なるべく自然な育児とプランターと畑と調理

ゆくゆくは 自然農で自給自足プラスαの生活を目指しています。
現在は仕事の関係上有機栽培のプランター研究、借りている小さな畑での様々な栽培研究、わが子の育児、日々の料理研究等を楽しんでおります。


テーマ:

久々の子どもの絵ネタ。


あいも変わらず、毎日毎日飽きることなく絵を描き続ける我が子。


ここだけはケチらずに、画用紙に描かせている。


って言っても100均で安く売っているからそんなに金額いかないけどね。


最近 つる、フクロウ、シャチ、とブームが次々に入れ替わっているが、シャチはよほど好きみたいで結構長くなる。




☆こんな感じ


シャチにくっついているひもみたいなやつについているものは、抜けた歯、そして、ビスケットらしい。


最近ようやく一本目の歯が抜けので、その印象が強いんだと思う。


上から覗いているのは、マッコウクジラで、ジャンプして着水するところ。


マッコウクジラがブリーチングするとは聞いたことがないが…


シャチは、ハンターとして描かれることが多く、小さな魚がいまにも食われそうになっている。


お月様みたいのは太陽だって。


なんかシャチがしゃべっているのだが、解読不明な文字もまだ多い。


ほとんど自分で覚えた字だからな(^_^;)


シャチの頭についているのはリボンで、うちの子がリボンを描く場合、女性を表している。


基本紙の大きさは八つ切りサイズで、かなり大きくシャチを描いているので、鉛筆で塗るのは大変な根気がいるが、集中して塗っているのがすごい。



子どもが描く絵は、褒めない方がいいとか聞くことがあるけど、うちは褒めちぎっている。


描いた絵のストーリーを必ず聞くようにしている。


表現活動、絵、に限らず、歌でも、粘土でもそうだけど、基本は褒めて伸ばすものだと思う。


そして、新たな刺激を少しずつ与えていき、幅を広げていけるとよい。


絵、なら、同じような絵が続いている場合、大人が一緒になって違う角度から描いてみたりすると、それだけで表現の幅がぐんと広がったりする。


大人は、下手でも一緒に描いた方が絶対いい。


下手なりに楽しんで描ければ、それで子どもにたくさんのインスピレーションがわいてくる。


あとは、他の人の絵を一緒に見る機会があれば、その絵の良い所を話題にしても、かなり影響を受ける。


「この絵の塗り方は、ムラがなくてとても濃く塗っていてすごいね」とか、そんな感じで。


少しだけ年齢の上の子どもの作品なんか見ると、技術が近くてモチベーションも高まり、よりいいかも。



シャチの次は、どんなブームが来るか、楽しみだな(^_^)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

相変わらず、うちの子は毎日絵を描きまくっている。


家の遊びの中心の一つがお絵かき。


テレビ、ゲームがないので、絵の中で遊んでいる感じ。


最近はしっかりと描くようになったので、紙は奮発してB4の画用紙を切れないように用意している。




☆ブラックバス




☆その裏の鯵、らしい(^_^;)


夏休み中はこれでもかってくらい、川へ行って釣りをしたり泳いだりしたので、その影響からか、魚への興味が一段と増したみたい。


保育園で担任していた時は、子ども達が絵を描いているところをあまり見てこなかった。


絵は、基本ほったらかしで、出来上がったものを見る程度だった。


だから、子どもがこんなにも絵で遊ぶものだとは正直思っていなかった。


子どもの絵は、静止画でなく、動画だ!って最近思う。


絵の中にストーリーがあり、その先や、画面の外側までイメージして描いている。


この絵に描かれている魚のその後の動きなんかも考えており、それは矢印で最近表現している。


魚の考えていることは、吹き出しと文字で書いている。


集中して描きながらも、その絵の内容を言葉にして隣にいる私に話しかけてくる。


テレビ、ゲームがないからこそのこの創造的な時間を今後も大事にしていきたいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:









最近の絵の特徴として、記号、文字が増えてきた。


「絵だけの表現でも十分素晴らしいよ」


なんて、シュタイナー園へ通っている手前伝えてみたりもするが、結局欲求が生じているわけで、そこを下手に止めるのもよくないんだろうね。


描いている中で、子どもの中に物語が紡がれて、漫画のような吹き出しを書いて、そこに文章を書くように最近求められることが多い。


2つ目の絵の魚は、こう言っているらしい。


小さい魚「きゃー、こわい!」


大きい魚「だいじょうぶだよ。しんぱいしないで。たべないであげるから。


僕、おなかいっぱいだから!※」


そういったフレーズが次々に生まれてくるのを聞いていると、子どもの想像力ってやっぱたくましいわ…って思う。


びっくりマークはともかくとして、※印の意味はなぞだけど(^_^;)



こんな感じで毎日描き倒しているので、自然に筆圧も強くなり、描く絵、文字がはっきりとしてきたように感じる。


これは、最近色鉛筆をよく使用していることも影響しているんだと思う。


はみ出さないようにぬったり、見よう見まねで文字を描いたり、ということを繰り返しているので、手先の筋肉が強化されるんだろね。


モンテッソーリ園では、鉄製はめ込み、という教具があって、筆圧や、集中力を高める効果があるといわれているが、日々のお絵かきでも十分その目的は達成できるみたいだね♪



ちなみに、最近描く紙は、8つ切りの画用紙になった。


以前はペラペラのコピー用紙だったのだが、一枚一枚心を込めて描いているので、質のよい紙に描かせてもいいかな~、なんて思って。


ただ、コストはかかるから、一日一枚とか、制限は必要かもね(^_^;)


                    



AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード