座。

毎回、たくさんのお子様と保護者様にご参加いただけて、私もとても嬉しいです!


タッチセラピーのあとは、子供達にもいつもと違う

・変化

を見ることも出来ますし、私自身、毎回学ばせていただきながらの講座となっております!


お子様とママが笑顔になる時間をお過ごし頂ければ最高です!


そして、講座が終わったらそのまま表参道へ移動。

午後は

「オキシトシン研究フォーラム」

に行って参ります。


こちらも、しっかり自閉症のお子様へのタッチについてお伝えして参ります。


それでは!素敵な日曜日をお過ごしください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

放課後等デイサービスや児童発達支援施設、重度心身障害児施設で働いている支援員・保育士・専門職の皆様、

 

・てんかんや心疾患など発作のある子供への注意すべき点ってあるのかな? 

 

・手足が麻痺したり拘縮する子の力を抜いて、身支度をスムーズにしてあげたい!

 

 ・いつも動き回っている多動の子をリラックスさせてあげたい!

 

と、子ども達への触れ方や支援にお悩みではありませんか?

 

そのお悩み、「障害児支援施設の職員様の為の障害児タッチセラピースタッフ研修コース」で解決出来ますよ~!

 

 

 

「障害児支援施設の職員様の為の障害児タッチセラピースタッフ研修コース」では、

 

1.障害児タッチセラピーについて

2.症状別のタッチセラピーの手技

3.お集まりにも使える手遊びタッチ

4.触覚刺激が必要な理由

5.研修後はメールにてアフターフォロー

 

という手順で、放課後等デイサービス及び児童発達支援施設にて、通所されているお子様の

 

・リラックス

・症状の緩和

・デイ及び施設でのお友達との時間や個別療育前の心身の安定

 

に繋げるタッチセラピーを症状毎にお伝えいたします。

 

 

早速、内容についてご紹介しますね^^

 

【1.障害児タッチセラピーについて】

 

障害や病気を持つお子様は「触れ合う事」が難しいお子様もいらっしゃいます。

 

 

そんなお子様へのタッチセラピーは、

 

・圧のかけ方

・触れ方

・触れる場所

 

などを考慮しながら、行う必要があります。

 

これにより、お子様の好きなタッチが見つかると、

 

「多動で走り回っていた子でも、今までに体験した事の亡いようなリラックス」

 

を実感して、「ゴロンと寝っ転がり」タッチを要求してくれるようになります。

 

 

無理なく受け入れられるよう、基本的なタッチの方法をお伝えいたします。

 

 

【2.症状別のタッチセラピーの手技】

 

タッチセラピーは「触覚刺激」です。

 

これは、お子様それぞれが持つ「症状」によって、触れ方を変える必要があります。

 

 

もちろん、

 

・発達障害児

・脳性麻痺児

・ダウン症児

 

と、症状別にも「触れ方」は変わってきます。

 

そこで、この研修では、

 

・発達障害児向け研修

・脳性麻痺児向け研修

・ダウン症児向け研修

 

のコースよりお選び頂き、お子様の特性毎のタッチセラピーをお伝えさせて頂きます。

 

症状毎のタッチセラピーをお伝えする事で、個々のお子様に合った適切なタッチと同時に症状毎の禁忌についてもお伝えいたします。

 

 

【3.お集まりにも使える手遊びタッチ】

 

子ども達は歌や手遊びが大好きです!

 

 

手遊び歌にタッチセラピーの要素を取り入れることで、「ただのお集まり」ではなく、

 

「触れ合いをふんだんに取り入れたお集まり」

 

が可能になります!

 

また、特性に加えて、認知毎の

 

「ねらい」

 

も必要になります。

 

 

それぞれのお子様毎の認知度に合わせた「ねらい」を手遊び一つからどのように展開させていくのか、認知毎のねらいについてもしっかりお伝えいたします。

 

 

【4.「触覚刺激が必要な理由」】

 

「タッチセラピーが良いという事は分かるけど、具体的にどんな効果があるの?」

 

 

タッチセラピーを行う上での具体的な効果や触覚刺激が障害児/病児に必要な理由などをレクチャーいたします。

 

 

【5.研修後はメールにてアフターフォロー】

 

 

いざ、実際の支援においてタッチセラピーを行うとなると、うまくいかない事が出てくるかと思います。

 

そんな時の為に、研修後は、ご質問やご不明点などにメールにてアドバイスさせて頂きますので、ご安心下さい。

 

いかがですか?

 

「障害児支援をしているけど、今以上に支援の内容をもっと充実させたい!」

 

と思われている障害児施設のスタッフの皆様、タッチセラピーで支援の内容を一つ充実させて、お子様自身の

 

・心身のリラックス

・体調管理

・個別支援へのスムーズな誘導

 

などに繋げてみませんか?

 

 

実際に、支援の中でタッチセラピーを導入してくださっている施設の代表より、タッチセラピーのご感想を頂いておりますので、ご紹介いたしますね。

 

 

(NPO法人たからばこ/代表:緒方理事より)

 

通所している、小学生の自閉症スペクトラムの男の子は多動症状が強く、常に走り回っております。

 

しかし、タッチセラピーの後は、指導員みんなが大騒ぎするほど、静かな一日を過ごすことができています!

 

また、触覚遊びを好むお子さんなので、お弁当は口に入れては出して遊び、いつもは半分きちんと食べればいい方。

 

だけど、タッチを行った日は・・

 

「きちんと座って、ママの作ったお弁当をしっかり口に入れている」

 

という事もできております。

 

 

また、脳性麻痺で肢体不自由の中学生の女の子は、体の違和感を自分自身では解決できません。

 

側弯も進んでおり、コルセットで安定しているように見える上半身や靴の中の指先、足裏といった部分は、おそらく常に、不快や痛みがあるかと思います。

 

彼女の特性に合わせたタッチを行う事で、痛みによる不快感や違和感が少なくできたらと思い、継続してタッチを行っております。

 

今後も付き合っていく自分の体。

 

支援する私たちも彼女の体が変化していくことをしっかり把握するため定期的に先生にアドバイスを受け、放課後の時間も長期休暇もその後も理解していくためのツールにタッチを活用させてもらえればと思っています!

 

緒方先生、タッチセラピーのご感想をくださり、ありがとうございます!

 

 

放課後の短い時間ですが、こうして、支援の中でタッチセラピーを入れていくことで、

 

・学校でのストレスや疲れを軽減する事が出来る

・子ども達の心身の状態をキープまたは改善できる

・帰宅後、ご家庭でより落ち着いた時間を過ごすことができる

・家族支援にも繋がる

 

など、本当に様々な効果が期待できます。

 

施設にてタッチセラピーを導入して、子ども達と先生の絆を深めてみませんか?

 

 

それでは、「障害児支援施設の職員様の為の障害児タッチセラピースタッフ研修コース」の詳細です。

 

障害児支援施設の職員様の為の障害児タッチセラピースタッフ研修コース

 

●時間

3時間x1回

 

●研修費

60,000円(職員数に関係なく)

(別途、交通費及び宿泊費(日帰りが難しい場合)が必要となります)

 

●場所

施設まで訪問させていただきます。

 

【お申し込み】

こちらのご予約フォームよりお申し込みください。

 

 

多くの施設にて障害児タッチセラピーを支援に取り入れて頂き、スタッフの皆様がお子様と触れ合う機会がたくさん増えるよう、お手伝いさせて頂ければ幸いです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

昨日は、「NICUにいた赤ちゃんの為の体重が増えるタッチセラピー」プライベートレッスンのため、埼玉まで行って参りました。

 

 

実は、昨年、5ヶ月間、NICUでの入院生活を送っていたTくん。

 

入院中に、面会に行くまでの時間、合間を縫って、ママがTくん不在の中、プライベートレッスンを受けてくださっていたのです。

 

 

 

この時の講座の様子「【NICU】面会に行っても罪悪感と後悔ばかりでしたが、今日はとても穏やかな気持ちで会えました。」はコチラからご覧ください。

 

 

あれから、9ヶ月。

 

無事に退院したTくんは、とてもとても成長していました^^

 

 

しっかりとつかまり立ちもできています!

 

 

成長曲線も、順調で、身長に関して言うと、なんと!

 

「月齢の平均にしっかり入っている!」

 

というくらい、伸びているんです^^

 

つまり、修正月齢での成長曲線では、もう既に、平均より身長の高さが上回っているということなんです!!

 

 

担当のドクターからは、

 

「パパが背が高いの?」

 

と聞かれるほど!(実際は普通らしいです)

 

 

ママからは、

 

「(背が伸びたのは)入院中からタッチをやっていたからかな?と思って^^」

 

というご感想も頂きました☆

 

 

そして、早速Tくんのママより、今日の講座のご感想を頂きましたので、ご紹介いたします。

 

(慢性肺疾患/Tくんのママより(11ヶ月))

 

里美さん今日はありがとうございましたm(._.)m

 

あの後、離乳食を食べてミルクがぶ飲みして二時間昼寝してました!

 

当初の予定より長い5ヶ月間の入院で辛くて涙が止まらない日もありましたが、入院中はタッチケアに本当に救われました。
 

順調な成長もタッチケアのお陰だと思います♪
 

これからもお兄さんバージョンのタッチケアとお歌のタッチで楽しく健康に育てていけるよう頑張ります!

 

また宜しくお願いします(^-^)v
 

ありがとうございました!

 

 

(鶴田からの返信)

 

Yさん

 

今日はありがとうございました!

 

9ヶ月前、入院中のTくんの為に、一生懸命タッチの手技を覚えてくださっていたYさんを思い出しながら、今日、向かったんです。

 

でも、Tくん、本当に順調に成長していて安心しました!

 

5ヶ月の入院、その間、NICUに毎日通うYさんのご苦労と頑張りがあったからこそですね!

 

そして、入院中から継続してタッチをしてくださっていたことで、その成長にお役に立てたのであれば本当に嬉しいです!

 

身長が伸びている事に関しては、私も娘へのタッチで「これは絶対にタッチセラピーのおかげだ!」と考えていたので(笑)、Tくんも同じように、先生方にも驚かれるほど身長が伸びているのは、2例目を見ているようで、「よしっ!」という感じでした(笑)

 

足腰の筋力もしっかりしていましたし、それに伴って、出来る事も日々増えていくかと思います。

 

今日お伝えしたタッチで、楽しくご自宅での触れ合いに繋げてくださいね^^

 

またTくんの成長を見させて頂ける日を、楽しみにしております♪

 

この度は、本当にありがとうございました!

 

毎日暑いですが、Yさんも無理せず、夏を乗り切ってくださいね^^

 

 

出産直後、NICUに我が子が入院してしまう事による

 

・喪失感

・誰とも分かち合えない気持ち

 

というのは、母親にとって本当に耐え難い物です。

 

 

そんな中でも、「何かしてあげなきゃ!」という気持ちは、母親としての母性ですよね。

 

その「何か」の一つとして、Yさんはタッチを選んでくださいました。

 

 

結果的には、成長を見る事もできましたが、何より、タッチをする事で、

 

・親子の絆

・母子分離の中でも出来るだけたくさん触れ合う事

・母性を育み育児に積極的になれること

 

という効果があったのではないかな?と思います。

 

 

Yさん、Tくん、これからもたくさん触れ合って、親子の絆作りと、体作りにお役立てくださいね^^

 

 

この度は、本当にありがとうございました^^

 

 

このブログを見て「NICUに入院している我が子にもタッチしてあげたい」と思ったママ、NICUの赤ちゃん向けのタッチで、お子様にストレスのない触れ合いをしてみませんか?

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

 

今日は、「NICUにいた赤ちゃんの為の体重が増えるタッチセラピー講座」のプライベートレッスンのため、埼玉まで行って参ります!

 

 

実は、今回で2回目のレッスン。

 

前回は、まだNICUに入院中に、ママだけでレッスンにご参加くださったのです!

 

あれから9ヶ月・・。

 

随分と成長している様子なので、お会い出来るのがとても楽しみです♪

 

 

それでは、行って参ります♪

 

皆さんも素敵な1日をお過ごしください〜!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

今日はお知らせです!

 

皆さん、「子供の脳は肌にある」という本をご存じでしょうか?

 

 

昨年、この本の著者で有名な桜美林大学の山口先生の研究で、

 

・自閉症児へのタッチケアとオキシトシン

 

における、「現場でのタッチケア」を担当させて頂きました。

 

 

この研究の結果やオキシトシンについて、7月23日(日)に

 

「オキシトシン研究フォーラム」

 

の中で、山口先生がお話しくださいます。

 

 

 

そして、山口先生の登壇される時間の中で、私も、自閉症児へのタッチの方法をお話しさせて頂くことになりました。

 

 

触れる事自体が難しい自閉症スペクトラムのお子様へ、

 

・自閉症スペクトラムのお子様の特性から考えるタッチの方法

 

など、お話しさせて頂きます。

 

 

ご興味のある方はどうぞ会場へ足をお運びくださいませ。

 

会場でお会い出来る事を心より楽しみにお待ちいたしております。

 

お知らせでした!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

今日は、昨日に引き続き、児童発達支援室でのタッチセラピー講習会です!

 

 

講習会の後は、必ず、保護者の方のみお集まり頂いて、

 

・フィードバック

 

の時間を取らせていただいております。

 

 

「触れ合う事」が難しいお子様達だけに、

 

「参加してもタッチ自体ができないんじゃないか」

 

と、ご心配される保護者の方もいらっしゃいます。

 

 

フィードバックでは、

 

「動き回ってしまって、思うようにタッチが出来ないのですが・・」

 

とか、

 

「過敏さがあって、手を繋いで歩きたいのに、手をつかむようになってしまってるんです・・」

 

など、たくさんのご質問を頂きます。

 

「タッチが出来ない」というのは、ママの固定概念です!

 

 

触れ合う事が難しいお子さまだからこそ、

 

「なんで思うようにタッチが出来ないのか」

「なぜ手を繋げないのか」

 

の原因や理由をしっかりと突き詰めて、それに見合ったタッチの方法を一緒に考えていけたらなと思います。

 

「思うようにタッチが出来ない」という思考から、「今はタッチがいやなんだって教えてくれた!」という思考に切り替えて、出来るときに出来るタッチをしてもらえたらいいなぁ。

 

 

それでは!行って参ります!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

 

私がタッチセラピストとして非常勤で勤務をさせて頂いているNPO法人ぶりんぐあっぷ様ちば子ども発達センター。

 

 

 

先月こちらで開催したタッチセラピー講習会。

 

 

この講習会にご参加くださったママから、今日こんなご報告を頂きました!

 

 

先月の講習会で教えて頂いた背中のタッチを寝る前にしているのですが、タッチをしながら寝てくれるようになりました!

 

今まで、なかなか寝付けなかったのですが、これで寝れるようになりました!

 

フィードバックの際に、ご報告くださったYくんママ、本当にありがとうございます!

 

 

背中のある場所にタッチをする事で、

 

・体も温まる

・神経を静める

・食欲が出てくる

 

など、本当にたくさんの効果を得ることが出来ます。

 

 

Yくんの場合は、

 

「神経を静めてリラックスに繋がり、体も温まり眠りにつける」

 

ようになったのですね!

 

 

朝までぐっすり寝てくれると、ママもしっかりと休む時間が取れて、好循環ですね^^

 

 

Yくんママ、今日はご報告ありがとうございました!

 

 

ぜひ続けてあげてくださいね^^

 

 

「睡眠パターンが整わないから、睡眠パターンが整うタッチ、教えてもらいたいな・・」というママ、夏休みの間に、タッチを覚えて、新学期に備えませんか^^?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

7月も後半に入りました。

 

一年の折り返し地点でも、ありますね^^

 

 

6月頃から、特別支援学級や特別支援学校の見学などが始まっていますね。

 

 

「どこに入るのが正解」・・という事はないと思います。

 

色々な選択肢を用意して、お子様が一番合う環境を選んであげる事が、お子様が伸びていく近道になると思います!

 

まずは、

 

「楽しく通える!」

 

これが一番だと思いますので、どうぞ色々と見学や相談に行き、ママ・パパが実際に見て聞いて感じて、選ぶ事をオススメいたします。

 

 

就学を控えたお子様のママ、今が正念場!

 

がんばりましょうね^^

 

 

それでは、今週も楽しくお過ごしください!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!発達障害・脳性麻痺児の多動・筋緊張改善タッチセラピーの鶴田里美です!

 

先月より、私がタッチセラピストとして勤務しているNPO法人ぶりんぐあっぷ様にて、月に一度、各教室にてタッチセラピー講習会を開いております。

 

 

明日は、ちば子ども発達センター(教室)にて、第2回目の講習会を開催いたします。

 

 

ご参加数は、14組となっておりますので、2クラスに分かれての開催です^^

 

 

ご参加の皆様に、ご自宅にお持ち帰り頂きたい資料も内容も準備万端です^^

 

 

季節の手遊びタッチと共に、不安定な天候を乗り切る為の、

 

・頭痛改善タッチ

 

もお伝えして、30分びっちりの予定です!

 

 

ご参加の皆様、どうぞお気を付けてお越しくださいませ^^

 

 

「私も、まずはグループで参加してみたい!」というママ、来週の金曜日のグループレッスンに参加してみませんか?

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)